にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:編み物教室 ( 62 ) タグの人気記事


2018年 09月 30日

9月のニット

9月のニットと言ったら、まだまだ暑かったころに~ニット?~と思われるかもしれませんが、なんのなんの、ニットで出来ること!が合言葉の皆さんですから。
そうは言っても汗だくだったり、手に汗握ったりする日々もありましたから、タッセルを作って頂いた日もありました。
d0117481_23032688.jpg

そして、バッグも。タータンチェックのバッグに挑戦していただきました。驚くのはみんな違うこと。大体の作り方をお教えして、次に持って来られると“みんな違ってみんないい!”です。私の作ったものも混じっています。
d0117481_23402538.jpg

そうそう、ザブトンもまたまた出来たので追加して再掲しますね。まだあったようなきがするけど。。。
d0117481_23393242.jpg


ウエアも出来ていますよ。
d0117481_23465367.jpg
Shigenoさん親子、↑はお母さん、↓はお嬢さん。
d0117481_23474027.jpg
教科書の提出作品なんだけど、どんどんマイ風に変化して行って凄いことになっています。それぞれ素敵でしょう?!


初めてのベスト!!Ishibashiさん。サイズもぴったり、編地が綺麗なこと。
d0117481_23504023.jpg


Takahashiさん、提出作品の合間に編んだマーガレット。お仕事も忙しいのに、よく沢山作る時間がありますよね。麻糸で重宝しそう。
d0117481_23530088.jpg

こちらは別のTakahashiさん。課題よりも編みたいものがたくさんあって、綺麗な赤いセーターが出来てきました。いい赤!
d0117481_00022792.jpg

Yataさんのストール。編み図を読み解く、という提案をした三角ストールを完成してくださいました。私も編んだけど、この糸のほうが素敵。
d0117481_00033296.jpg


Tamakiさんのモチーフつなぎのバッグ。編み始められた時にはどうなることかと心配した色合いが、出来上がってビックリ。なんて素敵な色の魔術師。
d0117481_23554329.jpg

Kobayashiさんはバッグをもう何個も編まれたけれど、今年の夏も出来上がりました。マルシェバッグとありましたが、中袋にぴったりの花柄を選んで、素敵なお出かけバッグになりました。
d0117481_00013225.jpg
↑のバッグと同じ編み図から出来たのが↓
Ishidaさんのなんでも入るバッグ。大きさが伝わりませんが、自分の使いたい大きさに自由に変更できるところなど、応用力が凄い! 教室にいらっしゃるときのいっさいがっさいが入ります。エコアンダリアで結構丈夫。

d0117481_00025565.jpg
などなど、8月9月のニットをまとめました。
これからが本番ニットの季節です



by yumiyane | 2018-09-30 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2018年 08月 05日

夏休みの宿題

七月のある月曜日にお電話頂いて、日曜日までに編んでいただけないか?というご注文がありました。
普段ならお断りするのですが、入院なさっている方で、翌月曜日に転院する施設に下見訪問するときに着たいの、と言われました。
去年の11月からお付き合いの始まったご高齢の方。頑張ってみます!とお返事してしまいました。その週は教室が二つしか入ってなくて、出来るかもしれないと思ったもので。
ところが、この暑さ!!!冷房嫌いの私も、さすがに扇風機の涼ではまかないきれず朝からエアコンに頼ってしまいました。
d0117481_16122600.jpg
d0117481_16125402.jpg
頑張りましたよ。ある日はカフェに持ち込んで、オムライスを食べながら粘って粘って。お昼の時間を過ぎていたから人も少なく、かかっているジャズが心地よくてはかどりました。
d0117481_16162496.jpg
こんな風に紺色のブラウスに重ねて着たかったんですって。白いブラウスに重ねても素敵なので試してみてくださいね。
ぎりぎりでだったので、ボタンは病室で付けました。間に合ってよかった~!


夏休みの宿題
に、小学生の頃 蝶々の生態 をやったことがありました。たまたま庭で見つけたんだと思います。
今年の5月に近所のパン屋さんのオープン記念でもらったパンジーが、ものすごくたくさんの花を付け、楽しませてくれた鉢があります。
ある朝、そこに二匹の虫の幼虫を見つけました。黒にオレンジ色の針を持ったその長さ5センチくらいの虫を調べたらツマグロヒョウモンという名前の蝶々の幼虫であることが分かりました。この蝶はたくさん卵を産むので嫌われているらしいです。
普段なら箸でつまんで遠くに投げるところですが、最近ツイッターの Nature is Amazing というアカウントをフォローしていて、実に多くの生き物がこの地球上には存在していて、相互関係を考えさせられたりしているので、むやみにやっつけられなくなりました。パンジーももう相当くたびれてきているので、存分に葉っぱを食べてもいいよ、とそのままにしておきました。
2、3日後に見つけたのはこれです。
d0117481_16280702.jpg
さなぎです。お腹のとげとげの紋があって、まさしくその蝶であることが分かりました。これが、枯葉の擬態のようで上手に出来ていると感心。あれっ?2匹だと思っていたら、すでに二つさなぎがぶら下がっています。
そして遅ればせながら最後の1匹がさなぎになるべくぶら下がりはじめました。
d0117481_16304046.jpg
また2、3日経った頃、先のさなぎは背中に切れ目ができて透明になり、蝶になって飛んで行ってしまったようです。ああ、見逃した~。蝶は早朝にかえるそうですから早起きしないと見れないのですね。
ところが、
一番最後にさなぎになった虫が三日の朝、ベランダに出て見るとさなぎにぶら下がっています。ああ、間に合った成虫になるところが見れる! と思ったのですが、少し変です。
d0117481_16343786.jpg
片方の羽根がさなぎにくっついたまま、しばらくそのままぶら下がっています。ちょっとつついてみたのですが、羽ばたいても取れません。さなぎごとはさみではずしましたら、やっともう片方の羽根がさなぎからはずれました。そして、別の鉢の木の枝に止まったのです。
しばらくしてから見に行きましたが、まだそのまま羽根は開いていません。ああ、この蝶はこのまま片方の羽根だけで飛べず、どうなってしまうのでしょう!?

2時間くらいしてからまた観に行きましたら、もうどこにも居ませんでした。羽根が開いて飛んで行ってくれたのならいいけど、鳥に食べられたのか、地面に落ちて蟻に持って行かれたのか?どちらにしても自然の摂理。
私たちは地球上あらゆる生き物と共存しています。時に襲われたり、癒されたり、楽しませてくれたり悩まされたり。この長く長く続いている夏の暑さも、地球のひとつの現象なのか、人間の知恵の足りなさの温暖化現象なのか。
すべての道をコンクリートにして、一人一台の車に乗って、一家に一台以上のエアコンを使って快適に暮らしている私たち。これでいいのか?
ちなみに私はアパートの独り暮らし、先月の電気代2,631円でした。多分アンペアが低くて基本料金も安いせいだと思います。次月の請求が恐ろしい!


編む宿題はまだひとつ残っていますが、私は明日から8泊で夏休み!
楽しんできま~~す。









by yumiyane | 2018-08-05 16:50 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(4)
2018年 07月 18日

気候の変動に付いていけないこの頃です

島根県は西部地方、広島県から岡山県の南西部そして四国愛媛県の各地に甚大な被害をもたらした雨でした。毎年どこかで洪水が起きて梅雨が終わります。でも今年のはひどかった。地球の地軸が少しづつ傾いていくことによって、表面を覆う空気の流れも少しづつ異常な動きをしているのですか?
洪水のあとこの数日の高温注意報。
この春以降、東南アジアから日本の南部にかけての火山の噴火、それからハワイに至ってはマグマが今もなお噴き出しています。
私たちの住む地球は、膨大な宇宙のくずのようにちらばっている星の集まり、銀河の中のほんの一部の太陽系の惑星のひとつ。宇宙から見れば存在も危うい小さな小さな水色の惑星の30%にあたる大地の片隅に、私たちの暮らしは営まれています。だけどね、宇宙からみたら、私たちの存在はミクロの世界だけれど、心は、精神はミクロでは片付けられない膨大な宇宙の果てまで広がって行ける。そんな矛盾なこの世の中でどうやって生きて行ったらいいか~~~永遠の謎・疑問・課題です。

私の暮らしている出雲地方は、幸いなことになんの被害もありませんでした。ただ、、、孫に頼まれて作ったパンダちゃん。7月5日の木曜日に近くのくるみ市からゆうパックで東京は世田谷宛てに送り出しました。その日の午後から降り始めた雨がこんなことになるとは夢にも思わず。
d0117481_00105587.jpg
7日には着く予定でしたが、8日になっても届かないので、問合せ番号で追跡してもらいましたが、松江を出た履歴以降、何の更新もされていないとのこと。やはり、雨の影響でしょうねと納得しました。しかし、月曜日になっても届かなければ郵便局の方の説明ではその後の更新が全くされていない。東京に着いたかどうかも分からない。しかし洪水の被害にあったという事柄も起きていないということ。一体全体私の荷物はどこへ行ってしまったのでしょう?!送付状がはがれたんじゃないか?とか、東京に着いたけど人手がなくてさばききれないんじゃないか?とか、局の人は色んな推察をなさいました。
結局、13日の金曜日夕方17時41分、出雲郵便局からの電話で、荷物は出雲に戻ってきました!と。その2時間後、自宅に届けられた荷物は私が5日に送ったそのままの姿で戻ってきたのです、少なくとも外観は。5日の時点では何の恐れも抱かず、パンダちゃんの他に野菜を詰め込んでいたのです。勿論野菜は全滅。ピーマンが一番腐っていました。自然災害のため、中身の賠償はしませんが、送料はお返しします、ということでした。トラックが水の被害にあったけど、yumiyaneさんの荷物は大丈夫でした、という説明でした。了解せざるをえません。
そんな折、不幸中の幸いということがありました。
パンダのしっぽは何色?
d0117481_00202763.jpg
、私は勝手に黒だ~と思っていたのですが、調べてみると白なんですね~。
黒の方が可愛いと思ったけど、これはやり直しです。

明日もまた日本列島は猛暑日が続くようです。そんな中、ニットの写真を掲載することをお許しください。皆さんこんな中でも創作活動にいそしんでいるのです。
Kobayashiさんは、春にとりかかったモヘアのカーディガンを完成されました。
何故か私が試着しています。右の鏡に映っている後姿が作者です。いつもきちんと制作されるのですが、たっぷりとしたフードやポケット、丈の長さなど完璧です!
d0117481_00395950.jpg


Iidukaさんは、かぎ針指導員コースの終了作品を完成。
d0117481_00443973.jpg
糸と色の選択がとてもいい!ポケットも付いています。かぎ針編みのテーラードジャケット。胸のダーツもきれいに入っています。たいへんよくできました172.png

この間から、ざぶとんを作るのが流行って、って誰がはやらしたかなのですが
d0117481_00484820.jpg
右下のピンクのを私が作りまして、案外可愛い!と思い生徒さんに勧めたものです。左上から時計回りで、Yataさん、Turuharaさん、Nishinaさん、WatashiそれにIidukaさんの作品です。色の選択がそれぞれでほんとこういうとき同じものを作らないところがとってもいいです!!

ベストも編みあがりました。Yataさんの棒針左、Tamakiさんのカギ針右。両方とても良い風合いです。
d0117481_01001590.jpg

小物もたくさん出来ていますが、写真が撮れたものだけです。
写真左上から時計回りに
Kobayashiさんの帽子、ジュートを素材にした天然繊維で編んだ紺色の上品な帽子です。KimuraさんとTakahashiさんの花のモチーフ。色づかいが面白くて不思議な花たち。Takahashiさんの帽子、これも天然繊維の糸で、可愛い形ですよね。同じくTakahashiさんのシェトランドレースのショール。嶋田先生の本を参考にしたそうですが、根気のいる作品です。Ogawaさんの小物、飴とかコーヒーカップとか、編んで表現するのを楽しんでいます。MurakamiさんとToyaさんの夏のティッシュカバー。夏に涼しい色使いですよね。Kimuraさんのラリエット。細ーいほそーい糸で表現、葉っぱの模様が花びらに変身しています!
d0117481_01240252.jpg
こうして毎日創作されていくニットたち。
暑さにも負けないぞ!!!

被災地の皆さん
ボランティアの方々
支える自治体の皆さん、頑張って下さい!




by yumiyane | 2018-07-18 01:31 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2018年 05月 28日

久しぶりに帽子を編みました

5月は出雲でもやはり一番いい季節ではないでしょうか。
大雨も2-3日は降りましたが、湿度の低い晴天が何日か続いて、ベランダのラベンダーが咲き誇っています。
d0117481_01044959.jpg
久しぶりに帽子を編みました。5月でも強い日差しのこの頃、3歳になる孫のためにマニラヘンプレースという麻から作られた糸で作りました。3本どりです。頭の大きさが分からなかったけど、50センチ見当にしたらぴったりだったということでしたが、ちいさかったかなぁ?
d0117481_01143180.jpg

5月は忙しかった!
連休は何も予定が無かったので、東京に行こうかどうしようかぎりぎりまで迷っていましたが、結局いろんな用が入って上京は夏休みまでお預けになりました。

実家の隣に住んでいて、ずっと私たち家族の中に “隣のおっちゃんと隣のおばちゃん” という存在がありました。おばちゃんは10年以上前に亡くなりましたが、おっちゃんは元気でした。その隣のおっちゃんが18日の金曜日に亡くなりました。99歳の大往生です。京都から姉が一人、徳島から兄夫婦が帰って来ておっちゃんの死を悼みました。私たちの周りから、あの世代の大人が皆居なくなりました。これからは私たちがあの世代になって行くんですね~。しっかり色んな事子供や孫やひ孫に伝えて行かないとなぁって。注:まだ私にひ孫は居ませんよ!

24日に平田の久多美というところに住んでいらっしゃる生徒さんのお家に、他の生徒さんと訪ねることになりました。
d0117481_01280445.jpg
お宅の前に大きな池があって、うぐいすやホトトギスが鳴いていますが、携帯のバイブのような唸り声も聞こえてきます。ヒキガエル?かな、地の底から響いてくるような音にびっくり!
d0117481_01324486.jpg
バラを始め、いろんな花が咲いていました。この地区では、プライベイトガーデンを開放して、訪れる方に楽しんでもらえるようなそんな庭造りに取り組んでいるのだそうです。
バラの季節、きっと日本全国のガーデナーたちが幸せな庭造りに励んでいらっしゃることでしょう。
白やピンクのスプレータイプのバラを観ると、私はいつもブルゴーニュにあるボウヌという町を訪れた時のことを思い出します。

生徒さんのお宅と書きましたが、実は既に先生で、原毛を洗い、染め、紡いで、とてもいい風合いの糸でウエアや小物を作り、それを教えてもいらっしゃいます。
d0117481_01442794.jpg
こんな景色を見ながら糸を紡いでいけば、優しくて暖かくて、ふたつと無い宝物が作れそうです。

さて、5月は私の出雲生活が再度始まった月です。
2013年5月29日がその日。
もう5年が過ぎたのです。
d0117481_01564006.jpg
住まいのドアを開けると見える田んぼの景色。左手にアパートが建ちました。そのせいで北山が見えなくなった! 斐伊川の花火は見えるでしょうか?
5年も経てば、何かは変わるだろうから、これくらいはしょうがないか。

d0117481_01584778.jpg
d0117481_02003856.jpg
夕焼けは相変わらずドラマチック!
こうしてUターン丸5年が過ぎました。もうどっぷり出雲人です。






by yumiyane | 2018-05-28 23:17 | にっと(knit) | Trackback | Comments(7)
2018年 04月 30日

4月にあったこと・・・・・毎月これか?

4月はいつもに比べて早い春が始まったような気がします。櫻の花もあっという間に咲いて、お花見をする暇もなく散っていったようでした。3月の終わりに、何十年ぶりというくらいの晴天が続いたためです。
d0117481_21052603.jpg
編み物の糸は自然と夏の糸に変わって行きました。日本ヴォーグ社の「ネックから編むかぎ針あみ」という本の表紙にあるベストです。
d0117481_21065008.jpg
81歳になられる方からのご注文でした。ゲージ調整して、模様をひとつ増やし、丈も随分長くしました。出来上がってお届けしたものを早速着て頂いているところです。
d0117481_21073987.jpg
とても可愛らしい方なので、レースのヨークが華やいでお似合いでした。
d0117481_21104862.jpg
3月の21日に初めて平田町のVIVAというところで編み物のワークショップをやりました。何人か来て頂けたので、引き続き平田で月に1回教室をやってみることにしました。ワークショップでやってみたリフ編みの編み込みをティーコゼで試したところです。緑のはK林さんの作品。いつもきちんとした編み目ですね。5月、6月も第三金曜日の午後13時半から15時半まで平田のVIVAの2階にある2番教室でやっていますので、突然参加もOKですからお近くの方は覗いてみてくださいね。
d0117481_21272640.jpg
15日の夜には、ウェルシティというホテルの何とかの間でジルデコイのライブがありました。今回は二人だったのでジルデコデュオだったそうです。ジルデコのヴォーカルのちひろちゃんは、私の従姉妹の娘。随分キャリアを積んで、プロのシンガーソングライターというのか、ジャズシンガーになっていました。このジルデコイアソシエーションの2013年に発表されたアルバム『ジルデコ5』は第55回日本レコード大賞、優秀アルバム賞にノミネートされたんですよ。その後結婚、出産を重ねレディーっぷりに磨きがかかって歌唱力もぐんぐん力が付いてきましたね。そんなちひろちゃんの出雲凱旋ライブ。私も“ママのいとこ”って紹介して頂きました~!
d0117481_21362567.png
さてさて、MY HERO のテニスの錦織圭くん。昨年夏に右手首を負傷して5か月半実戦から遠ざかっていましたが、今月モナコモンテカルロであったマスターズ1000の戦いで決勝まで進みました。結果は準優勝でしたがよくここまで復帰しましたね~偉いよこれからも頑張って!
d0117481_21400257.jpg
そして連休前一週間の日曜日に、大学時代からお付き合いが続いている三人の友達の一人Saekoさんが出雲に来てくれました。ホテルで1泊だったし、夜は9時半からの圭くんの試合を一人で観るため夜通しの話は出来ませんでしたが、松江に行ったり出雲大社に行くときはずーーーっとお喋りっぱなし。私のお友達にも紹介出来て有意義な二日間でした。また来るって約束したから、次回は玉造温泉に泊まろうよ。そうこうしているうちに連休が始まりましたね。東京に行こうか行くまいか毎日のように飛行機の予約情報をチェックしていましたが、夏休みまでお預けにしました。生徒さんのニット特集コーナー
d0117481_21420617.jpg
編み目がいつも整っているT橋さん、この平常心はどうやって養われるのでしょうか。
d0117481_21425116.jpg
指導員コースのI塚さんのかぎ針作品。シースルーなので、これからの季節に重ね着のフェミニンになニットルックが期待できます!
d0117481_21450383.jpg
ハマナカのアルパカエクストラの色んな色を繋いで編んだ三角ストール。M脇さんの作品です。すっごく素敵ですよ!!!
d0117481_21473172.jpg
棒針編み入門コースのK原さんの初めての作品。表編みと裏編みがやっとすんなり編めるようになったと喜んでくださいました!楽しんでいただくのが一番です。
d0117481_21493600.jpg
そんな4月にある大きな出来事がありましたね。北の方と南の方が手を繋いで境界線を越えました。南の方は具体的な声明を発されましたが、
d0117481_21503620.jpg
北の方の表現はかなり抽象的だったのが少し気がかりです。
d0117481_21511444.jpg
それでも、この国の歴史を思う時、このことは私の胸もゆさぶりました。バックにそれぞれ付いている大国の思惑で、ひとつの民族の国家が二つに分断されたいきさつは朝鮮半島だけではありません。ベトナムは自分たちの力で統一することが出来ました。イスラエルとパレスチナはまだ諍いが続いています。ウクライナはもう落ち着いたのでしょうか。シリアは?朝鮮半島、言葉の通じる二つの国の国交が開かれ、自分たちの思いで政策で経済でこれまでより良い関係を作っていけますように!人の心に変化をもたらすことが出来るのは人の心でしかないと思うから。さて、こうして4月も終わっていきます。皆様楽しいゴールデンウィークを!

by yumiyane | 2018-04-30 22:17 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2018年 03月 31日

3月にあったこと

3月も末日、仕事をしていた頃はこの日はとっても追いこまれる日だったけど、今は、ああもう今年が三か月も過ぎたのね!って感じ。
なんということ、ひと月に一度のアップしか出来なくなって!

2月中に昨年末のオーダーを終えてほっとした3月。編みかけていたカーディガンを完成させました。
d0117481_00115441.jpg
襟を付けるのがポイントでしたが、全体にゴム編みっぽい伸縮があって、少し細めに編みあがったので、小学校を終えて中学生になるKちゃんにあげることにしました。
d0117481_00133147.jpg
早速荷物を開けて、パジャマに着たところの写真が送られてきました。やっぱり丁度良かった!
ついでに、3番目のMちゃんが誕生日にもらったメルちゃんのお洋服を頼まれていたのでささっと編んで送りました。
d0117481_00161434.jpg
私が小さい頃父がどこかから買ってきてくれたミルク飲み人形のドレスを、母がささっと編んでくれた原体験を思い出しながら編みました。まだ母を超えられない。

d0117481_00184330.jpg
21日に平田というところでワークショップをしました。その時の参考に小物をまとめてみました。一本の糸からいろんなものが作れる、ニットのいいところです。

パン教室にも参加しました。お菓子パンの生地から、マヨネーズパンとシュガーバターパンが出来ました。焼き立てはほんとおいしいね。
d0117481_00213438.jpg
編み物教室も順調に皆さんの作品が出来て来ています。
d0117481_00223309.jpg
松江の生徒さんに、今タータンチェックのバッグを作って頂いていて、皆さんのが揃ったら、またアップします。
皆さんね、ちょっと提案するとどんどん仕上げられて、追いかけられている気分です。凄いんですよ。
d0117481_00333785.jpg
ワインを飲む会もしました。
2015年の9月、幼馴染のNちゃんとイタリア旅行をしました。
B&B ARSAPUAの和子さんは、敷地内に植えた葡萄からワインを造ることを成功させました。しかもそれを製品化されたのです。その2015の赤ワインは、私たちが到着した日収穫された葡萄で造られました。醸造の最初の段階をお手伝いした貴重なワインなのです。
早速購入して、Nちゃん宅で和子さんのワインブランドmarmorのワインを飲む会をしました。
d0117481_00471331.jpg
赤いのは、フルーティであまり重くなく、私の好きな味です。浜ちゃんの焼いた天然酵母のパンに、早苗さんの作ったバジルペーストを塗って頂いたときの美味しいこと。チーズやグリルしたチキン、島根産原木しいたけのソテーとも抜群の相性。
生産者の和子さんによると、、、
マルモル アニマ2015(赤ワイン)葡萄はサンジョベーゼ(イタリア・トスカーナの土着品種)、カヴェルネソヴィニョン、メルロー(フランス・ボルドー地方の葡萄)の混醸です

白は、
マルモル ラクリマ2015(白ワイン)葡萄はヴェルメンティーノ(イタリアのリグーリアからカッラーラにかけての土着品種)とヴィオニエ(フランスのローム地方の葡萄)の混醸です。ヴェルメンティーノの酸が生き生きとしていて、ヴィオニエの芳醇で脹よかな良さが、ワインに現れていて、2015年はまれに見るいいヴィンテージで、このワインは、特にお勧めのワインです

こんな風に説明していただけて、お勧めの料理も教えて下さってすごおく有難かったですよ。
このワインは
http://cantinaoki.com
ここにあります。

櫻が満開になりましたね。ここ出雲でもこのところ10日以上晴天の日が続いていて、一気に開花しました。こんなに晴天が続くのは50年ぶりくらいなんだそうです。
d0117481_01204038.png
子どもたちはみな元気です。




by yumiyane | 2018-03-31 23:06 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2018年 02月 22日

久しぶりにゆっくりしています

ギャラリーでのニット展でいただいたオーダー作品をみんな完成することが出来ました~!
まだ頼まれている、編まなきゃいけないものたくさん残っているのだけれど、とりあえずほっとしているところです。
d0117481_00195559.jpg
今回一番手こずったのがこれ。リバーシブルアフガン編みのウィングカラ―のジャケット。オリジナルは5年前に編んでいて、ご注文いただいた方のサイズに合わせて作成しました。少しAラインぽくして、丈も身長に合わせて短くしてあります。5年前の資料を探し出して、糸は全く同じものがなくてあたふたしましたが、製図が残っていてそれを参考にしながら、その方用の実物大の製図をやり直して~とか色々。後ろ身頃半分編んだところでサイズ変更、時間を返して~!!って感じでした。編み方自体が時間のかかるものなのですよ。行って来いで一段なんだけど、一段編むのに7,8分かかって。
d0117481_00341620.jpg
いつでもいいから~~っていうのが一番怖い!
いつの間にか、〇月〇日までに~ってことになっていきます。いつでもいいって言ってたのに!
このカーディガンもそうでした。私の中では締切の約束はしていなかったつもりだったのに。
d0117481_00375049.jpg
見本とまったく同じでいいです、と言われましたが、折角の手作りなのに同じものを二人以上の人が着るというのもなんだから、袖の模様を変えたりしました。
これでギャラリーの注文は全部終わりました。

小さなこの町で、私の編んだニットを何人もの方が着てくださるって素敵なことですよね。そしてそれ以上に編むことの楽しさを見つけて、自分の作ったニットを着る人も増えたことが一層嬉しいです。
たとえば
K林さん、アルパカ糸で編んだアランのVネックセーター
d0117481_00542407.jpg
セーターやカーディガン、小物も含めるともう何点作られたでしょう。いつも繊細で几帳面な作品ばかりです。

O川さんも
d0117481_01020606.jpg
裏編みのラグランスリーブのセーターに浮かし模様をあちこちに配置してあります。
エポレットスリーブにも挑戦されました。夏糸の淡い糸のコンビネーションも素敵です。凝ってるでしょ?
d0117481_01035492.jpg
S野さんは棒針の指導員コース中。若いので教科書の作品をどんどんデザイン変更して自分のものにしていきます。
d0117481_01055103.jpg

宜ちゃんもたくさん編んでいますよ~彼女は自分のものだけじゃなくて、お孫さんのもの沢山編みました。
これは多分自分用になるのかな。コットンのネックから編むサマーセーターです。
d0117481_01081892.jpg
雪がたくさん降って出かけられなくて缶詰状況だったり
オリンピックがあって日本選手が頑張っていたりするので、じっと座って画面を見ながら編み物がはかどるこのごろです。教室に生徒さんが遅刻をするのは競技時間の関係が大いにあったりするのです。
今日も女子パシュートで金メダル! カーリングの女子も頑張って準決勝に残りました。
圭くんも右手首の怪我から半年ぶりでツアー大会に戻ってきました。こちらは試合が始まると応援観戦に没頭するので編む手は動かせません。テレビ局はWOWOWもどこも放映してくれないので、ネットで中継してくれるところを探して観るのです。

遡ってしまうのですが、記憶にとどめておけるように、私の手を離れて行ったニットたちを残しておきます。
d0117481_01292681.jpg
d0117481_01304758.jpg
d0117481_01323206.jpg
d0117481_01334370.jpg
d0117481_01344277.jpg
d0117481_01355222.jpg
d0117481_01362850.jpg
こんなところで
今日はもうおやすみなさい


by yumiyane | 2018-02-22 01:38 | にっと(knit) | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 28日

今年もあとわずかだわ~

今年もあと四日
明日からちょっとおでかけすることにしたので、今年のにっとをちょっとだけ振り返って。。。
d0117481_00152866.jpg
ギャラリーのニット展でオーダー頂いたものが出来上がり納品しました。
あとまだ二つ残っていて、遊んでる場合じゃないのだけれど。

今年の生徒さんの作品を振り返って、、、随分振り返らないといけない、冷汗もの。
バッグ編
IGOさんの、ケナフという素材です、良く見ると右の下にお家の刺繍が!
d0117481_00193053.jpg

I田さんのオシャレバッグ、エコアンダリアです。素敵!
d0117481_00210820.jpg
K林さんも黒のエコアンダリアで、とってもお洒落。いろんなシーンに使えますよね
d0117481_00223378.jpg

象さんを作る方もいらして
T谷さんは二っつ
d0117481_00370005.jpg
ギャラリーに来てくださったHITACHIさん
とってもお洒落な象さんになりました。
d0117481_00392360.jpg
このブログの編集方法が変わって、あまりスムーズに画像がアップできないので、ささっと行きます

ちょっとタイミングを逃したけど、今年も可愛いツリーがいろいろ出来ました。
d0117481_00425220.jpg
左から、BEKIさん、T橋さん、I田さん、K村さん、M上さんのテクニックです。

ウエアもたくさん出来ましたよ。
M脇さんはお孫さんに編み込みのジャンバースカートを。愛の結晶!なんて可愛い
d0117481_00445859.jpg
K村さんの三角ストールの色が~なんとも言えないいいブルー。この糸なんとかって言う動物の毛が使われているそうです。名前追記します。
d0117481_00453928.jpg
まだあるのだけれど、次回に。

ということで、ニットで明けてニットに暮れた2017年でした。
皆様どうぞよいお年をお迎えください。



by yumiyane | 2017-12-28 00:49 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2017年 10月 15日

ニット展のお知らせ

今月28日と29日に開く、ニット展のお知らせです。
d0117481_10570440.jpg
只今急ピッチで準備中
どうぞよろしくお願いします。




by yumiyane | 2017-10-15 10:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 13日

忘れる~~

もう8月も13日、暦の上でも立秋を過ぎて一週間前の熱風が信じられないくらい涼しい風に変わりました。
このままで行くとは思えないけれど、鳴く蝉もカナカナからツクツクホーシに変わって、古代から生息している生き物は進化もしないで凄いな!って思います。
おととし編んだサマーセーターの袖と首回りを直しました。袖なしだったけど少し編み足しました。その方が着やすいのです。もう二の腕出せない~!
d0117481_16421678.jpg

d0117481_16434882.jpg

忘れるッ! って実によくあることだなって思って、「忘れる」っていうタイトルでブログを書こうと2-3日前に思ったのだけれど、何を書こうと思ったかも忘れてしまった!
大丈夫かな?

人生例えば60年生きて、
60×365日=21900日×24時間=525,600時間生きて来て
そのうち1/3は寝てて1/3は多分ルーティーンのことだから233,600時間くらいはいろんな出来事があったはず。
何を言おうとしているかというと、これほどの時間の記憶なんて覚えていられるはずがないということ。

すっかり忘れていることを、このお盆の時期になるとお墓参りとかで帰ってきた友人と会って話をすると、すっかり忘れていたのに、関連付けていろいろ思い出されるのは、脳みそのどこかにしまってあるのでしょうか。

私は中学校時代に吹奏楽部に入っていました。今も活動が盛んなその部は当時も必ず全国大会に出ていたので、私の中学時代はブラスバンド三昧。そのせいで、自分が中学1年と2年、何組に在籍していて担任の先生が誰だったのか、全く思い出すことが出来ないのです。卒業アルバムは3年のものだし、高校入試のため全国大会が終わると部活も終了したので3年8組の記憶は結構あるのです。

1年2年の教室での記憶、いいこともあっただろうし嫌なこともあっただろうのに全く思い出せないってどういうこと?って多分そのころの友人が部活以外に居なかったので、思い出す機会がないのかな。

何もかも覚えてるより、結構忘れてしまっていることのほうが幸せなものかもしれない。必要なときにちょこっとだけ脳みそのひだが開いて、友達と がはは! って笑えるほうがいいんだね。


生徒さんの作品がまた溜まってきました。忘れないうちにアップしておきます。

ウエアから
IGOさんのチュニック風ベスト。前回はグリーンでしたが、今回はバイオレット、編地も変えてあるのです。この形が気に入ったということで二種類編まれました。
d0117481_1710163.jpg


ISHI田さん、かぎ針講師コースの提出作品。袖がたっぷり長いウエアが欲しかったということでゴージャス。
d0117481_17115969.jpg


BEKIさん、入門コースの提出作品。アルパカのグレーでとてもいい風合いです。
d0117481_17133784.jpg


I塚さんは、指導員の棒が終わってかぎ針に突入。実に勤勉な作品作りをなさいます。ボディに着せてみたかった!
d0117481_1717558.jpg


S野さん、こないだセーターをアップしたばかりですが、夏糸のスカートできました。
d0117481_17182223.jpg

いいなあ、若いって!お腹出てない
d0117481_17185039.jpg


小物編
BEKIさん、編みくるみ技法で、猫のコースターを教えてあげたら、一ます調整したら犬になった!って
d0117481_17341961.jpg

同じくBさん、ニットのバッグの他、細編みと鎖編みの方眼で作った小さなポーチ完成。チャック付きです。
左にあるのは変わり糸で編んだ小さな籠。これ色んなものに使えるんです。
d0117481_17365891.jpg


K村さん、しっかり編めたニットのバッグ。K村さんはご主人の転勤で滋賀県に行ってしまいました~元気かな
d0117481_17271816.jpg


K林さん、夏のバッグ、二作目です。いつもながら綺麗に整った編地。
d0117481_1728799.jpg


やっぱり7月から8月にかけての暑さの中でウールを触るのは勇気がいります。
で、
レースのカフェカーテンがいくつか出来ました。
BEKIさん、すでにお使いです。
d0117481_17372325.jpg


I田さんも、方眼編みの部分を増やして2階の踊り場の窓に、花柄部分も2重に工夫しました!
d0117481_17303982.jpg


もうひと方。あれ?どなただったか!? 忘れちゃだめ 金曜日のクラスの方だから~
d0117481_17403158.jpg

追記します

ああ、忘れる~ってタイトルどおり、ひと月前のことなのに。だからすぐアップしないとだめなのですよ。自戒

by yumiyane | 2017-08-13 17:41 | にっと(knit) | Trackback | Comments(0)