にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 30日

11月が過ぎて行く

どうしてこんなに毎日は矢のように過ぎて行くのですか?!
今日は11月の最終日。あれ~あれ~ほんとに今月はあっという間だったような!
岡山へミカン狩りに行ったのは8日だったけど、もうずっと前のことのような。
d0117481_23191225.jpg
それは友達に誘われたバスツアーで、途中で「閑谷学校しずたにがっこう」見学というのも入っていました。岡山といえば中国地方のお隣の県なんだけど、島根県に接しているところはないのかな?
京都へ行くときは、蒜山のSAを過ぎるとすぐ入る県だし、特急やくも号に乗って岡山で新幹線に乗り換えて~というのは関西に行くときのルートだけど、岡山県の町は倉敷しか行ったことがなかったから、そんなところがあるなんて全く知らなかった!
紅葉がとても美しく、たくさんの観光客がいらしてたけど、どこか”静寂”という言葉がぴったりな空気感でした。風が殆ど吹いていなくて、風の強い出雲から訪ねて行ったせいかなぁ。

11月になってニットの季節到来です。私は編みかけが4つもあって、全て頼まれたものにつき早く編まねば~と追い立てられ感満載なのです。
d0117481_23371143.jpg
パピーのハスキーという糸を何気に買いまして、姪っ子の4か月10kgの男の子の為に編み始めました。糸を買ったときはグラデュエーションかな?と思ってましたが、なんのなんの、なんだこれは?というくらいの模様が出てきます。大人のサイズだとまた違う模様になるのでしょうが、身幅36センチくらいのカーディガンなのでこんな風です。不思議な糸です。さきほど両袖が編み上がり、あと数日で手元に届くはず。

クリスマスが近いので、小物がたくさん出来ています。
d0117481_23532375.jpg
Ogawaさんのツリーと星形のポット敷き。Takahashiさんのニットボール。Hiranoさんも小さなツリーを編みました。真ん中のブルーのシュールな感じのニットボールはKimuraさんの。もこもこの糸で編んだから大きめで、車のフロントグラスのところに置いてアピールしていました。
あれ?右上のバッグ、私が作ったのだけど、クリスマスに関係ある?

ウエアもありますよ。
Nobuちゃん、こないだ女子会に着てきてた。色がとってもよく似合っていました。
d0117481_23581052.jpg


Yataさんは提出作品を一気に編んで。これでこの冬は大丈夫ですね!
d0117481_23590592.jpg
d0117481_23595948.jpg
これは↑クッションカバーです。
Hiranoさんはチェックのバッグも完成です。ほんとにこのチェックのバッグは人それぞれで面白いですよね!
d0117481_00022268.jpg
チェックのバッグプロジェクトはまだまだ続きますよ~

Shigenoさんのマーガレット。モチーフが何枚つなげてあるのでしょう?!
先生であるのに私はこのモチーフ繋ぎが苦手なので、心から尊敬してしまいます。
d0117481_00032522.jpg
d0117481_00052448.jpg
三角編みのマフラーに刺繍!アイディアですよね。これもShigenoさんです。
アイディアといえば、もうひとりのShigenoさんのネックレス。若さの発想、素敵!
d0117481_00071411.jpg
11月は教室もたくさん開きましたし、ランチ会も何回かして、美味しいものもたくさん頂きました。
東京からかつての後輩とか編み物の生徒さんもいらっしゃいました。神在月でしたからね。

そして、11月1日にお世話になった焚き火小屋さんが亡くなられました。5月に癌が見つかり、半年の余命宣告をされたのだけれど癌治療はせず、本当に半年で逝ってしまわれました。出雲にUターンしてから、何度となく伺った焚き火小屋。帰ってきた翌年にはそこでニット展もさせていただきました。ノブフェン窯で焼いたパンを買いに通いました。東京から友達が来ると間違いなく連れて行きました。四季折々を楽しんで、2か月に1度はTaeさんが中心になったお料理のワークショップにも通いました。今年の初めに焚き火小屋そのものが立ち退きになって、ロケーションそのものが無くなってしまったうえに、そこの主であった彼も居なくなって、あの濃厚な焚き火小屋で過ごした日々が幻想となってしまった気がします。
Uターン間もなくの落ち着かない日々を助けて頂いたこと、感謝しています。ありがとうございました。
こころから 合掌






by yumiyane | 2018-11-30 23:14 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)