にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:にっと(knit)( 399 )


2019年 07月 10日

久しぶりのニット特集~生徒さんの作品

7月になってやっと暑い日がやってきましたね。
テニスではウィンルドンが真っ最中。圭くんがQFまで勝ち上がって、2年連続のベスト8です。このあとフェデラーとの決戦。勝ったら圭くん特集やります!

さて、しばらくご無沙汰していたニットの掲載です。
夏のバッグ特集!エコアンダリアで編むバッグ。22枚モチーフを編んで、それをくっつけるときの工夫で膨らみ、素敵なバッグが出来上がります。いろんな素材や、モチーフで編んでいるのをネットで見かけます。
今回のバッグの見本はこれです。縁編みにグリーンとブルーを何気に使い分けたのと、留めボタンにビーズをあしらいました。
d0117481_22444842.jpg
これは私が編んだものですが、そのうちどれが誰のだか分からなくなってきますよ。
d0117481_22464724.jpg
グラデュエーションの糸と中の一色で縁編みしたIidukaさんの作品。

d0117481_22475641.jpg
2色使いでつなげて黄色で締めたいという、Toyaさんの作品。

d0117481_22485379.jpg
ベージュに薄めのこげ茶で縁取りしたMurakamiさんの作品。

d0117481_22495087.jpg
紫がお好きなので、濃淡で上品にまとめたHiranoさんの作品。

d0117481_22522165.jpg
紺色に薄いクリーム色で、夏のリゾート気分のEsumiさんの作品。

d0117481_22551437.jpg
こげ茶にグリーンの縁取りで、茶の皮のボタンがポイントのMoriwakiさんの作品。



d0117481_22561366.jpg
小柄なYataさんは、上部のモチーフを内側に折って、小さな持ち手を付けました。すごくおしゃれなバッグになりましたね!

d0117481_22591103.jpg
私はとても22枚のモチーフを作る自信はありません!と5枚のグラニースクエアを色んな色で編み上げて、持ち手もエコアンダリアで編んでつけられたTakahashiさんの作品。可愛い!!
それぞれ個性があっていつもながら勉強させられますよ~!
まだ現在進行中の方もいらっしゃいます。是非参考にしてみてください。

さてウエアです。
4月に完成させていらっしゃいましのに、掲載が遅れてしまいました。
Shigeno母です。
d0117481_23053902.jpg
ドログリーの糸だったかな。ラグランもとてもきれいな線が出ていますね。

Shigeno娘の提出作品、へちまカラーのジャケット。
d0117481_23080472.jpg
ハマナカのアルパカモヘアですが、アラン模様がとても綺麗に浮き上がっています。軽くて暖かいですよね!
d0117481_23084486.jpg

出雲教室土曜日のTakahashiさん。課題ではないのに、するすると編まれます。
d0117481_23092507.jpg
袖口と裾は変わりかのこ、これ使えますね。
d0117481_23150154.jpg


麻の七分袖丈のプレーンなウエア。この季節にはサラっとしてグッドですね!
d0117481_23193804.jpg
Kobayashiさんの作品。彼女はバッグも麻で作りました。いつもながら正確な編み目です。
d0117481_23223538.jpg
もうひとつウエア。
Kawaseさんのセーター。ご自分で紡がれた糸を使って。羊の種類もなんとかとなんとかっておっしゃいました~、笑。
d0117481_23243409.jpg
小物行きます
リバーシブルなちょっと難しいマフラー。Kimuraさん、どんどん自分で研究して編まれます。
d0117481_23265394.jpg
編み始めもきれいだし、両サイドも糸がきれいになる編み方です。

次もリバーシブル、ブリオッシュ編みのマフラー2点、Iidukaさんの作品です。
d0117481_23292388.jpg
d0117481_23293464.jpg
これ、難しいんですよ。私も本、買いましたから今度チャレンジしてみます。一度挫折したことあって、、、。
Iidukaさんの作品、もうひとつありました。ほんとに一日がほんとに24時間なの?って思いますよ。
d0117481_23320591.jpg
丸ヨークのところに模様があって、増し目が均等ではないので難しい!


お孫さんの為に編まれました、Moriwakiさんの子供用カーディガン。パピーのハスキー使用。可愛い!
d0117481_23335119.jpg
この糸はほんとに不思議ですよね。メリヤス編みでこれだけ模様が出てきます。



そろそろ試合が始まります。ではまた



by yumiyane | 2019-07-10 23:36 | にっと(knit) | Trackback | Comments(3)
2019年 03月 31日

お彼岸が過ぎても寒いこのごろ

暑さ寒さも彼岸まで・・・とはよく言ったものだ、と以前は思っていました。今年はどうでしょう?お彼岸が過ぎて一週間以上経った今日も雹かと言うほどの大きな霰が降りました。だからまだまだニットが手放せません。
d0117481_23281034.jpg
暮れに、青山一丁目に行ったとき三ツ葉屋さんで買った糸。7ミリの太い針でざくざく。身幅を太くして丈は短め。袖の縄編みを肩から繋げて編みました。
d0117481_23404672.jpg
白とかグレーとかでバルキーなカーディガンが流行っているらしい、のがPinterestというアプリで見てから編みたいなと思っていました。取り掛かってから早かったです。太い糸と作りたいもののイメージが出来ると早いです。
明るい色なので、春先のこの寒の戻りに重宝しています。

そして、まだ手放せないのが巻き物。
生徒さんの作品です。
Kobayashiさん、モザイク編みが先日のセーターにとても良く合っています。
d0117481_00092646.jpg
Kuriharaさんも、マルティナさんの糸で腹巻帽子。
d0117481_00120808.jpg
Takahashiさんはドログリーの糸で、とろけるような柔らかいモヘアのマフラー。
d0117481_00124781.jpg
分厚いものを着なくても、首回りとか手首とかにニットを使うととても暖かいものです。
リストウォーマーがいくつか仕上がりました。エストニアスパイラルっていう編み方です。KimuraさんやIshidaさん、Toyaさんも私も編みましたよ!
d0117481_00141043.jpg
d0117481_00143378.jpg

S Shigeno さんの指導員コースの課題、編込みヨークのセーター。素敵ですよ!!
d0117481_00201414.jpg
丸ヨークのセーターをまた編みたくなりました。黒ってところが新鮮です。

こうしてまだまだ暖かいニットに触れる幸せを感じています。
明日から4月だなんて~

手術からひと月以上が経ちました。
その後は元気です。運動を始めて良いと言われましたが、テニスは5月から始めることにします。食事は殆ど普通に食べていますが、時間は出来るだけ毎食同じ頃に、脂っぽいものは控えるように、を心がけています。
今年は年初から入院手術を二度も経験しました。22日に出雲大社に行きましたので、初詣がてら“身体健全”をお願いしましたが、自分の健康は自分で守らねば、です。




by yumiyane | 2019-03-31 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2019年 02月 17日

胃痙攣ではありませんでした

2019年も2月になりました。
前回アップした記事が東京でのお正月のこと。その際、大晦日の夜から胃痙攣に襲われて、年越しそばを何年ぶりで食べそびれた、と書きました。
胃痙攣ではありませんでした。
大晦日の夜に起きた腹痛は、2017年の3月と4月に起きたものと同じようだったので、時間がくれば治るものと思っていました。案の定2時間くらいで治りましたから。しかし、二日の早朝にも同じ症状が起き、二日の最終便で出雲に戻ってからも治らず、三日の朝に医大の救急外来に行きました。
そこで告げられたのは、急性胆嚢胆管なんとか?でした。胆嚢にあった石が胆管でつまり、胆汁の流れを止めて雑菌が悪さをして炎症を起こしている!というものでした。そのまま入院、次の朝内視鏡手術で胆管に人工の管を入れて胆管の流れをよくする、という処置をしていただきました。入院は9泊でした。
私はすっかり元気です。
編み物も順調です。

秋ごろから編み始めたモヘアのタータンチェックのセーター。オーダーですが、糸が足りなくなって一度取り寄せたのですがまた足りない! それで暮れに二子玉川のオカダヤで追加で買っておきました。買えて良かった! 退院してすぐとりかかり完成しました。
d0117481_22084676.jpg
オカダヤさんのフラッフィーモヘアという糸です。モヘアでチェックはどうかなと思いましたが、なんのなんの。軽さ暖かさ色合いどれもOKです。
d0117481_22103457.jpg
テレビで全豪オープンやってるから、そのころですね。なおみちゃんが優勝する二つ前の試合かな。

d0117481_22104347.jpg
とても喜んでいただけましたよ。気に入ってもらえなかったら自分で着るつもりだったから、手から離れて残念?

そのあととりかかったのが、ネックから編むプルオーバー。この編み方とても気に入ってて、何しろ同じものを二つ編まなくていいでしょ。袖だけは途中から二つ編むけど。
d0117481_22152658.jpg
イタリアの糸でTRICOLOREという糸です。今気が付いたけどTRICOLOREって TRI と COLORE を合わせた言葉なんですね。TRI は三つであとはCOLOREカラーだ!

d0117481_22153588.jpg
青山一丁目にある三ツ葉屋さんで、夏に行ったときに買ったもの。どうしてもひと玉足りなくて、ネットで探したら一個だけ、ほんとうに一個だけあるお店に残っていて買うことが出来ました。そういえば三ツ葉屋さん、お店閉じられるんですね。残念だわ~

d0117481_22154426.jpg
この編み方は皆さんにも伝えてあって、皆さん続々と編み始められました。

Ishidaさんは本当の春色のモヘアで、しかも少し長めの丈をうんとフレアーにして!
d0117481_22214650.jpg
ネックから編むと、丈の調節が出来ていいんですよね。
d0117481_22215703.jpg
ネックから編むんだけど、別のバージョン。ラグランの部分で増やし目をしながら袖も一緒に編むパターン。
Matsumotoさんのプルオーバーは、モカコーヒー色。いい感じですよ。
d0117481_22240495.jpg
前回Igoさんが編まれたのと同じパターンです。

棒針の講師コースを学習中のKobayashiさんは、模様を自分の好きなものを配置して、アルパカで編まれました。とても几帳面な方で、編み目もすごく整っています。着るより編む方が好きだから、売れれば売って糸代にしてまた次のを編みたい!っていう方です。凄いでしょ?!

d0117481_22281689.jpg
袖付けも完璧です
d0117481_22282509.jpg

指導員コースのOgawaさんはかぎ針の提出作品を完成されました。
d0117481_22301066.jpg
ほんとに編み物がお好きなんだな~って思うのは、まず編地がフクザツ。より複雑な編み図を選ばれるのです。そしていつの間にか他の作品も同時に完成します。写真撮り忘れました!

ウエアものでもうひとつ。
松江のMurakamiさん、初めて編まれた男ものセーター。息子さんのためです。
d0117481_22332207.jpg
少し丈が短かったので、やり直したかったそうですが、息子さん気に入られた様子でそのまま着て帰っちゃった! そして、もう一枚編んであげると約束なさったそうです。家族愛!!!


次のアップがいつになるか分からないので?一気にアップしておきますね。
小物編
帽子!「表目と裏目だけで編むニット」のベルンド・ケストラーさんの交差編みに見える編地が気に入って2枚編みました。モデルは仲良しさん。一枚はチビにあげました。
d0117481_22374671.jpg
これを見た生徒さんが皆さんとりかかりました。今日はお二人だけ。
Nakayamaさん、
d0117481_22384510.jpg
同じ糸でEsumiさん。ゴム編み部分の長さで表情が変わります。
d0117481_22392684.jpg

この帽子はまだまだ続きます。あ、今日一枚撮るの忘れた!Kashiwaiさんの。

マフラーにいきます。
林ことみさんの「ニットであったか冬じたく」という本にあるモザイク編みのマフラー。私の教室では第二弾の流行です。
d0117481_22423210.jpg
左のブルーはMorihiroさん、他の二つはKashiwaiさんです。糸の太さで少し表情が異なります。

平田の生徒さんも編むのを楽しんでくださいました。Hiranoさん、紫系の色似合います。
d0117481_22435350.jpg
Esumiさんも左のです。模様を間違えた~とおっしゃいますが、全然気になりませ~ん。
d0117481_22452687.jpg
ちなみにバックにあるグレーのスヌードは、私の作です。これも表編みと裏編みを駆使した編地です。くしなんてものじゃなく、ただひし形を繰り返しただけです。
そうそう、前回アップしたチビおねえちゃんにあげたピンクのスヌード、早速巻いてくれたところの写真。
d0117481_22474810.png
三角に編むマフラーを大変気に入っていただいた
Tamakiさんの二つとも。
d0117481_22502850.jpg
d0117481_22504146.jpg
下のはホビーラホビーレの糸だそうです。この辺りにはそのお店は無くて、広島まで行かないとありません。糸をネットで買う人が増えて、個人でやっていらっしゃる毛糸店が出雲で2店なくなってしまいました。EAONのパンドラハウスでも、もう少し種類がたくさんになると嬉しいんだけどなぁ。

そのホビーラホビーレの糸でもうひとつネックウォーマーを編まれました。
Tamakiさん、課題の提出作品。同じ糸だけど表情が異なって素敵です。
d0117481_22564609.jpg
かぎ針で編む三角ストール。Takahashiさんの作品。細い糸で編んであるので最初棒針の作品かと思いました!
d0117481_22584257.jpg
d0117481_22584969.jpg
私もこれ編みたい!太い糸で編んだことはあるけど、これくらい細い糸で編むのも素敵です。


さて、備忘録的に胆嚢炎のこと。
急きょ入院した日は絶食、水も飲めなかった。次の日も食べれません。三日目に出てきた食事(1/5昼食)
d0117481_23032430.jpg
1/8にまた絶食になって、内視鏡で入れた管を取りました。そして再度重湯から始まって、12日退院の朝食ではなく、前の日の晩御飯
d0117481_23064169.jpg
ご馳走ではないけれど、美味しかった~!一食に食べる量を知りました(ごはんは少し多いように思いますが)。私は少し食べ過ぎていたかな?

胆嚢に石がある限り、今回のことはまた起こり得る!ということで、胆嚢を取ることを勧められました。そういう話をすると、周りに胆嚢を取った!という人が結構たくさんいらっしゃることが分かりました。胆嚢の役割はどうなる!?




by yumiyane | 2019-02-17 23:11 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2018年 12月 19日

2018年の12月は、、、

クリスマスシーズンになって、プレゼントをいくつか編んでいます。
残り毛糸を使ってマフラーにもなるしスヌードにもなる巻き物です。ここでもチェックの技法を使いました。
d0117481_21205536.jpg
これはもうチビではなくなったKちゃんへ。一番下のKちゃんには帽子を編みました。
今年は少し早く25日には訪問するので、サンタさんになるつもり。

d0117481_21114212.jpg
このシーズンならではのカラーのティッシュカバーもいくつか編みました。100均でグッズを探して飾るのも楽しいです。

小物ついでに、京都の姉に頼まれたポットカバー。カリタの二人用のポット用ということでしたが、手元にないので写真とサイズを眺めながらの作成。柄の部分が出っぱってたのに気が付きませんでしたね。次回は気をつけます。コーヒーがこぼれてもいいような色ということ。
d0117481_21273696.jpg
その姉の4か月10kgの孫のセーターも出来たので一緒に送りました。
d0117481_21290162.jpg
パピーのハスキーひと玉半使用です。

以下生徒さんの作品。
ウエアがたくさん出来ました!
初めてのセーター
Miyazakoさんのネックから編むVネックセーター。糸はあみもねっとの雪景色。
d0117481_21314399.jpg
鍛えているので腕の筋肉があるの!ということで、肩で少し増やし目がしてあります。だから美しくサイズぴったりに編みあがりました。嬉しい私も!

初めてのセーター第二弾
Igoさんのモヘアのセーター。少し前に出来た三角ストールとペアです。軽くて暖かくて、と感動もの。七分丈の袖も家事に最適。この冬はこれで乗り切ってください。
d0117481_21361767.jpg
松江のToyaさんのベスト。ネックから編んで、アラン模様も入っています。増やしながらの模様を入れるの難しそうでしたね。とてもいい感じ、首回りが綺麗に仕上がっています。重宝しそうですよ。
d0117481_21493774.jpg
ベスト続きで2点。
Ishidaさんの毛糸のベストは自分で見つけてきた編み図を少し工夫して出来上がりました。
ハマナカのソノモノアルパカだからとても暖かい。自宅でちょっと羽織るものが欲しい時にいいですよね。
d0117481_21524166.jpg
もう一点、こちらは夏糸で
Moriwakiさんのベストは以前私も編んだもの。本の通りだと小さいので、模様も段数も増やしてあります。応用がたくさん効くようになって腕が上がりましたね。
d0117481_21553795.jpg



こちらは指導員コースのお二人
Takahashiさんは棒針でギャザーの入った袖を夏糸で。弾力のない夏糸でこの袖を編むのは難しいけど、すごくステキに出来上がりました。肩から袖にかけてのラインに注目!
モデルさんみたいに着こなして。やはり自分のサイズに製図してあるからね。
d0117481_21391591.jpg

もうひとり、かぎ針の指導員コース
Kimuraさんのドルマンスリーブのセーター。
かぎ針だから毛糸の使用量も多いけど、たっぷりとした袖と裾がとてもゴージャス。一段がとても長くて大変そうだったけど、出来上がったらそれなりのものはあるね。
d0117481_21453008.jpg
二人とも編地を創意工夫して、さすが指導員コースです。


小物もたくさんありますよ。
チェックのバッグはまたまた出来てきました。Kobayashiさんのタータンチェックのバッグは丁寧に作られています。写真では分かりませんが、底にマチが付いているのです。持ち手もしっかりした皮で、うち袋にはポッケが二つ。売って欲しいわ!

d0117481_21585094.jpg

Kuriharaさんは棒針での二つ目の提出作品。マフラーでしたが、端をくっつけてスヌードにしました。その方が良かった!ノット編みの面倒な模様をいくつも長く編んで、根気よく編みあげましたね!
d0117481_22012822.jpg

今モザイク編みの小さなマフラーを皆さんに編んでもらっています。
これはYamamotoさんの作品です。
d0117481_22052973.jpg
これもまた糸の太さとか色の組み合わせとかで、個性が出てくる作品。
皆さんがどんな色で編まれるか、楽しみです。


そんなこんなで、今年もあっという間でした。
何があっと言う間だったのかというと、思い返してみるといろんなことがあって、1月にあったことなんて、10年くらい前のことなのではないか?と思えるし、あれもあったしこれもあったのにもう12月も半ば過ぎて、2018年が終わってしまう。もっとやりたいこと見たいこと食べたいもの行きたいとこいっぱいあったのに、今年が終わってしまう。そんな感じかな?
皆様にとってはどんな2018年だったでしょう。平成最後のなになに、という話題もありましたが、私にとってはその言い方は今ひとつピンとこない。和暦で生きてないからかな。でも平成天皇は大好きです。これからもお元気で私たちを見守って頂きたいです。

25日からお正月まで上京します。
皆様 よいお年をお迎えください。





by yumiyane | 2018-12-19 22:16 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 30日

11月が過ぎて行く

どうしてこんなに毎日は矢のように過ぎて行くのですか?!
今日は11月の最終日。あれ~あれ~ほんとに今月はあっという間だったような!
岡山へミカン狩りに行ったのは8日だったけど、もうずっと前のことのような。
d0117481_23191225.jpg
それは友達に誘われたバスツアーで、途中で「閑谷学校しずたにがっこう」見学というのも入っていました。岡山といえば中国地方のお隣の県なんだけど、島根県に接しているところはないのかな?
京都へ行くときは、蒜山のSAを過ぎるとすぐ入る県だし、特急やくも号に乗って岡山で新幹線に乗り換えて~というのは関西に行くときのルートだけど、岡山県の町は倉敷しか行ったことがなかったから、そんなところがあるなんて全く知らなかった!
紅葉がとても美しく、たくさんの観光客がいらしてたけど、どこか”静寂”という言葉がぴったりな空気感でした。風が殆ど吹いていなくて、風の強い出雲から訪ねて行ったせいかなぁ。

11月になってニットの季節到来です。私は編みかけが4つもあって、全て頼まれたものにつき早く編まねば~と追い立てられ感満載なのです。
d0117481_23371143.jpg
パピーのハスキーという糸を何気に買いまして、姪っ子の4か月10kgの男の子の為に編み始めました。糸を買ったときはグラデュエーションかな?と思ってましたが、なんのなんの、なんだこれは?というくらいの模様が出てきます。大人のサイズだとまた違う模様になるのでしょうが、身幅36センチくらいのカーディガンなのでこんな風です。不思議な糸です。さきほど両袖が編み上がり、あと数日で手元に届くはず。

クリスマスが近いので、小物がたくさん出来ています。
d0117481_23532375.jpg
Ogawaさんのツリーと星形のポット敷き。Takahashiさんのニットボール。Hiranoさんも小さなツリーを編みました。真ん中のブルーのシュールな感じのニットボールはKimuraさんの。もこもこの糸で編んだから大きめで、車のフロントグラスのところに置いてアピールしていました。
あれ?右上のバッグ、私が作ったのだけど、クリスマスに関係ある?

ウエアもありますよ。
Nobuちゃん、こないだ女子会に着てきてた。色がとってもよく似合っていました。
d0117481_23581052.jpg


Yataさんは提出作品を一気に編んで。これでこの冬は大丈夫ですね!
d0117481_23590592.jpg
d0117481_23595948.jpg
これは↑クッションカバーです。
Hiranoさんはチェックのバッグも完成です。ほんとにこのチェックのバッグは人それぞれで面白いですよね!
d0117481_00022268.jpg
チェックのバッグプロジェクトはまだまだ続きますよ~

Shigenoさんのマーガレット。モチーフが何枚つなげてあるのでしょう?!
先生であるのに私はこのモチーフ繋ぎが苦手なので、心から尊敬してしまいます。
d0117481_00032522.jpg
d0117481_00052448.jpg
三角編みのマフラーに刺繍!アイディアですよね。これもShigenoさんです。
アイディアといえば、もうひとりのShigenoさんのネックレス。若さの発想、素敵!
d0117481_00071411.jpg
11月は教室もたくさん開きましたし、ランチ会も何回かして、美味しいものもたくさん頂きました。
東京からかつての後輩とか編み物の生徒さんもいらっしゃいました。神在月でしたからね。

そして、11月1日にお世話になった焚き火小屋さんが亡くなられました。5月に癌が見つかり、半年の余命宣告をされたのだけれど癌治療はせず、本当に半年で逝ってしまわれました。出雲にUターンしてから、何度となく伺った焚き火小屋。帰ってきた翌年にはそこでニット展もさせていただきました。ノブフェン窯で焼いたパンを買いに通いました。東京から友達が来ると間違いなく連れて行きました。四季折々を楽しんで、2か月に1度はTaeさんが中心になったお料理のワークショップにも通いました。今年の初めに焚き火小屋そのものが立ち退きになって、ロケーションそのものが無くなってしまったうえに、そこの主であった彼も居なくなって、あの濃厚な焚き火小屋で過ごした日々が幻想となってしまった気がします。
Uターン間もなくの落ち着かない日々を助けて頂いたこと、感謝しています。ありがとうございました。
こころから 合掌






by yumiyane | 2018-11-30 23:14 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2018年 10月 26日

ギャラリー記田屋さんでのイベント

出雲市街から大社方面へ向かって、旧大社街道をいよいよ大社の参道へ向かう手前、急に左にカーブするところに点滅信号があって、そこに小さな看板があります。そこを右に入って、細い道を300mくらい行ったところの右にそのギャラリーがあります。
以前は養蚕農家だったご主人の実家をギャラリーに改装して、週末だけオープンしているギャラリー記田屋。アプローチの石畳や、木の柵、置いてある椅子やテーブル、ハーブガーデンなどなどその主のセンスが伺えて、ちょっとワクワクしてきます。

去年の11月にNHKEテレ「猫のしっぽカエルの手」の島根取材のポイントにもなりました。その番組のパーソナリティであるベニシアさんもここを訪れ、主の伸子さんと時を過ごされました。
そのベニシアさんの紹介で、私も伸子さんに会うことが出来たのです。
3月26日にお会いして、10月に絵本の読み聞かせの会をするのでそのときに私の“童話であそぶニット”の動物たちを展示させていただくことになりました。
d0117481_20582787.jpg
読み聞かせは“だるまちゃんとてんぐちゃん”それに“からすのパンやさん”
ということでそれぞれ新しく作りました。
d0117481_21172899.jpg
からすのパンは生徒さんにも手伝っていただきました。
とても素敵な空間だったので、こんな風に飾っていただくと動物たちも生きて来るなって思いました。
d0117481_21055379.jpg
21日には「こどもまつり」というイベントが行われ、私も少しだけ顔を出したのですが、それはそれは大変な賑わいで、向かいの空き地の駐車場は満車で少しのスペースも無いし、お庭にもお部屋にも子供たちやお母さんお父さんたちが溢れていて、このギャラリーの集客力に驚きました。きっといつも丁寧に丁寧にお仕事なさっているんだわ!
そんなギャラリー記田屋の仲間入りをさせていただいて、ほんとに光栄でした。
またいつか他の形でも参加できたらうれしいです。

そうそう、この展示は今月いっぱいで、明日と明後日で終了です。



by yumiyane | 2018-10-26 21:13 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2018年 09月 30日

9月のニット

9月のニットと言ったら、まだまだ暑かったころに~ニット?~と思われるかもしれませんが、なんのなんの、ニットで出来ること!が合言葉の皆さんですから。
そうは言っても汗だくだったり、手に汗握ったりする日々もありましたから、タッセルを作って頂いた日もありました。
d0117481_23032688.jpg

そして、バッグも。タータンチェックのバッグに挑戦していただきました。驚くのはみんな違うこと。大体の作り方をお教えして、次に持って来られると“みんな違ってみんないい!”です。私の作ったものも混じっています。
d0117481_23402538.jpg

そうそう、ザブトンもまたまた出来たので追加して再掲しますね。まだあったようなきがするけど。。。
d0117481_23393242.jpg


ウエアも出来ていますよ。
d0117481_23465367.jpg
Shigenoさん親子、↑はお母さん、↓はお嬢さん。
d0117481_23474027.jpg
教科書の提出作品なんだけど、どんどんマイ風に変化して行って凄いことになっています。それぞれ素敵でしょう?!


初めてのベスト!!Ishibashiさん。サイズもぴったり、編地が綺麗なこと。
d0117481_23504023.jpg


Takahashiさん、提出作品の合間に編んだマーガレット。お仕事も忙しいのに、よく沢山作る時間がありますよね。麻糸で重宝しそう。
d0117481_23530088.jpg

こちらは別のTakahashiさん。課題よりも編みたいものがたくさんあって、綺麗な赤いセーターが出来てきました。いい赤!
d0117481_00022792.jpg

Yataさんのストール。編み図を読み解く、という提案をした三角ストールを完成してくださいました。私も編んだけど、この糸のほうが素敵。
d0117481_00033296.jpg


Tamakiさんのモチーフつなぎのバッグ。編み始められた時にはどうなることかと心配した色合いが、出来上がってビックリ。なんて素敵な色の魔術師。
d0117481_23554329.jpg

Kobayashiさんはバッグをもう何個も編まれたけれど、今年の夏も出来上がりました。マルシェバッグとありましたが、中袋にぴったりの花柄を選んで、素敵なお出かけバッグになりました。
d0117481_00013225.jpg
↑のバッグと同じ編み図から出来たのが↓
Ishidaさんのなんでも入るバッグ。大きさが伝わりませんが、自分の使いたい大きさに自由に変更できるところなど、応用力が凄い! 教室にいらっしゃるときのいっさいがっさいが入ります。エコアンダリアで結構丈夫。

d0117481_00025565.jpg
などなど、8月9月のニットをまとめました。
これからが本番ニットの季節です



by yumiyane | 2018-09-30 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2018年 07月 18日

気候の変動に付いていけないこの頃です

島根県は西部地方、広島県から岡山県の南西部そして四国愛媛県の各地に甚大な被害をもたらした雨でした。毎年どこかで洪水が起きて梅雨が終わります。でも今年のはひどかった。地球の地軸が少しづつ傾いていくことによって、表面を覆う空気の流れも少しづつ異常な動きをしているのですか?
洪水のあとこの数日の高温注意報。
この春以降、東南アジアから日本の南部にかけての火山の噴火、それからハワイに至ってはマグマが今もなお噴き出しています。
私たちの住む地球は、膨大な宇宙のくずのようにちらばっている星の集まり、銀河の中のほんの一部の太陽系の惑星のひとつ。宇宙から見れば存在も危うい小さな小さな水色の惑星の30%にあたる大地の片隅に、私たちの暮らしは営まれています。だけどね、宇宙からみたら、私たちの存在はミクロの世界だけれど、心は、精神はミクロでは片付けられない膨大な宇宙の果てまで広がって行ける。そんな矛盾なこの世の中でどうやって生きて行ったらいいか~~~永遠の謎・疑問・課題です。

私の暮らしている出雲地方は、幸いなことになんの被害もありませんでした。ただ、、、孫に頼まれて作ったパンダちゃん。7月5日の木曜日に近くのくるみ市からゆうパックで東京は世田谷宛てに送り出しました。その日の午後から降り始めた雨がこんなことになるとは夢にも思わず。
d0117481_00105587.jpg
7日には着く予定でしたが、8日になっても届かないので、問合せ番号で追跡してもらいましたが、松江を出た履歴以降、何の更新もされていないとのこと。やはり、雨の影響でしょうねと納得しました。しかし、月曜日になっても届かなければ郵便局の方の説明ではその後の更新が全くされていない。東京に着いたかどうかも分からない。しかし洪水の被害にあったという事柄も起きていないということ。一体全体私の荷物はどこへ行ってしまったのでしょう?!送付状がはがれたんじゃないか?とか、東京に着いたけど人手がなくてさばききれないんじゃないか?とか、局の人は色んな推察をなさいました。
結局、13日の金曜日夕方17時41分、出雲郵便局からの電話で、荷物は出雲に戻ってきました!と。その2時間後、自宅に届けられた荷物は私が5日に送ったそのままの姿で戻ってきたのです、少なくとも外観は。5日の時点では何の恐れも抱かず、パンダちゃんの他に野菜を詰め込んでいたのです。勿論野菜は全滅。ピーマンが一番腐っていました。自然災害のため、中身の賠償はしませんが、送料はお返しします、ということでした。トラックが水の被害にあったけど、yumiyaneさんの荷物は大丈夫でした、という説明でした。了解せざるをえません。
そんな折、不幸中の幸いということがありました。
パンダのしっぽは何色?
d0117481_00202763.jpg
、私は勝手に黒だ~と思っていたのですが、調べてみると白なんですね~。
黒の方が可愛いと思ったけど、これはやり直しです。

明日もまた日本列島は猛暑日が続くようです。そんな中、ニットの写真を掲載することをお許しください。皆さんこんな中でも創作活動にいそしんでいるのです。
Kobayashiさんは、春にとりかかったモヘアのカーディガンを完成されました。
何故か私が試着しています。右の鏡に映っている後姿が作者です。いつもきちんと制作されるのですが、たっぷりとしたフードやポケット、丈の長さなど完璧です!
d0117481_00395950.jpg


Iidukaさんは、かぎ針指導員コースの終了作品を完成。
d0117481_00443973.jpg
糸と色の選択がとてもいい!ポケットも付いています。かぎ針編みのテーラードジャケット。胸のダーツもきれいに入っています。たいへんよくできました172.png

この間から、ざぶとんを作るのが流行って、って誰がはやらしたかなのですが
d0117481_00484820.jpg
右下のピンクのを私が作りまして、案外可愛い!と思い生徒さんに勧めたものです。左上から時計回りで、Yataさん、Turuharaさん、Nishinaさん、WatashiそれにIidukaさんの作品です。色の選択がそれぞれでほんとこういうとき同じものを作らないところがとってもいいです!!

ベストも編みあがりました。Yataさんの棒針左、Tamakiさんのカギ針右。両方とても良い風合いです。
d0117481_01001590.jpg

小物もたくさん出来ていますが、写真が撮れたものだけです。
写真左上から時計回りに
Kobayashiさんの帽子、ジュートを素材にした天然繊維で編んだ紺色の上品な帽子です。KimuraさんとTakahashiさんの花のモチーフ。色づかいが面白くて不思議な花たち。Takahashiさんの帽子、これも天然繊維の糸で、可愛い形ですよね。同じくTakahashiさんのシェトランドレースのショール。嶋田先生の本を参考にしたそうですが、根気のいる作品です。Ogawaさんの小物、飴とかコーヒーカップとか、編んで表現するのを楽しんでいます。MurakamiさんとToyaさんの夏のティッシュカバー。夏に涼しい色使いですよね。Kimuraさんのラリエット。細ーいほそーい糸で表現、葉っぱの模様が花びらに変身しています!
d0117481_01240252.jpg
こうして毎日創作されていくニットたち。
暑さにも負けないぞ!!!

被災地の皆さん
ボランティアの方々
支える自治体の皆さん、頑張って下さい!




by yumiyane | 2018-07-18 01:31 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2018年 05月 28日

久しぶりに帽子を編みました

5月は出雲でもやはり一番いい季節ではないでしょうか。
大雨も2-3日は降りましたが、湿度の低い晴天が何日か続いて、ベランダのラベンダーが咲き誇っています。
d0117481_01044959.jpg
久しぶりに帽子を編みました。5月でも強い日差しのこの頃、3歳になる孫のためにマニラヘンプレースという麻から作られた糸で作りました。3本どりです。頭の大きさが分からなかったけど、50センチ見当にしたらぴったりだったということでしたが、ちいさかったかなぁ?
d0117481_01143180.jpg

5月は忙しかった!
連休は何も予定が無かったので、東京に行こうかどうしようかぎりぎりまで迷っていましたが、結局いろんな用が入って上京は夏休みまでお預けになりました。

実家の隣に住んでいて、ずっと私たち家族の中に “隣のおっちゃんと隣のおばちゃん” という存在がありました。おばちゃんは10年以上前に亡くなりましたが、おっちゃんは元気でした。その隣のおっちゃんが18日の金曜日に亡くなりました。99歳の大往生です。京都から姉が一人、徳島から兄夫婦が帰って来ておっちゃんの死を悼みました。私たちの周りから、あの世代の大人が皆居なくなりました。これからは私たちがあの世代になって行くんですね~。しっかり色んな事子供や孫やひ孫に伝えて行かないとなぁって。注:まだ私にひ孫は居ませんよ!

24日に平田の久多美というところに住んでいらっしゃる生徒さんのお家に、他の生徒さんと訪ねることになりました。
d0117481_01280445.jpg
お宅の前に大きな池があって、うぐいすやホトトギスが鳴いていますが、携帯のバイブのような唸り声も聞こえてきます。ヒキガエル?かな、地の底から響いてくるような音にびっくり!
d0117481_01324486.jpg
バラを始め、いろんな花が咲いていました。この地区では、プライベイトガーデンを開放して、訪れる方に楽しんでもらえるようなそんな庭造りに取り組んでいるのだそうです。
バラの季節、きっと日本全国のガーデナーたちが幸せな庭造りに励んでいらっしゃることでしょう。
白やピンクのスプレータイプのバラを観ると、私はいつもブルゴーニュにあるボウヌという町を訪れた時のことを思い出します。

生徒さんのお宅と書きましたが、実は既に先生で、原毛を洗い、染め、紡いで、とてもいい風合いの糸でウエアや小物を作り、それを教えてもいらっしゃいます。
d0117481_01442794.jpg
こんな景色を見ながら糸を紡いでいけば、優しくて暖かくて、ふたつと無い宝物が作れそうです。

さて、5月は私の出雲生活が再度始まった月です。
2013年5月29日がその日。
もう5年が過ぎたのです。
d0117481_01564006.jpg
住まいのドアを開けると見える田んぼの景色。左手にアパートが建ちました。そのせいで北山が見えなくなった! 斐伊川の花火は見えるでしょうか?
5年も経てば、何かは変わるだろうから、これくらいはしょうがないか。

d0117481_01584778.jpg
d0117481_02003856.jpg
夕焼けは相変わらずドラマチック!
こうしてUターン丸5年が過ぎました。もうどっぷり出雲人です。






by yumiyane | 2018-05-28 23:17 | にっと(knit) | Trackback | Comments(7)
2018年 04月 30日

4月にあったこと・・・・・毎月これか?

4月はいつもに比べて早い春が始まったような気がします。櫻の花もあっという間に咲いて、お花見をする暇もなく散っていったようでした。3月の終わりに、何十年ぶりというくらいの晴天が続いたためです。
d0117481_21052603.jpg
編み物の糸は自然と夏の糸に変わって行きました。日本ヴォーグ社の「ネックから編むかぎ針あみ」という本の表紙にあるベストです。
d0117481_21065008.jpg
81歳になられる方からのご注文でした。ゲージ調整して、模様をひとつ増やし、丈も随分長くしました。出来上がってお届けしたものを早速着て頂いているところです。
d0117481_21073987.jpg
とても可愛らしい方なので、レースのヨークが華やいでお似合いでした。
d0117481_21104862.jpg
3月の21日に初めて平田町のVIVAというところで編み物のワークショップをやりました。何人か来て頂けたので、引き続き平田で月に1回教室をやってみることにしました。ワークショップでやってみたリフ編みの編み込みをティーコゼで試したところです。緑のはK林さんの作品。いつもきちんとした編み目ですね。5月、6月も第三金曜日の午後13時半から15時半まで平田のVIVAの2階にある2番教室でやっていますので、突然参加もOKですからお近くの方は覗いてみてくださいね。
d0117481_21272640.jpg
15日の夜には、ウェルシティというホテルの何とかの間でジルデコイのライブがありました。今回は二人だったのでジルデコデュオだったそうです。ジルデコのヴォーカルのちひろちゃんは、私の従姉妹の娘。随分キャリアを積んで、プロのシンガーソングライターというのか、ジャズシンガーになっていました。このジルデコイアソシエーションの2013年に発表されたアルバム『ジルデコ5』は第55回日本レコード大賞、優秀アルバム賞にノミネートされたんですよ。その後結婚、出産を重ねレディーっぷりに磨きがかかって歌唱力もぐんぐん力が付いてきましたね。そんなちひろちゃんの出雲凱旋ライブ。私も“ママのいとこ”って紹介して頂きました~!
d0117481_21362567.png
さてさて、MY HERO のテニスの錦織圭くん。昨年夏に右手首を負傷して5か月半実戦から遠ざかっていましたが、今月モナコモンテカルロであったマスターズ1000の戦いで決勝まで進みました。結果は準優勝でしたがよくここまで復帰しましたね~偉いよこれからも頑張って!
d0117481_21400257.jpg
そして連休前一週間の日曜日に、大学時代からお付き合いが続いている三人の友達の一人Saekoさんが出雲に来てくれました。ホテルで1泊だったし、夜は9時半からの圭くんの試合を一人で観るため夜通しの話は出来ませんでしたが、松江に行ったり出雲大社に行くときはずーーーっとお喋りっぱなし。私のお友達にも紹介出来て有意義な二日間でした。また来るって約束したから、次回は玉造温泉に泊まろうよ。そうこうしているうちに連休が始まりましたね。東京に行こうか行くまいか毎日のように飛行機の予約情報をチェックしていましたが、夏休みまでお預けにしました。生徒さんのニット特集コーナー
d0117481_21420617.jpg
編み目がいつも整っているT橋さん、この平常心はどうやって養われるのでしょうか。
d0117481_21425116.jpg
指導員コースのI塚さんのかぎ針作品。シースルーなので、これからの季節に重ね着のフェミニンになニットルックが期待できます!
d0117481_21450383.jpg
ハマナカのアルパカエクストラの色んな色を繋いで編んだ三角ストール。M脇さんの作品です。すっごく素敵ですよ!!!
d0117481_21473172.jpg
棒針編み入門コースのK原さんの初めての作品。表編みと裏編みがやっとすんなり編めるようになったと喜んでくださいました!楽しんでいただくのが一番です。
d0117481_21493600.jpg
そんな4月にある大きな出来事がありましたね。北の方と南の方が手を繋いで境界線を越えました。南の方は具体的な声明を発されましたが、
d0117481_21503620.jpg
北の方の表現はかなり抽象的だったのが少し気がかりです。
d0117481_21511444.jpg
それでも、この国の歴史を思う時、このことは私の胸もゆさぶりました。バックにそれぞれ付いている大国の思惑で、ひとつの民族の国家が二つに分断されたいきさつは朝鮮半島だけではありません。ベトナムは自分たちの力で統一することが出来ました。イスラエルとパレスチナはまだ諍いが続いています。ウクライナはもう落ち着いたのでしょうか。シリアは?朝鮮半島、言葉の通じる二つの国の国交が開かれ、自分たちの思いで政策で経済でこれまでより良い関係を作っていけますように!人の心に変化をもたらすことが出来るのは人の心でしかないと思うから。さて、こうして4月も終わっていきます。皆様楽しいゴールデンウィークを!

by yumiyane | 2018-04-30 22:17 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)