にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 30日

11月が過ぎて行く

どうしてこんなに毎日は矢のように過ぎて行くのですか?!
今日は11月の最終日。あれ~あれ~ほんとに今月はあっという間だったような!
岡山へミカン狩りに行ったのは8日だったけど、もうずっと前のことのような。
d0117481_23191225.jpg
それは友達に誘われたバスツアーで、途中で「閑谷学校しずたにがっこう」見学というのも入っていました。岡山といえば中国地方のお隣の県なんだけど、島根県に接しているところはないのかな?
京都へ行くときは、蒜山のSAを過ぎるとすぐ入る県だし、特急やくも号に乗って岡山で新幹線に乗り換えて~というのは関西に行くときのルートだけど、岡山県の町は倉敷しか行ったことがなかったから、そんなところがあるなんて全く知らなかった!
紅葉がとても美しく、たくさんの観光客がいらしてたけど、どこか”静寂”という言葉がぴったりな空気感でした。風が殆ど吹いていなくて、風の強い出雲から訪ねて行ったせいかなぁ。

11月になってニットの季節到来です。私は編みかけが4つもあって、全て頼まれたものにつき早く編まねば~と追い立てられ感満載なのです。
d0117481_23371143.jpg
パピーのハスキーという糸を何気に買いまして、姪っ子の4か月10kgの男の子の為に編み始めました。糸を買ったときはグラデュエーションかな?と思ってましたが、なんのなんの、なんだこれは?というくらいの模様が出てきます。大人のサイズだとまた違う模様になるのでしょうが、身幅36センチくらいのカーディガンなのでこんな風です。不思議な糸です。さきほど両袖が編み上がり、あと数日で手元に届くはず。

クリスマスが近いので、小物がたくさん出来ています。
d0117481_23532375.jpg
Ogawaさんのツリーと星形のポット敷き。Takahashiさんのニットボール。Hiranoさんも小さなツリーを編みました。真ん中のブルーのシュールな感じのニットボールはKimuraさんの。もこもこの糸で編んだから大きめで、車のフロントグラスのところに置いてアピールしていました。
あれ?右上のバッグ、私が作ったのだけど、クリスマスに関係ある?

ウエアもありますよ。
Nobuちゃん、こないだ女子会に着てきてた。色がとってもよく似合っていました。
d0117481_23581052.jpg


Yataさんは提出作品を一気に編んで。これでこの冬は大丈夫ですね!
d0117481_23590592.jpg
d0117481_23595948.jpg
これは↑クッションカバーです。
Hiranoさんはチェックのバッグも完成です。ほんとにこのチェックのバッグは人それぞれで面白いですよね!
d0117481_00022268.jpg
チェックのバッグプロジェクトはまだまだ続きますよ~

Shigenoさんのマーガレット。モチーフが何枚つなげてあるのでしょう?!
先生であるのに私はこのモチーフ繋ぎが苦手なので、心から尊敬してしまいます。
d0117481_00032522.jpg
d0117481_00052448.jpg
三角編みのマフラーに刺繍!アイディアですよね。これもShigenoさんです。
アイディアといえば、もうひとりのShigenoさんのネックレス。若さの発想、素敵!
d0117481_00071411.jpg
11月は教室もたくさん開きましたし、ランチ会も何回かして、美味しいものもたくさん頂きました。
東京からかつての後輩とか編み物の生徒さんもいらっしゃいました。神在月でしたからね。

そして、11月1日にお世話になった焚き火小屋さんが亡くなられました。5月に癌が見つかり、半年の余命宣告をされたのだけれど癌治療はせず、本当に半年で逝ってしまわれました。出雲にUターンしてから、何度となく伺った焚き火小屋。帰ってきた翌年にはそこでニット展もさせていただきました。ノブフェン窯で焼いたパンを買いに通いました。東京から友達が来ると間違いなく連れて行きました。四季折々を楽しんで、2か月に1度はTaeさんが中心になったお料理のワークショップにも通いました。今年の初めに焚き火小屋そのものが立ち退きになって、ロケーションそのものが無くなってしまったうえに、そこの主であった彼も居なくなって、あの濃厚な焚き火小屋で過ごした日々が幻想となってしまった気がします。
Uターン間もなくの落ち着かない日々を助けて頂いたこと、感謝しています。ありがとうございました。
こころから 合掌






# by yumiyane | 2018-11-30 23:14 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2018年 10月 26日

ギャラリー記田屋さんでのイベント

出雲市街から大社方面へ向かって、旧大社街道をいよいよ大社の参道へ向かう手前、急に左にカーブするところに点滅信号があって、そこに小さな看板があります。そこを右に入って、細い道を300mくらい行ったところの右にそのギャラリーがあります。
以前は養蚕農家だったご主人の実家をギャラリーに改装して、週末だけオープンしているギャラリー記田屋。アプローチの石畳や、木の柵、置いてある椅子やテーブル、ハーブガーデンなどなどその主のセンスが伺えて、ちょっとワクワクしてきます。

去年の11月にNHKEテレ「猫のしっぽカエルの手」の島根取材のポイントにもなりました。その番組のパーソナリティであるベニシアさんもここを訪れ、主の伸子さんと時を過ごされました。
そのベニシアさんの紹介で、私も伸子さんに会うことが出来たのです。
3月26日にお会いして、10月に絵本の読み聞かせの会をするのでそのときに私の“童話であそぶニット”の動物たちを展示させていただくことになりました。
d0117481_20582787.jpg
読み聞かせは“だるまちゃんとてんぐちゃん”それに“からすのパンやさん”
ということでそれぞれ新しく作りました。
d0117481_21172899.jpg
からすのパンは生徒さんにも手伝っていただきました。
とても素敵な空間だったので、こんな風に飾っていただくと動物たちも生きて来るなって思いました。
d0117481_21055379.jpg
21日には「こどもまつり」というイベントが行われ、私も少しだけ顔を出したのですが、それはそれは大変な賑わいで、向かいの空き地の駐車場は満車で少しのスペースも無いし、お庭にもお部屋にも子供たちやお母さんお父さんたちが溢れていて、このギャラリーの集客力に驚きました。きっといつも丁寧に丁寧にお仕事なさっているんだわ!
そんなギャラリー記田屋の仲間入りをさせていただいて、ほんとに光栄でした。
またいつか他の形でも参加できたらうれしいです。

そうそう、この展示は今月いっぱいで、明日と明後日で終了です。



# by yumiyane | 2018-10-26 21:13 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2018年 09月 30日

9月のニット

9月のニットと言ったら、まだまだ暑かったころに~ニット?~と思われるかもしれませんが、なんのなんの、ニットで出来ること!が合言葉の皆さんですから。
そうは言っても汗だくだったり、手に汗握ったりする日々もありましたから、タッセルを作って頂いた日もありました。
d0117481_23032688.jpg

そして、バッグも。タータンチェックのバッグに挑戦していただきました。驚くのはみんな違うこと。大体の作り方をお教えして、次に持って来られると“みんな違ってみんないい!”です。私の作ったものも混じっています。
d0117481_23402538.jpg

そうそう、ザブトンもまたまた出来たので追加して再掲しますね。まだあったようなきがするけど。。。
d0117481_23393242.jpg


ウエアも出来ていますよ。
d0117481_23465367.jpg
Shigenoさん親子、↑はお母さん、↓はお嬢さん。
d0117481_23474027.jpg
教科書の提出作品なんだけど、どんどんマイ風に変化して行って凄いことになっています。それぞれ素敵でしょう?!


初めてのベスト!!Ishibashiさん。サイズもぴったり、編地が綺麗なこと。
d0117481_23504023.jpg


Takahashiさん、提出作品の合間に編んだマーガレット。お仕事も忙しいのに、よく沢山作る時間がありますよね。麻糸で重宝しそう。
d0117481_23530088.jpg

こちらは別のTakahashiさん。課題よりも編みたいものがたくさんあって、綺麗な赤いセーターが出来てきました。いい赤!
d0117481_00022792.jpg

Yataさんのストール。編み図を読み解く、という提案をした三角ストールを完成してくださいました。私も編んだけど、この糸のほうが素敵。
d0117481_00033296.jpg


Tamakiさんのモチーフつなぎのバッグ。編み始められた時にはどうなることかと心配した色合いが、出来上がってビックリ。なんて素敵な色の魔術師。
d0117481_23554329.jpg

Kobayashiさんはバッグをもう何個も編まれたけれど、今年の夏も出来上がりました。マルシェバッグとありましたが、中袋にぴったりの花柄を選んで、素敵なお出かけバッグになりました。
d0117481_00013225.jpg
↑のバッグと同じ編み図から出来たのが↓
Ishidaさんのなんでも入るバッグ。大きさが伝わりませんが、自分の使いたい大きさに自由に変更できるところなど、応用力が凄い! 教室にいらっしゃるときのいっさいがっさいが入ります。エコアンダリアで結構丈夫。

d0117481_00025565.jpg
などなど、8月9月のニットをまとめました。
これからが本番ニットの季節です



# by yumiyane | 2018-09-30 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2018年 09月 18日

東京への旅の残像~

夏休みの続きを書きたかったのに、もう9月も半ば。
二子玉川で大学時代の友達二人とティンダイフォンで小龍包を食べたこととか。
表参道の虎屋カフェで元会社の仲間とかき氷食べたこととか。
桜新町で田中屋という蕎麦屋の茄子揚げ出しみぞれあんとかいうおいしい料理を後輩にご馳走になったこととか。
山梨に行ったときはやっぱりほうとうだよねって小作というところで南瓜入りを食べたり、ターシャというお店で避暑に来てた大学時代の友達と姉とでランチ食べたこととか。
そうそう、先輩に銀座のポーラビルにある銀座シェ・トモって美味しいレストランでランチご馳走になったっけ。これはもう東京でなきゃ味わえない雰囲気!ここ、いつか来たことあるなぁって思いながら食べてたけど、ブログ仲間のスパイスさんたちとの出会いのレストランだ!

もう
食べたもののことばっかり!
そのほかに表参道のアニベルセルに久しぶりに行ったら、夕方七時半なのに人が少なかったのが気になった。メニューも変わってたし、もうあのパリっぽさも珍しくないのか他にお店が沢山出来たからか。それとやはり表参道で福井県のアンテナショップの隣のやはり福井の美味しいもの食べさせてくれるお店が変わっててちょっとがっかりだったかな。
まあとにかく美味しいものが色々食べれたのは良かった。
私が長く勤めていた会社は今月の末に青山一丁目に引っ越すらしく、会社の中がそわそわしていた。赤坂から表参道に越したのが1993年。あれから25年も経ったんだ。表参道も変わるわけだわ。

帰って来てから、遊んだつけが回って来て忙しい毎日が続きました。
10月に大社にある記田屋さんというギャラリーで、また童話であそぶニットを飾ることになりました。それに追加で頼まれたものを制作中。
d0117481_00324094.jpg
またニットの季節がやってきました。




# by yumiyane | 2018-09-18 00:33 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(0)