にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 11月 26日 ( 1 )


2011年 11月 26日

車窓に見えるもの

d0117481_21974.jpg

パリからビルバオに向かう飛行機の窓から、地上の何か光るものを見つけました。

朝日を受けて光る風車でした。
上手く写真が撮れなかったけれど、輝く光は連なっていました。

d0117481_23869.jpg

ビルバオからビトリアを経由して、ブルゴスに向かう車窓からも、たくさんの風車が見えました。
d0117481_232532.jpg

スペインにも原発はあって、現在8基の原子炉が稼働して、国の電気エネルギーの20%をまかなっているそうです。
d0117481_234490.jpg

スペインでは、太陽光発電も盛んで、国から補助が出るそうで、農家が畑に大規模なパネルを設置して、電気を売ったりしているそうです。

まいったなあ、こんなに風力発電があるとは。
右を見ても、左を見ても、山の上に風車が並んでいます。
日本はいったい何をして来たんだろう。安全神話の原子力発電を推進するため、風力発電の非効率を声高に叫んで、音がするとか、調整が面倒だとか効率が悪いだとかいって、他を一掃してきたのです。
原発に注ぐお金のいくらかでも廻していれば、新しいエネルギー開発はとっくに出来ていたんじゃないかな。

この風車は、ブルゴスからレオンに向かう車窓からも、あちらにもこちらにも見えたのです。

日本はエネルギー政策に関してはほんとは後進国だと思いました。次世代を全然考えていないからです。未来のことを全然考えてない。
日本の人口1億2800万人、面積377.9平方km しかも山が多い
スペインの人口4600万人、面積504.78平方km しかも平野が多い。

山が多く、地震の多い日本に、何故に55基もの原子炉を作ったのか、またしても大きな疑問が湧いて来ました。
スペインの経済が危機的状況と言われても、日本は到底及ばない何かがあると感じました。


ビトリアからN1を60kmくらい走ったところに、突然の岩山が現れました。

d0117481_2193865.jpg
d0117481_2195418.jpg

もうひとつトンネルをくぐったあたり、右手に村が見えました。
d0117481_220688.jpg

この村は、地図で
Pancorbo という名前の村だと分かりました。
d0117481_2202046.jpg
d0117481_2203292.jpg
d0117481_2204964.jpg

なんだかとても雰囲気のある、古い村のようです。

少しウィキで調べてみました。

その切り立った地形の影響で、他と孤立した自治コミュニティの村。
農業と素晴らしい景色に恵まれて、600人ほどの人が暮らしている。
古来からカスティーリャとバスクの交差点となって、独特な集落を形成している。
村人は、中世のカスティーリョ・デ・サンタマルタの残党の末裔?

だとか。へえ、やっぱり面白そうな村です。
きっと生活も現代とはかけ離れた暮らしが維持されているのでしょうか。

文化ってなんだろうって、そんなことを思わせる 車窓の景色でした。

by yumiyane | 2011-11-26 02:33 | 旅(travel) | Trackback | Comments(8)