にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 24日

Honfleurというところ

オンフルールは、対岸のル・アーブルから、先のポント・ノルマンディを使うと15分で来ることができます。使わないと45分かかるんだそうです。
d0117481_18272086.jpg

豪華なヨットも何艘か係留していて、なんだかリッチな雰囲気もあります。

この町でも印象派の画家が多く活動していたようです。
どおりで、町のあちこちには画廊があって、面白い作品をたくさん見ることができます。
d0117481_18304911.jpg

Cowパレードがここにもありますね。
d0117481_183106.jpg

東京の字がちっちゃい!
d0117481_18324261.jpg


オンフルールはまた、教会もたくさんあるように思いました。
d0117481_1940564.jpg

サント・カトリーヌ教会、フランスで、木造では最も大きいのではないかということです。
d0117481_19411235.jpg

あの真ん中のも、
d0117481_18455252.jpg


美しい港を持つオンフルール。
d0117481_19492343.jpg

このあと少し買い物に嵌ってしまいました。

そして
お腹が空いたことに気が付いて、
d0117481_19514712.jpg

このお店は四角いヨットハーバーの右の角あたりにあります。
d0117481_19534463.jpg

これにポテトフライとバケット、コーヒーで、大満足のランチとなりました。
二人の女性がやっているお店。たっくさんレストランが並んでいるところで、表で食べている人のお皿を見てここに決めましたが、大正解でした。↓この方がきびきびと働いています。
d0117481_19585392.jpg


おしゃれで、ウィットに富んでいて、アーティスティックで、美しい町 オンフルールです。
d0117481_2025696.jpg


by yumiyane | 2008-11-24 20:04 | France | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://knitcafe.exblog.jp/tb/8968651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mai-obachan at 2008-11-24 23:57
港の風景は絵に描きたくなるほど素敵ですね。
これだけ豪華ヨットが碇泊しているのを見ると、裕福な街なんだなと思いました。

それにしても、、、TOKYOがあとからとってつけたかのように小さくて浮いていますね。ははは。
チョコレート風呂の雄牛はりりしい顔ですね。
知り合いで牛グッズを集めている人がいますが、この街に行ったら楽しく散財間違いなし。

Commented by shinn-lily at 2008-11-25 10:15
ほんと、私も絵を画きたくなるくらいの港と思ってみていました。
どこでもここでも、おしゃれ
ひとつひとつの写真が絵葉書、
日本人がイメージしているヨーロパの港、ここにありという感じです!
Commented by ぐらんまさん at 2008-11-25 10:24 x
街並みが切手で出来ているみたい。切手の窓ペタペタ。長方形の家に切手の窓。窓。で、この街の切手はCOWマークの四角いやつでした。
Commented by yumiyane at 2008-11-26 13:56
:maiさん、ここはパリから高速を使うと案外近いので、避暑地としても人気のところのようです。
ここから海岸づたいにトゥルービルとかドービルとかあります。

一緒に行った友人も、牛のキャラクターがお気に入りで、この中のひとつを求めました。買い物狂いの牛、というのが居たのです。
パリの画廊にもこの牛たちはいましたよ。
Commented by yumiyane at 2008-11-26 13:58
:shinn-lilyさん、あまりにも絵になる風景ですね。
船を描くのは好きなのですが、ヨットはかっこよすぎます。
いつか行ってみてください。ハマりますよ。
Commented by yumiyane at 2008-11-26 14:25
:ぐらんまさん、切手の街並み、面白いですね。
近づくと、家並みは結構古いですよ。ギャラリーが多くて、1件入ったお店でも、若い男の人が水彩で飛んでる絵を描いていました。
芸術家の住む街は、何かが大切に保存されてる感じがします。


<< Trouville海岸      セーヌを渡る >>