にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 30日

このところのイスラム美術への興味

イタリアに初めて行ったとき、ローマのテルミニ駅でのアナウンスが、耳にとても心地よく聞こえました。
“何時発のどこ行きの列車は何番線のホームから出発します” と。

あーイタリアっていいなあ、って思った瞬間でした。

中国語の通訳をしている友人は、中学のとき、中国語を聞いて心地よく、母親に“あの言葉はどこの国の言葉?” と聞いたそうです。

耳から入る、ってあると思います。
d0117481_2394256.jpg

先日読んだ、イスタンブールを舞台にした本から、イスラムの地名の響きに少し心が動きました。

ウズベキスタンのお皿、直径50cmくらい
d0117481_23115350.jpg

ウズベキスタンのジッチャンたち
d0117481_23195969.jpg


エルズルム、タブリーズ、アヤソフィア、カズウィン、ホラサン などなど。

d0117481_2318354.jpg


これはどこのだったかな
d0117481_2322838.jpg
ミラー刺繍というのだそうです。
d0117481_23221847.jpg


これらは、先日横浜の中川で開かれていた、“彩りの道 シルクロード”展で見た、デザインの数々です。
この展覧会は“美しい世界の手仕事プロジェクト”という団体が、世界の手仕事を集めて展示してくださるプロジェクトの一つだったようです。

これまで中近東の絨毯て、ペルシャ絨毯に代表されるような、緻密な美しいもの、と思っていました。今回、ここで見せていただいたのは、いろいろな部族が、日常生活で使っていた必需品としての絨毯でした。会場では、実際にその絨毯の上を歩いたり、座ったりしながらひとつひとつの家紋のような模様を説明していただきました。

私は、といえば、それらの部族の話はとても興味深いものでしたが、図案、色、が手編みのヒントになるなあ、とか、この模様は編み込みに使えるなあ、とか、そんなことに心奪われていました。

d0117481_23321375.jpg


絨毯のほかにも
d0117481_23352026.jpg

また、
このプロジェクトの方が、パレスチナの難民の方々に、伝統的なパレスチナ刺繍を職業訓練として取り入れることによって、支援をしているそうです。
それらの色は大変綺麗で、刺繍は緻密なものです。
d0117481_23384131.jpg

私も少し求めました。
d0117481_23395914.jpg

イスラムの美についての探求は、もう少し続きそうです。

by yumiyane | 2008-09-30 23:41 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://knitcafe.exblog.jp/tb/8694694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazuko at 2008-10-01 01:38 x
先日は、横浜までお出でいただき、ありがとうございました。
さらに、パレスチナ刺しゅう、お買い上げいただき、本当に感謝です。
さらにさらに、こんなステキな写真とコメントいただき、嬉しさ倍増です。
手仕事展は、今日で終了いたしました。3ヶ月以上にイベントだっただけに、スタッフはそれぞれの量で涙です。
今週末、日比谷公園で行われるグローバルフェスティバルに、パレスチナ刺しゅうや手工芸(木工とペイント)を出します。いろいろな国のブースがでるので、とても楽しいです、お天気が良かったら、ぜひ遊びに来てください。また、
Commented by yumiyane at 2008-10-01 11:27
:kazukoさん、コメント有難うございます。
3か月も前からなさっていたのですね。もっと早く行けば良かったと思いましたし、お友達も誘えば良かったです。
日比谷公園でも開かれること、調べて行ってみます。パレスチナ刺繍の小物入れ、ほんとにきれいで、ひとつお友達にプレゼントしたので、もっと欲しいなと思っていたところでした。
Commented by hanamamann at 2008-10-01 22:36
色使いがモダンですが、日本の着物の色にも通じるものがありませんか?母が持っていた着物の柄に似た感じのもありますね。
私は何処から来たって。。。考えると、惹かれるものにはやはり根拠があるのかも知れませんよ。
Commented by yumiyane at 2008-10-01 23:12
:hanamamannさん、ありますあります。
やっぱりアジアなんでしょうか。
着物の柄を作る方も、西のほうから来るデザインを参考になさっていると思いますよ。龍村織物の方も西域のデザイン取り入れてますからね。
大島紬の柄とか、絨毯の柄に通じるものがあったりします。
サマルカンドあたりに心惹かれる響きがありますからね。
Commented by miriyun at 2008-10-09 06:22
イスラームの美術・工芸尽きせぬ魅力が見えてくるそんなイベントですね。紹介しながら見にいけなかったのでこうした記事を楽しませていただいています。
Commented by yumiyane at 2008-10-09 15:29
:miriyunさん、それは残念でなことでしたね。
会場には思った以上に展示品があって、絵葉書や小物入れなど購入することもできました。
あとの約束がなければ、もう少し長居したかったくらいです。
絨毯もたくさんあって、全部みれないくらい積んであったりしたのですよ。


<< あれから21年      子供  >>