にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 10日

入院の記録

2月19日に再入院して、翌日 胆嚢を取る手術を受けました。

手術前と当日は個室をお願いしてありました。差額の高い方しか空いてなかったということでしたが、その部屋は新しく出来た棟の一角にある女性病棟の一室でした。
d0117481_20215526.jpg
この部屋には平成22年の出雲大社遷宮の際に出雲大社からご寄贈頂いた天前社(あまさきのやしろ)の屋根の桧皮(ひわだ)から出た炭を天井内に敷き詰めさせて頂いています。
出雲大社の大国主命は縁結びだけでなく、医薬の神でもあります。本殿隣の天前社に看護の神ともいうべき蚶貝比賣命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比賣命(うむがいひめのみこと)が祀られていることをご存じの方は少ないと思います。この女神は兄神の復讐で焼けた石を猪と偽られ大火傷を負った大国主命をキサカイヒメ(赤貝)とウムギヒメ(蛤はまぐり)(現在も火傷に使われているキチン・キトサン・タウリンなどを含む)を用いた治療でお助けになったとされています。
炭の調湿作用等に加えて医療と看護の神のご利益があることを願っています。また壁にゼオライトを含んだ出雲和紙を貼り、その効果と合わせて癒しの空間となることを祈っています。

苦しい時の神頼み、と言いましょうか、さすが神話の国出雲だからでしょうか、現代医学の最先端を行っている島根大学医学部付属病院の心温まる治療の一環と思います。
このほかに一枚の絵が飾ってあり、安野光雅さんのリトグラフでした 28/100。
部屋は北を向いて居て、出雲市街が見渡せました。
d0117481_20333880.jpg
手術は全身麻酔で、身内の方に立ち会って頂きたい、ということで息子がやってきてくれました。
前日の先生からの手術の説明、立会人の署名をして、、、。手術の日麻酔が覚めたときそこに顔があったので、役目は果たしてくれたようです。
全身麻酔の手術は、実はこれで4回目です。
最初は35歳のとき、息子に腎臓をひとつあげた腎臓移植ドナーとしての手術。1987年
次に鼻中隔湾曲症とポリープを除去する手術を受けたのですが、このときは局所麻酔でした。?年?
それから何年かして、転んで鼻の骨を折りました。潰れた骨を起こして支え、形を整える手術。?年
3年前、好酸球性副鼻腔炎という病名が付いて、以前したポリープを取る手術を全身麻酔で。2016年5
そしてこのたび、胆嚢を取る手術を全身麻酔で。
記憶を辿ってはっきり年を思い出したら追記します。
手術は腹腔鏡手術で、4か所に穴を開けて内視鏡を見ながら行う手術です。手術時間は1時間を大幅に下回ったようでそれはきっといいことです。4つの創口には透明なテープが貼られただけで、それも退院してから自分で剥がしてくださいということでした。水曜日に手術して、土曜日には家に居ました。どれだけ早く日常生活に戻るかが大切なんだそうです。テープを剥がすのは勇気が要りましたが、一週間後の水曜日には全部取りました。おへその傷口が一番心配でした。おへそは窪んでいるから、どうなってるかよく見えないから。

経過は順調です。
↓ は手術前日の夕飯、普通食、肉団子のシチュー
d0117481_21280760.jpg
消化器系統には触っていないから、と翌日には食事が出ました。↓夕飯、お粥でしたが。
d0117481_21304122.jpg
22日金曜日の夜ごはん、カレースープ、食べていいんだ!
d0117481_21323935.jpg
パンが食べたいなと思ってたら、退院の日の朝食はパンでした。
d0117481_21342193.jpg
入院していると、食事だけが楽しみなんですね、時間通りに運ばれて来て。重ねて言いますが、一食に食べる量を再確認しています。
食べ過ぎないこと! 規則的に食事をとること。
忘れがちですが、大切なこと。


皆さんも!









by yumiyane | 2019-03-10 22:06 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://knitcafe.exblog.jp/tb/27479595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2019-03-11 11:46
無事に終わってよかったですね。
手術を待つのと終わるのではなんという違いでしょう。
でも、無理をしないでお体をいたわってくださいね。
Commented by yumiyane at 2019-03-14 12:25
:shinnlilyさん、こんにちは。
有難うございます!
一昨日、退院後二回目の外来での血液検査の結果問題なしで、もう来なくていいと言われました!
身体をいたわる・・・これまで殆どしてきませんでした、笑。
でもさすがに、ちょっと止めとこうかな?っていろいろ思い始めています。
Commented at 2019-03-14 17:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Deko at 2019-03-16 20:04 x
こんばんわ
入院との事大変だったのですね。そして無事退院されたようで良かったですね。2月はあっという間に過ぎ3月は娘のリフレッシュ休暇に便乗して旅に日々過ぎるのが早いです。yumiyaneさんは充実した日を過ごされているようですね。桜の季節が其処まできていますね。早く元気になられてくださいね
Commented by yumiyane at 2019-03-17 22:27
:鍵コメもんさん、初めまして〜。
コメント有難うございます。
お母さん、よく頑張られましたね。私はまたいつか同じことが起きる可能性があるなら、若いうちに手術した方がいいと思い決心しました。
こちらにいらっしゃることがあるのですね。何処かですれ違っていたりして。
焚き火小屋さんのことは残念でした、まだ若かったから。沢山思い出を作って頂きましたし。
はい、気をつけて過ごします。ありがとうございます!
Commented by yumiyane at 2019-03-17 22:39
:デコさん、こんにちは〜〜。
お正月からこっち、二度入院して二度手術したので、1月も2月もあっという間でした。
一度暖かくなったのにまた寒くなって、やはりお彼岸までは油断してはいけませんね。
娘さんとの旅!素敵ですね。いい時間だったことでしょう。
桜の頃には元気になって、手術したことも忘れそうです。今でも。いかんいかん。
デコさんも気をつけてくださいね。
Commented by bh2005k at 2019-03-29 23:46
こんばんは~

胆のうを取られたんですね。 今は その方針なんだそうですね ・・・ 数年前に友人が、そして昨年は弟が胆のうをとったんですよ。
手術されてひと月以上が過ぎました、体調は いかがですか?
全身麻酔をされたので 快調であってもご無理しないでくださいね。 お大事に♡
Commented by yumiyane at 2019-03-30 22:07
:bh2005kさん、こんにちは。お久しぶりです。
そうらしいですね。友人のご主人は、胃がんの切除の際胆嚢は一緒に取ることになっていると言われたそうです。可哀想な胆嚢です。
そうなんです、ひと月以上経ちました。時々忘れることがありますが、気をつけないとなって思い出します。この三か月全く運動していないので、歩くのが心もとないです。筋肉って付けるの大変なのに、落ちるのすぐですよね。
有難うございます。気をつけて頑張ります!
Commented at 2019-04-15 23:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumiyane at 2019-04-20 11:14
:鍵コメIさん、こんにちは。お久しぶり!コメントありがとう。
元気ですか?こないだMさんから東京に帰ってきたとき、かつてのプチ同僚会をしたと聞きました。お仕事ご活躍の様子伺っていますよ。
元気な私ですが、入院は何回かしてて、全部外科的なものだったから、今回胆汁が詰まって~とかは初めてで少しびびりました。今は元気にしています。
また日本に帰ってきたら出雲方面へ是非足を運んでくださいませ。


<< お彼岸が過ぎても寒いこのごろ      胃痙攣ではありませんでした >>