にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 29日

地方紙の魅力 ~ Uターン2周年

東京では東京新聞を読んでいました。
一面から読める?新聞で、朝刊しかとっていませんでしたが充分でした。
時の政府に寄っていなくて、メディアの立場をわきまえているところも読みやすかった。
だから出雲でも続けて読みたかったくらいです。
Uターンして1年は新聞は読みませんでした。前にも書いたけど最初の一年は旅している気分でしたから。
旅に出た時は新聞は読まないようにしてるからね。
海外旅行をして、帰りの飛行機で日本の新聞を配られたときに、現実に引き戻される感がありますよね。

一年経って、新聞社の文化センターで手あみの講座を持つようになって、山陰中央新報という新聞をとるようになりました。
松江に本社があって、島根と鳥取をカバーする地方紙です。
2面3面の国内の政治面以外はどこも読みやすい、地域に根付いた情報が満載です。
国内政治の面が読みにくいのは新聞のせいではないですね。
読みたくもない。
でも、しっかりチェックはしなくちゃならない。辛いところです。
安保法案審議 についての重要影響事態の定義が危険です。
・・・放置すれば日本への直接の武力攻撃に至る恐れがあるなど、日本の平和と安全に重要な影響を与える事態
ということだけど
政府が事態認定すれば、自衛隊は戦闘中の米軍などを後方支援する。安全保障関連法案は、現行の「周辺事態」を改め、日本周辺とみなされてきた自衛隊活動の事実上の地理的制約を外す内容を盛り込んだ。弾薬提供や戦闘行動のため発信準備中の航空機への給油・整備なども可能としている。派遣は国連決議の有無を要件とせず、緊急時は事後の国会承認も認める
こんなことがいつのまに、、、
よくメディアの街頭インタビューで、 しょうがないでしょう 周りの国がそんなんだから、、、なんて意見があるけどよーく考えて! ほんとにいいの? 想像してみて! って言いたい。
一度始めたらもう終われないよ。

見たくないけど、目をそむけちゃいけない。そんな辛い紙面です。


そんな新聞だけど、地方紙はやっぱりいいです。
だって、24日から始まった全仏オープン。
初戦を飾った圭くんの記事が1面に。必ず 錦織 圭(日清食品・松江市出身)の注意書きです、知ってるよ!!
d0117481_23453679.jpg

しかも、スポーツ欄は全面9段ぬき
d0117481_23462380.jpg


試合の無い翌日だって
d0117481_23472154.jpg

2回戦を制したときなんか
1面に ・・・   スマホで見ている方には写真が逆さになっているかも?
d0117481_23485664.jpg

そしてスポーツ面、何段ぬきだろう?
d0117481_23492210.jpg


3回戦が不戦勝になった今朝の新聞
d0117481_2350416.jpg


いいよね、地方紙。
盛り上がってます。


今日は午前中ちまき作り~免許の更新~友達とのランチ~ゆめタウンの手芸屋さん~夏物バッグ完成後の納品~テニス観戦(シャラポア)~ブログ更新 で
Uーターン2周年を迎えました。


by yumiyane | 2015-05-29 23:57 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://knitcafe.exblog.jp/tb/21837027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-05-31 13:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ふーみん at 2015-05-31 18:09 x
こんにちは。
私の実家は昔から山陰中央新報を読んでいます。
実家から届く宅配便、新聞紙で野菜が包まれていると皺を伸ばして読んでいます。
錦織圭くん、試合がない日も大きく扱われているりのですね!地元のヒーローですもの(^o^)
応援しなくちゃ\(^^)/
Commented by yumiyane at 2015-05-31 22:28
:鍵コメ スさん、ようこそ。
うちの場合は28年前のことですから、まだその細胞は使われていませんでした。
親子の相性もまあまあということでした。ちゃんと聞かなかったけどデータを見ながら説明があって、マッチングは完璧ではないけどまあまあですとおっしゃってたかな。今はいろいろ進んでいて血液型が異なっても手術されるようですね。
入院中にもいろいろ観察しましたが、移植手術の場合、受け入れる気持ちが大切な気がします。勿論みなさんレシピエントの方はもらった臓器を大切にすることはあると思いますが、受け入れる気持ちの広さが必要な、全然医学的ではないですが、細胞が受け入れると言うか。そんな気がします。
それから、長く保っている理由に移植した時期もあるかと。12歳でしたから、これから成長する時期でした。免疫抑制剤の力もあると思いますが、彼の身体が移植された腎臓を必要としていたのかな、拒絶するというより。
薬を服用しなくなったのは先生には内緒でした。手術して6年くらい経った高校のころ、友達と泊りがけのキャンプだったか、薬を持っていくのを忘れたのです。三日間飲まなかったけどなんともなかった。それから数年して、どれだけ飲まなくても大丈夫か?と自分で試したようです。手術から12年くらい経っていました。あまり参考にならないかもしれませんが、先生に薬を全く飲んでいないことを話したら、凄く叱られたそうですが、他にもそういうケースはあるということでした。
私は手術の10年後詳しい検査をしてもらいましたが特に何もありませんでした。特に気を付けていることはないですが、トイレを我慢しないことくらいですね。またいつでもどうぞ。
Commented by yumiyane at 2015-05-31 22:44
:ふーみんさん、こんにちは。
>皺を伸ばして読んでいます・・・・いいなあ。
お母さんの思いやりもあるんですね。
圭くんの記事、今朝も全面全仏オープンのことでしたよ。地元が応援しなくてどうする!ですね。
ローマのジョコビッチ戦のときアップされた、吉田くんの根付けが在庫切れだそうですよ。私は友達を通してゲットしましたあ!
Commented at 2015-06-01 04:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumiyane at 2015-06-03 22:51
:鍵コメスさん、お返事が遅くなりました。
そうですね、危険です。ケースによって色んなことが異なるでしょうからね。息子は今は何の薬も飲んでいません。それは凄いことだと思います。毎晩遅くまでの仕事で体調を崩しはしないかと心配していますが本人はちっとも自覚してくれてないみたいです。
私の手術はメスでした。ドナーの場合は、少したくさん切って、取り出す臓器が傷つかないようにするためです、と説明がありましたよ。
10代の子に20代の母、というのはないと思います。私の場合は12歳の子に30代の母です。もしかしたらうちのことかもしれませんね。
移植しても終わりではありませんが、人工透析よりも何倍も本人は快適のようだから、やはり移植はドナーがいたらした方がいいと思います。
私の友人も40代後半に急性腎不全になって透析が始まり、私が書いた腎臓移植の記録のような日記のようなものを家族全員で読んでくださって、結局ご主人がドナーになられました。結果は良好で今も普通の生活が続いています。
Commented at 2015-06-05 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumiyane at 2015-06-08 19:11
:鍵コメスさん、
そうなんですよね、自覚はしているとは思うのですが家族を養うため必死で働いていますのでコントロールしながら頑張ってほしいです。
移植した腎臓は私の寿命ですから、長く持たせて欲しいと思います。また何かご質問がありましたらいつでもどうぞ。


<< もう梅雨の季節      おいしい記録 >>