にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 19日

根津美術館というところ

表参道と青山通りの交差点を南に降りていくと、青山墓地から骨董通りに向かう道と交差します。
その角にあるのが根津美術館。
d0117481_10512688.jpg

表参道から六本木に抜けるのに、その横の道をタクシーが頻繁に使います。
私も何度もこのあたりは通ったことがあるのに、会社が表参道に引っ越してから19年間、
一度も訪れたことがありませんでした。
d0117481_1052381.jpg


去年の6月、ローマからJunkoさんが帰国されて、久子さんの語りを聞く会を新宿御苑で催されたとき、shinn-lilyさんに誘われて行きました。
そこでお会いしたのがチェイルさんとデコさん。

今回何故か表参道のランチにお誘いすることになって、それならイベントとして根津美術館に行きませんかということになりました。
さすが、お二人は既にご存知の場所。でも最近改築されてからは初めてということで、私の企画もなんとか面目を、、、。

会社の近くに出来た新しいイタリアンでランチをしながら、たっぷり2時間おしゃべりをしたあと美術館へ向かいました。

青山のこんな都心にこんな場所があるとは!
まず外観からは想像できない、
正門じゃなく交差点付近からの入り口から正面へのいざない。
d0117481_10523366.jpg



ただ、この中に入るのに1200円が必要。トイレにいくのもミュジアムショップに行くのもとにかくお金が必要なのです。シニア割引してくださーい。

お迎えしてくださるのはこの方。
d0117481_1055457.jpg

弥勒菩薩立象、ガンダーラ美術。西方のヘレニズムあるいはグレコ・ローマの影響、とあります。
おひげを蓄えたなかなかのいいお顔です。

他のものも、HPで見たときはもっと小さいものかと思いましたが、なかなか迫力があります。
d0117481_10562684.jpg
いいものがありますね。


丁度日本の名刀展、というのをやっていました。
刀にはそんなに興味はありませんでしたが、せっかくだから、と見学。
写真は禁止でした
正宗作の短刀、大黒正宗です。「作が付く在銘作はこれ一点しかない」そうです。
圧倒的に男性の方が、ほれぼれとガラスにへばりついて、それぞれの名刀をご覧になっていたのが印象的でした。


そして、お庭に

青山のこんなところにこんな自然があるとは。。。
まずはここが紛れもなく南青山であるという証拠。with 六本木ヒルズです。
d0117481_112917.jpg


HPからの抜粋:
根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎(1860~1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するためにつくられた美術館です。

嘉一郎さんは、お茶にいそしまれるようになられた、ということから美術品の収集が始まったようです。
そして、お庭がこのような素晴らしい景観であることもうなずけます。
d0117481_1185239.jpg


庭のあちこちに仏像や、石像が挨拶してくれます。
d0117481_119536.jpg


d0117481_11232524.jpg


なだらかな階段を下りて行くと
d0117481_11151565.jpg

ああ、やっぱり信じられない、こんな場所があるなんて。
水面に映った木立なのですが、見ていると何がなんだか、、、今自分がどこに居るのかさえも分からなくなりそうでした。

d0117481_11184939.jpg

NEZUCAFE というカフェがありましたので、カウンターに座って庭を眺めながら、私は抹茶ラテを頂きました。
いつまでもそこに座って、ぼそぼそとおしゃべりをしていたかったのですが、
会社からの電話で現実に戻され、美術館を後にするのでした。

こういうのを白日夢というのでしょうか。

by yumiyane | 2011-09-19 11:33 | 美術館へ行こう(museum) | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://knitcafe.exblog.jp/tb/14588681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-09-19 14:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2011-09-19 17:10
私もここは大好きな美術館の一つです。
空間がたっぷりで、落ち着きます。
入場券も大人可愛らしいデザインですよね、ちょっとお高いけど(笑)
そうそう、和風庭園から六本木ヒルズが見えるのですよね。
最初に気付いたときは、びっくり!東京の昔と現代の不思議なマッチング風景です。
Commented by mayumi-roma at 2011-09-19 17:10
根津美術館、素晴らしいですよね~
改築に何年もかかりましたけど、本当に素晴らしいです♪
ウチの夫は、根津カフェはミュージアムカフェとして世界一だと言っていますよ。
あのお庭ですからね~
会社からお近いのですから、時々癒されにいってくださ~い!
趣は違いますが、私は、近くにある岡本太郎の美術館も好きですよ~
Commented by yumiyane at 2011-09-20 00:21
:鍵コメすさん、中に入ったことはなくてもこの辺りはよく通りませんか。
私は何度も通っていたのに、今回が初めてでした。
もっと早く知っていれば、外国の方などすごく身近に日本を感じてもらえるところでした。
三角ストールの編み図が遅くなっていて申し訳ありません。
手書きでもよいですよね。
Commented by yumiyane at 2011-09-20 00:24
:uransuzuさん、こんにちは。
やはりご存知ですね、ここ。入場券、あ、そういえばなんかの形してましたね。
東京は、誰とかのお屋敷が庭園として開放されているところが多いので、都会の中のオアシスとなっているところたくさんありますね。それも結構一等地でね。
明治記念館のビアガーデンも、ちょっとびっくりしますよ。
Commented by yumiyane at 2011-09-20 00:34
:mayumi-romaさん、こんにちは。
ご主人ともいらしたことがおありなのですか。
ええ~ここがミュジアムカフェで世界一。すごい評価が付きましたね。
確かに緑を眺めながら、いつまでもぼーっとしていたい気分です。
岡本太郎美術館も近いですね。前は何度も通りますが、ここもまだ入ったことがないのです。
近くにあった井出カフェが無くなって、このところあっち方面行ってないことに気付きました。今度行ってみます。
Commented at 2011-09-20 08:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by デコ at 2011-09-20 12:48 x
yumiyaneさんのおかげでリニューアルされた根津美術館に行くことが出来ました。石像の顔が優しげですね。都心のど真ん中の素敵な空間でしたね。ちょくちょく訪れたいのでやはりもう少し入館料を下げていただきたいですね。庭園と美術館は別々にしてほしいです。有難う御座いました。
Commented by yumiyane at 2011-09-20 18:22
:鍵コメさん、ごめんなさい、心配させちゃって。
とりかかればすぐなんですよ。
今日中に出来ると思います。
Commented by yumiyane at 2011-09-20 18:24
:デコさん、
先日はありがとうございました。
庭園の中は、さすが植物博士、勉強になりました。
あんなに緑豊か、というか落ち着いた空間があるとは、です。
そうですね、別にするかもうちょっと安くするかしてほしいですね。
また声をかけますので、よろしくお願いします。
Commented by bh2005k at 2011-09-20 20:56
yumiyaneさん こんばんは~♪
過日、お世話になり ありがとうございました!!
都会の真ん中に身を置いて 先輩おふたりと過ごしたすばらしい時間でした。
陽射しの厳しい日でしたが さすが緑の中は心地よかったですね。
ありがとうございました♪♪
Commented by yumiyane at 2011-09-20 22:42
:bh2005kさん、
先輩ですか~、そんなに違わないでしょ、ブログの先輩。
日射し、あの庭の深いところには射して来ませんでしたね、蚊さえいなければ、もう少し落ち着いて見学できたのにとちょっと残念。
暑い中遠いところを有難うございました。これに懲りず、またいらしてくださいね。
Commented by chika-papermoon at 2011-09-23 21:44
yumiyaneさん、こんばんは。
10年程前、東京一人旅をしたんですけど、
その時青山墓地辺りで迷子になりまして(笑)。
そうしたらお近くにお住まいのマダムが根津美術館まで案内して下さったんです。
都会の人は冷たいなんてイメージを持っていましたが(笑)、
そんなことないんだな~って思いました。
で、根津美術館には行っていないのですけど素敵なところですね♪
近くの岡本太郎記念館には寄ったのですけど・・・
次回東京へ行ったら、ぜひ寄ってみます!
Commented by yumiyane at 2011-09-24 01:10
:chika-papermoonさん、こんにちは。
青山墓地辺りで迷子になるって、ちょっとスリルありましたでしょ。
どこにいらしたかったのかな。
次回は絶対声掛けてくださいね。
そうですね、東京人は親切ですよ。東京に出て来たばかりの頃、銭湯に行ってたのですが、カランを譲ってくださるのは東京の人で、田舎者は絶対譲ってくれませんでした。
それって、どうやって見分けたのか、今は忘れてしまいましたが、その頃ほんとにそう思っていました。あはは。
Commented by kyoko at 2011-09-26 02:36 x
こんにちは!お久しぶりです^^
先月金沢から東京へ入り、帰福する前に根津美術館へ私も行きました〜。何故か外苑前で降りてしまって迷子になって、どこかの会社の守衛さんに行き方を尋ねて、青山墓地を抜けてようやく辿り着きました。思いがけない超寄り道で閉館時間の30分前に到着。焦っていたから今しか見れない名刀展だけ鑑賞。男子4人組がすっごく高揚していたのが忘れられません。。。
男性って、刀好きみたいですね。
次回の上京でまた行ってみようと思ってます。昨年からお茶を習い始めたので今度はお茶道具をゆっくり鑑賞したいな。

上のchikaさんも迷子になられたんですね〜。
私は下車し間違ったんですが、根津美術館がどこだか検討がつかないのが不安でしたが、六本木ヒルズの頭が見えた時にはホッとしました。初めて高層ビルの存在に感謝したかもっ。
Commented by yumiyane at 2011-09-26 23:30
:kyokoさん、こんににちは、しばらくです。
といっても、私はときどきそちらも覗きにいってるんですよ、コメントは失礼していますけど。
金沢から東京にいらしてたのですか。次回は声をかけてくださいね。
根津美術館は表参道の駅からはとても簡単に行けますよ。
そうそう、名刀、男の方がはふはふ言ってましたね。
お茶を始められたのですか。いいねいいね。お茶の世界は広くて深いですね。
そういえば、会社の男子が突然転職して、家族で福岡に行ってしまいました。博物館と放送局がたくさんあるあたりの高層マンションに引っ越したらしいです。福岡はいいとこだよ~ってさんざん言っておきました。
ああ、また近いうちに行きたいです。
Commented by kyoko at 2011-09-27 09:39 x
はい次回は是非!!11月に上京いたします^^
11月はirihiさんの上京と日程が合わず多分叶わぬ夢ですが、絶対にyumiyaneさんのニット教室に通いたい!!!と話しています〜。
博多に伝わる『南坊流』という流派でお茶しています。本当に本当に奥が深いし、お茶をされいる方々って興味深い人が多いな・・っていうのが今の実感です。
福岡へも是非またいらしてくださ〜い!!!
Commented by 蕎麦友 at 2011-09-27 19:49 x
余計な事ながら、この根津美術館、非常に贅沢な造りになっており、フランス製の透明度の高い二重ガラス、音のしないコルクの床、日本の竹で出来た椅子、最先端技術による、暗めながらも細部まで展示物が見えるLED照明など、一見シンプルに見える和風建築の中に集大成されている物が凄いと思います。杜若屏風図公開の頃には、庭に杜若がちょうど咲き乱れますね。次回、ガラスなんかもじっと見つめてみてください。LED照明とあいまって効果は絶大だと思います。刀剣のお写真、他の美術館ではこうは撮れないかも(?)。この建築家の方、新歌舞伎座も設計担当だそうで、そちらの完成も今から楽しみだなと思っております。
Commented by yumiyane at 2011-09-27 23:27
:kyokoさん、
11月にまたいらっしゃるのですね。タイミングがあえば是非是非。
個人レッスンもOKですよ~。企画を暖めておいてくださいね。
irihiniさんはいつなんだろう?
博多に伝わる流派、興味津々。是非次回はお手前を拝見したいですう。福岡へもいきますよ。
Commented by yumiyane at 2011-09-27 23:30
:蕎麦友さん、こんにちは。先日はどうも。
二重ガラスって、庭に面したところでしょうか。はい、コルクの床ですね。そんな感じで歩く音はありませんでした。
そんな屏風が時期をみて公開されるのですか。知りませんでしたね。
いろいろ力の入った改装だったわけですね。それなら入場料、仕方ないというものです。
Commented by 蕎麦友 at 2011-09-28 12:03 x
そうですね。私もあの入場料は、いかに東武がバックにいても、仕方
ないを思います。二重ガラスは全部です。すごいですよね。
国宝 杜若図 は「根津のぼろ買い」の一つだったわけで、驚いちゃいますよね。ご覧になれば、あ、これかと思われると思いますよ。
季節の頃には、根津のウェッブサイトで、庭の杜若の開花状況もアップされているので、狙っていくとよろしいかも。いつもよりやはり混んでおりますが、それだけの価値はあるかも。
Commented by yumiyane at 2011-09-28 22:54
:蕎麦ともさん、
二重ガラス、全部ですか。
それから、4月から5月にかけて開催されるのですね。来年はチェックします。
情報有難うございます。そのころまた声掛けますよ。
Commented by エスワン at 2017-10-19 08:11 x
初めまして。
根津美術館、素晴らしい所ですよね。
しかし、刀剣のお写真。撮影禁止だったはずですね。
禁止されているものを、堂々と撮ってしまわれるのはいかがでしょう。
そしてそれをブログへ上げる。
日本語が理解出来ない訳でもないでしょう。
なぜ撮影禁止か、お考えになられた方が宜しいかと思います。
なぜか一枚。じゃないでしょう。
Commented by yumiyane at 2017-11-05 01:37
エスワンさん、初めまして。
お気に障りましたら申し訳ありません。
写真は削除しました。


<< ミニ写生会      三角ストール  暑いのに、、、、、 >>