にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 12日

富士山

ある種の成人式のため、ふるさとへ向かう飛行機の窓から見えたもの。
d0117481_23564453.jpg



何度か出雲行きの飛行機に乗って、何度か見たことはあったけど、
こんなに間近に、少し畏れ多い富士山を見たことはなかったかもしれない。
d0117481_072240.jpg


噴火でもするのではないか、と思われる雲か雪かの煙をはいて。
堂々の山。
あの静岡から見た、あの山中湖から見たものと同じ山とは。
d0117481_07757.jpg


これも富士山。

by yumiyane | 2010-01-12 00:08 | 旅(travel) | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : https://knitcafe.exblog.jp/tb/10654330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mai-obachan at 2010-01-12 04:42
これはすごい!
カメラで連写しそうです。興奮します!

北斎に見せてあげたいようです。
Commented by shinn-lily at 2010-01-12 08:05
すごい!すごい!
この写真、コンテストに出したら?

富士山を見ると気持ちが清らかになるでしょう?
素敵な旅立ちでしたね。

パン、イマイチではなく美味しかったのですよ!
感想をというのであえて・・・重いパン好きなので!
フォションにひけをとらなかったもの、だから購入決定です。
Commented by kanafr at 2010-01-12 10:51
新幹線の窓からとか、たまに東京でも晴れた時に見える定番の形の富士山しか知らないので、こんな表情があったって初めて知りました。
すごいですねえ。
荘厳というか、やはり富士山は日本一の山ですね。感動しました。
早速オットと息子にこの写真見せました。
オットはかなり昔頂上まで登ったことがあるそうです。
オットが登山の趣味があったって今初めて知りました(苦笑)
息子はオオーォと言葉にならない声を発して感動してました。
Commented by shinn-lily at 2010-01-12 15:03
ごめんなさい、もう一度、
どこかで似た写真をみたのよね、思い出したの。
昨年の全日空のカレンダーの表紙、そっくりの写真でした。
ということはプロなみっていうこと!
自然の贈り物に感謝ですね。
Commented by yumiyane at 2010-01-12 23:15
:maiさん、こんにちは。
不思議なんですが、下から見ると、てっぺんはもっと広くてぎざぎざに見えるんですが、上から見ると、ほんとに噴火口になってるんですね。
そういえば北斎さんの絵は、上がすぼまってますから、イメージはされてたんじゃないでしょうか。
Commented by yumiyane at 2010-01-12 23:19
:shinn-lilyさん、あの日、羽田から西日本に飛んだ方は、たいがいこの富士山をご覧になっていると思います。
私の座っていた席は、通路側、いつもそうなんですが、窓側の席の方が、見てください、というので覗いたら、すごいことになっていたので慌ててカメラを構えたわけです。

ANAのカレンダー、やっぱり空からの風景を、ですよね。鳥になって飛ぶ感覚を楽しまないとね。とんびはこれくらいの高さは飛ぶんでしょうね。
パン、今いちじゃなかったと聞いて、また闘志がわきました。
Commented by yumiyane at 2010-01-12 23:24
:kanafrさん、こんにちは。
オットさまのご趣味が再確認されるきっかけになって、わたしも良かったです。
富士山はとおくで見るより、ずっと険しくて大変な山なんだということがとてもよく分かりました。
私はやっぱり遠くから見ることにします。
Commented by ぐらんまさん at 2010-01-13 10:39 x
この写真でも分る通り右側の東京当面が真っ白で白ペンキを塗ったみたいで私が何時も観る左側は雪が少ないの・・・今年の発見の証明に此の写真も一役してくれましたヨ。なんですか風の吹き方が原因なんだそうです。
話変わって月末からいよいよ東京の病院に暫く厄介になるようです。ココを引き払う事になりそうなの・・・
Commented by irihinidefune at 2010-01-13 11:56
富士山ってこんなにきれいに見えるのですか?
私はいつも離陸前にすでに気を失って(睡眠)おり、
着陸の振動で起きる女なので、こんな素敵な風景を見ることもなく…
今度は富士山到着前に目覚ましかけて
しっかり見てみたいと思います。

両親はここ数年、富士山を見たいみたいと
富士の見えるところにばかり旅しています。前はそんな気にもならなかったそうですが、だんだんと富士の魅力にとりつかれているようです。
いずれ私も…^^
Commented by yumiyane at 2010-01-13 23:44
:ぐらんまさん、ほんとだ、右側東京側に雪が多いですね。やっぱり北側は山から風が吹くからでしょうか。
静岡側の方が暖かいんでしょうね。
静岡、引き払うのね。自分にとって一番いいこと選んでね。
Commented by yumiyane at 2010-01-13 23:52
:irihinidefuneさん、こんにちは。
私もですよー。父がよく写真を撮ってましたが、いつも同じかと思ってました。違うんですねえ。
新幹線で富士山が見えると、この旅がいい旅になる予感がしてくるようになったんですよ、このごろは。歳なんですかね。
ご両親も、富士山を見ると、日本人で良かった!って思っていらっしゃるんではないでしょうか。
外人の方に、この山を見てもらうのは自慢にもなっています。
Commented by miriyun at 2010-01-25 23:15
宝永の噴火あとと登山道がこんなにもくっきりな写真は珍しいです!
富士山はホントにどこから見ても日本の誇りです。
神々しいばかりに美しいですね~!
Commented by yumiyane at 2010-01-26 01:15
:miriyunさん、こんにちは。
以前、miriyunさんも迫力のある富士山の写真をアップなさっていましたね。
この日は殆ど真上を通過するときの富士山を見ることが出来ました。迫力ありましたね。
遠くから見ると、富士山の頂上ってもっと広いようですが、この写真では、細くなって、雲かとおもわれますが、煙のようで、噴火しそうな勢いでしたよ。


<< 仁多というところ      試行錯誤 >>