にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 17日

胃痙攣ではありませんでした

2019年も2月になりました。
前回アップした記事が東京でのお正月のこと。その際、大晦日の夜から胃痙攣に襲われて、年越しそばを何年ぶりで食べそびれた、と書きました。
胃痙攣ではありませんでした。
大晦日の夜に起きた腹痛は、2017年の3月と4月に起きたものと同じようだったので、時間がくれば治るものと思っていました。案の定2時間くらいで治りましたから。しかし、二日の早朝にも同じ症状が起き、二日の最終便で出雲に戻ってからも治らず、三日の朝に医大の救急外来に行きました。
そこで告げられたのは、急性胆嚢胆管なんとか?でした。胆嚢にあった石が胆管でつまり、胆汁の流れを止めて雑菌が悪さをして炎症を起こしている!というものでした。そのまま入院、次の朝内視鏡手術で胆管に人工の管を入れて胆管の流れをよくする、という処置をしていただきました。入院は9泊でした。
私はすっかり元気です。
編み物も順調です。

秋ごろから編み始めたモヘアのタータンチェックのセーター。オーダーですが、糸が足りなくなって一度取り寄せたのですがまた足りない! それで暮れに二子玉川のオカダヤで追加で買っておきました。買えて良かった! 退院してすぐとりかかり完成しました。
d0117481_22084676.jpg
オカダヤさんのフラッフィーモヘアという糸です。モヘアでチェックはどうかなと思いましたが、なんのなんの。軽さ暖かさ色合いどれもOKです。
d0117481_22103457.jpg
テレビで全豪オープンやってるから、そのころですね。なおみちゃんが優勝する二つ前の試合かな。

d0117481_22104347.jpg
とても喜んでいただけましたよ。気に入ってもらえなかったら自分で着るつもりだったから、手から離れて残念?

そのあととりかかったのが、ネックから編むプルオーバー。この編み方とても気に入ってて、何しろ同じものを二つ編まなくていいでしょ。袖だけは途中から二つ編むけど。
d0117481_22152658.jpg
イタリアの糸でTRICOLOREという糸です。今気が付いたけどTRICOLOREって TRI と COLORE を合わせた言葉なんですね。TRI は三つであとはCOLOREカラーだ!

d0117481_22153588.jpg
青山一丁目にある三ツ葉屋さんで、夏に行ったときに買ったもの。どうしてもひと玉足りなくて、ネットで探したら一個だけ、ほんとうに一個だけあるお店に残っていて買うことが出来ました。そういえば三ツ葉屋さん、お店閉じられるんですね。残念だわ~

d0117481_22154426.jpg
この編み方は皆さんにも伝えてあって、皆さん続々と編み始められました。

Ishidaさんは本当の春色のモヘアで、しかも少し長めの丈をうんとフレアーにして!
d0117481_22214650.jpg
ネックから編むと、丈の調節が出来ていいんですよね。
d0117481_22215703.jpg
ネックから編むんだけど、別のバージョン。ラグランの部分で増やし目をしながら袖も一緒に編むパターン。
Matsumotoさんのプルオーバーは、モカコーヒー色。いい感じですよ。
d0117481_22240495.jpg
前回Igoさんが編まれたのと同じパターンです。

棒針の講師コースを学習中のKobayashiさんは、模様を自分の好きなものを配置して、アルパカで編まれました。とても几帳面な方で、編み目もすごく整っています。着るより編む方が好きだから、売れれば売って糸代にしてまた次のを編みたい!っていう方です。凄いでしょ?!

d0117481_22281689.jpg
袖付けも完璧です
d0117481_22282509.jpg

指導員コースのOgawaさんはかぎ針の提出作品を完成されました。
d0117481_22301066.jpg
ほんとに編み物がお好きなんだな~って思うのは、まず編地がフクザツ。より複雑な編み図を選ばれるのです。そしていつの間にか他の作品も同時に完成します。写真撮り忘れました!

ウエアものでもうひとつ。
松江のMurakamiさん、初めて編まれた男ものセーター。息子さんのためです。
d0117481_22332207.jpg
少し丈が短かったので、やり直したかったそうですが、息子さん気に入られた様子でそのまま着て帰っちゃった! そして、もう一枚編んであげると約束なさったそうです。家族愛!!!


次のアップがいつになるか分からないので?一気にアップしておきますね。
小物編
帽子!「表目と裏目だけで編むニット」のベルンド・ケストラーさんの交差編みに見える編地が気に入って2枚編みました。モデルは仲良しさん。一枚はチビにあげました。
d0117481_22374671.jpg
これを見た生徒さんが皆さんとりかかりました。今日はお二人だけ。
Nakayamaさん、
d0117481_22384510.jpg
同じ糸でEsumiさん。ゴム編み部分の長さで表情が変わります。
d0117481_22392684.jpg

この帽子はまだまだ続きます。あ、今日一枚撮るの忘れた!Kashiwaiさんの。

マフラーにいきます。
林ことみさんの「ニットであったか冬じたく」という本にあるモザイク編みのマフラー。私の教室では第二弾の流行です。
d0117481_22423210.jpg
左のブルーはMorihiroさん、他の二つはKashiwaiさんです。糸の太さで少し表情が異なります。

平田の生徒さんも編むのを楽しんでくださいました。Hiranoさん、紫系の色似合います。
d0117481_22435350.jpg
Esumiさんも左のです。模様を間違えた~とおっしゃいますが、全然気になりませ~ん。
d0117481_22452687.jpg
ちなみにバックにあるグレーのスヌードは、私の作です。これも表編みと裏編みを駆使した編地です。くしなんてものじゃなく、ただひし形を繰り返しただけです。
そうそう、前回アップしたチビおねえちゃんにあげたピンクのスヌード、早速巻いてくれたところの写真。
d0117481_22474810.png
三角に編むマフラーを大変気に入っていただいた
Tamakiさんの二つとも。
d0117481_22502850.jpg
d0117481_22504146.jpg
下のはホビーラホビーレの糸だそうです。この辺りにはそのお店は無くて、広島まで行かないとありません。糸をネットで買う人が増えて、個人でやっていらっしゃる毛糸店が出雲で2店なくなってしまいました。EAONのパンドラハウスでも、もう少し種類がたくさんになると嬉しいんだけどなぁ。

そのホビーラホビーレの糸でもうひとつネックウォーマーを編まれました。
Tamakiさん、課題の提出作品。同じ糸だけど表情が異なって素敵です。
d0117481_22564609.jpg
かぎ針で編む三角ストール。Takahashiさんの作品。細い糸で編んであるので最初棒針の作品かと思いました!
d0117481_22584257.jpg
d0117481_22584969.jpg
私もこれ編みたい!太い糸で編んだことはあるけど、これくらい細い糸で編むのも素敵です。


さて、備忘録的に胆嚢炎のこと。
急きょ入院した日は絶食、水も飲めなかった。次の日も食べれません。三日目に出てきた食事(1/5昼食)
d0117481_23032430.jpg
1/8にまた絶食になって、内視鏡で入れた管を取りました。そして再度重湯から始まって、12日退院の朝食ではなく、前の日の晩御飯
d0117481_23064169.jpg
ご馳走ではないけれど、美味しかった~!一食に食べる量を知りました(ごはんは少し多いように思いますが)。私は少し食べ過ぎていたかな?

胆嚢に石がある限り、今回のことはまた起こり得る!ということで、胆嚢を取ることを勧められました。そういう話をすると、周りに胆嚢を取った!という人が結構たくさんいらっしゃることが分かりました。胆嚢の役割はどうなる!?




# by yumiyane | 2019-02-17 23:11 | にっと(knit) | Trackback | Comments(1)
2019年 01月 01日

謹賀新年

多摩川で凧上げしています。
d0117481_12255202.jpeg
とてもいい天気!
温度は多分出雲と変わらないらしいですが、太陽が、、、。
それに乾燥してる!
東京にいるとき、ハンドクリームやリップクリームが手離せなかったのを思い出します。

お節も、かまぼこ以外は皆んなで作りました。
d0117481_12290199.jpeg

暮れに、また山梨の姉のところに行って、部屋から富士山を見ました。
d0117481_12303495.jpeg
富士山て、こんなに美しく見えるとなんか得した気分になります。

そうそう、25日の羽田に向かう飛行機からも見えました。
d0117481_12325423.jpeg


今年もどうぞよろしく❣️

付け加えると、大晦日の夜、胃痙攣になってしまい、この何十年で、初めて年越し蕎麦が食べられない大晦日となりました。
皆さん気をつけましょう!


# by yumiyane | 2019-01-01 12:24 | Trackback | Comments(2)
2018年 12月 19日

2018年の12月は、、、

クリスマスシーズンになって、プレゼントをいくつか編んでいます。
残り毛糸を使ってマフラーにもなるしスヌードにもなる巻き物です。ここでもチェックの技法を使いました。
d0117481_21205536.jpg
これはもうチビではなくなったKちゃんへ。一番下のKちゃんには帽子を編みました。
今年は少し早く25日には訪問するので、サンタさんになるつもり。

d0117481_21114212.jpg
このシーズンならではのカラーのティッシュカバーもいくつか編みました。100均でグッズを探して飾るのも楽しいです。

小物ついでに、京都の姉に頼まれたポットカバー。カリタの二人用のポット用ということでしたが、手元にないので写真とサイズを眺めながらの作成。柄の部分が出っぱってたのに気が付きませんでしたね。次回は気をつけます。コーヒーがこぼれてもいいような色ということ。
d0117481_21273696.jpg
その姉の4か月10kgの孫のセーターも出来たので一緒に送りました。
d0117481_21290162.jpg
パピーのハスキーひと玉半使用です。

以下生徒さんの作品。
ウエアがたくさん出来ました!
初めてのセーター
Miyazakoさんのネックから編むVネックセーター。糸はあみもねっとの雪景色。
d0117481_21314399.jpg
鍛えているので腕の筋肉があるの!ということで、肩で少し増やし目がしてあります。だから美しくサイズぴったりに編みあがりました。嬉しい私も!

初めてのセーター第二弾
Igoさんのモヘアのセーター。少し前に出来た三角ストールとペアです。軽くて暖かくて、と感動もの。七分丈の袖も家事に最適。この冬はこれで乗り切ってください。
d0117481_21361767.jpg
松江のToyaさんのベスト。ネックから編んで、アラン模様も入っています。増やしながらの模様を入れるの難しそうでしたね。とてもいい感じ、首回りが綺麗に仕上がっています。重宝しそうですよ。
d0117481_21493774.jpg
ベスト続きで2点。
Ishidaさんの毛糸のベストは自分で見つけてきた編み図を少し工夫して出来上がりました。
ハマナカのソノモノアルパカだからとても暖かい。自宅でちょっと羽織るものが欲しい時にいいですよね。
d0117481_21524166.jpg
もう一点、こちらは夏糸で
Moriwakiさんのベストは以前私も編んだもの。本の通りだと小さいので、模様も段数も増やしてあります。応用がたくさん効くようになって腕が上がりましたね。
d0117481_21553795.jpg



こちらは指導員コースのお二人
Takahashiさんは棒針でギャザーの入った袖を夏糸で。弾力のない夏糸でこの袖を編むのは難しいけど、すごくステキに出来上がりました。肩から袖にかけてのラインに注目!
モデルさんみたいに着こなして。やはり自分のサイズに製図してあるからね。
d0117481_21391591.jpg

もうひとり、かぎ針の指導員コース
Kimuraさんのドルマンスリーブのセーター。
かぎ針だから毛糸の使用量も多いけど、たっぷりとした袖と裾がとてもゴージャス。一段がとても長くて大変そうだったけど、出来上がったらそれなりのものはあるね。
d0117481_21453008.jpg
二人とも編地を創意工夫して、さすが指導員コースです。


小物もたくさんありますよ。
チェックのバッグはまたまた出来てきました。Kobayashiさんのタータンチェックのバッグは丁寧に作られています。写真では分かりませんが、底にマチが付いているのです。持ち手もしっかりした皮で、うち袋にはポッケが二つ。売って欲しいわ!

d0117481_21585094.jpg

Kuriharaさんは棒針での二つ目の提出作品。マフラーでしたが、端をくっつけてスヌードにしました。その方が良かった!ノット編みの面倒な模様をいくつも長く編んで、根気よく編みあげましたね!
d0117481_22012822.jpg

今モザイク編みの小さなマフラーを皆さんに編んでもらっています。
これはYamamotoさんの作品です。
d0117481_22052973.jpg
これもまた糸の太さとか色の組み合わせとかで、個性が出てくる作品。
皆さんがどんな色で編まれるか、楽しみです。


そんなこんなで、今年もあっという間でした。
何があっと言う間だったのかというと、思い返してみるといろんなことがあって、1月にあったことなんて、10年くらい前のことなのではないか?と思えるし、あれもあったしこれもあったのにもう12月も半ば過ぎて、2018年が終わってしまう。もっとやりたいこと見たいこと食べたいもの行きたいとこいっぱいあったのに、今年が終わってしまう。そんな感じかな?
皆様にとってはどんな2018年だったでしょう。平成最後のなになに、という話題もありましたが、私にとってはその言い方は今ひとつピンとこない。和暦で生きてないからかな。でも平成天皇は大好きです。これからもお元気で私たちを見守って頂きたいです。

25日からお正月まで上京します。
皆様 よいお年をお迎えください。





# by yumiyane | 2018-12-19 22:16 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 30日

11月が過ぎて行く

どうしてこんなに毎日は矢のように過ぎて行くのですか?!
今日は11月の最終日。あれ~あれ~ほんとに今月はあっという間だったような!
岡山へミカン狩りに行ったのは8日だったけど、もうずっと前のことのような。
d0117481_23191225.jpg
それは友達に誘われたバスツアーで、途中で「閑谷学校しずたにがっこう」見学というのも入っていました。岡山といえば中国地方のお隣の県なんだけど、島根県に接しているところはないのかな?
京都へ行くときは、蒜山のSAを過ぎるとすぐ入る県だし、特急やくも号に乗って岡山で新幹線に乗り換えて~というのは関西に行くときのルートだけど、岡山県の町は倉敷しか行ったことがなかったから、そんなところがあるなんて全く知らなかった!
紅葉がとても美しく、たくさんの観光客がいらしてたけど、どこか”静寂”という言葉がぴったりな空気感でした。風が殆ど吹いていなくて、風の強い出雲から訪ねて行ったせいかなぁ。

11月になってニットの季節到来です。私は編みかけが4つもあって、全て頼まれたものにつき早く編まねば~と追い立てられ感満載なのです。
d0117481_23371143.jpg
パピーのハスキーという糸を何気に買いまして、姪っ子の4か月10kgの男の子の為に編み始めました。糸を買ったときはグラデュエーションかな?と思ってましたが、なんのなんの、なんだこれは?というくらいの模様が出てきます。大人のサイズだとまた違う模様になるのでしょうが、身幅36センチくらいのカーディガンなのでこんな風です。不思議な糸です。さきほど両袖が編み上がり、あと数日で手元に届くはず。

クリスマスが近いので、小物がたくさん出来ています。
d0117481_23532375.jpg
Ogawaさんのツリーと星形のポット敷き。Takahashiさんのニットボール。Hiranoさんも小さなツリーを編みました。真ん中のブルーのシュールな感じのニットボールはKimuraさんの。もこもこの糸で編んだから大きめで、車のフロントグラスのところに置いてアピールしていました。
あれ?右上のバッグ、私が作ったのだけど、クリスマスに関係ある?

ウエアもありますよ。
Nobuちゃん、こないだ女子会に着てきてた。色がとってもよく似合っていました。
d0117481_23581052.jpg


Yataさんは提出作品を一気に編んで。これでこの冬は大丈夫ですね!
d0117481_23590592.jpg
d0117481_23595948.jpg
これは↑クッションカバーです。
Hiranoさんはチェックのバッグも完成です。ほんとにこのチェックのバッグは人それぞれで面白いですよね!
d0117481_00022268.jpg
チェックのバッグプロジェクトはまだまだ続きますよ~

Shigenoさんのマーガレット。モチーフが何枚つなげてあるのでしょう?!
先生であるのに私はこのモチーフ繋ぎが苦手なので、心から尊敬してしまいます。
d0117481_00032522.jpg
d0117481_00052448.jpg
三角編みのマフラーに刺繍!アイディアですよね。これもShigenoさんです。
アイディアといえば、もうひとりのShigenoさんのネックレス。若さの発想、素敵!
d0117481_00071411.jpg
11月は教室もたくさん開きましたし、ランチ会も何回かして、美味しいものもたくさん頂きました。
東京からかつての後輩とか編み物の生徒さんもいらっしゃいました。神在月でしたからね。

そして、11月1日にお世話になった焚き火小屋さんが亡くなられました。5月に癌が見つかり、半年の余命宣告をされたのだけれど癌治療はせず、本当に半年で逝ってしまわれました。出雲にUターンしてから、何度となく伺った焚き火小屋。帰ってきた翌年にはそこでニット展もさせていただきました。ノブフェン窯で焼いたパンを買いに通いました。東京から友達が来ると間違いなく連れて行きました。四季折々を楽しんで、2か月に1度はTaeさんが中心になったお料理のワークショップにも通いました。今年の初めに焚き火小屋そのものが立ち退きになって、ロケーションそのものが無くなってしまったうえに、そこの主であった彼も居なくなって、あの濃厚な焚き火小屋で過ごした日々が幻想となってしまった気がします。
Uターン間もなくの落ち着かない日々を助けて頂いたこと、感謝しています。ありがとうございました。
こころから 合掌






# by yumiyane | 2018-11-30 23:14 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)