にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 10日

久しぶりのニット特集~生徒さんの作品

7月になってやっと暑い日がやってきましたね。
テニスではウィンルドンが真っ最中。圭くんがQFまで勝ち上がって、2年連続のベスト8です。このあとフェデラーとの決戦。勝ったら圭くん特集やります!

さて、しばらくご無沙汰していたニットの掲載です。
夏のバッグ特集!エコアンダリアで編むバッグ。22枚モチーフを編んで、それをくっつけるときの工夫で膨らみ、素敵なバッグが出来上がります。いろんな素材や、モチーフで編んでいるのをネットで見かけます。
今回のバッグの見本はこれです。縁編みにグリーンとブルーを何気に使い分けたのと、留めボタンにビーズをあしらいました。
d0117481_22444842.jpg
これは私が編んだものですが、そのうちどれが誰のだか分からなくなってきますよ。
d0117481_22464724.jpg
グラデュエーションの糸と中の一色で縁編みしたIidukaさんの作品。

d0117481_22475641.jpg
2色使いでつなげて黄色で締めたいという、Toyaさんの作品。

d0117481_22485379.jpg
ベージュに薄めのこげ茶で縁取りしたMurakamiさんの作品。

d0117481_22495087.jpg
紫がお好きなので、濃淡で上品にまとめたHiranoさんの作品。

d0117481_22522165.jpg
紺色に薄いクリーム色で、夏のリゾート気分のEsumiさんの作品。

d0117481_22551437.jpg
こげ茶にグリーンの縁取りで、茶の皮のボタンがポイントのMoriwakiさんの作品。



d0117481_22561366.jpg
小柄なYataさんは、上部のモチーフを内側に折って、小さな持ち手を付けました。すごくおしゃれなバッグになりましたね!

d0117481_22591103.jpg
私はとても22枚のモチーフを作る自信はありません!と5枚のグラニースクエアを色んな色で編み上げて、持ち手もエコアンダリアで編んでつけられたTakahashiさんの作品。可愛い!!
それぞれ個性があっていつもながら勉強させられますよ~!
まだ現在進行中の方もいらっしゃいます。是非参考にしてみてください。

さてウエアです。
4月に完成させていらっしゃいましのに、掲載が遅れてしまいました。
Shigeno母です。
d0117481_23053902.jpg
ドログリーの糸だったかな。ラグランもとてもきれいな線が出ていますね。

Shigeno娘の提出作品、へちまカラーのジャケット。
d0117481_23080472.jpg
ハマナカのアルパカモヘアですが、アラン模様がとても綺麗に浮き上がっています。軽くて暖かいですよね!
d0117481_23084486.jpg

出雲教室土曜日のTakahashiさん。課題ではないのに、するすると編まれます。
d0117481_23092507.jpg
袖口と裾は変わりかのこ、これ使えますね。
d0117481_23150154.jpg


麻の七分袖丈のプレーンなウエア。この季節にはサラっとしてグッドですね!
d0117481_23193804.jpg
Kobayashiさんの作品。彼女はバッグも麻で作りました。いつもながら正確な編み目です。
d0117481_23223538.jpg
もうひとつウエア。
Kawaseさんのセーター。ご自分で紡がれた糸を使って。羊の種類もなんとかとなんとかっておっしゃいました~、笑。
d0117481_23243409.jpg
小物行きます
リバーシブルなちょっと難しいマフラー。Kimuraさん、どんどん自分で研究して編まれます。
d0117481_23265394.jpg
編み始めもきれいだし、両サイドも糸がきれいになる編み方です。

次もリバーシブル、ブリオッシュ編みのマフラー2点、Iidukaさんの作品です。
d0117481_23292388.jpg
d0117481_23293464.jpg
これ、難しいんですよ。私も本、買いましたから今度チャレンジしてみます。一度挫折したことあって、、、。
Iidukaさんの作品、もうひとつありました。ほんとに一日がほんとに24時間なの?って思いますよ。
d0117481_23320591.jpg
丸ヨークのところに模様があって、増し目が均等ではないので難しい!


お孫さんの為に編まれました、Moriwakiさんの子供用カーディガン。パピーのハスキー使用。可愛い!
d0117481_23335119.jpg
この糸はほんとに不思議ですよね。メリヤス編みでこれだけ模様が出てきます。



そろそろ試合が始まります。ではまた



# by yumiyane | 2019-07-10 23:36 | にっと(knit) | Trackback | Comments(3)
2019年 06月 26日

旅のお話をさせて頂きました

ギャラリー記田屋さんは、出雲市街から大社方面に向かって、旧道を大きくカーブする手前を右に少し入ったところに。古い養蚕農家だったご主人の実家を改装し、お庭も整えて。ひっそりとしかし確かな佇まいを見せています。
そんな記田屋さんで旅のお話をさせていただきました。
d0117481_12330785.jpg
アルザスの田舎にあるコンフィチュールのお店、その主人クリスティーヌさんのように、出雲でも発信し続ければ世界にはばたくチャンスはある、というお話をしたら是非その話をみんなに聞かせて!ということになりました。

私もいろんな旅をしたなぁと思い出し、記憶のまだ確かなうちに書き留めておこうと引き受けました。
写真を見ながら、一緒に行った友達に話を聞きながら、過去に書いたブログを読みながら原稿を書きました。

日常何気なく過ごしている中で、ふと興味を持ったこと。それって何?って思ったこと。もしかしてあれとそれは繋がってる?って思うこと。そんなことをやり過ごさないで興味の引き出しにしまっておいて、期が熟したら確かめに旅に出ましょう!
そんな気持ちで原稿をまとめました。
写真を整理しながら、ふたたび旅に行った気になったり、もう一度訪ねたいなと思ったりしました。
d0117481_12350712.jpg
テーマはいくつかありました。
りんごの礼拝堂への道・・・・三つの旅
             ・ロンシャンのル・コルビジュの礼拝堂への旅~アルザスの町・コンフィチュールの話
             ・南仏ヴァンスのマチスのロザリオの礼拝堂
             ・フランス南西部~ラスコーの洞窟
             これら三つの旅はノルマンディの小さな村サン・ビゴー・ド・ミューへと導くのです。
             そして大切なこと、平和を考えるノルマンディ上陸作戦跡地への旅
スペインへの道・・・・・・・サンチャゴ・デ・コンポステーラの途中レオンを訪れる旅
              ビルバオ~ブルゴス~レオン
              そして、バルセロナのピカソ美術館で見た王女マルガリータの連作から繋がっていく              プラド美術館への旅
マグダラのマリア・・・・・・南仏ニースからアルルへ向かう途中立ち寄ったサン・ボウム~サン・マクシマン
              マグダラのマリアへの興味が彷彿と湧いたこと
              ヴェズレーのサン・バジリカ大聖堂を訪れた旅
              マグダラのマリア繋がりで知り合い訪れたカッラーラへの旅
出会いの旅・アラゴーナ夫妻・イタリアの旅ヴェネチアからミラノへの列車の中で知り合ったアメリカ人夫婦
              その夫婦とのその後のお付き合い
              プロビデンスでNYで日本でチェサピークビーチで
              今でも続く手紙・カード・メールのお付き合い
聖十字架伝説への旅・・・・・西洋美術の主題物語聖書編を読んでから辿り着くアレッツォへの旅
d0117481_12360001.jpg
などなどを用意しましたが、上の二つで時間がいっぱい。あっという間でしたが、皆さんは退屈しないで聴いてくださったかな?
d0117481_12363142.jpg
途中ティータイムで用意されたプティフールの数々! お目当てはこれでも大正解ですよ!
d0117481_12364672.jpg
    
d0117481_12370837.jpg
d0117481_12371733.jpg
時計を見たら予定の時間を30分過ぎてて、そそくさとスペインへの道のお話を終えてしまいましたぁ。尻切れトンボだったでしょうね。

おおむね好評でしたが、一人中学生の男の子が参加してくれていて、その方の感想が嬉しかった。お母さんからギャラリーに送られてきたメッセージです。
『海外はやっぱ行くもんだな。写真はたくさん撮ったほうがいいな。有名所ばかり行けばいいってもんじゃないな。田舎に行って現地の人と心を通わせたいって思った。ずっと聞いときたかった。夢の世界って感じで終わってほしくなかった。次もあったら絶対に聞きにいく』
嬉しいですね。是非世界を観て大きな人になってもらいたいです!

他の三つはお話できなかったけど、原稿を書くときにいろいろ思い出せて、ポルトガルのコインブラの話とかNYの夜逃げの話しとかもまとめておこうかな、って思いました。

個人と個人の付き合いは些細でささやかなものだけど、その積み重ねが大きな心を包んでいって、本当の外交が出来ればいいなぁって思います。
         



# by yumiyane | 2019-06-26 12:48 | 旅(travel) | Trackback | Comments(6)
2019年 05月 27日

6年経ちました

2013年5月29日に出雲に引っ越してきて、丸六年が経とうとしています。
もう6年も!っていう印象の方が強いです。あっという間ってこういう感じなんですね。
以前にも書いたけど、1年目は旅している感じ。2年目は、去年はこうだったああだった、と振り返る感じ。3年目は編み物教室の生徒さんも増えて、出雲で暮らしていく方法が見えた感じ。そして色んなことに挑戦しながら6年が経ちました。

今回縁あって、友人の実家が空家になっているところへ引っ越すことになりました。
d0117481_22515551.jpg
結婚したときに父が作ってくれた布団を入れた布団袋。もう何回目の出番でしょう。
数えてみたら9回目の出番。引っ越しには慣れていますが、今のところもとても気に入っているので少しブルーに。
弥生時代の古墳に囲まれたこのあたり、初めて家探しで来たときに、鶯のつがいが大きな声で鳴いていました。森の緑と田んぼに囲まれて、最初の2年はくうちゃんも居てくれたし、Uターンのセンチメンタルを感じることもありませんでした。

新しい住まいはここから950mのところ(Googleの地図がそういってます)。
6年前に東京から帰って来たその同じ日に、7年目がスタートします。
引越し屋さんの見積もりでは、とても単身の住まいとは思えない荷物だと。必要でないものはないはず。家具や主なものは東京から持ち帰ったもののほかに増えたのは、毛糸・糸のたぐい!考えてみれば、そんなに何種類ものコーヒーカップ要る?お皿も多すぎでしょ。断捨離しましょうよ!でもでも本当に愛着のあるものばかり。服は捨てられるけど器は捨てがたい! それでも思い切って!大切なものを友人や従姉妹に持ち帰ってもらいました。

壁にかかっている絵もたくさんあって、今日はいとこがはずしてお掃除してくれました。
d0117481_23293918.jpg
時計の窓に入れたみんなの写真。赤ちゃんのころのはどれが誰だか分からないくらい、やっぱりみんな似ています。
明後日29日に引っ越したら、今月中に5月の盛りだくさんをアップしますね。






# by yumiyane | 2019-05-27 23:32 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(4)
2019年 04月 30日

平成という時代

昭和生まれの私には、平成という時代が今日で終わると言われても、さほどの感慨はありません。
三つの元号を生きることになるんだなぁ、ということは実感します。最近はできるだけ西暦で生きようとしているので、数年前から平成何年なのかということは少しも考えていず、銀行や市役所での提出書類が元号記載のときに、カレンダーを確認する程度でした。
ただ、三年前に天皇陛下が存命中の譲位を宣言された時から、今上天皇から目が離せなくなりました。
政府の思惑や宮内庁の思惑やらがあるのかどうか知りませんが、天皇ご自身の言葉で多くのことを語ってこられた感がとても強く感じられました。多くの国民の幸せを念じていらっしゃる様子、時にはやんわりと今の政府のやり方を、あるべき姿に導かれようとするようなご発言だ、と感じる時もありました。
これからも上皇として、新しい両陛下を見守って頂けますように。そして健康に留意して長生きしていただきますように、とお祈り申し上げます。

そして、平成生まれのこの子達の未来が、お互いを尊重し多様性を受け入れ、自分の持つ力を思い切り出し切れるような自由な世の中でありますように。
d0117481_21160516.jpg


昨日、ギャラリー記田屋さんという、去年童話であそぶニット展を開いていただいた出雲大社の近くにあるギャラリーのイベントに参加させていただきました。
シマネの夏むかえ 2019 というイベントのひとつ、平田にあるトラットリア814さんの夕食会レセプションパーティです。
d0117481_21311048.jpg
ビュッフェ形式でしたが、人数分以上にお料理が用意してあって、美味しくクオリティの高い食事を楽しみました。
d0117481_21312855.jpg
お皿に盛り沢山にしてしまったので美味しさが伝わらない!
d0117481_21335207.jpg
地元のお酒をたくさん頂いた若者が、トークセッションを始めました。
島根の伝統工芸を引き継いだ若者たちです。神楽の面、漆器、藍染め、鍛冶屋、組木、和の香などなど。皆んな頼もしいし何しろカッコいい!です。
ギャラリー記田屋の主・金築伸子さんは、ベニシアさんの番組に出演なさったことがきっかけでお近づきになりました。こんな風に島根の若者に活躍の場所を提供なさって、素晴らしいことです。
私もその一部に参加させて頂いて、出雲での暮らしに楽しみが増えました。
明日からの時代もよろしくお願いします。




# by yumiyane | 2019-04-30 21:52 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(2)