にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:cardigan ( 13 ) タグの人気記事


2015年 04月 29日

このところの ニット ~ こころ安らけく

編むこと がどれだけ心を癒してくれるか、多くのニッタ―さんに共感していただけることと思います。

NOROのくれよん 色番327 で編んだカーディガンです。
ポイントは、ポケットと前がチャックで開くようになっているところ。
d0117481_17322540.jpg
d0117481_17324927.jpg
d0117481_1733963.jpg
d0117481_17332351.jpg


この同じ色番で
生徒さんの一人、M脇さんが編まれたストールもご紹介しますね。
d0117481_17345921.jpg
d0117481_17351282.jpg

同じNOROくれよん 色番327 10個使われました。
5目のかのこ編みです。
この糸はつむぎ風ですが、軽くて暖かくてとてもいい風合いに編み上がります。
色の変化が面白かったということで、短期間で仕上がったということ。とても素敵です。


出雲での生徒さん第一号のfunochanさんも、NOROのくれよん 色番は違いますが、春先に重宝するストールを編まれました。
d0117481_17385776.jpg
d0117481_17391999.jpg
d0117481_17393187.jpg

こちらも色の変化がとても楽しい。
よく似合ってる! 素敵ですよ~

このほかにも、生徒さんは着々と新しい作品を仕上げていらっしゃいます。
それはまた別の機会にご紹介します。


木々の緑が色鮮やかな初夏になりました。今日から連休に突入でしょうか。
26日の日曜日はひと足さきに、日帰り高知行きを楽しみました。
幼馴染くん夫妻と、松江に住むこれまた幼馴染ちゃんとの4人旅。
楽しかった~
朝、六時過ぎに迎えに来てもらって、15分くらい走ったところで
くうちゃんに 行ってきますって言うの 忘れた~!
こうやって自然に離れて行くんだなあ って思ったら また悲しくなったりして。
d0117481_17524724.jpg

東京で暮らしていたころの、くうちゃんが丸々太っていたころの写真を見て、この何か月かの痩せぶりは、やっぱりもう限界だったんだ!
くうちゃん、頑張ってくれていたんだな、だから13日の夜から14日に亡くなるまでの状態はほんとに限界だったんだなって思うと
感謝の気持ちでいっぱいになります。

自分用に編んだバッグ
d0117481_175303.jpg

頼まれて編んだバッグ
d0117481_17531257.jpg

編み物があってほんとに良かった。

丁度、WOWOWで、2008年の全米オープンで18歳の圭くんの全試合を放映してくれていて、
フェレールを破って嬉しそうにインタビューに答える姿にとっても励まされました。
くうちゃんの遺影に、私も頑張るからね! っと誓ったのです。

だから、バルセロナオープンの圭くんのひと試合ひと試合が、私の元気を徐々に取り戻していってくれたのです。
ありがとう 圭くん。
このところ、私の周りに居る人は、私が錦織圭くんについて熱く語るのを不思議に思っているでしょうが、
そういうことなので どうぞよろしく。

by yumiyane | 2015-04-29 17:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(16)
2015年 01月 21日

カッコいい方たち ~エンジのニット

全豪オープンのテニスが始まって、WOWOWで毎日観ています。

圭くんが危なげながらも3-0で勝ってくれて、ほっとしました。
今はナダルが負けそう!
体調が悪いんだそうです。---まだ試合中です。2-2
テニスって一度負けると敗者復活もなくて、どんなにランキングの高い選手でも消えて行ってしまいますね。
追記です
ナダル勝ちました!フルセット、4時間12分だって。対戦者の若者もよくやった。


しかし、テニスプレイヤーってほんとにかっこいいです。
コートではそんなにかっこいいシャツ着ていたりはしないのだけれど、スーツ着た時なんてね!
テニスというスポーツが、全身のバランスの良さと機敏さ、筋力など身体能力の高い動きを必要とするスポーツだからなんでしょう。
去年、圭くんが初めて参加したATPツアーファイナルの前夜祭。8人のテニスプレーヤーがスーツを着て、クルーザーでシャンペンでお祝いしてました。 画像お借りしました
d0117481_20123048.jpg

ここに圭くんが居ることを誇りに思います。


話をニットに戻して
先日のニット展のために、婦人中寸のセーターを編みました。
誰に?ということもなく、ただトルソーに合わせて
d0117481_20144453.jpg

NOROのくれよんの赤です。
丈を少し長めにして、フレアーっぽく広げた裾にかぎ針で縁編みを付けてみました。
お袖は袖口を広げたのをしぼめて、そこにも縁編み。
自分で着るつもりはなかったので、バランスのいい形を追求してみたのです。

ニット展が終わったある日、生徒さんがあれを着てみたい、ということで試着していただきました。
d0117481_20175453.jpg

ぴったりでした。
婦人中寸のサイズにぴったりな人がいるものですね。
d0117481_20183496.jpg

お買い上げいただきました。

「赤のチュニック、暖かくて気に入って着ていますよ~」 と今日メールいただきました。
Sさんどうもありがとうございました。


編むというとことはある種肉体労働なので、私はあまり請け負ってはいませんが、
今、えんじ色のカーディガン というお題で編んでいます。
d0117481_20235243.jpg
d0117481_2024135.jpg
d0117481_20241674.jpg

こちらは、歳を重ねて少し体型が変わってしまわれた方に。
このボディに着せたところでは分かりませんが、後ろ身頃を少し広く取って、丈は長く腰回りを大きく編んであります。
伸びたり縮んだりするニットですが、最初から体型に合わせておくともっといいですね。
えんじ色のモヘアを2本取りにしてあります。そうしないと模様が出てこない。
軽くて暖かくて、
気に入っていただけるといいな。

by yumiyane | 2015-01-21 20:30 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2013年 05月 06日

ザクザクのカーディガン編みました

しばらく前に後ろ身頃だけ編んで放置してあったカーディガンを編みました。
d0117481_10361335.jpg

このときはまだ襟とポケットが仕上がってないとき、どんな感じかなとトルソーに着せてみたところ。

アラン模様がザクザクで、立体感ありありですが、着るのには少しアイロンをかけたほうがいいかな。

昨夜、ポケットも襟も仕上げました。ボタンの適当なのがないので、これは明日にでも買いに行きます。
薄いシャツを着た時にはおったら、まだ少し着れそうです。今年の連休はお天気はいいけど少し肌寒いときがありますね。
d0117481_10391145.jpg

d0117481_1039386.jpg
d0117481_10395423.jpg

一応製図もして、ゲージもとってあるんですよ。模様は適当に考えました。
糸の編地がおいしそうで可愛くて、メリヤスもいいし裏編みもいいので格子模様で表と裏を楽しみました。
袖の下側は二目かのこにして、太い糸の表情をあれこれ盛り込みました。
d0117481_10425595.jpg

袖つけはラグランにして、はぎ目に縄編みが向かい合うようにしてあります。
何も考えずに編み始めたので、右と左が逆方向になっているのはご愛嬌、、、、何のことか?な方はスルーしてください。
d0117481_1045423.jpg


このところ、美味しいものをいろいろ食べているのですが、またそれは別編で。
あ、体重は増えてないです。
一人で昼間家にいると、お昼ごはんを食べるのを忘れるのですね。
家の片付けも始めたので、ちっともじっとしてないこともあるかもしれません。

毎日が日曜日の感覚なので、連休がぴんと来てないですが、町に出たときの人の多さが、ああそうかと思われます。そんな中、姉と編み物友達と銀ブラをしました。
ライオンでちょっと飲んで、あちこちブラブラして、夕方天國のかきあげ丼を食べました。

ちなみに銀ブラの語源は、
銀座でブラジルコーヒーを飲むことなんですって。きっと銀座のカフェはとてもかっこよかったんでしょうね。
天國のかき揚げ丼がお腹にズシンと来たので、東京駅まで歩きました。
d0117481_10525721.jpg

4日の夜の東京駅です。
ライトアップのイベント、またやってくれないかな。

by yumiyane | 2013-05-06 11:02 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2012年 07月 23日

グレーの夏糸のカーディガン

もう1年以上前に、片袖まで編んでいてそのままになっていたグレーのカーディガン。
やっと残りの袖を編んで、仕上げました。
d0117481_020934.jpg

なんでほったらかしになっていたのか?
d0117481_0203898.jpg

分かりません。ときどきあります。

糸は、ロンドンのリバティで買ったもの。そのとき一緒に行った会社の同僚のお母さんのために編み始めました。糸代もらっていたからね。

だけど、夏糸ってどこか言うことを聞いてくれない、っていうかしゃんとしてくれなくて、だんだんいやになっていったのです。

同僚のお母さんには、他の糸で編んだカーディガンをすでにお渡ししました。

そんないきさつでとん挫していたこの作品。
d0117481_0211869.jpg

自分で着るならいいか、ってやっと完成です。


そもそも、この後ろ身頃の透かし編み部分。これを肩の部分に使う、本に載っていたチュニックにするつもりでした。
d0117481_0214944.jpg

本のとおりに編むことが全く不得手のわたし。
すぐ自分流にアレンジしてしまういつもの癖が出てしまいました。
身頃には幅が足りない、なら前身頃を編む時に、後ろ身頃の分まで足して編んであげればいい。
d0117481_0233122.jpg

いつかV編み物教室でもこれをやって、先生に「今回だけは見逃す」と言われたことがあったっけ。

兎に角、透かし編みを背中に、きっとこれは涼しいに違いない!
背中って温度を感じやすい部位ですから。

脇が前身頃と繋がってるって分かりますか。

お袖も、実は長袖にするつもりでした。
でも、これくらいの長さなら真夏でも着るかな、ということで半そでに。
下にタンクトップを着れば案外いけるかもしれない、という推測で長さがこれくらいと決めました。
お袖はゆったりめなので、着やすいと思います。
d0117481_024119.jpg

とにかく完成して良かった~♪



そうそう、政府のエネルギー・環境に関数する選択肢に対するパブリックコメント
もう提出なさいましたでしょうか。
先日国会議事堂前で用紙を配っていましたので、それに書いたのでこれからファックスします。

私の場合
1、個人
2、名前
3、住所
4、会社員
5、60代
6、女
7、メールアドレス(または電話番号かどちらか)
8、ご意見の概要・・・ここに①のゼロシナリオ
9、ご意見及びその理由・・・原子力発電は現状では人間がコントロール出来ないエネルギーであることが、福島第一原発の事故で分かったため。さらなる技術開発は福島第一原発の事故収束につぎこまれなければならない。これが出来ないうちは原発に関して未熟である。未熟であるうちに他の原発を再稼動するのはあり得ない。また、使用済み燃料の処理も行われていない現状を自覚すべし。
さらに技術開発は再生可能エネルギーに向けられるべき。へき地対策の名目で、巨額を投じて建設された原発・その原発マネーは、不自然な地域開発となり、非人道的。よってゼロシナリオを心から要望する。

8月12日18時必着です。
皆様もどうぞよろしく。

by yumiyane | 2012-07-23 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(14)
2012年 06月 07日

夏の糸で

カーディガンを編もうと思っていましたが、シルク糸と麻糸の二本どりにしたら、重たくなってしまいました。
d0117481_032713.jpg

かなりしっかりした編み地になったので、袖口を少し編んで、ベストにすることにしました。

このベストのポイントは、一緒に編んだ前立てが、襟ぐりまで一周するところにあります。
d0117481_011493.jpg

また、ゴム編み風に編んだ縄編み模様が、
d0117481_014122.jpg

シルエットを細く見せる効果がある、、、はず。
d0117481_024245.jpg

あとちょっとで出来あがります。

AVAAZを使って抗議します

by yumiyane | 2012-06-07 00:09 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2011年 10月 20日

かぎ針編みの作品

先日、大泉学園の編み物教室で、しばらく産休していたWちゃんが、復活して
男の子のためのケープを完成させました。
d0117481_0273667.jpg

ベージュの毛糸をかぎ針で編んで、フードの付いたケープです。
ちょっとだけ透かし編みにして、縁取りをオレンジとこげ茶の糸で飾りました。
d0117481_0275984.jpg

初作品ですよ。
よく頑張りましたね。
Rくん、照れちゃって、なかなかポーズを取ってくれませんでしたけど、とっても似合うよ。
女の子みたいに可愛いね。
d0117481_0285370.jpg

お母さんもちょっと鼻高々でした。
完成して、試着した時の感動で、また次の作品へと向かえるのです。

今日は少し寒い風が吹きました。
いよいよ編み物の季節到来!


そこで、春からとりかかってそのまになっていた、かぎ針のカーディガン、完成です。
d0117481_0313550.jpg


先日、袖を編んだところの写真で、縁取りの編み方が思い出せなくて、気に入らない仕上がりになっていたもの、編み方を思い出して、やり直しました。
d0117481_0322299.jpg

身頃から縁取りを編み足すとき、編み目の足を隠してくれる編み方です。

かぎ針編みって、何故か少しレトロで、懐かしい感じです。

ボタンを付けて完成したところです。
d0117481_11333088.jpg



d0117481_11343576.jpg

自然光の中で、色はこっちのほうが近いです。

by yumiyane | 2011-10-20 00:35 | にっと(knit) | Trackback | Comments(13)
2011年 03月 03日

フェアアイルのカーディガン やっと出来た 雛祭りの日

今週の土曜日が最後のクラス。それまでに一応編みあげておこう!と頑張りました。
d0117481_23402840.jpg


実は、まだボタンは仮付け。
d0117481_2341993.jpg

前立ての裏側の糸の始末もこれからです。
洗って、形を整え、軽くアイロンをかける、というのも残っています。

でも、一応、全部編みあがりました。ふう~っ。

大変だったけど、とっても面白かったですよ。
イギリスの北のほうにある、小さな島 フェア島。
きっとすごくすごく寒いんでしょうね。
暖かい手編みのしかも編み込みで、糸が二重に渡るから分厚くなって、風も通さない。
必要のなかで、編む人、着る人の楽しみが加わって、美しい連続模様が出来あがったのですね。
d0117481_23414423.jpg

ボタンは、別のグレーのカーディガンに付けるつもりで買ったもの、大きさが丁度いいのでこれにしました。
d0117481_23434672.jpg

紫色なんだけど、ミスマッチが逆マッチなんじゃないかと、勝手に思っております。

サイズは、もう少し大きいかと思ったけど、私には丁度良いか、少し小さい!これは想定外。
また、誰かのものになってしまうのでしょうか。

ああ、間に合ってよかった!
で、
今日は三月三日のひなまつり。
チビKちゃんのところで、こころおきなく雛祭りをしました。

可愛いおべべを着たKちゃんと、記念写真を撮ったので載せたかったのですが、
カメラを忘れてきちゃった!

なので、その写真は明日アップしますね。

その代りといってはなんですが、
このところの寒さにもめげず咲く、ベランダの花たち。
カランコエ
d0117481_23494174.jpg

プリムラ?だかなんだか、ピンクだったのに、新しい花は黄色くなって、お隣の色に感化されたか。
d0117481_23495652.jpg

これはなんだろう。さくらそうですか?クリスマスのプレゼントにもらった寄せ鉢の花たち。
d0117481_23501214.jpg

毎朝癒されています。

by yumiyane | 2011-03-03 23:52 | にっと(knit) | Trackback | Comments(18)
2011年 02月 17日

Elizabeth Zinmermann  追記あり

ある、外国のニッターさんのサイトで見つけた、子ども用カーディガン。
編み方は分かるんだけど、はぎ合わせのない作り方。
どうやって編むんだろう???
立体的な編み方が、頭の中で想像できなかったから
紙に書いて作ってみました。
d0117481_15441346.jpg

ここんとこで増やして、ここんとこで目を拾って、って
なんとなく掴めたときに、この編み方の名前が分かりました。
Baby Surprise Jacket
作者はElizabeth Zimmermann、1910-1999。

その方の本がある、ということが分かって、Amazonで注文しました。
12月の半ばに注文して、何度か、あきらめますか?のメールが来ましたが、待ちました。
d0117481_1212077.jpg

届きましたよ~。
待った甲斐がありました。
この本は、彼女がニュースレターということで、どなたかに書かれた、正確にいうとタイピングされたものを編集してあります。
懐かしいですね、このタイプの活字。
d0117481_15453793.jpg


ところどころに手書きの説明図があって、そのまま再現していただけて嬉しいです。

生きていらしたら今年で111101歳。師事したかったです。
初めはフツーの主婦だった方、ニットの巨匠と呼ばせていただきます。



追記:
Elizabeth Zimmermannさんの経歴が少し分かったので書きます。
彼女はイギリスの生まれです。エセックスとありました。
幼少期はエセックスで過ごしますが、スイスのローザンヌのアートスクールに入ります。
その後ドイツのミュンヘンに移ります。
そこで知り合ったArnold Zimmermannさんと結婚。彼がヒトラーを嫌っていたため、二人でアメリカに引っ越しました。
最初はNYのロングアイランドで暮らしますが、最後の20年はウィスコンシンで暮らしたのだそうです。

なんで本のタイトルが
The Opinionated Knitter になったのかも書いてありますね。
彼女が出版社とはいろいろあったようで、
最初出版社は
Knitting Without Tears (難しくない編み物?)
と付けたがったそうですが、彼女が最初に出す本はこのタイトル、と主張したのだそうです。
表紙の彼女の目が、語っていますね。

それにしてもウィスコンシンとは、ミシガン湖の東側には一度行ったことがありますが、
結構北の寒いところ。

羊を育てて、ブリーチされないいい毛糸があったので、通信販売の糸とニットのビジネスを始めたのだそうです。
晩年を、自分の好きなことを仕事として暮らせる、
Happyだったと彼女も書いています。

by yumiyane | 2011-02-17 01:22 | にっと(knit) | Trackback | Comments(26)
2011年 02月 07日

フェアアイル、カーディガン 

出来たのか、まだかいな。
d0117481_2394349.jpg

一見出来た風。
d0117481_23132998.jpg

でもまだ、もうちょっと。
右の袖があと半分。

3月の始めの最後のクラスまでにはきっと完成。
d0117481_23143245.jpg

つくづく、あの本だけで編むことはきっと出来なかっただろうなあ、と思います。

丸く編んで、柄をつなげるため、12目切り代を編んで、それをはさみでカットする。
真ん中でカットした切り代を、また二目列切って、残った4目列をひと目ひと目かがって止める。
d0117481_2317033.jpg


前立ては、少しつりかげんでゴム編みを編む。
d0117481_2318752.jpg

そういう細かいこと、本には書いてないからね。

ほんとに、ヴォーグ学園編み物教室に通って、先生に教わることができて、
良かったわ。

by yumiyane | 2011-02-07 23:21 | にっと(knit) | Trackback | Comments(14)
2010年 05月 03日

ブクブクカーディガンの完成 Cardigan

何がブクブクかというと、糸がブクブク。
なので、編み地がブクブク、でもホカホカ。
暖かくて、
軽くて、 
毛糸も 50g巻き 5玉プラス10g で出来ました。

下田さんの本では、前は編みっぱなしでしたが、前立てを付けて、ボタンもつけました。
d0117481_2354634.jpg


出来あがったのが少し前で、写真を撮ったのが、白熱球のもとなので、色が少し、、、。

それで、
今朝、自然光のもとで撮ったのが これ。
d0117481_23555664.jpg

まだ前立てが付いていません。
d0117481_23582589.jpg

こちらのほうが、色が近いです。


オリンパスペン、のPモードがやっと分かりました。
d0117481_2357695.jpg


なんだかこういう色合いが好きなんだ
d0117481_014187.jpg

きっと。

by yumiyane | 2010-05-03 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)