にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:Italy ( 2 ) タグの人気記事


2015年 10月 06日

Roma というところ~

私が初めて訪れた外国はイタリア。
1988年の10月。
ローマ~フィレンツェ~ベネチア~ミラノ~パリ という旅でした。
それから何回訪ねたことか。

2007年、ブログを始めたばかりのころ、ローマについてこう書いています
Roma また必ず行くところ


日本から直行便でローマに着くと大体夜になります。
とりあえず宿にチェックインして一息ついたらちょっと町に出て見たくなります。
d0117481_2294614.jpg

初めてのときはたいがいここでノックアウトされます。私は、オレンジ灯に照らされた町並みに癒されました。日本に帰って蛍光灯のしらじらとした明るさがいやになります。夜は暗いもの、あんなに明るくする必要はないです。
d0117481_1141399.jpg

一緒に行ったイタリア初めての のぶちゃんもここで茫然自失。
d0117481_122219.jpg

サンタ・マリア・マッジョーレ教会が正面に見えるカフェでアフォガードを頂いているところ。夢のようです。


夢ではないですよ~、ローマ二日目の朝です。向こうに夕べ行ったサンタ・マリアの教会が見えます。
d0117481_1243322.jpg

このパティオのある風景を何度か映画で観たことがある、って、のぶちゃん。

支度してとりあえずバチカンに行きましょう。ローマでここに行かなかった、って言われないようにしなきゃっ、ツアコン。
朝9時半ごろ着いたときは持ち物検査に20mくらいの列でしたが、帰るころは凄い人でした。あんなに人が並んでいるのは初めて見ましたね。
d0117481_133088.jpg

登るつもりは無かったんだけどね。途中までエレベーターで上がって、そこでやめとくつもりだったんだけどね。
d0117481_1335350.jpg

やっぱり見ないと・・・・ローマを見て死ね・・・・・・あれはナポリか
d0117481_1351032.jpg

貧血で倒れるかと思いました。友人はめまい。

ミケランジェロのピエタは防弾ガラスの向こう。マリアの鼻は治っていました。
d0117481_1403246.jpg

衛兵に話しかける観光客。衣装が・・・ひらひら
d0117481_1442488.jpg


「ローマの休日」で王女が踊ったサンタンジェロ城も押さえておかないと、ツアコン。
d0117481_1461424.jpg

橋の上で、麻薬撲滅の署名を求められたんだけど、あれむやみにしてはいけないんだって。そのあとしつこく寄付を求められるから注意しないさい、とどこかに書いてありました。
いろんな人を無視したり断ったり知らんぷりしなきゃいけないところがちょっとローマの辛いところ。


橋を渡ってテベレ川に沿って歩くと、プラタナスかな?古い並木道が凄いのです。
d0117481_1505094.jpg

この道を最高裁判所まで行って、そこからまっすぐ東に向かうとスペイン広場へ。
12時20分に待ち合わせてるから、急ごうね。
ローマのJunkoさん と言えば泣く子も黙る!? 正義の味方。

おいしいランチのお店を教えてもらいましたよ。
d0117481_1541187.jpg

山盛りにしなさい!
って言われて、ほんともっと取ってくればよかった。 美味しーーーーい!!!
もう
ずーーっと喋って、このままここでお茶して話していても良かったんだけど、ツアコンの使命もあるし
Junkoさんもガイドの使命も感じて下さって、このあとパンテオンとフォロ・ロマーノとコロッセオへ。

Uターンして出雲に帰ってから歩いた2年分くらいをここで歩きました。
d0117481_201412.jpg

そのあと、バスとトラムにも乗って、ローマ 一(いち)おいしいジェラート屋さんへ連れて行ってもらいました。
美味しかった~~レモン味の
また行きます。

Junkoさん、有難う。これまでとはまた違うローマが見れて、味わえて楽しかったです。
友人は凄いね~の連発。街も凄いけど人も凄いって、Junkoさんのことね。




つづく

by yumiyane | 2015-10-06 01:04 | Italy | Trackback | Comments(12)
2015年 10月 03日

久しぶりの旅 ~行程

念ずれば通ず
というけれど、いつか行きたい きっと行く 絶対行く 何とかしていく
となると 行けるものです。

でも、実際 その場所に立ってみると ほんとに来たんだ! という感慨はうるうるして鳥肌が立ったりするものです。

今回の旅の足跡はこうです
d0117481_22423879.jpg

イタリアへの道は、アリタリアの直行便 成田13時15分発に乗るためには出雲からだと前日入りが必要でした。これはちょっとした誤算。今まで成田まで1時間40分のところに住んでいたから、前日、しかも国内線利用がプラスされることは地方に住む者にとっては負担ですね。


Arezzo にあるサンフランチェスコ聖堂。その壁画、ピエロ・デッラ・フランチェスカの描いた「聖十字架伝説」というものがある、と初めて目にしたのは、私のブログの右蘭にあるライフログ、そこにある西洋絵画の主題物語〈1〉聖書編 を読んだ時でした。その後、映画「イングリッシュ ペイシェント」の中にその壁画が出てきていることに気づいて、行って見る? またある日の芸術新潮「イタリアの歓び」にArezzoが特集されていて、ピエロの生まれ故郷SansepolcloとMonterchiも行って見るべきところとして私の中にリストアップされていったのです。


おととしの6月、Uターンして間もなくの頃、幼馴染みののぶちゃんがいつかイタリアに連れて行って!と言ってくれて、行くならArezzoだよ って言ったらしい。そのとき彼女は、私の語る聖十字架伝説に興味を持ってくれてネットで調べたある記事をプリントアウトして読んでいたのです。知らなかった!
ことしの1月にペットシッターさんも見つかったことだし、くうちゃんが元気なうちに行こうか?と予定を立てたのが3月。ところがくうちゃんが4月14日に逝ってしまいました。
くうちゃんが居なくなった悲しみの癒えない5月21日に、アリタリアのチケットを購入しています。

二人旅のツアコンになった私は、ワクワクして旅の計画を立てることに。。。
カッラーラの大理石の山を望む B&B ArusApua に泊まること
3人のお友達に会うこと
のぶちゃんにイタリアを見せてあげること

こうして久しぶりのイタリア旅行が実現しました。


つづきます

by yumiyane | 2015-10-03 23:29 | 旅(travel) | Trackback | Comments(8)