タグ:編み物教室 ( 51 ) タグの人気記事


2010年 06月 08日

誕生日週間

以前にも書きましたが、私の周りには6月生まれが多いです。
しかも今年は私にとって特別な誕生日。
誕生日週間は今週いっぱい続きます。

日曜日の午後は、桜新町で編み物教室でした。

Tommyさんは、大作のストールを編みあげました。
これが暖かい!
d0117481_048394.jpg

夏に向かってなので、ちょっと季節は違いますが、今年の暮れには大活躍しそうです。
糸はイタリア製の、とってもリッチなもの。
青山一丁目の三つ葉屋さんで買ったそうです。
広げると1枚のブランケットに、お昼寝のときにも役立ちそうです。
d0117481_049437.jpg



生徒さんの一人は6月生まれ。
そこで、ひとしきり編み終わったところで、例の“ベランダでごはん”です。
d0117481_0464189.jpg


夕暮れの空は限りなく美しく、
おいしいご飯となりました。
d0117481_0515070.jpg


夕陽が雲の切れ間から光を放っています。 巣に帰る鳥も飛んで。

そんなとき、
ずうっと以前に観た映画 レイヨンベルヌ という映画のことを思い出していました。
「緑の光線」 という邦題だったようです。

この映画のことは、知る人ぞ知る、らしく、あまり知られていません。
誰かとこの映画について語りたいなあ、と思っていたら、
見つけました
15年くらい前に一度テレビで観ただけですが、ずっと残っています。
カメラワークが長くて、セリフも台本があるのかないのか分からないくらいの、女性のつぶやきが、ドキュメンタリーのようでした。
エリック・ロメールだったのですね。

この方が、私が以前載せた「ノッティング・ヒルの恋人たち」の全く同じシーンを使っていらっしゃるのもただの偶然か?

太陽が水平線に沈んだ直後に見える緑の光線。

一度は見てみたいものです。

by yumiyane | 2010-06-08 01:00 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2010年 05月 30日

編み物教室 in HAKONE

大泉学園での編み物教室も、一年以上が過ぎましたので、ここらあたりで合宿でも、と箱根に出かけることになりました。

降り立ったのはいつもの駅、大平台です。
d0117481_2242667.jpg

みんなは私の定宿を気に入ってくれるでしょうか。


編み物合宿ですから、やっぱり何か作らないと、と用意したのは夏糸。
d0117481_2385866.jpg


コースターなどを作ってもらおうと、パターンもいくつか用意しました。


宴会のあと、お部屋に戻ってしばし黙々と編みました。

d0117481_2373489.jpg

パターンに比べて糸が少し太かったので、コースターというより土瓶敷だね、なんて言いながら。
d0117481_2361762.jpg

いえいえ、とっても素敵な花瓶敷きですよ。
d0117481_2362825.jpg

こちらはコースター
d0117481_23113324.jpg



次の日の朝は、宿で使ってもらおうとお礼をこめて二つ。
d0117481_2321214.jpg

d0117481_23163661.jpg

帰りのロマンスカーの中でも編みましたよ。
d0117481_23185513.jpg

d0117481_2320040.jpg


宿も楽しんだし、編み物も楽しんで、とっても充実した1泊2日の合宿でした。

さて、その宴会は

by yumiyane | 2010-05-30 23:32 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2010年 04月 12日

ポットホルダー&マグカップソーサー

外国のニッターさんが、サイトにたくさん乗せているポットホルダーを
私も作ってみました。
d0117481_0115845.jpg
d0117481_0121934.jpg

こんなのを編み物教室で作ってもらうのも いいかもしれない。


そこで、マグカップコースターを提案しました。
d0117481_0141190.jpg


仲の良い友達にお茶を出すときはマグカップでもいいかな、って思いますが、そのまま置くのも気が引けるとき、こんなソーサーがあったらいいなあって。
d0117481_0183059.jpg



そして、簡単なものを編んでもらいました。
d0117481_016292.jpg

d0117481_0164228.jpg


アイディアは次々と出てきます。
楽しいなあ。

今日の作品

by yumiyane | 2010-04-12 00:23 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2010年 04月 03日

市ヶ谷

久しぶりの市ヶ谷は、桜の季節でした。

d0117481_20335596.jpg


お花見のピークがこの週末、とあって釣り堀も、土手も賑わっていました。
新入生や新入社員の歓迎花見も、あちこちで行われたと思われます。


今年のとっておきのお花見日和の日、私はV編み物教室のお部屋で一日を過ごしました。

男子先生の評判は怖い、ということでしたが、そんなことありませんでした。
でも、とっても自分の編み物を大切にしていらっしゃることがずんずんと伝わってきます。

まずは、お試しの帽子を編み始めました。これで、アイルの基本の編み方をマスターするためです。
d0117481_2045941.jpg


とっても地味な色合いですが、先生のお話だと、羊の毛を最小限加工したもので、自然の風合いと手触りがのこされているのだそうです。
なるほど、先日アップした毛糸とはかなり異なります。
シェットランドの微妙な色合いの毛糸を使って、アイルの編み込みを勉強していきます。


この糸たちを見ていると、
社会人になって初めてもらったお給料で、母に買ってあげたセーターを思い出しました。
グレイがベースで、こげ茶とベージュの編み込みがあったセーター。
それに白いエプロンをして、白髪の混じった癖っ毛をなでて、化粧っけのない母の面影。
母も編み物が大好きでしたから、それは娘たちにしっかり受け継がれています。

1年後には、アイルのカーディガンが出来あがるとか。肩こりに気をつけて頑張るぞ。

by yumiyane | 2010-04-03 20:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2009年 09月 07日

編み物教室 大泉学園

今日は、大泉学園で編み物をやりました。
生徒のWさんは、仕上げたベストを着てみえました。先日カーディガンを仕上げたばかり。
優秀な生徒さんです。
d0117481_10433.jpg

いままではピンクなんて、とおっしゃってましたが、2枚目のピンクの作品です。
変わり糸に、透かしの模様を縁取りに使って可愛らしいデザインです。
私よりちょっと年上ですが、こんな明るい色が似合うのは羨ましい限りです。
d0117481_131135.jpg

姉はきれいな水色のサマーカーディガン、秋が行かないうちに完成させましょう。
d0117481_1101097.jpg

Umekoさんは、先日グリーンのセーターを完成させたあと、ふたつのセーターを同時進行中。
そのあとも編みたいものが目白押しのようです。
d0117481_1161135.jpg

嬉しいなあ。



ところで
携帯を落とす ということ ? 
携帯を落とす、なんて大変なことなのに、 「ということ」 なんて 呑気な感じ。

ないないない! と家中探して、どこにもない!
考えられることは、何時間か前に、送ってもらった車の中、そうでなければ、降りてから家までの道。
気が付いたのが夜中の12時を20分回っていました。この時間、送ってくれた姉の家に電話するのもはばかられます。
しかし、妹だから許してもらおう、と 大ひんしゅくのお願い!
案の定、眠そうな声で出てきた姉に、車の中を探してもらうことを頼みました。
しばらくして、
あったよ の電話、あー良かった
ほんとに申し訳有りませんでした。伏して
040.gif
d0117481_0532152.jpg

今では必需品となっている携帯を、トイレに落としたことは2度ほどあるけど、無くしたことは一度もないのです。
しかし、忘れて外出したことはしょっちゅう。どんだけーー?
d0117481_0551569.jpg

最近、携帯の回収がおぼつかない、とテレビで言っていました。
レアメタルのリサイクルには回収が必須なんだそうですが、写真のアルバムとしての機能が高まったり、メールを保存したい人が増えて、買い換えたあとの携帯を手放さなくなってきたのが理由のようです。
そういえば、自分の携帯も二つほど引き出しにあります。
もう充電器を捨ててしまったので、電源も入らないかもしれない。そんなものを大事にしまっておくこともないなあ。
過去の通話記録もメールも遠い昔の話。明日にも回収箱を探すことにします。

by yumiyane | 2009-09-07 01:29 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2009年 08月 09日

大泉学園編みもの教室 8月

今日は大泉学園の姉の家で編みもの教室をしました。

Wさんは確実に作品を作っていらっしゃいます。
d0117481_22583980.jpg

先日、ロンドンから買ってきた本をみて、これを編んでみたい!
ということで、写真から製図を起こして編んでもらいました。
襟のところが、本には全く載っていなくて、文章では書いてあるようですが、英語で読み解けませんでした。
写真を見ながら、きっとこうだね、なんて製図しましたが、ちゃんときれいに編んでくださいました。

また、お袖はもう少し長く製図しましたが、着て見たときのバランスで、短くしたほうがいい、ということで途中で切って、縁のガーターを編み足しました。
そんな臨機応変もあり、ですね。
d0117481_2313861.jpg

これからも暑い夏、ちょっと襟の必要なオケージョンに役立ちそうですね。


Mちゃんは、今日初めての作品の完成です。

安かったの、という毛糸を使って、希望のデザインが完成しました。
d0117481_2362758.jpg

ウエストを絞ってあるので、後姿もすっきりしています。
縁取りのピコットが効いていますね。

二人の大学生のお子さんがいるとは思えない若々しさ。
ピアノの先生でもあります。

こんな色のセーターは初めて、ということでしたが、なかなか似合っています。
d0117481_23111043.jpg

編み始めたのは冬でしたが、子供たちの進学に忙しくて、先日やっと完成したもの。
今日は夏の糸にとりかかりました。

秋までに仕上げられたらいいですね。
私も刺激を受けて、ガンバリマス。

by yumiyane | 2009-08-09 23:13 | にっと(knit) | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 27日

桜新町編みもの教室

土曜日にうちで編み物教室をしました。
生徒さんはひとり、tommyさんです。
セーターを編むのは初めて、ということで、前回採寸、原型を描く、というのをやりました。
糸は一緒に青山の三つ葉に買いに行って、このあいだお誕生日にもらった毛糸の色違いを選びました。

d0117481_2138261.jpg

糸のかけ方にくせがありましたが、直してあげるとすぐに出来るようになりました。
ご本人は一生懸命かもしれませんが!?

この日は梅雨があけたとはいえ、非常に蒸し暑い日でした。彼女が首にかけているのは、最初はスカーフ?と思いましたが、お水に濡らすと冷たくなる最新のクールグッズだそうです。
首筋の動脈を冷やすと全身の体感温度が下がるのだそうです。

1時間ほどひたすら編んで、
d0117481_21423947.jpg

夏に毛糸はどうかな、って心配しましたが、きっと秋くらいに出来上がるから、ということで
wool100%です。
でも変わり糸で、模様を入れたような面白い編地になりました。ゆっくりがんばろうね。


私は、といえば、やっとブルーのサマーカーディガンが出来上がりました。
d0117481_2148322.jpg

地が厚いので、長袖にすればよかったのですが、実は糸がぎりぎりでした。

裾も二目ゴム編みをつけましたが、3段しか編めませんでした。ほんとに糸が10センチくらいしか残らなかったのです。
d0117481_21485223.jpg

こんなに糸がぎりぎりだったのは珍しい。ロンドンのリバティで買ったので、買い足せなかったためです。
もっと買ってくれば良かった、これ学習しました。
d0117481_2149983.jpg

ベランダで風に吹かれているところです。ああ気持いいって聞こえたような。

後姿もみてくださいって。
d0117481_21494157.jpg


by yumiyane | 2009-07-27 21:53 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2009年 05月 18日

リバティの糸

大泉学園編み物教室が、姉の都合で急遽桜新町で行うことになりました。
Wさんは、この教室2作目のセーターを完成させていらしたので、早速着ていただきました。
ポイントはお袖の長さ。主婦は家でのお仕事に、よく腕をまくりますので、このくらいの長さのが欲しかった、と気にいられたようです。
d0117481_23401967.jpg

年齢的に派手な色はちょっと、ということでしたが姉が勧めた色だとか。とても似合っていましたよ。
d0117481_23411411.jpg

Wさんは姉の仕事仲間で、本職はヴィオリニストです。すでに何枚もセーターを編まれているようで、物を完成させる力のある方です。


私も、先日リバティで買った糸を編み始めました。
ところが、思ったより太い糸で、棒針は9号を使っているので模様編みには向かないようです。
d0117481_2345455.jpg

そこで、袖付けをしない、身頃と袖が一体になった編み方を考えました。

この分でいくと、さっさと編めてしまいそうです。
同じ糸で色違いも買いました。
d0117481_2351297.jpg

こちらはお友達のお母さんに編む約束をしているのです。ざくっとして、夏の装いに合うニットは何だろう?と今悩んでいるところです。


編み物教室の楽しみは終わったあとのお茶です。今日は朝からスコーンを焼きました。
d0117481_23582045.jpg

いつもおいしいんですが、今日のは特別おいしかったです。
A.R.Iさんのアメリカンビスケットのレシピの薄力粉を1/3だけ米粉を使いました。
勿論バターは無塩です。
そしてレーズンではなく、先日作った夏みかんのマーマレードの太い版を細かく切って入れました。
d0117481_003870.jpg

季節とか中に入れるものとか気分とか関係なく、いつも同じようにおいしく作れるようにならないとね。

by yumiyane | 2009-05-18 00:02 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2009年 05月 03日

大泉学園編み物教室

ロンドンから帰って、二日後に大泉学園の姉のところで編み物教室をやりました。
今回は二人、セーターとベストの完成です。
姪のMちゃんは、前回に引き続き、自分でデザインしたタートルネックのセーターを早々と完成させました。
d0117481_23493996.jpg

先週はまだ寒い日もあったので、ぎりぎり間に合ってよかったです。
d0117481_23483074.jpg

袖口や裾のゴム編みの淵に、黄色い毛糸でアップリケ刺繍でかがってあるところなど、アイディアです。

もう一人は姉です。忙しかったとかで、なかなかはかどりませんでしたが、やっと1枚目の完成。
d0117481_23584359.jpg

首まわりをあまり開けたくないということで、ハイネックにしましたが、それでは頭が入りませんので、襟の片方を開けて、ボタンでひとつ留めるようにしました。
d0117481_23534276.jpg

グレイの細いモヘアだったので、手間もかかったようですが、渋い銀色に見えて、なかなかいい風合いにしあがりました。
こちらもぎりぎりセーフでしたね。


ふたりとも次はコットンの糸を準備していて、夏に向けて何ができるか楽しみです。

by yumiyane | 2009-05-03 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2009年 03月 09日

大泉学園編み物教室 Knit Class

昨年の10月から始めた編み物サロン。
この日曜日に、二人セーターが編みあがりました。実際編み始めたのは12月に入ってからだったから、3ヶ月かかったことになります。

Wさんは、姉の仕事仲間、音楽家です。もう何枚もセーターを編んでいらっしゃいますが、自己流だったから、と私の教室にいらしていただきました。
d0117481_2383513.jpg

作業がとてもきれいです。アーガイルの編み込みの色合いも彼女の選択です。
d0117481_2364791.jpg


たまたま私の持っていたボタンが、その編み込みの色とぴったりだったので、急遽変更しました。

きちんと製図したので、身体にぴったり編みあがりました。
謙遜していらしたけれど、とっても似合っていますよ。


もう一人は姪のMちゃん。
初めてのセーターへの挑戦でした。
選んだのがラベンダー色のグラデュエーションのモヘア。モヘアはほどくのが大変なので、間違えたりしたときは悪戦苦闘していましたが、よく頑張りました。
d0117481_23104547.jpg

デザインも彼女のオリジナルです。ポイントは裾とお袖の広がり。お袖はもう少し長くしたかったと。次回の製図でまた考えましょう。
d0117481_23105330.jpg

ウエストのしぼりが急すぎるかなとちょっと心配しましたが、スレンダーなシルエットが出来ました。
d0117481_23105647.jpg

若い人のデザインは、私もとても参考になります。
Mちゃんは、もう次の作品に取りかかりました。この季節にもう一枚編み上げましょうね。
一月に1回か2回なので、宿題をやらないとなかなかはかどりません。でも少しづつでも編んでいれば、やがて仕上がります。
編み物はそうした 時間 を編むことでもあるのですね。

by yumiyane | 2009-03-09 23:19 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)