タグ:編み物教室 ( 47 ) タグの人気記事


2017年 03月 16日

セーターとかカーディガンとかたくさん編めました

編むエネルギーはまだまだ続いています。
一本の糸だったものを針を使って編むことで形になっていく
編みながら過ごした時間が形になっていく
そんな魅力がありますね。

久しぶりに編んだアランのセーター
お友達のお店に飾るのを頼まれたので、バッグと帽子をおそろにしました。
d0117481_8525110.jpg

バッグはずっと前に編んだものだけどちょっと綺麗にしてあげて
d0117481_8545134.jpg

このアラン模様、どこかのサイトで見て、是非使いたいと思いました。
d0117481_8563254.jpg

帽子の形はベレー程ではないけど少し膨らんでいるトーク型を目指しました。
d0117481_919100.jpg

そんなモノトーンなところに、こんなカラフルなストールを巻いたらいいんじゃないかと編んでみました。
d0117481_9343410.jpg

ほんとはもっとカラフルなんだけど・・・リッチモアのバヤデールという糸だけど廃番になってしまって、一玉づつ色違いが残っていたのを繋げて編んでしまいました。NOROさんの糸みたいにかなりなグラデュエーション効果。
d0117481_933451.jpg



生徒さんもセーターを色々編まれましたよ。
課題のオフタートルのセーターをT橋さん、物凄く軽くて暖かい。糸選びが良かったですね。
d0117481_9375728.jpg

同じく課題のセーター、S野さん。アルパカ毛糸でこちらも軽くて手触り抜群です。
d0117481_939218.jpg

このセーター、もう何人も編まれたけどなかなかいいデザインだから、私もいつか編んでみたいわ。

山陰地方はこの冬、お天気のよくない日が多かったので編むことに専念できました。テレビを観ながらね。
編むときは圭くん以外の選手のテニス中継がいいかな。なにしろ圭くんのときはテレビに向かってフレーフレーしてるから、編むどころじゃないのです。
ではどういう番組が進むか?
少しB級の英語の映画。英語のレッスンしながらときどき字幕を見て、2時間近くひたすら編む。
はかどりますよ。
d0117481_9512684.png

今日のスマホの天気予報
晴れマークがこんなに続くなんて!
これじゃあおうちにじっとしているより、お洗濯をしたあとはどこかに出かけたくなってしまうわ。


つづきます

by yumiyane | 2017-03-16 09:48 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 02日

Tennis & Knit テニスとニットの関係~?

テニスとニットの関係~と言っても、一般的には統計化された関係はないでしょう。
しかしわたくし個人的にはいろいろあるものですから。。。。

例えば、
生徒さんの作品、オフタートルのセーターです。
d0117481_23172997.jpg
d0117481_23173928.jpg

ブルーがお好きなT田さんの棒針編み講師コースの課題作品。
綺麗なロイヤルブルーです。

ロイヤルブルー・・・といえば、英国王室の公式カラーと言われています。
18世紀のイギリス、キングジョージ三世の奥さんだったシャーロットさんのドレス製作のコンペティションがあったとき開発された色、らしいですね。

英国といえば、、、、今ウィンブルドンで全英オープンが開かれています。
イギリスも例外ではなく、今年は雨に見舞われて試合がどんどん遅延していって、2週間に渡る期間中、ミドルサンデーと呼ばれる日曜日は休息日となっていましたが、12年ぶりに試合が消化できないためプレイが行われています。
テニスを面白く観るには・・・ルール
ウィンブルドンというのは地名で、ロンドンの中心地から地下鉄で南西に30分くらいのところにあります。
プロテニスにグランドスラムという大きな大会が年に4回あることは以前書きました。今回はそのひとつ全英です。ゴルフにも全英オープンというのがあるので、テニスはウィンブルドンと言い換えるのでしょうね。
エントリーされた選手の他に、予選を3回勝ち抜いた選手を入れて男子128名女子128名シングルス、ダブルスは各64組それにミックスダブルス、車椅子テニス部門を合わせると、相当大きな大会だと想像できます。
ここはテニスの聖地と言われ、ルールが他のグランドスラムと違うところがあります。
まずウエアは白に統一されています。他の色のラインやマークが入ったりするのは今は認められています。
以前はタトゥーもダメで、ウエアから覗いたりする選手はサポーターを付けたりして隠していたようです。ちなみに今年は隠していません。
試合のルールも、男子も女子も最終セットにはタイブレークはなく、ゲーム数の差が二つ以上になるまで戦わねばなりません。丁度今、ツォンガとイズナーが2-2からの最終セットを19対17で終了、やっとこさでツォンガが勝ちました。ビッグサーバー同士が戦うとこういうことになるんですね。
圭くんは絶対こういうことは無いです。どんなビッグサーバーにもやがてリターンが合って来て、そうするとビッグサーバーはフットワークがよくないからすぐ決着がついてしまうのです。
しかし、昨日このビッグサーバーのうちの一人、サム・クェリーがジョコビッチを負かしました。この前のグランドスラム・全仏オープンで優勝して4つのグランドスラムを制覇したことで燃え尽きたのか!と言われました。ジョコ本人も気が抜けたようなコメントしてました。

ほら
いつの間にかニットがテニスの話になってきたでしょ。
テニスを面白く観る・・・ウエア
ロイヤルブルーといえば、、、ウエアが白で統一されているのは全英だけです。他のツアーは何でもいい
6月のドイツはハレで開かれたゲーリーウェバーオープン、圭くんも出場しましたが、芝のコートで脇腹を痛め、途中棄権したため、テニスの面白さを探して、フェデラーのウエアがロイヤルブルーなことを見つけました。
d0117481_016214.jpg

彼はナイキと契約しています。グランドスラムになると各メーカーがウエアを作って、契約している選手が着ていますが、フェデラーはいつもオリジナルです。きっと彼が色やデザインを選ぶのでしょうが、いつも色がいいんですよね。ピンクとか紫、明るいグリーンを使ったりします。
ちなみに圭くんはユニクロのオリジナルです。ジョコもユニクロですが、微妙に色とデザインが異なります。
d0117481_021682.jpg

誰が一番イケメンか~! という見方もあります。
好みは人それぞれだから、これは何とも言えませんが、たとえば最近メキメキと頭角を現してきた!というか19歳の若さで勝ち上がってきたドイツの選手
d0117481_0295028.jpg

アレクサンダー・ズべレフ君、ドイツハンブルグ出身です。
d0117481_0305796.jpg

彼のお兄さんもプロテニス選手ですが、弟の方がランクが上。お兄ちゃんとはダブルスで戦います。
ここで?  兄はミーシャ・ズべレフ、出身はソビエト連邦モスクワ。
彼らのお父さんがコーチなのですが、何らかの事情でドイツに移住なさったのでしょうね。
そういうことは他の選手にもあります。
カナダのミロシュ・ラオニッチはもともとモンテネグロの出身。オーストラリアのバーナード・トミックはドイツ出身だけどユーゴスラビア系。ダニエル太郎くんもアメリカと日本のミックスで、スペインに住んでいますが出身地は日本です。
こんな風に、世界中の選手が血とかナショナリティとかこだわらず、自分の好きなところに住んで好きなところに所属していったら、国別対抗とかやらなくていいのにな、と思う時があります。これこそ世界平和の基本。
話をイケメンに戻します。
テニスが強ければ素敵に見えるのか!と言われれば、そうとも言えるしそうとも言えない。
わたし的にはこの方いい感じです。
d0117481_04725100.jpg

ドイツのコールシュライバー、ウィンブルドンでは21シードだったのに一回戦で負けてしまいました。
圭くんにも弱いです。いつも淡々と試合して、怒鳴ったり吠えたり殆どしなくて、礼儀正しいのは西ドイツ出身だからかな。
イケメンなのに、髭が濃くて顔が良く分からない選手というのが結構います。この前書いたファビオもそうです。
そうそう、ファビオがついに結婚しました。髭 剃ってるね。
d0117481_0535555.jpg
写真はATPのホームページからお借りしました。お相手は去年の全米オープンの女王フラビア・ペンネッタです。
ファビオは今回2回戦で負けちゃいました。ぽっこりお腹をへこましてきてね。
ドレッドヘアでおなじみのドイツのダスティン・ブラウン。
d0117481_0583646.jpg

ドイツとジャマイカのミックスだけど、この髭を一度きれいに剃ってみてもらいたいな。
d0117481_104774.jpg



あー、またニットのこと書きますが、
今日はここまでとします。


by yumiyane | 2016-07-02 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 24日

梅雨の真っ最中~生徒さんのニット

6月は私の誕生月、何歳になったかはさておき、変わらず健康な誕生日が迎えられたことは幸せなことです。
d0117481_11533681.jpg

編物教室も引き続き楽しんでいただけるように頑張っていきたいと思います。
手作りお菓子も新しいクッキーが焼けました。
前から作りたい作りたい!と思っていたジャムサンドクッキー。イタリアに行くとお店にいろいろあって、いつも買って食べていましたが、作るまでには至っていなかった。
先日、米子であったターシャ展で買った本・ターシャ・テューダの手作りギフト・にそのジャムサンドクッキーの作り方があって、なんだそういうことか、そうだよな~と作りました。中に挟むジャムはコンフィチュール系ではない固めのものがいいです。
d0117481_11593371.jpg

黒い方はこのところはまっているボンヌママンのチェリージャム、ちょっと柔らかいので流れてくる部分がありました。黄色い方はシンガポール土産でいただいたKAYAというジャム、Egg&Coconut Spreadとありました。ねっとりしててこういうクッキーにはもってこいだと思って、頂いたときからこれをイメージしていたのです。

さて、写真を撮り忘れたものがたくさんありますが、またまた生徒さんの作品。
d0117481_135353.jpg

d0117481_1313977.jpg

d0117481_135493.jpg

それぞれ課題の提出作品です。みんな上手!素晴らしい!

松江でこの前提案した、ハンカチの縁編み。
d0117481_137171.jpg

d0117481_1372317.jpg

100均のタオルが千円のハンカチになりますよ~

私は~~
まだいろいろ編みかけ。そのときの気分によって編めるものがたくさんある!というのは幸せなことです。
読みかけの本があるのと似ています。

生徒さん第一号に、誕生月祝いで「奥出雲葡萄園」に連れて行ってもらいました。
d0117481_13245695.jpg

d0117481_1325865.jpg
d0117481_13251877.jpg
d0117481_13252667.jpg
d0117481_13253580.jpg

奥出雲葡萄園にはパン屋さんやカフェもあるし、おいしいお豆腐屋さんの「しろうさぎ」の工房もあります。
うちからだと車で30分もかかりません。佐田の「カウベル」に行くよりちょっとだけ近いかもしれない。
西南に佐田町、東南に雲南~奥出雲と行動範囲は広がります。奥出雲の横田にはすごく美味しいフレンチのお店もあるらしい。

なんもないよ! とよく友達が言いますが、いえいえいい所がたくさんありますよ。

by yumiyane | 2016-06-24 13:35 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2016年 05月 10日

テニスも編み物も楽しんで~

ATPツアー、マスターズ1000のイタリア国際が始まっています。
地元イタリアのフォニーニとフランスのガスケはテニスの天才だと思います。
フォニーニのことは前にも書いたことありますね。
去年の全米オープンの女子で優勝したフラビア・ペンネッタと婚約している、ということ。
ペンネッタは引退すると宣言しましたが、その後二人は幸せなんでしょうか? 幸せなんですね。
フォニーニのお腹を見たら分かります。テニス選手にあるまじきぽっこりお腹。どうしたファビオ、そのお腹は!?
練習してないのかい?
それでもこの前のマドリッドの試合では圭くんにフルセットで負けたけど随分苦しめましたね。
今日のローマの初戦はスペインのガルシア・ロペスとだったけど、やっぱりぽっこりお腹。走らされると付いてけない。だけどラリーは軽々と返していく。天才だなあって思いますね。客席には彼女ペンネッタが居て、ファビオは失敗するとああだこうだを手真似で彼女に話しています。
指に出来た豆がつぶれたようで、途中トレーナーに手当をしてもらっていたけど、第二セットがタイブレークにもつれ込んだときには指から出た血がシャツに付いていました。それをGAORAのアナウンサーに“自業自得”とか言われて、なんせミスをしたときにラケットを拳で叩いたり、ラケットを投げつけたりしたものだから、思わず笑っちゃいました。ファビオを見ていると、プロでも楽しんでテニスしてるなあって思います。ローマ大会だから、負けたら客席は大ブーイングでしたよ。
それに比べると、何か必死で練習して戦っている圭くんが可哀そうになってきましたね。スポンサーを背負うってつらいものがあるんだなあ。
ガスケは圭くんが6連敗してたけど、こないだのマドリッドでやっと勝てたテニスの天才。いつもコートにおまじないをして、せこせこ歩き回ります。この人を見ていると第二の心臓が足にある、というのも納得できます。ゲーム中のベンチでフィットするまでグリップにテープを巻き続ける人です。よくあのベンチタイムでするする巻けるものだと感心しますよ。
圭くんはガットの張り具合にすごく繊細だけど、ガスケはあのテープに敏感なんですね。
他にも天才はたくさんいるでしょうね。世界ランクはそこそこで、負けたり勝ったりして試合を楽しんでいるのが分かります。GAORAを観るようになって、いろんな選手の試合をみせてくれるのが嬉しいです。



テニスのことは今日はこれくらいにして。

デザインは同じだけど、糸と編む人によってそれぞれにフィットしていく手編みの魅力をここに。
d0117481_140412.jpg

↑のO場さんソフトなクリーム色で ↓のK村さん、すごく柔らかい編地になっているんですよ。
d0117481_1401741.jpg

↓のT田さん、ブルーのストライプが効いています。ラインの入れ方もそれぞれでしょ。
d0117481_1404358.jpg

Iさんは同じ糸でスカートも完成しました。
d0117481_1422118.jpg

きちんと製図してあるから、それぞれに唯一無二の一品になりましたね。
みなさんの作品が出来上がるのは、私にとってもとても嬉しいし勉強になります。

ほかにもありましたね。
O場さん
d0117481_1531350.jpg

Nさん
d0117481_156769.jpg



松江のT谷さん
d0117481_1534851.jpg

Y本さん
d0117481_25391.jpg

K井さん
d0117481_1544576.jpg

d0117481_1545969.jpg

Iさん、これ可愛いでしょ、ブローチね。
d0117481_157924.jpg

まだまだあるけど

つづきます

by yumiyane | 2016-05-10 01:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2016年 01月 08日

ごあいさつ

2016年になって 1週間過ぎてしまいましたが、

いつもご覧いただき有難うございます
今年もどうぞよろしくお付き合いお願いします。

出雲に帰って来てから三回目のお正月でした。
最初のお正月は、息子たちの家族がやってきて、大騒ぎのお正月になるはずが、まさかのインフルエンザ罹患。息子たちは友人宅に泊めてもらって残念な正月でした。
去年の正月は猛烈な吹雪でした。くうちゃんとふたりでおうちに籠って過ごしていました。2人のお友達がそれぞれお節を届けてくださって、有難いお正月でした。
今年は一人だなって覚悟していたけれど、全くひとりぼっちだったのは二日だけで、みんなのやさしさに感謝する正月でした。
d0117481_11525268.jpg


d0117481_1153320.jpg

2月に予定しているワークショップで、グラニースクエアを編むことになったので、例えばこんなものが作れますよ、との見本でバッグを作りました。
d0117481_11551596.jpg
d0117481_1155281.jpg

他にも子供用のベストとか編んでみようかな。

あいさつといえば

何年か前、友達がフランスのアルザスに住んでいたころ、二度訪ねたことがあります。
そこで近所を散歩していたときのこと、
オーボアー
オーボアー
って会う人ごと、窓から顔を出す人にも。
つきあいのない人とでも挨拶はするんだそうです。
東京で暮らしていた私にはとても不思議な気がしました。
ところが
ところがですよ、
出雲に帰って来て、あいさつについて驚いたことがありました。

帰って来て間もないころ、南神立橋から見る夕陽が美しくて写真を撮っていたとき、
自転車に乗った高校生がやってきました。その男子がすれ違う時に
こんにちは
と言ったのです。近くの商業高校から橋を渡って斐川の自宅に帰るところだったのでしょう。
そういうことは彼だけではありませんでした。
バスを待っている時の女子高生。
また、小学生が二人で歩道を歩いてきました、
こんにちは~
声を揃えて言います。
朝、散歩中の老夫人がすれ違うときに
おはようございます
自転車ですれ違うおばさんが
知り合いのように頭を下げてくださる。

年寄りはともかく、高校生が声をかけてくれたときは驚きました。自分はそんなことしただろうか?
都会の小学生は、知らない人から声をかけられても答えてはいけない、ような教育をされているはず。
d0117481_2329526.jpg

写真は↑ 私の母校の中学校から帰宅する生徒たち

会社で仕事をしていたとき、まず出社してくるスタッフたちにお早うの声をかけよう!運動をしたことがあります。
まずはあいさつから
田舎だろうが都会だろうが、人との繋がりは声をかけること。何の心配もなく挨拶できる社会であって欲しいです。



暮れのうちに載せたかった生徒さんの作品を
松江のM上さん、古いセーターをほどいて新しくベストを編まれました。暖かい~と大満足なさっています。
d0117481_232852100.jpg


T谷さんはかぎ針の入門コースのベストをあっという間に完成、ほんとはもっと綺麗な紫色です。
d0117481_22512615.jpg

最近松江の教室にいらっしゃるようになったI籐さん、子供さんへの帽子2点。オリジナルのタグを付けて、ニクイ
d0117481_22531587.jpg


平田のK谷さん、お孫さんへのベレー帽、初めての作品。
d0117481_22542994.jpg


出雲のkanちゃん、引き上げ編みのマフラー、娘さんとお孫さん用にお揃いで。とっても目が整っています。
d0117481_2256845.jpg

同じマフラーをお孫さんのために編んだみっちゃんの作品。東京のあっくんが早速着用の写真。
d0117481_2302410.jpg


こうして手作りの暖かさがみんなを包んでいく、いいなあ手編みって。

by yumiyane | 2016-01-08 12:14 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2015年 12月 19日

ニット にっと Knit !

まだまだイタリアの思い出はいろいろあって、時折思い出しているのですが、
12月も半ばになって、すっかり季節は冬に変わりましたね。
今年はなかなか冬にならないと思っていましたが、おととい出雲にも雪が降って、冬用のタイヤに替えていていて良かった!です。

8月の終わりに靴下を編みました・・・とブログに書きました。
d0117481_20262289.jpg

先日その番組が放送されたのですが、二つとも使われていました。良かった
d0117481_20254331.jpg
d0117481_20255180.jpg
d0117481_202625.jpg

履いてくださった役者さんも気に入ってもらってくださったんだそうです。

同じものを二つ作るのは苦手ですが、靴下を編むのは楽しいです。
生徒さんも靴下作りにいそしんでくださっています。S田さん、お孫さんにプレゼント用。
d0117481_2030203.jpg

S木さん、可愛い! 足細い
d0117481_20302870.jpg

私も片方作ってはストップ、あと少しなのに飽きちゃうのです。だからモチーフつなぎもなかなか進まないのですよ。あああ三つ以上同じものを作るのは拷問だわ~

だけど編んでますよ。5歳の男子用帽子
d0117481_20322194.jpg

たくさん糸を頂いたので、子供たちへのプレゼントを作りました。
d0117481_20324885.jpg
d0117481_2033396.jpg
d0117481_20331856.jpg

9歳の女の子用のジャンパースカートです。このあとポケットも付けました。
d0117481_20425592.jpg


ニット展のときに出品されていたストールを見て注文いただいたストールもさっさと編みました。
d0117481_20353363.jpg

d0117481_2036210.jpg

ほんとはアイロンをかけてこのぽつぽつを伸ばすのだけれど、このほうが楽しそうだから残しました。
d0117481_20365983.jpg

自分でもグリーン系で編んだのがとても重宝しているので、気に入ってもらえるはず。

今は何になるのかまだ決定していないけれど大体イメージは出来上がっているもの
d0117481_20393536.jpg



みなさんも、暖かい手作りのプレゼントに ニットの小物を作ってみませんか?!

ニットっだよ にっと

by yumiyane | 2015-12-19 20:45 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2015年 11月 02日

実りのニット ~ にっと&かふぇと仲間たち展 終わりました

ニット展はお天気にも恵まれて、たくさんのお客様に見て頂くことが出来ました。
場所は、自宅の近くにある「くるみ市」という食のセレクトショップ、その敷地内にある温室のようなスペース。
葡萄の枝が天井を埋めつくしています。

写真を見てもらおうかな
d0117481_0291310.jpg

初日、10時少し前にお客様が続々と見えて、あわてて写真を撮ったところです。
d0117481_0292417.jpg

作品はこの1年くらいのうちに制作したもの。
d0117481_0302275.jpg

色やデザインや、それぞれの個性が出ていて、とっても見ごたえのある作品たちです。
d0117481_0304412.jpg
d0117481_0305430.jpg

d0117481_031821.jpg
d0117481_0312975.jpg
d0117481_0314249.jpg
d0117481_0315878.jpg
d0117481_03215100.jpg

d0117481_034276.jpg
d0117481_034171.jpg

去年使ったモミの木、お友達が育ててくれて大きくなっていました。
d0117481_0343751.jpg

ワークショップをやっていたら、編みたくなってきていつの間にかお教室になっています。
生徒さんは20代から70代まで様々だし、クラスが違うと普段はなかなか会わない方々ですが、編むっていう共通項でみなさんすぐお友達になられました。
d0117481_0354367.jpg

お片づけに残ってくれた生徒さんと記念撮影
d0117481_0363792.jpg

コーヒーと紅茶、それに差し入れてくださったあれこれで、さっそく打ち上げ。

それにしてもこの方たち よく気が付くし、よく働くし。
みんなのおかげでとてもいいニット展になりました。
お疲れさま、そして心からありがとう。

by yumiyane | 2015-11-02 00:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(18)
2015年 10月 26日

今日もニット展のお知らせ

にっと&かふぇ と仲間たち展 @くるみ市
10月31日~11月1日の土・日・・・10時から17時
出雲市大津町1574-8 0853-27-9631

出雲での手あみ講座の生徒さんたちとのグループ展です。
講座で教えてさしあげて編まれた作品のほか、展示したいものがあったら持って来て下さい
と声掛けしたら、どんどん集まってきました。
私の部屋は、さながらニットファッションショーの楽屋みたいになっています。
その中から、売るために編んでいる小物・・・私の編んだものを少しだけ
d0117481_2349237.jpg
d0117481_23491143.jpg

5日後となりましたので、あとどれくらい編めるかな。

カフェもやりますよ。
生徒さんでパン教室の先生がいらして、お菓子を担当して頂きました。

乞う ご期待!

by yumiyane | 2015-10-26 23:52 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 25日

ニット展のお知らせ

イタリア紀行を さっさとアップしたいところなのですが、
今月末 10月31日と11月1日の土日に開くことになったニット展のお知らせを

d0117481_122366.jpg



ということで、只今追い込み真っ最中。

週末が過ぎるとちょっとほっとするので、
Firenze以降をアップします。
イタリア紀行をお待ちの皆さま、もう少し待っててくださいませ。

by yumiyane | 2015-10-25 01:24 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2015年 09月 20日

Autumn has come. 秋のニット

季節は変わりましたね。

世の中ガッカリすることばかり。ほんとがっかりですね。
私が東京からUターンしようと決めた心の中に、日本の政治の及ばないところで暮らしたい! というのがありました。それはもう国外に出るしかないのでしょうが、日本人で居る限り地球のどこの国に居ても、日本の政治とはどこかで関わっていくことになるんでしょうね。
実際田舎で毎日暮らしていると、新聞の二面三面の事柄は全くと言っていいほど関係ありません。
今日採れた野菜を買ってお惣菜を作って、お裾分けしたりもらったり。お天気がいいからどこか近くの山に登っておにぎりを食べたり。プラスチックや牛乳パックを回収してくれるスーパーに行って、夕方割引になる商品をラッキーと買って来たり。少し時間が出来たから帰りに友達の家に寄ってお茶を飲んだり。あそこの誰かがどうしたとか、たわいもない話を山のようにしたり。
そういう小さな幸せを幸せとも感じないで普通に暮らしていく。どうしてそういうことを続けて行くことが出来ないのかなあ。人が生きて行くうえで、環境ってとっても大切なんだとつくづく思います。先人たちはいろんな環境の中工夫して努力して暮らしを積み上げてきたのですね。争わない、争いたくない。ただ、昨日よりは今日、今日よりは明日いい自分でありたい。いい自分であるために自分の置かれる環境を良くしたい。それが向上心であると思いたい。

ニットで出来ること。
今日もこれをテーマに島根の田舎で楽しく編むことを伝えていますよ。


駅前の文化センターで手あみの講座を持たせて頂いてから1年半が経ちました。今年の一月からはもう一クラス曜日を変えて開いています。そのクラスの生徒さんの作品を、また1階のショーウィンドウに飾っています。
お近くを通られたらご覧になってくださいませ。
d0117481_10451120.jpg

d0117481_10452952.jpg

小物もたくさん作っていただきました。これはほんの一部です。
d0117481_1046269.jpg

基礎を終えたので、これからはいろんな作品にチャレンジしてもらいましょう。


松江の友人宅で月に一度編み物教室をやっています。毎回何か新しい編み方などにトライしてもらう傍ら、生徒さんのご相談に乗っています。
今日はいつも新しいことにチャレンジなさるT谷さんの作品。随分前にお教えしたEntreracという編み方。一度は難しくて、と諦められたようですが、いつのまにかこんな作品を2点も!
d0117481_10522296.jpg

こちらは、タートルネックのフレンチスリーブのベスト。糸が足りなくなったということですが、それなりにデザインなさって素敵です。
d0117481_10534784.jpg

本の通りに編むのではなくて、どこか自分流にアレンジしていく、その工夫する力・アイディアを教えてあげたいです・・・・これって私流ですが、そういう先生に教わる運・不運ですかね。

いつもきちんと創作して、着てくださるK井さん。かぎ針のチュニック風ベスト。
d0117481_10582926.jpg

こちらも糸の足りない分をデザインで補っていらっしゃいます。いいでしょ。


出雲の自宅でも時々教室しています。
先日黒いドレスを編まれたS野さん。今かぎ針の講師コースを取得中。提出作品のプルオーバーが完成しました。
d0117481_1143865.jpg

うーん、素敵。
毎日隣の松江まで車で1時間近くかけて通勤なさってるのに、よく編む時間を作っていらっしゃいます。向上心のかたまりみたいな方です。
一方お母様は、私の蔵書の中から「西村玲子のサマーセーターブック」という古い編み物本を見つけられました。
d0117481_1182370.jpg

その中から作られた白いコットンのセーター。
d0117481_1194388.jpg

あっという間に完成されました。袖付けも、口と写真で説明したにもかかわらず、きちんと出来ています。親子でスーパーウーマンだわ!
この本の中のはどれも作りたいわ! って。ほんと編み物ってセンスも大切。昭和60年発行ということは1985年の本ですが、ちっとも古くない。イラストの肩パッドとアフロヘア―は時代を思わせますが。。。


3か月くらい前からいらっしゃるようになったH木さんは、二つのバッグを。とっくにでしたが今頃掲載させていただきます。スミマセン。
d0117481_1123548.jpg

d0117481_11155862.jpg

デザイン・・オリジナルです。ステキですよね。


まだまだありますが、今日はこれくらいで。


d0117481_11273654.jpg

明日、旅に出ます。
ひっさしぶり~の旅です。
JunkoさんやTammyさんやKazukoさんに会ってきま~す。わーい。



来月まで
See you.

by yumiyane | 2015-09-20 11:31 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)