にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:新潟 ( 15 ) タグの人気記事


2014年 06月 23日

懐かしの山古志

日曜日の朝、何げなく合わせたチャンネル

おや、これはあの美しい風景ではないか? と思ったら やはり

5月の連休が終わったら咲き始める花を また見においで と言われていました。

この前伺ったのは桜の頃
いろんな体験をさせてもらって、田舎で暮らす ということを心のどこかで真面目に考えるきっかけとなりました。
体験1山菜を採る
体験2蕎麦打ち
体験3写真
体験4地震の爪痕
いつかまた と思いつ 遠く離れた出雲に来てしまいました。
d0117481_15592530.jpg

画面には、息子が東京女子医大に入院中に出来た友達 礼子さんとお父さんの姿がありました。

斜面に植えた花を見に、たくさんの人が来てくれて また山古志が元気になるように! 
斜面の上の木の根っこに座ってお弁当を食べた時、お父さんが嬉しそうに話されていたのはこういうことだったのですね。
d0117481_1611537.jpg

d0117481_16114540.jpg

この前伺ってからもう4年が経ったのですね。
お母さんのために植えられたジャーマンアイリスも綺麗に咲いていますね。
d0117481_1651730.jpg


そして、あのとき咲き始めていた菜の花も、斜面いっぱいに咲くんですよ、とおっしゃっていたとおり
d0117481_166427.jpg
d0117481_1662265.jpg
d0117481_1663585.jpg
d0117481_1665378.jpg


やはり 山古志 は美しい
d0117481_16263329.jpg

d0117481_1627294.jpg

都会のどんな美味しいレストランにも負けないフードがあって 風土?
ビルやタワーの造型では到底及ばない、自然の美しい造景 
d0117481_16402265.jpg

おいしい空気を吸うと気持ちが豊かになるんだな とつくづく思いました
錦鯉やアルパカを育てる人、みんないい笑顔でした

懐かしい山古志の番組が観れて 良かった!

by yumiyane | 2014-06-23 16:37 | friends | Trackback | Comments(4)
2011年 03月 05日

田舎の豪雪

1月31日の写真ですが、
島根県仁多郡奥出雲町亀嵩・父の実家、1973年以来の豪雪らしいです。
d0117481_2310268.jpg

↗屋根の下の紋が見えるでしょうか。
この蔵、、、
去年の夏、いとこの家族が名古屋からUターンしてきたのを訪ねましたが、
そのときの蔵の写真です。
d0117481_23121790.jpg

ということは、この畑辺り、
d0117481_23545756.jpg

みんなみんなこの雪の下
d0117481_23212750.jpg


冬に父の実家に行ったことは殆どなかったから、こんなに雪の多い土地だとは思わなかった、、、。
でも、今年はほんとに凄かったらしいのです。

今年は昭和38年豪雪以上と言われる位の豪雪でした。
 元旦から毎日、食前食後の雪かきで家族総出で頑張りました。
写メの雪景色は1/31に撮った物です。


近所はあちこち業者を頼んで屋根の雪おろしをされました。
 我が家は主人が大屋根に上がって頑張って雪おろしをしました。
人を頼むと10万位は掛かったそうです。
溝に10万捨てたようなものですから・・・本当に大変な大雪でした。
 写真に撮る雪景色は素晴らしいですが、生活者にとっての雪は厄介なものです。
我が家の庭はスキ-場となって息子が子供を前と後ろに乗せて滑って楽しみました。
子供も雪かきに一役頑張りました。
仕事をしてるのか雪かきをしてるのかわかりませんでした。
 その雪も春の匂いと共に徐々に解けてきました。
でも昨日からの雪で又一面真っ白です。今も外はしんしんと降っています。
でもすぐ其処まで春は来てるんですよね。
春を待ちたいと思います。

と、メールが送られてきました。

今年の雪は凄かったけど、いとこの家族が戻っていてほんとうに良かった!
だって、それまでは空き家になっていたから、こんな大雪が積もったままになっていたら、
きっと父の実家は潰れてしまって、もう私たちもお墓参りに帰っても、立ち寄るお家がなくなってしまったかもしれないのですから。
家を守ってくださって有難う、ほんとうにご苦労様でした。

また、お盆のころか法事のときに、チビちゃん家族と一緒に訪れたいと思います。


もうひとつ雪の写真が届きました。
新潟は魚沼に住む友人。
私と同い年なのに、大学で勉強中です。
その学校に通うのに車を使っているのですが、新潟の積雪は毎年のことではあるらしいのですが、
こうです、、、

週末を魚沼で過ごし上越の大学に戻ったら空いている駐車場は雪に埋もれていて、
d0117481_22573677.jpg

たまたま通りかかった同級生の男の子に手伝ってもらい掘り起こし作業をした時の写真を添付します。
週末を魚沼で過ごして帰ってくる度にそんなこともしていられないので、週末に私の駐車場(自分で勝手に決めたところ)を死守するバイトを雇いました。
学部の1年生で私のいない間はコーンで陣取ったところを死守して私が行く時間に合わせて雪かきをするという契約です。
d0117481_22584580.jpg

おかげで魚沼に帰っていても、安心していられました。

降ったらすぐ溶けてしまう東京の雪からは、考えられないことですね。
そのコーンも埋まってしまったら、雪の上の駐車するしかないのでしょうか。しかし、そこまでよく車でいけるなあ。

これほどの雪も、いまでは大分少なくなって、新潟にも春の訪れがやってきているようですよ。

お雛様の写真

by yumiyane | 2011-03-05 00:07 | family | Trackback | Comments(8)
2010年 05月 11日

体験学習(終) おもてなしのこころ

山古志に来てくれた人たちのために、お花を咲かせて見てもらいたい、というのが友人の夢です。

復興事業のひとつで、村道のあちこちに水仙が植わっていました。
d0117481_011787.jpg

これは、ほんの家の周りに植えられた花たちです。
d0117481_013614.jpg


このあたりのタンポポは、日本のものです。
d0117481_2335514.jpg


夏になったら、丘の上のこのあたりの友人の畑一帯には、数々の花が咲き乱れるそうです。
d0117481_0203028.jpg

カサブランカの球根はもう植えてありました。
菜の花は、右手の斜面に植えてありましたが、今年は少し遅いらしいです。
ダリアや、そのほかの花の種はこれから蒔くそうです。

去年の花の写真を見せてもらいました。
この花をどうするの?
見た人はみなそう質問すると思います。
ただ咲かせるだけよ、と。
咲いた花を見てもらいたいだけよ、
山古志に来た人が、
お花が咲いててよかった、と思ってほしいだけ、と言います。

d0117481_23525417.jpg

桜の花びらが散る、玄関の横で、バーベキューをご馳走になりました。

ご飯を食べたら、闘牛を見に行こうか、と言っていた私たちは、
そのあまりにも静かで平和で暖かいおもてなしを受けて、夕方の帰りの時間まで
そこに座りこんでしまったのです。
d0117481_23565568.jpg

私たちが、山古志に来て、何を見て、何を感じて欲しいか。
心のこもったおもてなしを受けて、
私たちはとっても幸せでした。

友人のプランはこうでした。

by yumiyane | 2010-05-11 01:03 | 旅(travel) | Trackback | Comments(14)
2010年 05月 09日

体験学習 in 山古志 その4 地震の爪あと

2004年10月23日 午後17時56分 新潟県中越地方をM6.8の地震が襲いました。

震源は川口町、山古志村から南西に山を越えたところ、山古志村は震度6強でした。

あれから5年半、みなさんの復興にかける願いは大変なものだったと思われます。
新幹線、道路、その他インフラ、
観光客として訪れれば、もうどこにもその影響はない、と言えます。
しかし、みなさんの記憶には、なお生々しいものが残っていました。


山古志に住む友人のお父さんは、地震の5年前まで村の村長をしていました。
在任中の仕事のひとつに水道を引く、ということがありました。
盆地になっていて、山に沿ってできている集落全戸に水道をひくことは、大変な仕事だったと想像できます。
この仕事を率先して取り組んでいた若者がいました。
村役場に就職して最初に取り組んだ仕事がこの水道整備でした。
やっとの思いで完成した直後、地震が襲い、殆どの水道管がずたずたに切り裂かれたのです。

2ヶ月後、新聞に載ったのは、
長岡市(旧山古志村)の32歳男性が、地震による疲労が原因と思われる交通事故で死亡

あのころ、毎日伝えられる地震のニュースでは、この事故のことは伝わって来ませんでした。
地震の直後から、村の復興を目指して頑張っていた若者は、孤立無援の状況に半ば絶望していたというのです。
先の法要で、母親から渡された、この若者が生前友達に送った数々のメールに、悲惨な現状に対する努力と絶望が同居した複雑な心境が綴られているのを見て、元村長は涙したそうです。


虫亀地区は比較的損傷が少なかったものの、交通が遮断され、情報が全く入ってこなくなったとき、村民はヘリで救出されました。
友人もそのヘリから村を、山を見て、その悲惨な状況に驚いたのだそうです。
以下の写真は、今月5日のもの。
d0117481_16595256.jpg

大きな家は、三階建てで、1階部分は埋もれています。

山崩れの激しい地域、削られた山肌は、断層が露わになっていて、このあたりの地盤がかつての地殻変動の影響を大きく受けていたことを物語っています。
d0117481_170457.jpg

土砂崩れによって堰きとめられた水が、池を作ったまま5年経ちました。
d0117481_1701710.jpg

建てたばかりの家は、土砂に埋もれて、まるで川の中に建てたように見えます。
d0117481_1702911.jpg

新しい道は土砂の流れを川にして橋を掛けました。

長岡市の駅付近にあった仮設住宅地は、すっかり元の空き地になって、山古志あたりの道路も回復しています。
復興をかかげ、山古志に帰ろう!を合言葉に、今は殆どの人々が村に戻っているそうです。

地震の爪あとは、まだまだ残っているけれど、人間の、“回復させる力”は素晴らしいことに驚嘆しました。


山崩れの少ない虫亀地区に立てられたお願いの看板

「山菜も復興中です」 

に、少し胸が痛くなりました。

山古志ホームページ


マリと子犬の物語

マリと子犬の物語

by yumiyane | 2010-05-09 17:26 | 旅(travel) | Trackback | Comments(6)
2010年 05月 08日

体験学習 in 山古志 その3 写真

山古志での体験学習 その3

写真を撮る

山古志の友人の家は、
長岡市 山古志 虫亀 というところにあります。
お隣に、
d0117481_0525482.jpg

カメラマンの方が一人で暮らしていて、二階がギャラリーになっています。
そこは少し高台にあって、南西を望むところに椅子が置いてあります。

まず、そこからの眺めは
d0117481_0505979.jpg



そこで、山古志の美しく、幻想的な写真の数々を眺めたあと、お話を伺いました。
シャッタースピードとか、しぼりとか、焦点距離だとか、
結局カメラって、単純な仕組みなんだよなー
って、四角くて、上から覗くカメラを取り出して、ミラーとフィルムの関係とか。

お話を聞いているときは分かったような気になっていましたが、そんなに簡単に覚えられるはずがありません。

お天気の良い日の次の日の朝、霧の出る朝の山古志 を撮るために、大勢のカメラマンがやってくるそうです。

朝、5時に起きて、日の出を待ちました。
半年ほど前から写真にはまった友人は、お隣に住む写真の先生に教わって、今では素晴らしい写真をたくさん撮っています。

いいポイントがあるの、と連れて行ってもらいました。
先生も居ました。

「何枚も撮るんだよ、そうすれば、中にはいいのが撮れるから」

「一番大事なのは構図だよ、構図が良ければ多少荒くてもいい」

d0117481_1112495.jpg

山古志の美しさは、その棚田にあります。
棚田は、稲を植えるためのものと、錦鯉を養殖するためのものがあります。
錦鯉を育てるために張った水に、杉の木が反射します。

山古志は米の産地でもあります。山古志のこしひかりは極上なのです。
その稲を干すのに、杉の木を使うので、棚田の端に等間隔に植わっているのが、また趣のある影を投影するのです。
d0117481_1155479.jpg


これから、新緑の季節がやってきて、棚田の稲も育つと、また違った風景が見られるのです。
d0117481_1183515.jpg



先生は、家族を町に置いて、一人で虫亀に住み始めたころ地震に会いました。
山古志の復興を心から喜んでいる一人でしょう。
d0117481_1251838.jpg


by yumiyane | 2010-05-08 01:25 | 旅(travel) | Trackback | Comments(12)
2010年 05月 07日

体験学習 in 山古志

その2は
「そば打ち」

蕎麦は、もちろん山菜を採った山の上の畑で収穫したもの。

新潟のおそばは へぎそば。つなぎにふのりを使います。
ふのりは海草。お湯で炊いて糊状になっています。
d0117481_075062.jpg
娘婿に、ふのりの分量を伝授。目分量でも毎回同じ柔らかさにするよう注文が出ました。

石臼の使い方を教わります。少しづつ蕎麦を穴の中に落とします。
d0117481_08134.jpg

一人づつやってみました。案外すぐに引けて、どんどん白い粉が落ちて行きます。

友人の息子は中学生になったばかり。東京生まれの東京育ちだから、見るもの聞くもの珍しいものばかり。
目からうろこの体験学習が続きます。
d0117481_08143.jpg

塊を三つに分けて、自分たちのお蕎麦をこねることになりました。
d0117481_082819.jpg

こねたあとは麺棒で伸ばします。これが難しい。ひびが入らないよう、均一に。
不細工なのもご愛嬌、と言っていいのでしょうか。
d0117481_021274.jpg

私が作ったのは右の手前の列、案外きれい。
別々に茹でていただいたので、自分の蒔いた種は?、食べる責任を全うすることができました。

っていうか、こんなおいしいお蕎麦を食べたことがない。
d0117481_026496.jpg

こんなにおいしいお蕎麦を食べたのは、はじめてでした。
といったほうが正しい。

まだまだ体験学習は続きます。

by yumiyane | 2010-05-07 00:28 | 旅(travel) | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 05日

体験学習 in 山古志村

山古志村 は今は村とは言わず、新潟県長岡市山古志 という住所表記に変わりました。


山古志 虫亀 にての体験学習 その1 
「山菜を採る」

ウドは、根こそぎ採らない!
d0117481_23123230.jpg

ウドは、こんな風に生えてきます。毛むくじゃらで、根元が赤っぽくなっています。
d0117481_23153397.jpg

根元の赤っぽくなったところまで土を掘り、そこをカットしてあげます。
根っこをのこしておいて、来年また生えて来てもらうためです。

わらびは、こんな風に、葉っぱが広がらないものを採る。
d0117481_2320648.jpg


山菜はたいがい、山の斜面に生えているので、 ↓ こういうことは覚悟の上で。
d0117481_23222194.jpg


上からの師の指示に従って、斜面を移動することもたびたび。
d0117481_23262235.jpg


時には木に登って、枝の先の芽を摘むこともある。
d0117481_2334517.jpg


野生のクレソンは、湧水のあたりに群生している。底なし沼の場合もあるので注意すること。
d0117481_2328987.jpg


斜面の登り降りは、普段使わない筋肉を使うので、結構きつい と感じるけれど、収穫の喜びはそれに勝る。
d0117481_23295425.jpg


手が汚れたときは、溜まっている水で洗うとよい。
d0117481_23304030.jpg



収穫の喜びはそれを食することにあります。
d0117481_23391779.jpg


ウド、蕗の頭、タラの芽、蕨、ぜんまい、こごみ、アブラなんとか、
ああもう忘れてしまいました。

もう一度体験学習しないと。

d0117481_23502559.jpg


by yumiyane | 2010-05-05 23:44 | 旅(travel) | Trackback | Comments(8)
2010年 03月 11日

野の花館

越後湯沢の駅から、車で10分くらいのところに、
外山康雄 野の花館 
という小さな美術館があります。

古い民家を移動して作ったという、美術館というより可愛らしいおうちです。
d0117481_0253435.jpg

ガラスに写ってる雪、すごいのが分かりますか。

入口で入館料300円を払うと、お花の絵入りのしをりをいただけます。
d0117481_0295931.jpg


外山康雄さんというかたが、水彩で描かれた繊細なタッチのお花や実の絵が飾られ、その前にはそのお花が置かれています。
d0117481_032636.jpg


作者の外山さんも販売コーナーにいらっしゃって、お話することもできました。
絵葉書を何枚か買いましたら、
「秋ばかりですが、よろしいですか?」 と聞かれました。
私の求めようとした絵葉書が、みんな秋がテーマのものだったようなのです。
「ええ、実が好きなんです」

表に出たら、福寿草が咲いていました。
d0117481_0381118.jpg


春の花も好きですよ。
こんな風に咲いてくれると、力がもらえる気がしてきます。

自然の力をいただいて、守られて、感謝して、楽しませていただきましょうか。

More

by yumiyane | 2010-03-11 00:48 | friends | Trackback | Comments(4)
2010年 03月 09日

好き じゃない季節

好きな季節はいつ?
と聞かれると、私はいつも 秋 と答える。
それも、木枯らしが吹き始めたころ、コートの襟を立てて、ううっさぶっ、というころがたまらない。

雪の国の、冬が長いところに暮らしている方がたにとっては、待ち遠しいのは春。
写真は、先日の山古志村
d0117481_13463746.jpg


木々が芽吹いて、花の蕾が膨らむころ、明日への期待も膨らむはず。
d0117481_1347934.jpg


かつての私にとって、春の入学、進級、卒業 というのは、一番落ち着かないころ。
新しいクラス、仲間、制服、そんなことが不安感を盛り上げる。

私は人見知りである。

といっても誰も信じない。

本人が言うんだから間違いないのよ。

といっても誰も信じようとしない。

人と知り合って、素直な駆け引きがあって、仲良くなる人とそうでもない人になっていって、
どちらにしても、もうStrangerでなくなる。 そのころが一番心地よい。

社会に出て、仕事をするようになっても、春はストレスが一番多い季節。

新入社員を迎えて、こちらも元気をもらって心機一転、となるはず。
ところが、右も左も分からない社会人一年生を迎えて社内も雑然とする。

人はこの季節に、何か新しいことに取りかかろうとする。
組織を変えたり、新しい何かを導入したり。
そうするとやっかいなことがいっぱい回ってきて、
そこに加えて決算期が重なる。

もういい加減にしてよ!
と叫びたくなる前に、一心集中して取りかかる。
意地だ!
結局、難なく事が終わって、
また、夏が来る。

最近、あるアメリカ人のニッターさんのサイトに打ちのめされていて、
また4月から半年ヴォーグに通うことにした。
男の先生で、生徒さんは30名も。
宿題が多くて、厳しいらしい。

学ぶことは楽しい。
半年なんてすぐ、終わるころはまた好きな季節を迎える。




by yumiyane | 2010-03-09 13:50 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(8)
2010年 02月 28日

冬のオリンピック Olympic

冬のオリンピックは、スキーが面白い。
もちろん、
フィギアスケートは会社で仕事を中断して見ていた。

でも、大回転とかすごいダイナミックで圧巻なのに
ここに殆ど日本人選手が見られないのが残念。

先日行った新潟でも、どこの町も町営のスキー場を持っていたらしいのに、次々と閉鎖している現状。
ユーミンも、苗場のスキー場が続くようにと、毎年コンサートを開いているらしい。
d0117481_23501184.jpg

写真は新幹線越後湯沢駅の目の前にあるスキー場。日曜のお昼前なのに、あまり滑っている人がいない。

オリンピックでメダルを取るとなれば、好きとか上手くらいじゃ話にならない。
フィギアで金メダルを取ったキム・ヨナも、3年前からカナダに移住して、この時に向けて準備していたわけだから、
競技が終わってのインタビューに、「特にプレッシャーは感じなかった、it is like a process」と流暢な英語で答えていたのはさもありなん。

自費で、スイスの金メダル選手にコーチを申し込んで合宿した、スノーボードの竹内ともか選手を応援していたけれど、競技中フェンスに激突して敗退、あんなに頑張ったのに、悔しさを思うとつらい。

ゆとり教育、というのはナンセンスだと思うが、何かに秀でた人をとことん応援する世の中があってもいいかと思う。
日本は気候も温暖で、四季もあって、水泳もスキーもオリンピックにある競技はそこそこ楽しめるから、メダルを取るくらいの必死さが、なかなか生まれてこないのではないだろうか。
だから、そんな中でもメダルを取る人たちは偉い!


この前アメリカに行ったとき、ボルチモアの空港の駅でNY行きの汽車を待っていると、大きなスーツケースを二つも抱えたアジアの多分韓国の若い女性が居た。
長い足とかっこいいお尻が分かるぴっちりしたスパッツをはいて、髪はひっつめお団子、後ろ姿はキム・ヨナかと思わせる。その女の子がアメリカ人の男性と女性とおばあさんと汽車を待っていた。乗ったのは彼女と誰か。おばあさんは見送りに来ていた。
多分ホームステイしながら、スポーツの特訓を受けていたのだろう。


冬のオリンピックは、道具が必要だからやっぱりお金持ちの国しか参加できない。
東京オリンピックの招致に47億円以上のお金が使われたようだが、選手を育てる土壌にもそれくらいのお金が使えたらなあ。
d0117481_075935.jpg

雪はこんなにあるのだから。

by yumiyane | 2010-02-28 00:11 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(4)