にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:夕景 ( 19 ) タグの人気記事


2017年 06月 15日

梅雨はどこへ

六月に入るとまず誕生日を迎えます、そしてそのうち梅雨入りのニュースとなります。
今年はどうでしょう。
このところ気持ちの良い晴天が続いていて、出雲に戻ってきて一番閉口したのが湿気!だったのに、そんなことを思い出させない風の爽やかさです。
この天気、あと1週間は楽しめそうです。
お天気がいいと訪れた場所の印象の良さは特別ですね。

連休後に出雲に来た姉とその友達もそうでした。
出雲大社、多伎、佐田、亀嵩、そして松江城から足立美術館

出雲大社・北島国造館の池の亀の甲羅干し
d0117481_17391047.jpg

ここにこんなに亀がいたとは! 北島さんは亀山を守ってると聞きましたからね。
d0117481_1741283.jpg


松江城は去年国宝になったので押さえておかねばと。ひとつばたご(なんじゃもんじゃ)の花が満開!
d0117481_17472695.jpg

d0117481_17481385.jpg

d0117481_18384359.jpg


足立美術館に着いたあたりで少し降られましたが
横山大観を中心とした近代から現代の日本画の名作約1500点を収蔵。5万坪の日本庭園は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」による庭園ランキングで、14年連続日本一に選ばれました
の庭園はまさに!
d0117481_17551044.jpg

d0117481_17555369.jpg

良かった良かった!
と言って帰っていってくれました。

出雲にいらしてくださって、お天気に恵まれず、ああやっぱりここは山陰だもんな~と帰られた方も多くいらっしゃることでしょう。

でも、美しいな~出雲、って暮らしている私はそう思います。
先日、せっかく封切ったのに、出演者の端役の一人のバカたれのため早々に打ち切りになった
「たたら侍」、出雲出身の錦織監督は、タイトルエンドに美しい出雲の風景を思う存分使ってくださいました。
ああ、この方は出雲が本当に好きなんだな!って思えましたよ。
たたらの製鉄、日本一の鋼の作り方もとても参考になったし、再編集(バカたれをはずして)されてまた上映されたら是非是非ご覧になってくださいね。
d0117481_1823843.jpg

ドラマチックな夕暮れを求めて土手に上がって
d0117481_183568.jpg

夕景は実はこんな風な雲があるときがいいのですよ。
東の空にも、天地創造かと思わせるような雲が浮かんでいます。
d0117481_185315.jpg

ミケランジェロのシスティナ礼拝堂の天井の絵が見えてきそうでしょ。
d0117481_1852198.jpg

めまいがしそうになるくらいの美しい夕景です。


そしてまた、木次の食の杜というところに新しく出来たという庭カフェに行った時も、美しい空がありました。
d0117481_1883616.jpg

奥出雲葡萄園のレストランの敷地つづきに出来たスペースは、心地よい風が通っていました。
d0117481_1895382.jpg

d0117481_18101228.jpg

d0117481_1831540.jpg

町中から車で少し山の中に入ったところ、に思いがけずセンスの良い空間とおいしい食事を楽しめるところが沢山あるのです。

宍道湖に流れる斐伊川の上流に加茂という町があります。
先日、木次の隣の日登というところにあるカフェに行った帰りに寄った「一花(いつか)」も素敵な空間でした。
d0117481_1820276.jpg

古い蔵を移築してそこに骨董品が展示されているのだけれど、店主のセンスの良さが伺えます。これ大事!
出雲大社の宝物館とは大違い。あそこは只の骨董品屋です。

出雲大社に戻って~千家さんの前にある日の丸。
d0117481_18322655.jpg

日本一の日の丸だそうです。
下から見上げると圧巻ですよ。

もう少しだけ爽やかな風を楽しんだら、きっと田んぼに大切な梅雨の季節になるでしょうね。

by yumiyane | 2017-06-15 18:34 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(6)
2016年 05月 19日

私の入院

私の鼻がトラブルを抱えている、という話はこないだ書きました
d0117481_22442685.jpg

冬から続いた鼻づまり、花粉の時期にさらにひどくなったので耳鼻科に行くと、ファイバースコープでいきなり両方の鼻に充満している鼻茸を見せられました。その先生の診断は、繰り返す鼻茸は好酸球性副鼻腔炎の疑いがあるので大きな病院で診てもらってくださいと紹介状を渡されました。
紹介された大きな病院の先生も、その疑いはある、ということで検査・検査・検査。その日支払った費用が¥19,520。医療費って高いなあ!としょげて帰りました。2週間後の検査結果を聞きに行ったのが4月11日。手術の必要性をもう一度先生に話してもらって、納得して手術のための検査をさらに。そして手術日を5月13日と決めました。
その日までに処方された薬を飲み続け点鼻薬を処方通りに行い、準備万端整えて入院したころ、私の鼻は“ほんとうに手術をする必要があるの?”と思われるくらい調子が良くなっていました。
手術の同意書を書く段になっても、ほんとに手術するのかなあ!?
d0117481_2244484.jpg

しかし、手術の日はやってきました。
手術室は3階にありますので、歩いて行きましょう と。手術室の扉が開くと、緑色のオペ服を着た方が何人も並んで おはようございます、お名前は?お客様は私だけではありません。朝九時の手術室はラッシュです。
一番奥の手術室に行くと、主治医の先生と担当の先生がすでにオペ服で準備中。手術台のベッドは狭くて私の身体がやっと乗る?くらい。服を脱がされて左手の甲に点滴が刺され麻酔薬が注入されていくのが分かり、酸素マスクで深呼吸したころから無意識の世界へ。
手術は3時間半で終わったらしい。個室に戻ったのが13時ごろ。そこから3時間の絶対安静。
麻酔が切れても鼻の痛みはそれほどでもありませんでしたが、腰が痛い。7時間くらい同じ格好していたからね。でも手術中はエコノミー症候群にならないように足はマッサージしてくれていたみたいです。

手術はうまくいって、鼻の中はとてもきれいになった、そうです。14日の朝7時に導尿も抜いてもらって歩きはじめました。食事も朝食から常人食。夕食からは食堂まで歩いて行って、美しい出雲の景色を眺めながら食べました。
d0117481_112810.jpg

山の中腹に見える産業廃棄物処理センターの右のところにある、くうちゃんを火葬したペットの丘を見ながら。
d0117481_236085.jpg

問題は手術後のガーゼの除去でした。
22年前の手術は、鼻中隔湾曲症を直す手術でもあったので、鼻の軟骨を少し切り取ったあと、粘膜で鼻の穴を固定するために何枚もガーゼを詰めました。そのガーゼを少しづつ取っていくのですが、その際の痛みは貧血ものでした。2003年に鼻の骨折手術の際も、折れた骨を持ち上げたあと、ガーゼで固定する必要があったため、その除去時も相当な痛みが。。。。。
今回のガーゼの除去は、手術から一日置いた15日の朝。
そういえば手術後から気がついていたけど、鼻から息がスース―と漏れてる。以前は全く詰まっていて鼻で息が出来なかったのに。。。。
ガーゼは両方の鼻に一つづつ、2枚しか入っていませんでした。だから痛みも期待?していたのの半分以下。
むしろ次の日の洗浄の時の方が痛かったかな。へばりついた血の塊などをバキュームするときです。

経過は順調でしたが、如何せん私の鼻の中は3時間半の大工仕事がなされたので、微熱が続きました。そのせいか、病院に流れるα派のせいか眠い眠い。

はたまた明け方そっと起きて観たテニス中継のせいか。

16日の早朝、私は自分の寝言で目が覚めました。怒っていたのです、あんな試合をさせちゃだめだよって。
二日続けて見た夢はテニスの夢でした。
ATPマスターズローマ大会開催中。圭くんは準決勝でジョコに負けました。その試合でのジョコの態度にすごく不満があって、それであんな夢を見たのか。
長く世界ランクNo.1を続けると、すべてのトーナメントは自分がコントロールしていると勘違いしてしまうものなのか。自分の不注意で痛めた左足首のためのメディカルタイムアウト。会場の八割以上がジョコファンなのに、さらに観衆を煽って、線審もボールボーイも主審さえも味方につけて、コーチングしても何のペナルティもない。そう思ってしまった私は、翌日のマレーとの決勝戦での彼の態度も鼻について。
夢にまでみてしまったのは、しかしこのせいか?
d0117481_0585477.jpg

ベッドぎわのカーテンの上部がネットに見えたり
d0117481_0593446.jpg

暇な時に編もう!と持ち込んだ編み物、バッグの下地の方眼編み
d0117481_102367.jpg

がネットに見えたりしたせいなのかもしれません。

16日は夕方近くまで雨が降っていたのが、さーーーっと雲が晴れて西向きの部屋に美しい夕景が広がりました。
d0117481_112592.jpg

d0117481_1132465.jpg

17日火曜日の朝、鼻洗浄とバキュームの処置のあと、今後の治療についての説明を受けて、私は5泊6日でめでたく退院となりました。
d0117481_175987.jpg



3年前にUターンすると決めた母親に息子が言いました。
“いい友達と いい病院が近くにあるのなら、あなたの好きなようにUターンすればいい”
d0117481_182418.jpg

退院の日に届いた友達からの思いやりの数々。

もう少し出雲で頑張ってみよう、と思いました。

by yumiyane | 2016-05-19 01:17 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(24)
2014年 05月 07日

吉賀町というところ 続編

友人が吉賀町に行こうかな~? と思ったのは、新聞に書かれていた旧道面家住宅を見てみたい!というものでした。
私はその新聞記事を読んでいなかったけれど、兎に角吉賀町に行けるんだったら
そこも見る 見たい!

かきのきむらの道の駅でお弁当を買って、清流で名高い高津川の見えるベンチでお昼を食べました。
d0117481_2210250.jpg

風が強くてお弁当が吹き飛ばされそうになったけど、お外で食べるのはやっぱり気持ちいい!

さてお腹も満たされたことだし
その住宅とやらに行って見ましょう。

重要文化財 旧道面家住宅

桁行き7.88m 梁間6・0m ・・・とありますが何のことでしょう?
入母屋造り・平入り・茅葺きの民家であり、島根県下の古い民家のうちで、石見地方の特色をもった典型的なものである。
道面家(どうめんけ)は初代が18世紀末から19世紀にかけての人であるが、建築はそれより古く、建築年代は明らかではないが様式手法から考えると18世紀後半を下らないものと推定される
と説明にありました。
d0117481_2220334.jpg

あいにく鍵がかかっていて、中を見ることはできませんでした。
昭和50年に最初の解体修理されたあと2度ほど修理を受け、当時の暮らしぶりを知る貴重な文化財となっているのです。
d0117481_2223378.jpg

茅葺屋根の住宅のお庭から見た山の風景は、新緑の頃もあって、どう表現したらいいか言葉でも写真でも伝えるのは難しいくらいの、美しい空気が広がっていました。
d0117481_2244239.jpg

d0117481_22445734.jpg
d0117481_22471378.jpg

お天気が良かったこともあって、道端に咲く野草も摘んで帰りたくなるくらい華麗に咲いていました。
d0117481_22474229.jpg


七日市というところまで戻って、信号のところにあった“風見鶏”というところで休憩。
道路の向かいにあった“仙人の手”という不思議な名前のお店の方に付近のことを伺いました。
d0117481_22572244.jpg

美しく藤が咲いていました。
いいところでした。
秋の紅葉の季節もたまらなくいいそうです。
匹見峡も紅葉がいいんですよ、ということで 見頃を迎えるころに電話をくださるそうです。親切!
私たちにとっても吉賀町は遠い島根ですが、ここの方たちにとっても、出雲は遠い島根でした。


帰りは匹見町というところを経由する山の道を通りました。もうすれ違うのも大変な山の道。
腰に鈴を付けて歩いている方に会って、ええ~っ!
次の日の新聞に匹見町に熊が出現して、山の方に入って行ったって!  
遭遇していたかもしれない?


浜田の和田珍味に寄ったほか江津でトイレ休憩。
多岐まで戻ったのが夕方6時半でした。何故か頭がラーメンになっていたので、キララ多伎道の駅でラーメン屋さんを探しました。
d0117481_2384781.jpg


雲のない空、海に沈む夕陽は珍しいです。
緑の光線が見えるかもしれないと、ひたすら眺めた夕陽
d0117481_2311291.jpg


大勢の人がカメラを構えてその瞬間を捉えていました
が、レイヨンベルヌ(緑の光線)は見れませんでした。
あ、補色の緑は残像にありましたけどね。。。


島根縦断横断日帰りの旅
楽しかった~

by yumiyane | 2014-05-07 23:17 | 町(town) | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 22日

出雲の雲

多岐の海へこのところよく行きます。
たいがい、須佐神社へお参りしたあと、ゆかり館でお風呂に入ったあととか、
すさのお館でそばを食べて、野菜を買ったあととかに、長い長いトンネルを抜けて多伎の海へ向かいます。

そうすると4時半とかになって、お茶を飲みながら時間を過ごすと、やがて夕焼けのクライマックスがやってきます。
2013年11月15日16時59分
d0117481_23305511.jpg

d0117481_23311189.jpg

西の空は
d0117481_023754.jpg

yukouyeさんと一緒です。
d0117481_042818.jpg

そして17時00分
d0117481_23345249.jpg

これからどんどん陽が落ちるのが早くなって、寂しい夕暮れが続きます。
でも、あとひと月もすれば、また少しづつ日が長くなっていくのだけれど、と
季節の移ろいが手に取るように分かる、そんな毎日を過ごしています。


2013年11月21日16時18分 同じく多岐の海です。
d0117481_23413415.jpg

八雲たつ出雲 です。
d0117481_2342896.jpg

shinn-lilyさんと一緒です。

11月21日16時40分
d0117481_23502095.jpg

息をのむような美しさでした。
d0117481_2351022.jpg


by yumiyane | 2013-11-22 23:51 | 出雲(home town) | Trackback
2013年 09月 01日

雨のあい間

長い雨が降っていました。
ベランダの、ラベンダーセージの花に雨が当たって、
d0117481_23461770.jpg

盛んに咲いていた花の枝が倒れそうです。
d0117481_23472286.jpg

d0117481_23501729.jpg

メドーセージも咲いています。


この8月は島根県にたくさんの雨が降ってみなさんにご心配をおかけしました。
幸い、出雲地方は被害が少なく、私の住んでいるところも大丈夫です。
今朝の気温は22度。東京はそのとき30度と出ていました。
最高気温は26度、東京は34度と大きな差がありました。
出雲は朝からしとしと、梅雨のように雨が降っていたのです。

ところが夕方、長い雨に洗われた空が突然晴れて陽が射しました。
d0117481_23574028.jpg
d0117481_23575128.jpg
d0117481_2358360.jpg
d0117481_2358374.jpg

明日も明後日も雨と天気予報は言っています。
そんな合間に、こんな空が見えるのは嬉しいことです。


WOWOWで、「雨のニューオーリンズ」を観ました。
以前にも観たことがありましたが、結末を思い出せなかったのでもう一度。
1965年、ロバート・レッドフォードとナタリー・ウッド主演、テネシー・ウィリアムズ原作をシドニー・ポラックが監督です。
d0117481_054167.jpg

はがゆい映画です。でも、ああいう時代がアメリカにはあったんでしょう。
結末はあっけない、主人公の女性がせっかく幸せを掴みそうになるのに、雨に打たれて肺炎で亡くなってしまう。
原題は「This property is condemned」---この財産は没収されています。
Property =不動産 とナタリー・ウッド扮する娘アルバ が掛け合わされています。
娘は母親に所有されていて、自分の好きな人と結婚することも出来ない。

邦題が 「雨のニューオーリンズ」、これは観る人にすごいヒントをくれています。
ニューオーリンズに雨が降るのです。強い雨です。
あの雨に打たれたんだな、と結末を納得させられます。 ご覧になってない方には申し訳ない。

主題歌 「Wish me a rainbow」 が効いてます。

私の好きな映画のひとつです。

by yumiyane | 2013-09-01 23:42 | 映画(cinema) | Trackback | Comments(4)
2013年 08月 15日

暑い夏 長いしっぽ  

終戦の日を迎え安倍さんが追悼式で、毎年首相が繰り返す「アジアへの反省・アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与え、深い反省と哀悼の意を表する」 ということに今年は触れなかった!とYahooニュースが伝えました。
もういい加減誤ったり反省したりするのは止めたら、という意見の人も多いと聞くから、例えば先の参議院選挙で自民党に入れた人たちの多くには受けるんだと思います。

8月15日辺りになると、いつも同じ言葉を繰り返したり、戦争もののテレビドラマやドキュメンタリーを季節ものとして放送するメディアもどうかと思います。
次の段階に行かないといけないというのも分からないでもない。
だけど
「不戦の誓い」 にも触れなかった・・・・
というのは、先の「核不拡散条約(NPT)再検討会議第2回準備委員会」の共同声明に日本政府が署名をしなかった!という姿勢に通ずるものがあって恐ろしい。

どんなことがあっても戦争はしてはなりません。
どんなことがあっても。
では、侵略してこられたらどうするのか、戦わず相手のいいなりなるのか、と大方の男子は言うでしょう。
侵略して来られないようにするのが外交でしょうが、今の政府にどんな外交手腕があるのか?

戦没者に対しては「あなた方の犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを、片時たりとも忘れません」と追悼

あなた方 というのは国民ですよね。ほんとうにみんな犠牲になりました。亡くなられた方、命はとりとめたけれど大変な時を過ごされた方。日本国民だけではなかった、かかわったすべての国の民ですね。
私たちは二度とこんな犠牲者にはなりたくありません。
戦争はやめましょう。
国防なんてしなくていいです。それよりもっと外交に力を入れて欲しい。
うちには銃があるから、言うこと聞かないとぶっぱなしますよ、って近所の人と話をしますか?

d0117481_18103489.jpg

夏の夕焼けです。


長いしっぽです。
d0117481_181128.jpg


何の関係もありません。
我が家の平和的構図です。

by yumiyane | 2013-08-15 18:12 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(10)
2012年 03月 26日

鷺沼の星

土曜日の夕方、姉から携帯が鳴って、
月が綺麗だから 空を見て! って。 
2012年3月24日18時39分
d0117481_23261870.jpg



日曜日の夕方も、晴れた空に、やっぱり月が。
ペーパームーンの上に木星と金星が輝いていました。2012年3月25日18時32分
d0117481_2327614.jpg


月曜日の今日、夕方 鷺沼の駅に降り立ちました。
木星と月の位置が逆転しましたね。 2012年3月26日18時52分
d0117481_23274836.jpg

今日は木星・月・金星が一列になるはずだったのですが、場所と時間に寄るのでしょうかちょっとずれましたね。
これらの惑星の作る天体ショーくらいだったら、東京の空でも楽しめます。



そんな空を見上げながら、鷺沼の駅を背にして南に歩いて、246を横切り、さらにまっすぐ歩きます。
三田橋という信号まで行くと、左手に伊藤レジデンスという建物があります。
1階に飲食店が何軒かあるうちの真ん中あたり、1月にオープンしたお店
かもし(醸)堂 があるのです。
以前の同僚が、転職して開いた発酵食品を食べさせてくれるお店です。

駅から10分近く歩くし、パン屋・寿司屋と並ぶのですが、いかんせん住宅街。
なかなか認知してもらえてないらしく、開店2カ月、ふんばりどきです。
昨日初めてランチに人が並んだ!と喜んでいました。
夜も今日から20時まで営業時間を延ばしたとのこと。
これから暖かくなって、日も伸びればお客さんも期待できる、と前向きです。
d0117481_051669.jpg

会社の仲間と二人で表参道から詣でました。

私は かもし堂Aセット・鮭 1,000円を
d0117481_023951.jpg
 
同僚はAセット・むつ をいただきました。
それに単品で豚肉の味噌麹漬を。
そうそう、ご飯は十穀米です。
そのほかお酒のあてにフグの卵を毒を抜いて発酵させたもの。
それに納豆を麹であえたもの。
私はお茶ですべてをいただきましたが、同僚が生ビールを2杯飲んで二人で5,800円でした。
いずれもおいしくて、お腹いっぱいになりましたが、身体にも良さそうで、いいものを食べたなっていう満足感を味わいました。
デザートは、発酵スィーツ3点盛り。麹漬けのフルーツがおいしかったですね。それから手前のアイスも。
d0117481_0264481.jpg

お店の中には小さなショップコーナーがあって、やはり醸す食品が置かれています。
d0117481_072268.jpg

私はお醤油と今話題の乾燥麹を買いました。
d0117481_081897.jpg
同僚は塩麹がすでに作られてそのまま使えるようになっているもの。
私の買った乾燥麹は、お水に戻して塩を入れ、毎日1回掻きまわし1週間くらいすると熟成するので、いろいろな料理に使えるそうです。またお味噌にしたり甘酒にしたりすることもできるみたい。

店主が麹に出会ったのは、発酵食品を研究している人に取材をして話をいろいろ聞くうちに、その奥深さに気が付いたということ。今から3年近く前のこと。それからこのかもし堂を開いたのが今年の1月。
いろんなことが最悪の時期だったと言っていましたが、そうならこれからは良くなるしかないね。

d0117481_0211335.jpg

鷺沼あたりにいらっしゃることがあったら、是非立ち寄ってみてくださいね。

by yumiyane | 2012-03-26 23:11 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(16)
2011年 02月 11日

わくわくする雲

2月の連休に入りましたね。
金曜日と日曜日に、遠くからいらっしゃるあの方、この方とお会いすることになっていて、
今からワクワクしています。

そんな中、不思議な現象、、、。
d0117481_0574075.jpg

住まいの5階の あるお宅のドア前から、富士山を望めますが、
先日のある日の夕暮れ、ドラマチックな気配があったので写真に納めました。

正面に富士山があるはずなのですが、光の加減で姿が不確かになっていますね。

もう一度
d0117481_0531618.jpg

やはり同じ、
どれが富士山の稜線なのか分かりませんが、正面のぼんやりした大きな影がそれのはず。
太陽の光が雲でさえぎられたため、光線がダブって、ふたつの稜線を作ったのでしょうか。

d0117481_174750.jpg

4分後の西の空は、さらにわくわくする色合いとなっていました。


金曜日午後4時銀座で待ち合わせから、わくわく。

by yumiyane | 2011-02-11 01:17 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(22)
2010年 09月 28日

ラッキーナンバー

ラッキーナンバー7(邦題)という映画がある。
d0117481_2332832.jpg


原題は、ラッキーナンバー・スレブン という。
ラッキーでもなんでもなくて、八百長競馬にひっかかった男の悲劇の話だ。
馬の名前がスレブン、
ただ、そのレースでの出走順が7番だったので、邦題がラッキーナンバーセブン、となったのか。

この映画、ブルース・ウィルスが出るあたりで、だいたいどういう映画か想像がつく。
しかし、2006年公開ということで、わりと最近の映画だ。
モーガン・フリーマン、ベン・キングスレイ 主役がジョシュ・ハートネット と結構豪華な顔ぶれ。
ダニー・アイエロもチョイ役で出ている。
しかし恋人役がルーシー・リューとは、まあ、この方の役どころが検死官というので、なるほど年季が入っているわけだ。
映画の話は、これからご覧になる方もいるかもしれないので、これくらいにしておく。

ラッキーナンバーの話。
西洋でラッキーナンバーが 7 と言われるのは、神が世界を作って、7日目に休息日としたからだろうか。

中国では 8 らしい。末広がり、科学記号で無限が立ちあがった数字。
北京オリンピックは開会式の日時を
2008年8月8日8時8分 としたんだって。あれからもう2年も経ったなんて。


風水でのよい番号は 1 6 8 らしい。どうしてそうなのかは知らない。

さて、
私のことだが、
ラッキーというより、守られてるあるいは囲まれてる、と思う数字がある。
それは



初めてこの番号のことを意識したのは高校1年のときだったか。
クラス別球技大会があって、バスケの守備位置がだった。
それからバレーボールをするときも何をするときもゼッケンに5をいつももらっていた。

もともと5人兄弟の末っ子、5番目として育った。
生年月日は 1950年6月5日。

現在で言えば、
会社の健康保険証の番号は、記号○○○ 番号
このため、会社のシステムにアクセスする番号がすべて5で始まる。
内線番号は608
6+8=14 1+4=5
ここまでいうとこじつけになるかもしれないが、こういう数字の出し方もある。

ほかにも知らないところで身の周りにあるかもしれない数字。

※あ、まだあった、今の住所
郵便番号の最後が -0015
番地の最後が -15
部屋の番号が #305

ちょっと不思議な気がしたので書いてみた。

d0117481_23422712.jpg

その映画のことだけど、
ときどき出てくるお部屋のインテリアが気になる。
主人公が出入りしているアパートメントの通路とお部屋の壁紙に特徴があるのだ。
最初のシーンの電話のある部屋の壁紙も。くどいんだけど、あんな部屋に毎日暮らすのはつらいだろうけど、キッチュ っていうのかな。
なんというのか、すごくアメリカンなインテリア。美術が1970年代って感じ。
監督ポール・マクギガンは、1963年生まれ、当時42-3歳という若さ。
主人公のジョシュ・ハートネットが、その演出タッチをすごくうまくこなしていると思う。

by yumiyane | 2010-09-28 23:42 | 映画(cinema) | Trackback | Comments(10)
2010年 09月 03日

omotesando 百景 うろこ雲

おそらく今日はたくさんの方が、このうろこ雲を見てほっと安堵されたのではないでしょうか。
d0117481_20252327.jpg

会社から246に出て、赤坂方面を見上げたところ。


何故かというと、うろこ雲、または鰯雲とよばれるこの雲の形は、夏の積乱雲に代わって、秋の空を作る雲と言われているから。低気圧が近づくと出来る雲なんだそうです。
今度は渋谷方面
d0117481_20325091.jpg

でも明日の天気も相変わらず晴れで、暑い日が続くようです。
くれぐれもみなさんお身体大切に。
かく言う私は今日少し具合が悪くて早退しました。
冷房にやられてしまって、風邪薬を飲んだら眠くて仕事にならなかった為です。
まあ、夏休みを2日しか取ってないから、と言い訳。


少し早目に家に帰って、そういえば先ほどの雲はどうしたかな?と上に上がって見ました。
以下は桜新町
d0117481_22282158.jpg

 ↑ 西日は燃え尽きるところでしたが、西に向かう建物のベランダを燃やしていました。
拡大してみます。 
d0117481_2235366.jpg
冗談です。でも燃えているみたいに赤く映っていました。

d0117481_22381866.jpg


ところで、

by yumiyane | 2010-09-03 21:15 | 町(town) | Comments(12)