にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 02月 03日

毛糸のパンツ編みました

東京に住む友達が腰痛に悩み、脊椎官なんとかいう診断がついて、冷えるのが良くないということで毛糸のパンツのリクエストがありました。
いくつかの希望を取り入れて、ズボンの製図をちゃんとして、こういうのが出来ました。
d0117481_20591738.jpg

このあと一目ゴム編み止めをして、ウエスト部分に細いゴムを縫い込みました。
彼女が8日にはNYへ向かうということで、それに間に合えばいいなと急ピッチで編みました。上手に暖めてくれるといいなあ。

NYと言えばアメリカ合衆国の新大統領は何をやっているのでしょうか。
1月31日にNHKBS1で放送された「“強欲時代”のスーパースタードナルド・トランプ1980s~1990s」を観ました。1991年アメリカThe Press and the Public Project制作
大統領選に勝利する以前からNYの不動産王であり、マスコミの寵児だったトランプ氏。アメリカ・メディアを賑わせていた1980年代から90年代にかけての彼の言動を検証し、番組完成当時はトランプ氏サイドからの圧力でお蔵入りになっていた番組が、四半世紀ぶりに復活。
裕福な不動産業者の子息であるトランプ氏は、マンハッタンのデベロッパーとして大成功。自信たっぷりの振る舞いと、暴言の数々はメディアを喜ばせ、一躍アメリカン・ドリームを体現するセレブとなった。番組では、不動産を買収する際の法律すれすれの手法や、ハッタリや恫喝(どうかつ)も辞さないビジネス・スタイルを紹介。

当時の彼は今よりもっと細くて可愛い顔をしていますが、やることは胡散臭いことばかり。古い建物を買収してNY一とかアメリカ一とか世界一の何かを作りたがりました。古い建物を取り壊すときには、安い労働力を得るため多くの移民を集めた業者に発注をしたり。ここのところは今の移民政策と正反対なこと。25年以上前に作られたこの番組ではケチョンケチョン。このあと、去年大統領選に立候補するまでの彼はどんなビジネスを展開して、顔や身体に付いた贅肉を蓄えたのでしょう!?
ESTA・・・・
2009年1月12日より、日本を含むビザ免除プログラム対象国の市民は、米国に観光や商用目的で90日以内の短期滞在をする場合、ESTAによりビザ免除プログラムの申請および認証が必要となっています。
この「ビザ免除の対象者」は、ビザ免除の一方で、ESTA(電子渡航認証システム)を通して申請を行い、電子渡航認証を得ることが義務付けられています。アメリカの安全基準を遵守するため、ESTAの申請は必須です。
とあって、例えばアメリカへ入国したい日本人は事前に申請して渡航三日前までに承認を得なければなりません。費用は$14、代行業者に頼むともっと取られます。有効期限は2年間。
これが出来た時、随分だなあと思ったものです。2001年の911以降、アメリカはどうやって入国者を管理していくかというのは大きな課題だったのでしょう。
今回の入国禁止の7か国
イラク・イラン・リビア・ソマリア・スーダン・イエメンの90日間、それにシリアの例外を除いた人の無期限
これは何を意味するんでしょうね。90日間とはおよそ3か月。3か月経つと自動延長になるんでしょうか。
トランプの部下たちはこのことをどう理解しているのでしょう。よく分かりませんね。
世界中の人の動きは、数百年前に比べたら圧倒的に多く、国境が無くなっています。飛行機にしろ船にしろ、世界中の人が物があっちに行ったりこっちに行ったり。もう“我が国”というナショナリティを特定できる国は、国交を閉ざしている(と思える)北朝鮮くらいなものかな。
アメリカは北朝鮮になりたいとでも思っているのでしょうか。いやトランプは、ですね。

毛糸のパンツが北朝鮮まで飛んでしまいました。

2月1日に放送されたBS世界のドキュメンタリー「すべての政府はウソをつく」前編、大手メディアが報道しないニュースを伝える独立系ジャーナリストの記事だったようですが、見逃してしまいました。あー後編も終わってしまった。トランプ大統領誕生の深層・・・とありましたから。再放送あるかな。

追記:3月2日と3日に再放送があるらしい

毛糸のパンツ:出来上がって送ったら
早速、ピッタリだったよ~!と写真が送られてきました。
d0117481_14344294.jpg

毛糸のパンツ
ありだわ!

# by yumiyane | 2017-02-03 22:49 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2017年 01月 15日

海辺の図書館へおいでよ~童話であそぶニット展 やっています

キララ多伎という道の駅をもう少し西に向かうと、右手に多伎町役場の信号、そのエリアの向かって一番右の建物が図書館です。

海の見える図書館、なんて素敵!
入口を入るとガラスの向こうにパノラミックな日本海が広がっています。
その図書館の入口展示スペースで「童話であそぶニット」展を開いています。
d0117481_16133493.jpg

1月7日に始めたそのニット展は、20日の午後5時まで開いています。明日16日は休館日なのですが、お近くの方や、通りかかる予定?の方は是非立ち寄ってみてください。
d0117481_16134935.jpg

10月3日から始めた「童話であそぶニット」は、平野勲記念館から始まって、某銀行の医大通り支店のロビーで展示したあと、この多伎の図書館にやってきました。
d0117481_16442928.jpg

20日まで多伎で過ごした後は
21日から佐田町の図書館に行く予定です。
d0117481_16444888.jpg

出雲は今日は雪、佐田町はもっと降っているでしょうね。

このごろの図書館はとても居心地が良くて、一日過ごしていたいなあ って思える場所です。
2月には次の行先も決まっていて、動物たちがひとりでおでかけしていくような気がします。
新作も増えて、一昨日はオオカミさんを展示してきました。
d0117481_1640095.jpg

写真ではこやぎが5匹しかいませんが、7匹作りましたよ~

※絵本を共に飾っているものは、著作権の二次利用許可申請してあります。


10月に大津町で観て頂いた方も、いくつか作品も増えておりますので
晴れた日に雪の日に
海辺の図書館におでかけしてみては如何ですか?

# by yumiyane | 2017-01-15 16:28 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2017年 01月 02日

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
d0117481_0494385.jpg

「童話であそぶニット」展のために編んだ子ブタくんたちです。

童話って、大人になって子供に読んで聞かせる時に結構残酷な話が多いことに気が付きます。
日本の昔話にしても、外国の童話にしてもつらくて残酷な話があります。小さい子にそんなきつい話をしてもいいのかな?とおもうこともありますが、古い世の中ではつらいことや厳しいことがすごく多くて、こどもにも心してかかれよ!的なものがあったのでしょうか。
この子ブタくんたちの話も、古いイギリスの民話ということです。
貧しい家の3匹の子ブタくん、お母さんに独立しなさいと家を出されて、歩いていて最初に藁をかついだ人に出会った子は藁の家を作って、やってきたオオカミに家を吹き飛ばされて食べられてしまいます。二番目の子ブタは小枝を背負った人に譲ってもらってやはり家をオオカミに吹き飛ばされて食べられる。三番目の子ブタが出会ったのが煉瓦を持った人だったので、オオカミに食べられず、逆に煙突から落ちてきたオオカミを煮て食べてしまうのです。
日本というか、NHKでやっていた三匹の子ブタはブーフーウーでした。ここでは1匹もオオカミに食べられずウーくんの作った煉瓦の家に逃げ込んで助かります。
ほんわかした話を聞かせた方がいいのか、つらい話を聞かせて世の中厳しいんだぞって思わせたがいいのか、難しーい!



今年も届きました、お一人様お節。有難いです。
d0117481_0223611.jpg

このブログは今年もぼちぼちやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。

# by yumiyane | 2017-01-02 00:58 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(10)
2016年 12月 28日

今年始めたこと

いつの間にかクリスマスも終わってしまって、
今年もあと4日。
年初から先月末までずっと心を悩ませて来た東京の不動産の問題も片付いて、忙しいけれど穏やかな暮れが迎えられそうです。

今年始めたことがひとつありました。
松江に住む幼馴染の友達が関わっている、てまり工房の手仕事です。
d0117481_11314859.jpg

これは入門編以前のお試し版だそうです。
d0117481_1132292.jpg

フランスの刺繍糸を使って刺していきます。色が斬新ね!と言っていただきました。

かんべの里のてまり工房では、体験制作することが出来ます。詳しくはこちら×

私は今ほんとの入門編のひとつが終わって二つ目にとりかかっているところ。緻密な作業が必要で、なかなかうまくいきません。お見せできるものが出来たら、またアップしますね。


今年は、平野勲記念館での「童話であそぶニット」を2か月することが春に決まったので、動物づくりにまい進していました。
d0117481_11375934.jpg

二人の仲間を巻き込んでやったその催しが人気で、今は某銀行のロビーに、年が明けたら出雲市内の三つの図書館を移動展示することになっています。

# by yumiyane | 2016-12-28 11:41 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)