2016年 12月 15日

久しぶりに映画の話です

ブログのアップがままならず、ひと月に最低でも三回くらいは更新したい!と思っていますが、
時すでに12月半ばですよ~

いい旅をしたな~! と思う旅があります。
そんなひとつにフランスはノルマンディへの旅。
ノルマンディ上陸作戦の跡地を訪ねたときです。

私は戦争映画は好きではありませんが、先日WOWOWで「プライベイト ライアン」を観ました。
トム・ハンクスとマット・デイモン出演、またスピルバーグ監督がアカデミー監督賞を取った映画、でなかったら観なかったでしょう。
・・・・・・上にリンクさせた記事のコメント欄にmai-obachanがこの映画について触れています・・・・・

映画の最初の30分は目を覆います。本当の戦闘はこんなだったのか!!
連合軍の上陸をはばむドイツ軍の猛攻撃で、上陸開始の合図とともに夥しい若者の命が海のもくずと消えてゆき、海岸に寄せる波は赤く染まります。

若かったころ、「世紀の記録」というNHKのドキュメンタリーがありました。そこで初めて“ノルマンディ上陸作戦”という史実を知ったのです。連合軍とヒトラー率いるドイツ軍との攻防は、フランスにおいて山場を迎えます。レジスタンスと連合軍が手を組んでフランスからドイツ軍を追い出すのです。

ノルマンディを旅したときに、ル・アーブルという町に行きました。
その辺りの海岸沿いの町に比べると、近代的な街並みが多いその町は、実は第二次大戦で壊滅的な被害を受けたところ。再建された町並みは、2005年にユネスコの世界文化遺産となりました。
ノルマンディ上陸作戦のあと、ドイツ軍が占領していたその港を奪還するためのアストニア作戦によって破壊された町を人間の愚かさの象徴として登録されたのでしょう。

愚かさの象徴は、アロマンシェの海岸にもありました。連合軍の兵士を乗せた艦隊の残骸が当時そのままに置かれているのです。波間に朽ち果てるまでそのままに。

「世紀の記録」で観た当時の印象は、連合軍が優勢でドイツ軍をやっつけたんだ!というものでした。
実際ノルマンディに行って跡地を見たときには、そうだったかもしれないけれど何故に多くの若者は死ななければならなかったのか!? 
ところが、映画のシーンはあまりにも残酷なものでした。実際の死者数を数えたら、あのようなシーンになるのでしょうか。船のタラップが降りた途端ドイツ軍の弾にやられ、ノルマンディの海岸に足を踏み入れる前に多くの命が亡くなりました。
連合軍だけではなかったでしょう、ドイツ軍も同じこと。命がとても軽いシーンでした。映画だけなら良かったのに。
d0117481_0433932.jpg

映画の邦題はプライベイト・ライアン。原題はSaving Private Ryan (ライアン兵の救出)。
実話に基づいていて、四人兄弟のうち、三人の兄の戦死の報を受け取った母親を気遣って、アメリカ軍の参謀総長が一番下の弟を生還させよ!という命令を下し、その任務を遂行する8人の兵士の死闘の物語です。

映画の冒頭と最後のシーンは、生還したライアンが50年くらい経って家族を連れてノルマンディのオマハビーチの墓地を訪れ、夥しい十字架の中から自分の救出作戦のリーダーだったジョン・ミラー大尉の墓を見つけるところ。家族は増え、孫もたくさん居ます。生きていれば命は繋がる・・・


私が2008年の11月にノルマンディへ行こう!と決めたのは、カーンから南へ25kmくらいのところにある「林檎の礼拝堂」に行く計画を立てていて、折角なら少し足を延ばしてみようとしたものです。
普通の観光では行かないかもしれないその場所に行って見たいと思ったのは、中学生のころに見た「世紀の記録」や、「史上最大の作戦」の現場を見ることだけではなく、2008年の記事にも書いたように、戦争の悲惨さを体験した人から聞く機会が段々無くなっていく・・・という不安から、自分の目で確かめてみたいという思いでした。
人間はいろんなことを学習もするけれど、忘れて行くことも得意です。いやなことは忘れてもいいけれど、一番大切なのは命。このことだけは絶対に忘れてはいけないのです。
どんな命にも誕生の歓びがあったはず。そのことは忘れてはいけないのですね。




11日の日曜日に、出雲市佐田町の図書館館長さんからお知らせをいただいて、北海道の旭山動物園の前園長さんが講演なさるのを聞きに行きました。
テーマは、生きる意味って何だろう?・・・・動物から教えてもらった命の大切さ・・・・
小菅前園長は、動物の生態を面白く説明なさりながら命を繋ぐことの意味を話してくださいました。
身近な人の命は失うと悲しい、自分との距離でその悲しみの深さが変わると小菅先生はおっしゃいました。
そして、自分という個体が繋がってくるまでに、地球上のいろんな命を犠牲にしてきている、それだけ繋がってきた命はどれだけ大切なものか。

丁度この映画を観た後だったので、動物たちは命を繋ぐのに必死だけれど、人間はどうだろう。武器を持って異人種異教徒と戦って、自然淘汰しようとでも言うのでしょうか。

# by yumiyane | 2016-12-15 08:42 | 映画(cinema) | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 30日

東京へ行きました

東京へ行ったのは今年の2月以来でした。
久しぶりに窓際の席に座ったので、富士山を見ることが出来ました。
d0117481_23294971.jpg

到着した22日は20℃あったのに、
24日は2℃、おまけに雪が降りました。
こういう時の旅は何を持って行ったらいいか困りますね。息子の家があればこそです。

東京ではやることが沢山あって、あちこち行くところもありましたが、お友達とあまり約束をしなかったので家族とゆっくり出来る時間もありました。
悲しいことに、到着した空港でチャージしたPasmoを初日の小田急を降りたあたりで落としてしまったこと。
京急、JR、地下鉄、小田急、京王、東急 を利用した今回の移動でICカード無しはつらいものがありますよね。
そうそう、帰る日にはゆりかもめに乗って有明にも行ったもの。
路線検索を間違えたため、目的地にはすごく時間がかかったものの、お台場あたりを回って有明に向かう風景はここでしか見れないガラス細工のような未来都市が広がっていました。
お天気も良く、水面に移る大都市はアルミで出来たジオラマのようで、ゴジラがやってきてグシャって踏むとシャラシャラと音を立てて崩れそうな美しいガラス細工に見えました。


有明に行ったのは、帰る日の最終便の飛行機に間に合う!! と分かって取ったチケットで生圭くんを観るためでした。
日清食品ドリームテニス有明・・・東日本大震災の後、圭くんチームがチャリティで毎年行っているイベントです。
d0117481_23572731.jpg

生圭くんの感想は、
細い! 色が白い! 華奢!
あんな細さで世界と戦っているとは・・・頑張れ~!って応援したくなりましたね。すでにしていますが。
d0117481_23592691.jpg

試合の合間には、チャンコーチの3人のお子さんをあやしている姿も見ることが出来ました。上のお姉ちゃんは圭くんが大好きで、もう纏わりついていましたよ。
d0117481_053096.jpg

生で観るということは、テレビカメラのフレーム以外のことがたくさん見えるということですね。
12時きっかりに始まって、男子シングルス二つと女子シングルス、ミックスダブルス、男子ダブルスが終わるころは16時を過ぎました。
d0117481_091114.jpg

チャリティの寄付金を東北の高校のテニス部のどなたかに渡して、圭くんがご挨拶を終えたあたりに、私は一人抜け出して羽田に向かうことになりました。
そのあとサインボールが客席に投げ入れられたり、サインをしまくってくれたりしたらしいけど、そこまで居たらあとが大変なことになっていたでしょう。

羽田に着いてスマホをチャージしている間に、崎陽軒のシューマイ弁当をゲット。これが買えたら東京への旅はパーフェクトで終わります。

大忙しの東京でしたが、24日にはかつての同僚にご馳走になりました。私が居るころに別の会社を立ち上げて社長になっていたのです。
d0117481_0165353.jpg

遠慮しないでどんどん頂きましたよ、だって社長なんだもの。写真にないけどオマール海老食べました。
d0117481_0171871.jpg

場所は千駄ヶ谷の通りを入ったどこか、お店の名前も分かりません。
去年行った懐かしいイタリアはカッラーラの海辺のリストランテを思い出させてくれる、雰囲気のある美味しいイタリアンでした。

東京にあって出雲にないものは本物のイタリアンかな。
でも出雲にあって東京にないものはたくさんあるよ。

# by yumiyane | 2016-11-30 23:22 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(8)
2016年 11月 20日

月日の経つのが早くて・・・・

11月に入ってもニット展は続いていて、土曜、日曜、月曜の空いている時間には平野勲記念館に行ってお店番をしています。

その間にも生徒さんの作品は続々出来ていて、今日はこもの編です。

まずはこの方のバッグをご覧ください。
d0117481_2234179.jpg

こつこつとビーズを編み込んで繋げて編まれました。
中も凝っています。
d0117481_22432745.jpg

可愛らしくて繊細なタッチがお好きです。レース編みを好んでいらして、私は殆ど教えてあげることがないのですが、何かヒントを貰えます、と通って来てくださいます。
もう彼女の雰囲気にぴったりで、自分に似合うものをよく分かっていらっしゃる、さすがです。
d0117481_2244436.jpg

糸はオリンパスのエミーグランデの白です。


ニットのバッグは暖かい。何がって心が温まる。
Nちゃんが、そのハニカムの編地に惚れて編みました。
d0117481_2247585.jpg


課題のバッグをそれぞれに。
ちょっと持ち手を工夫したS野さんのバッグ。
d0117481_22485352.jpg


課題の編み図より少し大きめに編んでみたとI田さん。
d0117481_22494930.jpg

裏もきちんと付けてあって、たくさん入りそう。

コットンの糸でさわやかなバッグになったK原さん。
d0117481_22511114.jpg

玉編みがいい感じ。

えーと、格子に編んだところに長編みを迷路のように編みつけて行くバッグ。松江のY本さん。
色が素敵~
d0117481_22535823.jpg

バッグもいろいろ出来るでしょ?!

M美さんは小物づくりの名人。ネットで見たティーポットを是非編んでみたいと、編み図の無いところから想像して編む。偉い!
d0117481_22555032.jpg

か わ い い !!

K林さんのちょっと肩が冷えるときに便利な襟巻にもなるショルダーウォーマー・・・そういう名称があるかな
d0117481_2258181.jpg

モヘアで暖ったかそう

今年もクリスマスシーズンに入りました。IGOさんのツリー2つ。
d0117481_2304260.jpg

全く編み物の経験の無かった方ですが1年半経って、いろいろ挑戦なさっています、良かったわ。

私はといえば、まだまだ動物づくりにはまっています。
d0117481_239572.jpg

d0117481_23144626.jpg

そして今は豚さんを3ッつ編んだところ。この写真は次の機会に。


ニットって面白いですよね!

# by yumiyane | 2016-11-20 23:15 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2016年 10月 30日

ニットの季節がやってきた

これから暑くなる季節なのか、寒くなる季節なのか 分からなくなる真ん中の季節
いやいや 暗くなった庭のあちこちから聞こえる虫の音が 今が秋で これから寒くなる季節なんだと教えてくれる
そんな頃
ニットの季節がやってきます


しばらくアップしていなかったため、生徒さんのニット作品がたくさん出来てきました
今日もまた一部になってしまうけど、、、
ウエア編です

棒針の指導員コースにはいられたO川さん、難しい編地に挑戦するのがお好きです。
d0117481_20323640.jpg

かぎ針の指導員コースのK村さんのフレンチスリーブのセーター。編み目がとても綺麗です。
d0117481_20183243.jpg

もうおひと方指導員コースがいらっしゃるのですが、「童話で遊ぶニット展」に協力して頂いているので、別途アップしますね。

そうそう、かぎ針指導員のK村さん、北海道の士別市で行われた今年の世界の羊賞を受賞されました。
佐田町の「メリーさんの羊」で紡がれた毛糸で編まれた作品が評価されたのです。作品の写真が無くて残念
d0117481_20403230.jpg

おめでとうございます。どんどん挑戦していって欲しいなあ!


どんどん行きますよ~
S野さん、セーターとスカートのツーピース。紡風の糸がとてもいい風合いを出していますね。モデルさんみたい
d0117481_06195.jpg


K林さんのベスト。今風にスリットを入れてしかも後ろ身頃をたっぷり長くしたところがかっこいいです。編み目綺麗
d0117481_2027652.jpg


K村さんのかぎ針で編むマーガレット。小さなモチーフを100枚以上繋げて。小さなお子さんがいらっしゃるのに根気よく完成、素敵です。
d0117481_20305363.jpg


同級生のNちゃん、麻糸で編んだチュニック。この長さはとても重宝、季節の変わり目にとてもいいです。
d0117481_20423043.jpg


かぎ針講師コースのセーターを完成されたS田尾さん。
d0117481_20474422.jpg

他にY田さんもいらしたのだけれど写真が撮れていない!

いつもとても綺麗な編み目のT橋さんの課題のベスト。使えるアイテムですね。
d0117481_0123394.jpg


同じ課題のベストをS野さんはコットンで編んでネックをタートルにしました。今日着ていらしたけど首回りがとてもいい感じでした。
d0117481_20544849.jpg


松江のT谷さん、NOROのクレヨンで編んだセーター。すごくいい感じですよ。
d0117481_20564159.jpg

同じく松江のK井さんのチュニック。この方のチュニックは好評で、腰がすっぽり隠れるので暖かいし重宝。
d0117481_20582677.jpg

松江のY本さん、ネックから編むセーターに挑戦。糸はコットンで半袖。私と同じでメリヤス編みじゃ物足りなくて透かし編みが、とても素敵なサマーセーターになりましたね。
d0117481_218351.jpg


大急ぎでウエア編をお届けしました。
次回は小物編かな。

# by yumiyane | 2016-10-30 21:08 | にっと(knit) | Trackback | Comments(0)