にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 15日

連休にあったこと~大阪・京都

すでにゴールデンウィークから1週間経ちました。
もう随分前のことのような気がしますが、備忘録的に書きとめておかないと。。。

4日から7日まで京都に行きました。
出雲から京都に行く方法は、バスまたはJRで岡山経由新幹線、または山陰本線でおちらと行く。
ここで新しい情報が、新大阪までならJRの往復割引がある!・・・京都はないのね。
そこで、アベノハルカス美術館である展覧会に行きたかったから、新大阪往復で行って、京都は別途電車で行く、ことにしました。
アベノハルカス美術館で開催されていたのはこの展覧会↓。
d0117481_16291725.jpg

私は、マチスについて勉強したことがあって、彼の展覧会なら観ない訳には行きません。
久しぶりに観るマチスの絵たち。
彼の晩年の絵は、切り紙とかタイルに描いた絵とか、物凄く簡略かされていて、彼の画業を知らない方々にしてみれば、何じゃ?この絵は? と思われるだろうなって、隣で見ている居る人たちに説明したくなりました。
マチスの遺作となるヴァンスにあるロザリオの礼拝堂のビデオもあって、私ここに行ったことあります!と声に出して言いたくなりました。

南仏の窓を開けて見る明るい海辺の風景・・・・の絵は少ししかなくて残念でしたが、ルオーについてはあまり知らなかったので、マチスとずっと仲良しだったことが手紙の交換で分かり、それは良かったかな。
今みたいにインターネットも携帯も無い頃、二人の画家が協力し合ってお互いを切磋琢磨して行ったっていい話だなと思いました。


カテゴリー・美術館へ行こう ついでに

この3月27日から31日まで上京した際に行った展覧会について書いておきます。

それは ミュシャ展・・・スラブ叙事詩

アルフォンス・ミュシャはパリで活躍した画家ですが、生まれはチェコのモラビア地方。
彼を有名にしたのは、サラ・ベルナールという当時パリで活躍していた女優のポスター。結構たくさんの作品を残しているので誰も一度は目にしているはず。
彼の展覧会は以前島根県立美術館で開かれていたときに、偶然帰省していて見たことがありました。

もう引退したプロテニスのイヴァン・レンドルは同じくチェコの出身で、同郷のミュシャの作品を蒐集したことは聞いていました。チェコという国の歴史を憂いていたのは二人とも同じなのでしょうね。

そのミュシャが晩年に描き上げた「スラブ叙事詩」という絵が、ナチスの陰謀でお蔵入りにされ、ミュシャの遺言でプラハ市に寄贈されたけど日の目を見ることなしにモラビア地方の教会にしまわれていたのです。
それが近年その教会で展示されている!ということを何かで知って、是非行って観てみたい!と思うようになりました。
出雲にUターンしてしまって、その旅は実現しませんでした。それが東京にやって来る!と分かったのです。
これは見に行かねば、子供たちも春休みだし。
d0117481_1745382.jpg

想像していたより絵はでかかったですね~!!!
絵画的な驚きより、大きさに驚いた。そして新国立美術館の写真撮影OKにもびっくり。
d0117481_1761540.jpg

SNSで観客が広く宣伝してくれることを選らんだそうです。

チェコの歴史、民族史に疎い私にはただその迫力に圧倒されました。大きなもので6×8メートルの画面をあれだけ装飾的に描けるってやはり凄いことです。
この大きな絵画をどうやって運んだんだろう?! みんな思ったかもしれない。
ヤマトですよ。日本の運搬技術は凄いですね。絵は一枚づつ剥がして巻いて。チェコから国外初脱出。その運搬技術がなければこの展覧会は実現しなかったでしょう。

チェコに行かなくても念願の「スラブ叙事詩」を観ることが出来たのは良かったです。でも、その絵の生まれた土壌も一緒に見たかったな。

# by yumiyane | 2017-05-15 17:19 | 美術館へ行こう(museum) | Trackback | Comments(6)
2017年 04月 28日

いい天気の日が続いています

ここ山陰地方も桜から5月の連休までのころが、一年で一番いい季節かもしれません。
湿度も今日は31%でした。信じられない!
こちらに帰って来てから、まあ住居のせいもあるのでしょうが、下駄箱の靴のカビ、クローゼットの中で皮のバッグのカビ、食器棚の中の塗り物についたカビ・・・こんなことは東京では無かった。湿度が違うんでしょうね。
だから島根は美肌県のトップを守り続けているのだけれど。。。

春色の変わり糸でこのごろ嵌ったリフ編みで巾着を編んでみました。
d0117481_2302790.jpg

円形と長方形を編むのは分かったのだけれど、袋状にするにはどうしたらいいか?で分かったときの嬉しさよ。
d0117481_23364074.jpg

編み物の面白さは、一本の糸を編むことによって形あるものにしていくことですよね。
d0117481_2320571.jpg

久しぶりにシェットランドの糸でフェアアイルもどきを編み始めました。夏前に仕上げたいですね。


生徒さんの作品もまたまた溜まってしまいました。
サクサク行きますよ。

後ろ襟から編むセーター、大分前に編みあがっていたもの。
M廣さん、写真よりもう少し濃いスカーレット色です。
d0117481_23265126.jpg

M脇さん、胸に付けた花のモチーフが効いています。
d0117481_23273774.jpg

W部さん、グラデュエーションのピンクがとってもお似合い。編み物歴が長いので、新しい編み方もシャカシャカこなされます。
d0117481_23293038.jpg

そうそう、去年の夏に編んだ麻の半袖セーターをアップするのを忘れていました。
d0117481_23313296.jpg

この後ろ襟から編み始めて、増し目で肩を作っていく編み方は、最初の何十段かは大変なのだけれど、コツが分かったらとても形のいい肩はぎ無しのウエアが出来るのでお勧めしています。

M脇さんは、お孫さんのためにこんなに可愛いセータードレスも作られました。写真を取り込んだので画像が粗いです。
d0117481_2340021.jpg

そうそう、W部さんもずっと前に買ってあったと言う糸、たくさん糸をお持ちなのですが、完成。
d0117481_2345281.jpg
これからの季節に役立ちそう。
ベストはあとお二方。
Mikiさん、かぎ針入門を終えました。きれいなグレーです。
d0117481_23481638.jpg

T田さんは三國万里子さんの大ファン。彼女の作品をひとつづつ作っていくそうです。
d0117481_23522118.jpg

素敵です。

皆さんが次々に新しいプロジェクトに着手して、編むのを楽しんで、完成させる喜びを味わっていただけるのはほんとうに嬉しいことです。
続きはまた・・・・・

# by yumiyane | 2017-04-28 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 20日

女子会という会~飯南町というところ

おそらくこういう名前の会は日本中どこにでもあると思われますが、私の入っている会は殆どが同じ高校の同窓生12名で成る会です。
Uターンした翌月に入会させてもらいました。
3か月に1度、美味しいものを食べながら近況報告をするのです。
今回は私とほか1名が幹事だったので、桜の花見も兼ねて出雲市中心部から車で1時間余りの飯南町ということろに出かけることにしました。その辺りならそのころ桜が咲いているはずでした。
今年の桜は少し遅かったですね、全国的に。
しかも目的地は山間部。出雲市寄りの山あいは、山桜があちこちに咲いてとてもいい景色でした。ところが山を一つ越え二つ越え飯南町が近くなったころ、山肌のあちこちに雪が残っているのです。
飯南町は雪が深いところとは聞いていました。
今年の雪は多かったから、この辺りの桜はもう少しだったようです。
目指したところは「ミセス・ロビンフッド」
分乗して車で山道を一時間余りでしたが、行った甲斐がありました。
d0117481_23524877.jpg

私たちが頂いたのは普通のランチ。
前菜のサラダ、お野菜の美味しいこと!
d0117481_23574468.jpg

メインはお魚でしたが、それに3つ惣菜が選べて、それにご飯も3種類。パンを選ぶとお店で焼いたバンズがサンドになって美味しかった。写真にプラスしじみのお吸い物があり、そのほかデザートとコーヒーが付いて1450円はリーズナボー。
d0117481_0024.jpg

このあと、赤来高原の道の駅と頓原の道の駅に寄ってまたまたおしゃべりのお茶タイム。
お腹もおしゃべりも満たされて、少し遠出の楽しいランチでした。
宍道湖から広島に繋がる54号線は、高速が開通するまではこの一般道しかなかったのでそれぞれの道の駅はサービスエリアも兼ねていたため賑やかだったそうです。今は少し寂しい感じですが、また来よう!って思わせてくれた飯南町です。
d0117481_0115737.jpg


# by yumiyane | 2017-04-20 00:14 | 町(town) | Trackback | Comments(4)
2017年 03月 27日

つづきのニット編

セーターとかカーディガンとか・・・・ってカーディガンはどこ? ってことで

ここです
d0117481_0465877.jpg

今回もまたネックから編む~で
d0117481_047151.jpg

ポケットも付けました
d0117481_0473144.jpg

随分前に編んだベレー帽が丁度いい感じ
d0117481_048192.jpg

背中に模様を入れて、丈も長め、お尻がすっぽり隠れるくらいです



生徒さんも編みました、ネックから編むカーディガン
d0117481_193498.jpg

K林さん、ネックから編むの2作目、写真では分かりにくいのですが、モヘアでとても風合いのいい作品

K林さんは、バッグも編みました
これからの季節にとっても重宝、色も素敵です
d0117481_114249.jpg

いつもシックな色がお好き


IGOさんの作品も素敵ですよ
d0117481_1184816.jpg

チュニック風ベスト
グリーンがお好きで、深緑からこんな軽い緑まで、小物もトーンが揃えばコーディネイトしやすいですね


ティーポットカバーが流行っています?
前に載せたかもですが、うちにあるティーポットが勢揃いしたことがありました
d0117481_1333349.jpg

僕も仲間に入れて~って
d0117481_1341916.jpg

なんかおしゃべりしているみたいでしょ
d0117481_141097.jpg


そんなんで
生徒さんもたくさん編みました
Ishi田さん・・・可愛い~い
d0117481_1423379.jpg

お花 たくさん咲かせましたね~

K林さんも作りましたよ
d0117481_1543086.jpg

すごい凝ってるでしょ、側面はニットワンビロウっていう編み方
d0117481_1553243.jpg

底もかっこいい

以前にも載せたものですが、T橋さんのポットカバーも可愛い
d0117481_2123927.jpg

編み図のないところから作る醍醐味

まだまだティーポットカバー 増えていきそうな予感

# by yumiyane | 2017-03-27 02:15 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)