にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 27日

すじ編み畝編みのバッグ ~ 佐田というところ

本屋さんでちらっと見て、面白い編み方だなと思って編んでみました。
d0117481_21182823.jpg

紐はもう少し長くしたほうが良かったかな。あまり糸で二日で編めました。
d0117481_21191449.jpg

d0117481_21194075.jpg

いろいろ工夫して、もう少し大きいのとか小さいのとか作れそうです。
かぎ針編み バッグ で画像をネットで探すのだけれど出て来ません。
今度本を見つけたらまた紹介しますね。


まだ東京に居たころ、大先輩の河内さんが小さな冊子を持って私のところにやってきました。
yumiyaneさん、出雲に帰ったら 佐田というところの図書館にこういういい人が居るから会いに行きなさい
というメッセージをいただきました。
これはコマンド?
d0117481_21575312.jpg

佐田というところは、このブログでも何度か紹介しているところです。

須佐神社のあるところです・・・東京から来た友達を連れて何度か行きました
ゆかり館という温泉のあるところです・・・これも何度か温泉につかりに行きました
吉栗の郷があるところです・・・メリーさんの羊 という羊の毛を刈って紡いでセーターを編んでいる方々がいらっしゃいます
途中に立久恵峡があるところです・・・子供のころはここによくお弁当を持って行きました、大好きなところです

この小さな冊子を、いつか帰ったら訪ねようと引っ越しの荷物の中に入れていたのですね。数日前までこのことをすっかり忘れていましたが、何故かひょっこり現れてきました。折しも秋の小さなニット展で童話で遊ぶニットを考えていたところだったから、タイミングってこういうことだなって思いました。

出雲市立佐田図書館は、佐田町役場の二階にありました。
d0117481_2219985.jpg


冊子にお名前のあった大谷直美さんは、今は出雲市立佐田図書館の館長さんなのです。
訪ねたのは午後3時を回っていましたが、丁度いらっしゃいました。何かとてもいい波長が流れている空間、
大谷さんのメガネに適った数々の絵本が並んでいました。
今はこちらの方が忙しい と言われた名刺の後ろ側にある肩書は
読み聞かせボランティア さくらんぼ 代表  というものでした。
絵本作家のあべ弘士さんを招いて、子供たちとのコラボの壁一面に制作された動物たちの絵がいい感じです。
また、北海道から旭山動物園の副園長さんを招いて講演をしてもらったりしたこともあるそうです。招かれた方々はこの山中の静かな町にどんな印象を持たれたのかな?

図書館のある町役場から車で数分のところにあるパン屋さんに行きました。
先日あるイベントで買ったパンが美味しくて、それがこの佐田町のさらに奥に行ったところにあると聞いたからです。
d0117481_23223991.jpg

10年前に開店した、というカウベルというパン屋さん。私はこの日が初めてでしたが、近くに流れる小川のせせらぎの音も心地よいし、植わっているモミの木もどっしりと根付いていて、庭の紫色の花も落ち着いていて、私はここがすっかり気に入ってしまいました。
d0117481_23391413.jpg

d0117481_23332326.jpg

裏手の丘には牛舎があって、150頭くらいの乳牛がお食事の真っ最中でした。
d0117481_23585124.jpg

カウベルで飲んだカフェオレが美味しくて、ミルクはもちろんこの牧場のものでした。
d0117481_011388.jpg

友達は なんもないとこだよ って言うけれど、佐田町ってすごくいいところですよ~。
d0117481_045987.jpg

まだまだ何かありそうな気がする。



九州の熊本・大分の地震で傷つかれた方々が、落ち着いた生活に早く戻れますように。私も自分に出来ることから、少しでも。そして友達の友達から手の届くところから始めましょう。
行政の長は、どんどんリーダーシップを発揮してことを進めていって頂きたいものです。

by yumiyane | 2016-04-27 00:19 | にっと(knit) | Trackback | Comments(14)
2016年 04月 14日

チョコレートブラウンのセーター

今日はくうちゃんの命日でした。
あれからもう一年が経ったのです。
テニスも始めたし、毎月忙しくしていたからこの一年ほど早く感じたことはなかったかもしれません。

10月に小さなニット展をやることになっていて、その準備も始めています。
チョコレートブラウンのセーターが出来ました。
d0117481_0195975.jpg

この前ちょこっと写真を載せましたが、さらに刺繍をほどこしました。
d0117481_0204039.jpg
d0117481_0205335.jpg
d0117481_0211312.jpg


近所のお友達や隣町の従姉妹がお参りに来てくれたり、生徒さんからお花もいただきました。有難うございます。
22歳の老描でしたが、私には大切なパートナーでした。そろそろお骨も埋めてあげないとと思っていますが、もう少し私の困難な時を一緒に過ごしてくれないかなとも思っています。

歳を取ったせいか、命がとても重く大切に思えてきます。
ベランダの鉢のブルーベリーにとても沢山の花が咲き始めました。
d0117481_040462.jpg

一匹の毛虫を見つけました。
d0117481_040859.jpg

よく見ると花を食べているみたいです。これだけたくさんあるのだから食べていいよ、って言いました。
三日前に見つけてから毎朝どこに居るか確認していました。
それが今日の午後、食べるのを止めていました。ちょっと表情が変わってきたので次の段階に入ったのでしょうか。
d0117481_0425180.jpg

ラベンダーセージの鉢の中にこのごろ見かけるカエルさんがいます。
d0117481_0444394.jpg

ひとりぽっちなんだけど、水やりをすると鉢から飛び出して避難しますがすぐ戻っていきます。
じっと見ていると、なんだかくうちゃんに思えてきました。くうちゃん、ここに居たのかあ。

夕方久しぶりに斐伊川土手を歩きました。
d0117481_0462846.jpg

特急やくも号が岡山に向かって走って行きました。あの電車で一緒にUターンしてきたね~
くうちゃんへの感謝の言葉を口にすると涙があふれてきました。これからも見守っていてね。頑張るから。



九州・熊本での地震の情報が伝えられています。
GAORAで、モンテカルロマスターズのテニス中継をずーっと観ていたので、そんな大変なことが起きていたなんて知りませんでした。
ブログを更新しようとパソコンを開いて、Yahooのニュースで知りました。
熊本の方、余震が何度も何度も起きているようですから不安な夜を過ごしていらっしゃるでしょうね。頑張ってください。

by yumiyane | 2016-04-14 23:03 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2016年 04月 01日

私のはな

私は鼻が弱い
多分父譲りである

譲り というのはいいことを受け継いだときの言い方かな、弱点をもらうときは 似た と言うべきでしょうか。
父は、ユダヤの血が入っているのではないか?と思われるくらいの鼻をしていて、歳をとるほどにカギ鼻になっていきました。父の母が温泉津(ゆのつ 昔、石見銀山から銀の積み出しをする港町)の出身だったから、きっと昔の昔にどこかの血が入って来たとか考えられないかな?

父は幼いころ蓄膿症の手術をしたときに、医者が下手くそで匂いの神経を傷つけたために嗅覚を失った、とその医者を呪っていました。
私も今から20数年前に徐々に嗅覚をなくしていきましたが、駒場に住んでいたころ、東北沢から自宅までの300mくらいの道がいつも開かずの踏切の渋滞で、車の排気ガスが臭く、鼻でなく口で息をしながら歩いたのを覚えています。嗅覚は段々薄れて行きましたが、原因は分かりませんでした。
30数年前、まだ花粉症などと言わなかったころから、春になるとくしゃみと鼻がむずがゆくなっていて、のちに調べたら杉花粉と猫にアレルギー反応が出ましたが、くうちゃんはすでに私のそばにいたので排除するわけにはいきませんでした。匂いが無くなったのはくうちゃんのせいではありませんよ。

嗅覚を無くしてから2年くらい経って、昭和医大の藤が丘の病院に友人のつてを頼って外来で検査を受けました。アリナミンの注射をして、何秒でにんにくの匂いがするか? という検査。匂ったけど遅かった。ほかにもこれは何の匂い?といくつもいくつもしおりに付けた匂いをかがされるのですが、さっぱり分かりません。これはどぶの匂いです、と言われて必死で嗅いでも匂わない。結果、慢性副鼻腔炎と鼻中隔湾曲症の診断で手術をすることになりました。
d0117481_21325693.jpg

鼻のトラブルはいつも桜の季節にやってくる?
局所麻酔でのその手術は22年前1994年の4月。今でも詳細に思い出して語れます。
その後2003年の3月に、今は無くなってしまった森英恵ビルの裏の階段に躓いて折った鼻。その手術は昭和医大の旗の台病院で受けました。どちらも痛くていやな思い出です。
d0117481_2231662.jpg

今年の花粉はこの数年でも多い気がするし、この冬からの鼻づまりがひどくて久しぶりに耳鼻科に行きました。
私のはなは、またしてもトラブルを抱えていたのです。

はなたけ・・・鼻ポリープ がふたたび両方の鼻に巣食っているなんて!

ところで、22年前に嗅覚を取り戻したくて受けた手術は、術後ひと月ほどの効果があったものの、臭いはふたたび無くなってしまったのです。
理由は分かりません。先生はたまにそういう人が居る、という話でした。骨折の手術を受けた旗の台の病院に嗅覚外来があったので鼻を折る少し前に通院して治療を再開し、ステロイド投与を2年くらい続けたけれど回復には至りませんでした。プアー私

私のはな は、この5月にまた作り直すことになりそうです。


d0117481_2222464.jpg

去年のお花見を思い出してまた西林木の新川土手に行きました。のどかな田舎の花見です。

by yumiyane | 2016-04-01 22:34 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(12)