<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 29日

首から編むセーターを丸襟にしてみました

ネックから編む、というよりは後ろ襟から編むっていう編み方のセーター
今度は丸襟に挑戦してみました。
d0117481_2314095.jpg

Vネックの途中で目を作って前襟ぐりにしてしまうのです。
そうすれば前身頃にこんな風に模様を入れることも出来ました。
d0117481_2321179.jpg

この編み方が結構気に入って、もう4枚目です。
1枚目は編み図に忠実にして、ボーダーにさし色を入れました

2枚目に編んだブルーの並太で編んだものは、背中に透かし模様を入れました。
写真を撮るのを忘れて、すでに売却済み。去年の10月の終わりに開いたくるみ市の実りのニット展に出していた写真がかろうじてありました。
d0117481_23211470.jpg

そして3枚目に編んだ薄紫色のモヘアのセーターはVネックで、脇と袖の内側に交差模様を編み入れましたが、これもすでに売却済み。写真を撮ったはずなのにない!これも実りのニット展の時の写真が一枚だけありました。
d0117481_23231935.jpg

あの向こうに置いてあるのがそうです。うーん、写真撮ってなかったか。
何してたんでしょうか、あのころ。グループ展だったからいろいろやることがあって、それどころじゃなかったか。

ま、兎に角この編み方が楽で、というのは袖付けがいらないからなのです。後ろ襟ぐりから編んで行って、肩も増やし目で袖を作っていく。ほかにも外国のニッタ―さんの編み図にはトップから編み始めてダウンしていく、という編み方が色々あるのです。ニッタ―さんの頭は柔らかいです。
そして、4枚目のグレーの丸襟が出来上がりました。
d0117481_23314845.jpg
d0117481_23315947.jpg

糸は、青山のツインタワービルにある三ツ葉屋さんで求めていたもの。アルパカ100%ですごく手触りがいいので、何を作ろうかとずーっと暖めていた糸をやっと使いました。

写真では分からないけれど、袖下と脇に交差模様を帯状に入れてあります。
そうそう、スリットも入れました。後ろ身頃を前よりちょっとだけ長くしたのもポイントです。
久しぶりに自分のためのセーターを編みました。


フランス人は10着しか服を持たない って本、読んでないけど目次だけ見て

Part 1 食事とエクササイズ  
Capter1 間食はシックじゃない
Capter2 食べる喜びを我慢しない
Capter3 面倒がらずに体を動かす

Part 2 ワードローブと身だしなみ
Capter4 10着のワードローブで身軽になる
Capter5 自分のスタイルを見つける
Capter6 ノーメイクみたいにメイクする
Capter7 いつもきちんとした装いで
Capter8 女らしさを忘れずに

Part 3 シックに暮らす
Capter9 いちばん良い持ち物をふだん使いにする
Capter10 散らかっているのはシックじゃない 
Capter11 ミステリアスな雰囲気を漂わせる
Capter12 物質主義に踊らされない
Capter13 教養を身につける
Capter14 ささやかな喜びを見つける
Capter15 質の良さにこだわる
Capter16 情熱をもって生きる 


Capter10 散らかっているのはシックじゃない ・・・これははずれてるかな?来客の無い時のテーブルの上は毛糸だらけだから。

フランス人になりたいかどうかは別として、最近の自分の暮らしに近いなって思えます。
シックに暮らす~~

by yumiyane | 2016-01-29 23:57 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2016年 01月 22日

来待ストーンというところ

全豪オープンが始まっていますね。
錦織くん、3回戦を突破しました。
月、火、水曜日と編み物教室が続いて、午前中の試合がLIVEで観れなかったのですが、必ず再放送をするので夜に録画を楽しみました。
そのせいか、、、、、
またしても腰が痛みまして、昨日などは歩行が困難。一度横になると起き上がるのに青虫くん状態。手も足もききません。
ちょっと予兆はあったのですが、火曜日の自宅での教室が終わって皆さんがお帰りになったあと、自分の編みかけのセーターを編んでいて、何かを取ろうと立ち上がった瞬間、ギクッ!ですよ。
急に寒くなったせいか、このところ毎週土曜日のテニス教室を頑張りすぎたせいか。
はたまたWOWOWでテニスの観すぎで座ってばかりいたせいか。

そう言えば、全豪オープンの女子シングルスで日本の大坂なおみちゃんが活躍していますね。彼女は父親がハイチ、母親が日本のミックスなのですが、3歳でアメリカに渡って今はフロリダ。だから日本語はあまりうまくありません。その彼女が試合の始まる前のコイントスのときに審判に会釈するのです。試合が終わって相手選手と握手するときもその相手に頭下げながら握手。観客席の日本の応援団にも頭下げながら手を振ります。日本の選手でもそんなことしないから、なおみ選手のこの動作がとっても可愛く見えました。顔の表情にはどことなく日本人の面影があるのですが、肌の色や体格はお父さんのほうです。日本語より英語の方が得意な彼女のその会釈するしぐさが何とも日本人らしくて嬉しくなってしまうのです。
明日は世界ランク16位のアザレンカとの対戦。頑張って欲しいです。

ということで歩行がおぼつかない今日、10日ほど前からの約束で、アパートの仲良しさんと来待ストーンへ行くことになっていました。雨上がりのその場所は不思議な空間。
d0117481_23275279.jpg

少し寂しさを感じさせるところもありますが、気はいいです。
d0117481_0262060.jpg


島根県松江市宍道町東来待というここは、かつて重宝された来待石の積み出し場所だったところ。
宍道町は文字通り宍道湖に面しており、湖の幸、山の幸など自然の恵みを受け、その中に来待石もあります。歴史的には古墳時代の石棺に使用され中世石塔、石仏、近世釉薬(石州瓦の上薬)、建材、灯ろう、石臼、かまど、棟石、墓石などに使用され身近な所にはいつも来待石がありました。
特に江戸時代、松江藩主は御止石として藩外に持ち出しを禁じたほど重要視致しました。松江城をはじめ城下町の至る所に来待石は使用されています。
・・・とは来待ストーンの公式サイトより

d0117481_0263136.jpg

今はその切り出した石の壁を利用してミュジアムやイベント会場がありますが、併設されたレストランに行って見ました。このレストランには帰省したときに連れて来てもらったことがありました。そのときはその石の壁をスクリーンにして、希望すればプロジェクターで映画を映しだしてそれを観ながらお食事ができる!というスペースでした。今でもやってるのかな?結婚式も出来るようなのできっとそういう演出もあるんでしょうね。
d0117481_0155863.jpg

今日はおすすめランチ1900円というのをいただきました。上記のほかにサラダとデザートとコーヒーが付いています。
今年で6年目になるということ。初めて来たあの日はそんなに前のことではなかったのですね。美味しかったですよ。少し雰囲気はファミリアに変わったような気がしますが、こんなところにこんなレストランが?という意外性もあるので、ずっと続けて欲しいですね。
向こうの四角い建物がレストランです。
d0117481_0222362.jpg

どこかの神社に飾られていたらしい狛犬があったり
d0117481_0392514.jpg

あちこちにたぬきの彫り物があったり、ちっちゃなソーラーが電気を賄ってたり、つっこみどころがいっぱいある来待ストーンです。
お会計のときにポイントカードを作りますか?って聞かれました。1年間有効ということでしたが、こんな人里離れたところにそんなに通う人が居るんですか?と思わず聞いてしまいました。いかんいかん、田舎には田舎の楽しみ方があるものです。

みなさん
次回はここへ。

by yumiyane | 2016-01-22 23:43 | 美術館へ行こう(museum) | Trackback | Comments(6)
2016年 01月 14日

昨日の一日

朝、8時25分に目覚めました。
くうちゃんが居なくなってからすっかり朝寝坊です。
朝ごはんは
トースト
ミルクティ
果物
温野菜
ヨーグルト
の定番
WOWOWのプライムで韓国ドラマをやっていて、9時20分まで観るのがこのところの日常。
外はみぞれから雪に変わりました。
d0117481_0304535.jpg

積もらないうちに身支度を整えて、友人の家に借りたものを返しに行かないと。青山さんからたくさんもらったネギをお裾分けに持っていきました。
午前11時、友人が抹茶を点ててくれたので二杯ほど頂いて失礼しました。

家に帰って昼食。情報ライブミヤネヤを観ながら。SMAPの解散問題やら世界で水爆をどこの国が所有しているとか。朝のワイドショーは全く見ないけど、この時間帯はたまにこのミヤネヤにチャンネルを合わせるかな。彼は島根県大田市、隣の市の出身なので応援しています。

昼食のあと、金曜日に平田のいとこのところで出張編み物教室をやるので、手編みの帽子がお題なので見本用に二つ編みました。二つ目編み終わったのは夜の11時でしたが。
d0117481_0311597.jpg


d0117481_0312933.jpg

木曜も予定は何もない。もうひとつ見本の帽子を編みましょう。
かぎ針編みの帽子は見本が少ないのです。


朝起きて、今日は何もない って思ってホッとする日だけど
そのうち
今日も何もすることがない って思って ふっとなる日も来るだろうなって
そんな日が来ても
ご苦労さん って思えるように
頑張れるうちは働くぞ~
って
今日も、ゴミ集積所のおじさんにしたご挨拶と野菜を買いに行ったくるみ市のご主人との会話だけだったけど
もうひとつ帽子を編んで、明日に備えました。
d0117481_0412783.jpg

寒い日が続いています、
風邪ひかないように。

by yumiyane | 2016-01-14 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2016年 01月 08日

ごあいさつ

2016年になって 1週間過ぎてしまいましたが、

いつもご覧いただき有難うございます
今年もどうぞよろしくお付き合いお願いします。

出雲に帰って来てから三回目のお正月でした。
最初のお正月は、息子たちの家族がやってきて、大騒ぎのお正月になるはずが、まさかのインフルエンザ罹患。息子たちは友人宅に泊めてもらって残念な正月でした。
去年の正月は猛烈な吹雪でした。くうちゃんとふたりでおうちに籠って過ごしていました。2人のお友達がそれぞれお節を届けてくださって、有難いお正月でした。
今年は一人だなって覚悟していたけれど、全くひとりぼっちだったのは二日だけで、みんなのやさしさに感謝する正月でした。
d0117481_11525268.jpg


d0117481_1153320.jpg

2月に予定しているワークショップで、グラニースクエアを編むことになったので、例えばこんなものが作れますよ、との見本でバッグを作りました。
d0117481_11551596.jpg
d0117481_1155281.jpg

他にも子供用のベストとか編んでみようかな。

あいさつといえば

何年か前、友達がフランスのアルザスに住んでいたころ、二度訪ねたことがあります。
そこで近所を散歩していたときのこと、
オーボアー
オーボアー
って会う人ごと、窓から顔を出す人にも。
つきあいのない人とでも挨拶はするんだそうです。
東京で暮らしていた私にはとても不思議な気がしました。
ところが
ところがですよ、
出雲に帰って来て、あいさつについて驚いたことがありました。

帰って来て間もないころ、南神立橋から見る夕陽が美しくて写真を撮っていたとき、
自転車に乗った高校生がやってきました。その男子がすれ違う時に
こんにちは
と言ったのです。近くの商業高校から橋を渡って斐川の自宅に帰るところだったのでしょう。
そういうことは彼だけではありませんでした。
バスを待っている時の女子高生。
また、小学生が二人で歩道を歩いてきました、
こんにちは~
声を揃えて言います。
朝、散歩中の老夫人がすれ違うときに
おはようございます
自転車ですれ違うおばさんが
知り合いのように頭を下げてくださる。

年寄りはともかく、高校生が声をかけてくれたときは驚きました。自分はそんなことしただろうか?
都会の小学生は、知らない人から声をかけられても答えてはいけない、ような教育をされているはず。
d0117481_2329526.jpg

写真は↑ 私の母校の中学校から帰宅する生徒たち

会社で仕事をしていたとき、まず出社してくるスタッフたちにお早うの声をかけよう!運動をしたことがあります。
まずはあいさつから
田舎だろうが都会だろうが、人との繋がりは声をかけること。何の心配もなく挨拶できる社会であって欲しいです。



暮れのうちに載せたかった生徒さんの作品を
松江のM上さん、古いセーターをほどいて新しくベストを編まれました。暖かい~と大満足なさっています。
d0117481_232852100.jpg


T谷さんはかぎ針の入門コースのベストをあっという間に完成、ほんとはもっと綺麗な紫色です。
d0117481_22512615.jpg

最近松江の教室にいらっしゃるようになったI籐さん、子供さんへの帽子2点。オリジナルのタグを付けて、ニクイ
d0117481_22531587.jpg


平田のK谷さん、お孫さんへのベレー帽、初めての作品。
d0117481_22542994.jpg


出雲のkanちゃん、引き上げ編みのマフラー、娘さんとお孫さん用にお揃いで。とっても目が整っています。
d0117481_2256845.jpg

同じマフラーをお孫さんのために編んだみっちゃんの作品。東京のあっくんが早速着用の写真。
d0117481_2302410.jpg


こうして手作りの暖かさがみんなを包んでいく、いいなあ手編みって。

by yumiyane | 2016-01-08 12:14 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)