にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 31日

大晦日ですね

今年の大晦日は、人生始まって以来の一人の大晦日です。

テレビは自由に選らんで、これもまた人生始まって以来の 紅白歌合戦なし。

お友達から
心のこもった思いやりの品が届き、幸せな夜です。
funochanが届けてくれた ひとり前おせち
d0117481_21582235.jpg

小さな三つのお重に、美味しさが詰まっていますよ。
お餅は、妹さんの家で搗かれたもの。楕円形の平らなお餅は、出雲大社の神在祭のお餅の形と似ています。

勿体なくて元旦の朝に頂きたいと思います。

年越しにと先日福岡のすーじーさんから届いたインスタントお蕎麦
袋を見たときから食べたいなあと思っていました。晦日のお夕飯にいただきました。
d0117481_2224114.jpg

お湯をかけて蓋をして三分待って下さいと。懐かしいあれですね。
d0117481_2225233.jpg

長崎は島原のもの。
d0117481_223319.jpg

おいしかったですよ。予想通りの味でした。
いつか頂いてあまりの美味しさにおねだりした柚子味噌のおまけに付いていたインスタントお蕎麦でした。

明日から吹雪!と聞いて、あちこち回って帰宅したら、ドアの取っ手に袋がぶらさがっていました。
中には、のぶちゃんからの差し入れ。
ご主人手打ちのお蕎麦と、手作り松前漬。写真の左と左上です。
d0117481_22122059.jpg



そんなこんなで
先ほどからNHKEテレでクラシックを聴いています。
大晦日お決まりの第九も聴きました。
ベシャール×メータ×第九=圧巻

実家は音楽一家ではなかったけれど、子供たちはひととおりクラシック音楽を通過。
一人の姉は芸大の付属高校から芸大に進み音楽の道を究めましたが、私は中学高校を通じて活動した吹奏楽部のアルトサキソフォンを吹いた程度。
でも三つ子の魂なんとかで、どちらかと言えばクラシック音楽に食指が動きます。

そういえば
ちょっと番組宣伝してもいいですか。

1月1日から3日の10時~55分まで
BSフジにて 古事記の世界 #4~6 
#1~3 は既に放送済み

この番組の紀行部分を今年の5月に長い間出雲に来てロケをしていましたが、やっと放映されることになったようです。
私も2時間ほどADとして参加しました。知れば知るほど出雲の文化は奥が深いのです。


NHKで朝やってた番組。今年亡くなった方二人づつ組み合わせて遺業を伝える。
今年、惜しまれつつ亡くなった各界の著名人が、私たちに残していった「言葉」をたどり、その生き方を振り返る番組。今回は3本シリーズで6人の方々のメッセージを伝える。
第1回は、戦争という荒波のなかで人生を翻弄された2人、フィリピンから奇跡の生還を果たした元陸軍少尉、小野田寛郎さんと、戦前、女優李香蘭として活躍した山口淑子さん。第2回は多彩な才能を発揮し強い印象を残した2人、米倉斉加年さんと赤瀬川原平さん。第3回は信念に基づいて「人間の幸せとは何か」というテーマを追求した2人、経済学者宇沢弘文さんと俳優の菅原文太さん。それぞれの人々の「言葉」に耳をかたむけ、その生きざまを見つめる。


再放送はないようですが、幸い私は3本とも観ることができました。
こういう番組を作るNHKはまだ健全なところがあるのだなって思います。

2014年もあと47分。
そろそろ年越しそばの準備をします。

来る年が皆様にとって、良い年になりますように。

by yumiyane | 2014-12-31 23:13 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(16)
2014年 12月 28日

夜空の☆

d0117481_013778.jpg

久しぶりに晴れた空を見ながら、
このあいだの焚き火小屋のあとの吹雪はすさまじかったなあと
自然の脅威に平伏しました。


今日の夜空は それはそれは美しい!

木枯らし途絶えて 冴ゆる空より
地上に降りしく 奇しき光よ
もの皆憩える しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座は巡る

思わずこの歌をくちずさみたくなる 冬の星座 です

ほのぼの明かりて 流るる銀河
オリオン舞い立ち スバルはさざめく
無窮を指差す 北斗の針と
きらめき揺れつつ 星座は巡る

気温は1度 と出ていますが、車の屋根は凍っています
頭上に昴が見えます
オリオンはやや南の空にかかって、おおいぬ座のシリウスがきらめいています
冬の大三角 どころか 6角形もくっきり見えます
空気の綺麗な場所でも、冬にこれほど綺麗に見えることはそうはないです


一人で見るのが勿体ないけど、この時間誰に声をかけようもなく
今年の1月にも感激していた記事
2008年にも書いています・・・これは東京でだわ


ほんとにここに写真が載せられないのがもどかしい!
想像してみてくださいね。


最後に、先日の焚き火小屋のニット展
初日に取材していただいた地方新聞・日日新聞の記事が 今日手に入りました
d0117481_0192250.jpg

私の中にある
☆をこれからも大切にしていきたいです。

by yumiyane | 2014-12-28 00:16 | 自然(nature) | Trackback
2014年 12月 25日

ずっとクリスマスだったから やっとクリスマス~生徒さんの作品

11月のニットichiの準備からずっとクリスマスをやっていたので、
まだクリスマス? 
って思っていたけれど
やっとクリスマスになりましたね。

ワークショップの時間内では出来なかったけれど、編めましたよ!って送ってくださった方々
楽しんで編んでくださって、間に合って良かったです。
d0117481_196467.jpg
d0117481_1961592.jpg
d0117481_1962426.jpg
d0117481_196309.jpg
d0117481_1963974.jpg

お花のブローチの写真も
d0117481_19103240.jpg

d0117481_19104860.jpg

d0117481_199387.jpg

こうして
ひとりづつ ひとりづつ
編むことを思い出してもらって
ひとつづつ ひとつづつ
ニットの作品が出来上がっていくのが
嬉しいことです


編物教室の生徒さんも編んでいます。
F田さん、モチーフつなぎのトートバッグ。内布もしっかり作ってあって、私も欲しい!
d0117481_1950368.jpg

同じくF田さん、かぎ針編み入門コースの最終作品。落ちこぼれと言いながらも完成出来ました!
d0117481_19503981.jpg


M脇さんの花のクッション、ピンクの木綿糸でやわらかく編んであります。
d0117481_19501143.jpg


Nちゃん、小学三年生のお孫さんに編んだセーター。前身頃を三分割して飾りに糸が刺してあります。
d0117481_19502713.jpg

d0117481_20232074.jpg

アッと言う間に完成しました。暖かくて、彼のお気に入りになったそうです。

松江の教室のS井さん、モヘアのチュニック。微妙に色が変わったところがオシャレ。細いモヘアがとても綺麗に編み上げてあります。細かい仕事がお好きです。
d0117481_19505269.jpg

細いストールをネックレス風に巻くのもいいかな。

2014年もニットで暮れそう。
あとひとふんばりですね。

     

Merry Christmas and a Happy New Year!

     

by yumiyane | 2014-12-25 20:08 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2014年 12月 15日

にっと&かふぇ in 焚き火小屋 終わりました

毛糸と焚き火には共通点がある 
と思ったのは、ニット展を始めて いろりの焔(ほのお)を眺めながらでした。
d0117481_232210100.jpg

焚き火小屋でニット展をやる! と決めたのは春のこと
焔を見ながら決めたことではなかったので、潜在的にそう思っていたのかもしれません。

今回のニット展は、手編みのセーターやひざ掛けの暖かさを思い出してもらいたい
また、糸を編むことでいろんなものが作れること、そんなことを提案したいと思いました。

なんでも買って間に合う時代だから、手編みの暖かさがひとしお身に沁みるこのごろです

今から50年くらい前に、母の愛読書であった暮らしの手帖にそのようなことが書いてありました。
50年くらい前というと所謂60年代。そんな昔でももう何でも買って間に合う時代だったのです。
今はどうでしょう。折り返して、手作りの暖かさを再認識するこの頃になっているでしょうか。
何でも買って間に合うのに、糸を編んで手編みのマフラーを作る、
スイッチひとつで暖かくなる暖房ではなく、薪を割って火をつけて、、、面倒くさいけど暖かさが違う!
それが共通点かな。


12月の二週目の週末がこんなに寒いものとは。
日本海側に寒気がやってきます、と天気予報が脅します。
準備は出来て、焚き火小屋にニットを並べても、お天気のことが気がかりでした。
d0117481_23411141.jpg



d0117481_23412445.jpg

準備したつもりだったのに、いろんなこと忘れて、最初のお客様が見えた時は、でもほっとしました。
ビュービュー小雪まじりの風が吹く中、道が分かるかなあ?と心配してたから。


ひとしきりニットを見てもらうと、みなさんいろりの周りに集まって、お茶を飲みながらのお話が始まりました。
いいなあ、こういうの。だからここでやりたかったのね。
d0117481_00254.jpg
画像funochanにお借りしました

お手伝いしてくださったveronica3がお友達にたくさん声をかけてくださって、彼女のワークショップに参加された方もいらして、多くの方にニットを見てもらいました。
なかなか写真を撮ることに心が行かなくて、始まってからは一度も写真を撮っていませんでした。

3日目は10時からワークショップ。
普段から私を支えてくださっている方々のお顔が見えて、私も少し余裕が、、、。というか編むことってやっぱり楽しいし、リラックスさせてくれます。
d0117481_065597.jpg

作っていただいたのは、ティッシュカバー。
3色を自由に選んでもらって、糸を変えながら編んでいきます。
三人三様と言いますが、それぞれ好みの色が異なって、素敵な色合いのものが出来ました。
d0117481_091757.jpg

居残って頑張って編む方もいましたね。


焚き火小屋の薪が積んである壁に、十字が切ってあるのが分かりましたか?
そこから陽が射して、みんなの編むテーブルに十字の光が射していましたね ↓ 。
d0117481_015024.jpg

ここに十字が作ってあるのは、最初にここを作ったときに、結婚式を挙げる!という方がいらして、そのために焚火小屋さんがデザインされたのだそうです。

ワークショップが終わったら、シェフveronica3の田園レストランのランチ。
写真ありません。ごめんなさい。
大根のスープ
温野菜のアンチョビソース添え
スモークソーセージのソテー
手製カッペリーニ(ショートパスタ)のブロッコリーソース
コーヒーとデザートは里芋のティラミス

参加くださった皆さんが、このランチをとっても喜んでくださったのが私も嬉しかったです。
隙間風が吹き込む、時には小雪が舞いこむ焚き火小屋でしたが、ワークショップの間はなんと太陽が顔を出して、焚き火小屋を暖めてくれていたのです。

びゅびゅーと風が吹き込んで、雨や小雪が舞いこんだときには、12月にここでニット展は無謀だったか!!
とひやひやする場面もいくつかありましたが、
いらしてくださった皆様が、そのことをなんとも思わなくて、いろりの周りで団をとりながらお話に花が咲いたりするのを見ると、やっぱりここでやって良かったわ~と
天候の悪い時に遠くからいらしていただいたことに、心から感謝いたしました。

焚き火小屋のニット展 いらしていただいた皆様 ほんとうに有難うございました。
また一年後、もうちょっとだけ早い時期に再会したいと思います。

d0117481_15613.jpg


by yumiyane | 2014-12-15 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(21)
2014年 12月 11日

明日から 焚き火小屋 での ニット展

いよいよ12日から
焚き火小屋でのニット展が始まります。

d0117481_13581757.jpg

初めてだとなかなか見つかりにくい場所ですが、
出雲市街地から三刀屋方面に向かう国道を通る方は、
ああ あそこね
って分かってもらえるでしょう
d0117481_1405878.jpg

12日金曜日・13日土曜日は10時から17時まで
14日日曜日は10時から13時までランチ付きワークショップを行います。
そのあと13時から17時まで
入場無料
カフェもオープン 
コーヒー・紅茶 ¥300
ケーキ付 ¥500
となっています。

思えば 2007年7月 この にっと&かふぇ ブログを立ち上げました。
それから7年とちょっと
ニットとカフェ
お茶を飲みながらの楽しい時間を 編む

自宅の編み物教室
松江の友人宅での編み物教室
出雲の文化センターでの講座
いつも 手作りのお菓子を用意して
お茶を飲みながら 楽しく編む

にっと&かふぇ が この 焚き火小屋 でも実現することが
とても誇らしいです。

お近くの方は、是非お出かけくださいませ。
暖かいお茶を いろりの周りでね。





日曜日のワークショップは、要予約です。
田園に豊かに暮らす のヴェロニカさん(たえさん) が作られる田園レストランのランチ付き ¥3000です。
焚き火小屋の様子はveronica3のブログでご覧ください。

by yumiyane | 2014-12-11 14:20 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2014年 12月 02日

強い風が吹き荒れている 12月ですね

暦通りに冬が来ています。

こんなことは初めて、、、、ということらしいですが、見物人の安全のため
稲さの浜での神迎祭が中止になり、上の宮での神事になったそうです。

そんな寒いときこそ ニットで暖かくしましょう
d0117481_1162691.jpg

こうして肩にかけるだけでも暖かい

それをぐるぐる巻くと
d0117481_117611.jpg
d0117481_117181.jpg

三角のところにボタンと反対側にボタンホールをつけると
d0117481_1183867.jpg

これが暖かいのなんの
コートを着た上で 首回りにこれを巻く

韓国ドラマを見ると、ぐるぐる巻いてますよね。セリフを言うと白い息が出て。
寒いんだろうなあ ソウル北緯37度、
福島と同じくらいなんだけど、1月の平均気温が―2.5度だって。ちなみに福島は平均1.6度 
出雲の1月の平均は4.6度、耐えられる!
d0117481_11281821.jpg


by yumiyane | 2014-12-02 11:19 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)