にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 27日

不思議な影 ~ 西谷古墳群 追記あり

西谷墳墓群

それは、出雲市駅から見て東南東方向1.5kmあたりのところにある弥生時代の古墳です。
弥生時代
それって今から2000年くらい前のこと
その時代のお墓、それも身分の高い人たとえばその頃そのあたりを司っていた人・王様とかのお墓か?
それもひとつやふたつじゃない、たくさん丘の峰々に・・・

私の部屋からそのひとつの墳墓が見えます。
実は丁度一年前、家さがしに来たとき、この住まいの周りにこの墳墓群があることが分かりました。
しかも駐車場の向こうにある丘も古墳。ならこれ以上の開発はないだろう! というのが決め手でした。
市街からは少し離れていて、友達も買い物に不便じゃないの?と心配されましたが
何より、朝 鳥の鳴き声で目覚めたりするのがいいです。


そんな西谷古墳に、引っ越してきてから10か月が経った4月の始めに初めて行ってきました。
d0117481_016598.jpg

いきなり、
隣のグランドから、ボールが飛んでくることがあるので気を付けてください! という注意書き

それもそのこと、ある日中学生がその学校のグランドで遊んでいたところ、何やら訳ありの土器を見つけ
学校の先生に見せたところ、島根大学の先生に回って これが弥生時代のものだと分かって大騒ぎになったんだとか。
d0117481_0212581.jpg

ここにある古墳は、よすみ と呼ばれる 炬燵におふとんをかけたような 四角い形をしているのです。
d0117481_0195943.jpg

d0117481_0201335.jpg
d0117481_0203085.jpg

d0117481_0215816.jpg

この丘からの眺めは、北に、東に出雲市を一望にできる場所。
d0117481_0242232.jpg

生きている間に治めていたところを死してもなお眺めていらっしゃる

そんな墳墓群をカメラに納めて
家に帰ってデータを取り込んだところ 奇妙なことに気が付きました。
d0117481_0254819.jpg

この人は 誰!?

これは 私の影ではありませんね。
私はカメラを構えていたのだから。。。

どなたでしょう?

少し前に、こういう方のお話を聞いたからでしょうか、
d0117481_0312413.jpg

いえいえ彼女のお話は源氏物語でしたから、弥生時代よりずっと後のこと

あの日の気象条件のときに、もう一度あの場所に行って、
あの影の訳を確かめましょうか?


追記です

あの影を検証に出かけました。
少し日が経っていたので、太陽の角度が変わっていましたが、同じくらいの時間とお天気でした。

なあんだ!
です

まず こういう写真が撮れました
d0117481_22222127.jpg

ややっ!
またまた古代人!

次に
d0117481_2223483.jpg

片手(右手)でスマホを使って写真を撮っていたのですね。
左手にはストールを 肩にカメラをしょっていました。

ということで、これは私自身でした。
最初の写真で、くいの影とこの人物的影の方向が異なっていたのは
スマホのカメラの広角のせいだったようです。

超常現象なんかじゃなくて 良かった ほっとしましたよ。

だけど、
この検証のため再び古墳を訪れたとき、私が横切った直後の道で、交通事故が起きたのです。
サイレンがしきりに鳴るので降りて見たら、大変なことになっていました。どなたかが横切ろうとして乗用車にはねられ、救急車で運ばれていったのです。回復なさいますように。
背筋がぞっとしました。
みなさんも気を付けましょうね。

by yumiyane | 2014-04-27 23:07 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(20)
2014年 04月 19日

男子用ベストの詳細

今年4月にめでたく年中(ねんちゅう)さんからの幼稚園に入園。
言葉が遅かったから心配したのだけれど、やっと会話が出来るようになってほっとしたのもつかの間。。。

入園式に大泣きして、その後も毎日泣いているそうです。

ベストがあると助かるんです、、、とのママのリクエストで ささっと 編みました、男子用ベスト。

またしても糸が足りなくなりそう、25g巻きとは知らず5個しか買ってなかったもんね え?

それでもとにかく紺色を入れて編み終えました。
d0117481_03763.jpg
d0117481_032139.jpg
d0117481_0336100.jpg
d0117481_035161.jpg
d0117481_04811.jpg
d0117481_042414.jpg
d0117481_044095.jpg

入園式には2日ほど間に合わなかったけど、送りました。

サイズはぴったりだったとか。

着たところを写真に撮って送ります! と言ってくれたのだけど、
d0117481_054814.jpg

まだ毎日泣いているらしく、
家に帰るとぐったりして、すぐ寝てしまうんですと。
可愛い寝顔です。
3つ下に妹が出来て、小学校3年のお姉ちゃんには頭が上がらないし
行きたくない幼稚園だけど、友達が出来るかもしれない期待や不安に押しつぶされそうになってるけど
でも希望も捨てたわけじゃない
だけど家に帰ると どっと疲れが出て 眠ってしまうんだよ

ってそんな寝顔。
いい夢見てね。

by yumiyane | 2014-04-19 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2014年 04月 14日

お客様を お迎えしました

出雲に越してから10か月半、
この間にたくさんお客様をお迎えしました。

出雲大社の遷宮効果もあって、私が引っ越した好機にぞくぞくといらしていただきました。
ご案内したのは、主に出雲大社。
それも11月の神迎祭を経験したり研修に参加したりすると、私の大社案内も少し深くなっていきました。
温泉もいくつかご案内しました。
佐田のゆかり館、簸川の美人の湯、亀嵩の玉峰山荘、出雲市駅前のらんぷの湯などなど。
温泉はもっと探検しますので、レパートリーは増えるでしょう。
おいしいものも、お蕎麦屋さんの発掘も、もっと探究しなくちゃ。
皆さんをご案内しながら、私も出雲を楽しんで、さらに “ふるさと再発見” が続きそうです。

そんな中
今月初め、イタリアからのお客様を迎えました。お土産をいただいているところ。
d0117481_23464755.jpg

忙しい帰国のスケジュールの中、20時間という短い滞在でしたが、遠いところをようこそおいでくださいました。
その20時間の中身
午後12時40分出雲市駅でお迎え
↓車で出雲伝承館内の羽根屋で割ご蕎麦定食をいただく
↓出雲大社に向かい、正しく参拝・・・・大社の境内が工事中箇所が多く普段より短時間でのお参りとなる
↓海を見に多伎へ のコース・・・蒼アズールで荒れ狂う日本海を見ながらコーヒーを飲む
↓夕食の買い物を古志のスーパー「藤増」で
↓その足で、簸川の湯の川温泉・美人の湯で露天風呂を楽しむ
↓自宅に帰って夕食の下準備・・・レシピ後記
↓7時から焚き火小屋にて晩餐会・・・じゃがいものクリームスープ(お料理はみんなで作ったので写真なし)
                 カプンティ(ショートパスタ)のパルミジャーノとオリーブオイル
                 お野菜とソーセージのピッツァ
                 いわしとナッツのパスタソース・・・ノブフェンパンに付けて
                 玉ねぎの芽とあすっこの肉巻き、焚き火鉄板焼き
                 抹茶のお点前
d0117481_082799.jpg

                 小丸ブレッド小豆添え、taeさん手作り 美味しい!!
d0117481_084125.jpg

↓自宅に戻ったのが夜10時半・・・パソコンで留守番の学生さんとスカイプで連絡を取る
→就寝11時すぎ・・・・ぐっすり眠る
→朝7時起床→朝食を取る
↓8時10分家を出て出雲市駅に向かう
↓8時32分発のやくもに乗って岡山~徳島へ向かう


すっごいスケジュールでしょ。でも8時間弱の睡眠でジェットラグは解決されたようで良かった。
またいらしてくださいね、次回はゆっくりと。


さてさて、Kazukoさんに教えてもらったいわしのソースの作り方
レシピってもんじゃなくて、写真見ながら思い出して書きます。

まずいわしの小さなの(名前が別にあるのでしょうか?)を買ってきて骨を取り除く
d0117481_091495.jpg

フライパンにオリーブオイルと鷹の爪を少し入れて、みじん切りにした玉ねぎを炒める

そこにいわしを入れて炒める・・・味付けは塩と胡椒だけ
d0117481_0101647.jpg

ナッツ(このときはカシューナッツ・ピーナッツ・くるみ、あれば松の実も、それにレーズン)を細かくきざんで先ほどのフライパンに入れる
d0117481_0103397.jpg

食べる直前に、細かく砕いたパン粉をオリーブオイルで炒めて先のソースに混ぜる
出来上がりの写真がないので想像してくださいませ。
Kazukoさん、これで良かった!?
これはショートパスタよりスパゲティのソースにいいのだそうです。
この日はショートパスタ・カプンティのソースをパルミジャーノにしたので、このいわしとナッツのソースはノブフェンパンに付けていただきました。美味しかったよ~
いわし と来るとトマトソースにしたいところだけど、これは塩と胡椒だけ。ナッツと和えるのがみそ。
香ばしいところにレーズンの甘味が来て、なるほどトマトにはしないほうがいいわ。

パスタソースのレパートリーが増えて嬉しい!
また正しいレシピが分かったらアップしますので、あしからず。。。。



パスタソース、kazukoさんによると
こちらのレシピのアレンジだったそうです。
ちほさんとこのアントネッロさんのレシピですね。
                

More

by yumiyane | 2014-04-14 22:18 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(8)
2014年 04月 11日

出雲の畑で~

私は、多分畑はやらないと思う
ベランダでハーブを育てることはこれからもすると思うけど

出雲にスーパーはたくさんあって、新鮮な野菜は安くて豊富に手に入るし
近くのくるみ市も、農家の方が朝収穫したものを1時間後には買うことが出来るから。

近所の畑で3年前の震災後、福島からやってきた青山さんも、おいしい野菜を作られる。
d0117481_23114852.jpg

私が時々お弁当や手作りおやつを差し入れすると、今そこで切り取った野菜をくださる。
d0117481_2312760.jpg

今日 散歩で通りかかったら、収穫しそびれた菜の花とブロッコリーを摘んでくださった。
d0117481_23123532.jpg

持ち帰ってすぐに茹でて食べたら、これがおいしいのなんのって。
早速クリームソース味のハムと菜の花のショートパスタ を作ってまた差し入れした。
咲いてしまったブロッコリーの花は、それはそれで綺麗。
d0117481_2313424.jpg
咲いてしまった菜の花の、脇の新芽を今日もまたおねだりしてもらってしまった。まだまだ売れると思うのだけれど、もう商品にはならないんだって。

自転車で少し散歩したら、田んぼの休耕地に蓮華が咲いていた。
もうこの辺りでもほとんど見かけなくなった蓮華。
d0117481_23104134.jpg

学生のころ、部活の仲間と出かけた青梅。
背丈もあるかと思われるように育った蓮華の畑、腰を落とせばどこに誰がいるのかも分からないくらい埋もれる。
みんなでかくれんぼをしたことを思い出して懐かしい。
d0117481_2311267.jpg

どうして蓮華畑が少なくなったのか、、、それは化学肥料の普及のせいだとか。
ここでそのことを知った。
有機農法が広がって、またあちこちで蓮華の畑を見ることができたら、春の野山がもっと楽しくなるだろうに。


友達が、お昼休みに蕨を取りに行かないか と誘ってくれた。 行く行く
山の中に分け入って、どこかの牧場のまだまだ先のところに、蕨が群生しているところがあった。
全部取ったら来年困るからね。
友達が茹でてお出汁にひたすところまでやってくれた、有難う、美味しい!
d0117481_23155563.jpg




そしてまた
今日はこんな畑にも出会ったの
d0117481_23204770.jpg

簸川平野は農業が盛ん。
お米だけじゃなく、麦も野菜も果物もなんでも栽培している。
そして盛んなのが お花。
去年の暮れのニュースで知ったのだけど、シクラメンの出荷は日本一だとか。

この季節はチューリップ
d0117481_2322482.jpg
d0117481_23231482.jpg
d0117481_23232384.jpg
d0117481_23235067.jpg

d0117481_232610100.jpg

ムスカリが人気らしく、このごろ、出雲のどこに行っても、この濃い紫の花を見かける
d0117481_23271512.jpg
d0117481_23273072.jpg

この週末は 「チューリップまつり」 が開かれ、近くの広場はたくさんの出店で賑わうらしい
d0117481_23283116.jpg

また来て見ようかな。

出雲の畑は 楽しい~

by yumiyane | 2014-04-11 23:30 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(12)
2014年 04月 09日

ラリエットってなんだ!

いろいろ作っています
みんなで楽しく作れるもの なんかないかな?
って
d0117481_23215612.jpg

かぎ針入門コースの教科書にのっていた ラリエット
って ネックレスではないけど、なんか首からぶらさげるもの。
d0117481_2322265.jpg

d0117481_2393651.jpg

これから軽装になって、Tシャツとか生成りのシャツとかにぴったりだな、って編んでみました。
d0117481_23103230.jpg


昨日、木次に行って桜を見ました。
そのあと、古~い看板のあるお酒屋さんの2階にあるギャラリーに行って見た陶器展
陶器を買わないで、買ったエプロンドレスにも合いそう
d0117481_2323214.jpg
d0117481_23233223.jpg
d0117481_23234282.jpg



そんな中
ちびKくんがやっと話せるようになって、4月から幼稚園に通うことになりました。
ベスト
編んでください のリクエストがあったんだけど、明日の入園式には間に合わない。
d0117481_23254932.jpg
d0117481_23261671.jpg

あとはネックと袖口のゴム編みだけ。
このあいだのベストも糸が足りなくなって、他の糸使ったんだけど、今回もまた足りない!
急きょ紺色を足して、多分めでたくぴったりぐらい。何しろひと玉25gしかない糸でしたね。
アクリル100%なので、ジャブジャブ洗えるね。

完成したらまた写真アップします。

by yumiyane | 2014-04-09 23:29 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2014年 04月 03日

出雲のお茶文化 ~ 桜の花見編

遠く離れた 私のきょうだいへ

懐かしい風景届けます ~ 木次の桜
d0117481_2221262.jpg

父の実家のある亀嵩へ、お墓参りするときに必ず通る町 木次(きすき)
d0117481_22245247.jpg

私も小さいころ、お花見に連れて行ってもらったことがあります。

桜の木の下で食べた さくら餅 のおいしかったこと
出雲のさくら餅は、皮をクレープ状に焼いて、丸い餡を乗せ、塩漬けのさくらの葉でくるみます。

あのころから続いた土手の桜、もう何十年も経っているのだから、木木も年老いていますよね。
d0117481_22223455.jpg


私の記憶ではもっと素朴に、ただただ土手づたいに桜が咲いていた
d0117481_2230673.jpg

こんなに凄いことになっているとは
d0117481_22365394.jpg


木次の桜を見に行こうね~ と誘ってくれた友達との約束が、3日の午後実現しました。
友人は、不昧流という松江の殿様の名前を取った流派のお茶をたしなみます。

花見の途中から、このところ続いた晴天がくずれて、雨がぽつぽつ降ってきました。
やがて本格的な雨になったので、車の中に避難して、
さて
そこで始まったのが、野点(のだて)ならぬ車だて?
d0117481_2242472.jpg

まず、お菓子は出雲のいしはら・・・ここのお菓子はほんとに抹茶に合うのです
d0117481_22454823.jpg

d0117481_22461127.jpg

d0117481_22464514.jpg

d0117481_22473058.jpg

ほんとなら、向こう岸の桜を眺めながら、こちら岸に座ってお茶を点てるつもりだったとか。
きっとそれも美味しかったのでしょうが、
この車の中でのお点前には、楽しさがあふれて、
お菓子もお茶も 結構なお点前でございました。

こんなことが出来るのも、普通に生活の中に抹茶があるってことなのでしょうね。



さらに
お抹茶もいただいたことだし、帰りましょうかと、木次の一つ手前の町 三刀屋(みとや)の川へ、 雨 止みました。
d0117481_22532575.jpg

この川岸の桜は知りませんでしたね。

d0117481_22543675.jpg

斐伊川の支流のひとつ三刀屋川、八俣のおろち伝説の川のひとつですね。
d0117481_22582211.jpg


なんて美しい桜の川でしょう!
d0117481_231268.jpg

両岸に延々とつづきます。
この川岸には「御衣黄(ぎょいこう)」という緑の桜が植えてあるそうです。これは八重桜と同じころ咲くので4月の半ばころが見頃だとか。桜新町にもこの桜が何本かありました。また来て見なくては。
d0117481_2315384.jpg

地方には地方の暮らしがあって、民はその娯楽と文化を大切に受け継いできたのです。
東京で暮らしていたときには、故郷の山や川がどんなになっているか、少しも思いやることはありませんでした。東京が一番だ、東京に勝るところはない、と自己陶酔していたのです。
確かに千鳥ヶ淵の桜は、自分の中の桜の名所の一番にはなっていますが、それも今日のこの桜を見たら少し揺らいできました。
きっと日本中のあちこちに、行って見なければ分からない美しい風景が、文化が生き残っているのですね。

まずは故郷を よく見 聞きし 分かり です。


帰って来て、この桜を見たくなった?!

by yumiyane | 2014-04-03 23:11 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(14)
2014年 04月 02日

Fantastic Yozakura

夜桜 饗宴
さくらの季節は そわそわ ソワソワ

私を夜桜に連れて行って~! と友達に頼んで、
そこは警察署の隣にあるスクエア
d0117481_23544261.jpg

マネの「草上の食卓」の夜バージョンですね

手弁当で  焼きそばとおにぎりに卵焼き
d0117481_23545879.jpg


d0117481_23563427.jpg


d0117481_018219.jpg


友達が、その老木がどんなに大きいかを見せる!と言って
d0117481_001399.jpg

ここは昔、農事試験場があったところ
d0117481_033144.jpg

  老木のくせに妖艶

d0117481_042433.jpg

夢のような桜に惑わされたのは このあとです

向かいの市民会館の入口の駐車場  ここの桜もおなじくらい古いです 

駐車されている車のガラスにまで 枝が伸びていようとは
d0117481_0211831.jpg


d0117481_085054.jpg


d0117481_010317.jpg


d0117481_09148.jpg


d0117481_0134766.jpg


d0117481_091324.jpg

もう なにがなんだか 分からない

d0117481_013491.jpg


Fantastic Yozakura!

やっぱり 桜には 不思議な 力が あると思う

by yumiyane | 2014-04-02 23:50 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(10)