<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 29日

立久恵峡(たちくえきょう)というところ

d0117481_2259220.jpg

須佐の帰りに、立久恵峡に寄りました。

d0117481_2303952.jpg

出雲市中心部から丁度良い距離にあって、小学校の遠足で行くところでした。

2006年7月、豪雨による水害で立久恵峡は大きな被害に遭った。キャンプ場施設であった「わかあゆの里」は壊滅的な被害に遭い撤去され、立久恵峡ユースホステルは廃止された。周辺の3つの橋も被害に遭ったが、現在はともに架け替えられ、峡谷の遊歩道に立ち入れるようになっている。2008年7月に豪雨災害復旧工事が完了し、周辺の観光・宿泊に関しては、以前の状態に戻っている。2011年5月1日に新生「わかあゆの里」がオープンした。約3haに、キャンプサイト約50サイト、オートキャンプ場10サイト、研修施設の管理棟、多目的広場などがあり、無料駐車場(普通車68台、バス6台、身障者用6台)も完備されている。wikiより

遠足だけじゃなく、小さいころ家族でピクニックに行ったり、中学の友達と服装違反して遊びに行ったり、思い出の多いところです。
d0117481_2324135.jpg

服装違反、
ああ懐かしい。
小学校はうわっぱり、中学はセーラー服、夏は白いブラウスに紺の紐のリボン。
高校はテーラードスーツ、夏はなんだっけ?白いテーラードカラーのブラウスだったかな?

一度家に帰ってから出かける時も、制服着用が原則でしたから、三人で立久恵峡に服装違反して行ったときも、結局「制服のスカートに赤いブラウス」が、三人で決めたドレスコードでしたね。

今、公立の小学校は制服がないようですから、お母さんは大変ですよね。
d0117481_043489.jpg

d0117481_104373.jpg

つり橋を渡ると、五百羅漢が岩に広がっている場所があって、子供のころは気味の悪いところでした。
d0117481_0435419.jpg


少し下にある不老橋を渡ると、 ↑ の赤い不嵐橋まで散歩道が作られています。
こっち側には、御所覧場という露天風呂があって、夜になると向う岸の岩山がライトアップされてなかなかいいところです。
d0117481_0482160.jpg

出雲を訪れる方で、少し時間に余裕のある方は是非足を運んでみてくださいね。なんにもないけど
どこかで鮎が食べれるらしいです。


問題は、足だあ。出雲市駅から須佐までの往復路線バスしかなくて一日平日で9本、休日になると7本に減。
こんなんだから、いつまでも秘境でいられるんですね。

by yumiyane | 2013-09-29 22:58 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(12)
2013年 09月 27日

久しぶりのニット ネタ

東京から来た生徒さん、3時間ほど集中教室で、ひとつニット完成させました。

グレーのモヘアで編んだ、マーガレットっぽいベスト。
d0117481_23375938.jpg

きっとおしゃれに着こなせるでしょう。色も素敵!

もうひとつはグリーンのカーディガン、もうちょっと。出来上がったら写真を送ってね。


私はといえば、、、二日前に出来上がった最後の夏のバッグを。
d0117481_2341025.jpg
d0117481_23411569.jpg
d0117481_23413396.jpg

ブルーのカーディガンは、この写真のあと袖口にゴム編みを付けて完成しました。


今は、地模様・表編みと裏編みを楽しむ編地で子供用セーター。最初スヌードにしようと編み始めましたが、スヌードには幅がありすぎで、急きょKちゃんのセーターに変身中。出来上がったらまたアップしますね。
d0117481_23425436.jpg


朝晩がめっきり寒くなって、昼間もとっても気持ちがいい季節です。

いよいよニットの季節がやってきますね。

by yumiyane | 2013-09-27 23:48 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2013年 09月 25日

須佐というところ つづき

5月の終わりに出雲に越してきたばかりのころ、友人が 重たいお米の袋を運んで来てくれました。
引っ越しの荷物の中にはお米がなかったので、これは有難いプレゼントでした。

その友人は、いつも新米の時期に1年分くらいの玄米をまとめて買って、自宅にお米専用の冷蔵庫があり、必要に応じて精米するんだそうです。
購入先は須佐。

別の友人は、稗原(ひえばら)という、須佐からもう少し東にあるやはり山間部のお米を玄米でまとめ買いしています。
お米って、平野で採れるものがいいのかと思ったけど、新潟でおいしい「こしひかり」を作る山古志村も山間部。考えたら須佐も稗原も山古志と同じような地形をしています。
d0117481_01714100.jpg

はでば
出雲地方で、刈り取った稲を干す場所のことです。

先日、手で刈られていた方に聞いてみました。
d0117481_0262199.jpg

機会を積んだ車が稲を刈り、モミだけ取って稲は刻んで畑に戻す、そして畑の栄養分になるのだそうです。
d0117481_024144.jpg

この車で収穫されたモミは、機械で乾燥されます。
昔のように、はでばで稲を干してモミを収穫するのと、機械で乾燥させるのとどちらがおいしいお米になるかは分からない、だけど人手が少なくなった今、機械に頼らざるを得ないのが現実、とおっしゃっていました。
d0117481_0331876.jpg

須佐の丘に干された稲を見て、私はやっぱりここのお米を食べたい! と強く思うのは仕方ないことですよね。
d0117481_0333987.jpg

この日、燦々と輝く太陽の光を受けて、稲のモミはさらにその実を豊かにしたに違いない、と感じました。
d0117481_0381559.jpg


出雲でおいしいお米は、「仁多米」だけじゃないんですね。
有名になった仁多米も、奥出雲の山間部です。

by yumiyane | 2013-09-25 00:43 | ごはんを食べよう(rice) | Trackback | Comments(16)
2013年 09月 24日

須佐 というところ

須佐 と聞いて スサノオノミコト と来たあなた、 相当古事記に強い方。

d0117481_2355653.jpg

怒涛の二日間は、東京からの編み物の生徒さんを出雲えん結び空港に迎えに行った、金曜日の朝から始まりました。

何故か二日目から始まりますが、午前中に 須佐(すさ)巡りをすることになりました。
ここには
須佐神社
天照神社
ゆかり館(温泉)
があります。
そして途中には、立久恵峡(たちくえきょう)という景勝地もあるのです。

では、まず須佐神社から。

スサノオノミコト といえば イザナギとイザナミの間に出来た三人の子供の末っ子で、天照の弟にあたります。
八岐大蛇伝説で、人民を苦しめていたやまたのおろちを退治して、しっぽから草薙の剣を取り出した人でもあります。
この人の子孫に、出雲大社に祀られている大国主命が出てくるわけです。

そのスサノオが祀られているのがこの須佐神社なのですが、実に質素。
d0117481_03173.jpg


しかし、その社(やしろ)は大社造りで、それなりに立派ですが、出雲大社に比べるとかなり質素。
d0117481_081554.jpg


境内には樹齢1,300年と推定されるご神木。1,300年と言えば、今年が古事記編纂1,300年というから、古事記と同い年の杉ということになります。
d0117481_0104997.jpg


カメもいました。
d0117481_0125955.jpg

これについては注釈を見ませんでしたが、こちらは万年単位でしょうか。

須佐神社に輪をかけて質素なのが 天照神社 です。
d0117481_015459.jpg


d0117481_0193792.jpg

鬱蒼とした森に清流の音が聞こえて
なんかいい感じなのです。
d0117481_0212028.jpg


須佐神社は、スサノオの終焉の地ということらしい。
西日本を股にかけ、いたずらっこで暴れまわった男子の社は、ひっそりと静かにありました。


つづく

by yumiyane | 2013-09-24 00:29 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(8)
2013年 09月 21日

盛りだくさん過ぎる 一日

きょうは、朝から夜まで
もの凄くいろんなことが起きて、夜の11時過ぎですが少々ハイテンションにつき、後日逐一報告記事アップします。
写真は、午後2時過ぎのひとこま。場所は立久恵峡。


d0117481_23113495.jpg
あしからず

by yumiyane | 2013-09-21 23:12 | 出雲(home town) | Trackback
2013年 09月 19日

おいしいフレンチ もういっちょ と 手前お菓子屋さん

そんなあ
居酒屋見つけるみたいに書かないでよ~ って
funochanに言われそう。

ランコントレ

意味は“出会い” ということ。

とりあえずランチで 会いましょう と
d0117481_21134627.jpg

おいしいし、¥2,100 はリーズナボー。

このまえ行った トロントセット もそうだけど、奥様が出雲出身でシェフのご主人は他県の方。
それでも、この出雲という田舎に本格フレンチのお店を出す、という心意気がとっても嬉しい。

この頃の出雲は凄いぞ! って思いました。


ところで、フレンチ以外のおいしいところはないのかしらん。イタリアンは?
見つかるまでは、手前トラットリアで我慢しましょう。

ここで一気に手前お菓子屋さん。
6月から7月にかけて、クッキーをたくさん焼きました。
お客様も多かったし、どこかにご挨拶に行くときに持って行ったり。
d0117481_215321.jpg
d0117481_2153971.jpg
d0117481_21531627.jpg

あまりいい写真がありませんが、それぞれ工夫して、見かけよりはおいしいクッキーたちです。

8月からは、マフィンもいろいろ焼きました。暑い中でのオーブン、予熱もすぐでした。

ブルーベリーをたくさんいただいたので
d0117481_2154565.jpg

これがかなりおいしかったので、気を良くして
d0117481_21545764.jpg

次の日にも焼きました。
d0117481_21554850.jpg

こちらは、中になんとかいう文旦ぽいのが入っています。
d0117481_21563076.jpg

スモークサーモンが売ってない!
と書いたら、ありますよ!って言われて探して見つけたので、
クリームチーズとおかずマフィンも作りました。これはiphoneで撮ったものであまり美味しそうじゃないけど、実においしかったのです。
d0117481_2158930.jpg

葡萄がたくさんあって、巨峰をトッピングしたものも焼きました。
d0117481_21585696.jpg


もう、バターと小麦粉の消費が尋常じゃありません。
どこのスーパーがバターが安いか分かったので、車で買いに行きます。

ついにフロランタン
d0117481_22037.jpg

これは、凄く古いお菓子の本のレシピなので、少し甘すぎたかな。
でも、本来お菓子って甘いもの。
よくテレビで先端のケーキ屋さんで、レポーターが
「甘くなくて おいしい!」
って言うけど、甘くないお菓子がおいしい訳ないよね。
ひところは、あまり甘くない方が上品だと思ってたけど、強烈な甘さのものは少しづつ食べればいいのだと思う。お茶やコーヒーを頂きながら、ちょびちょび食べるのもおいしい気がしてきました。歳とったせいかなあ?

これまで作ったケーキをおさらいしているんだけど、サンディに教わったあのパンプキンブレッドも焼きました。
d0117481_22221126.jpg

これには、東京で買ったかぼちゃの缶詰を使ったけど、
これからは、地のものを使って行こうかな。


誤解のないように、殆どお使い物にしていますからね。
全部食べてたら大変なことになりますから。

by yumiyane | 2013-09-19 22:23 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(12)
2013年 09月 16日

しまね花の郷(さと) 写生大会

台風が過ぎて晴れ渡った気持ちのいい日、しまね花の郷というところでの写生大会に参加しました。14日から三日間のいずれかの日に描くこと、だったのですが今日を選んで正解でした。

d0117481_2242851.jpg

出雲市の中心から西に5kmくらいのところにあるのですが、いつ?出来たのでしょう。

今日は出雲から南の山よりにある雲南市の三刀屋(みとや)の中学生と一緒です。
d0117481_2383379.jpg


入口から右手のハーブ園を抜けて、どこを描こうか散策しました。
d0117481_2313332.jpg

d0117481_2313454.jpg
d0117481_23135730.jpg
d0117481_23141437.jpg


へえ、なかなかいいところじゃないの?
って思いながら水場までやってきました。
d0117481_2315839.jpg

ローズヒップみたいな実が付いている、この植物を中心に描きましょう。
d0117481_2316658.jpg


中学生くんは、お弁当を食べると写生そっちのけで、造られたせせらぎに居るエビやカニに夢中。
d0117481_2317365.jpg

ほらほら、4時半までの締切にあと3時間しかないよ。

d0117481_23183048.jpg

d0117481_23184288.jpg


描きあがった絵は、受付に預け、後日審査されて表彰してもらえるんだそうです。

また今回も欲張って、いろいろ描いちゃったからな、あまり期待できないです。
写真はありません。

もう少しすると、コスモスがたくさん咲くみたい。そのころまた来てみます。
d0117481_23293170.jpg

お弁当食べてもいい、ということだったけど
ピクニックも出来るのかな。
d0117481_18201640.jpg


Kちゃんが出雲に来たら、絶対連れて来ようと思いました。
d0117481_23402019.jpg


by yumiyane | 2013-09-16 23:40 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(8)
2013年 09月 14日

おいしいフレンチありました

出雲にはおいしいフレンチもイタリアンレストランもない、、、、
と書きましたら
そんなことない、おいしいフレンチありますよ!

そんなら連れて行って! 

行ってきました。
d0117481_22522837.jpg

久しぶりの外食
おいしいビストロ
それなら、ワインの一杯も飲みたいわ!
d0117481_2257264.jpg

連れて行っていただいたのは、funochan。
出雲付近のグルメ通です。

まずコーンポタージュ、そしてお店の名前の付いたサラダと、そば粉のガレットを前菜に選んで(二人だと二つ選ぶのね)、
d0117481_02270.jpg

メインはアマダイのアメリケーノソース、だったかな。
d0117481_230337.jpg

以上三つを二人でシェアするのです。
アマダイがカリッと揚がってて、付け合せの野菜もおいしかった。これで¥3,500/一人

このあと、デザートは別々に、私はフォンダンショコラ、funochanはプリン。
d0117481_2333747.jpg

それを 私はアールグレイ、funochanはダージリンでいただきました。
d0117481_2394777.jpg

量は丁度いい、これ以上食べると拷問 の手前でした。

ここのいい所は、お店のこだわり。
出雲という田舎に妥協してないところ。

今は作り手が主人一人なので、メニューを二人で選んで頂くけど、もう少ししたらそれぞれが選べるようにしたい、とフロアーの奥様。
フランスのトゥールでお二人で修業なさったのだそうです。
きっと お箸くださーい とか
コースじゃなくて単品で とか 言う客はお断り、フレンチスタイルでお願いします
ってそんな姿勢が見て取れました。
雰囲気を味わうのもお食事の楽しさ。
その姿勢は貫いて欲しいな、ってちょっと応援したくなります。

ワインとデザートに飲み物を付けて、一人5,000円ちょっとでした。
また日々を節約して、大切なお友達とのおいしいディナーに行きたいな。

お店の名前はトロントセット(37の意味)、ここはビストロだけど、ほかにもフレンチレストランがあるみたい。
ちょっと探検、ワクワクしてきましたよ。

by yumiyane | 2013-09-14 00:23 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(6)
2013年 09月 11日

きみに届け 愛の歌 

私の住んでいる出雲から 沈む夕陽の あの方向に
きみの住んでいる町があるはず
d0117481_22412090.jpg


きみの家にこの道は続かない
d0117481_2240884.jpg

だけど

こころは続いていくよ




いつか必ずまた会いに行くから
その時は
あのおいしいイタリアンで、
こんなにおいしいのは 食べたことがないカプレーゼを頂きながら
ワイングラスを チン と鳴らして
乾杯しよう!
人生は まだまだ長い
どんなに欲張りなの と言われようと 
もっと幸せになろうよ




がんばれ kanaさん
from  One of 七羽の折鶴

by yumiyane | 2013-09-11 22:42 | friends | Trackback
2013年 09月 08日

Madrid でも良かったのに

東京のオリンピック招致が成功して、2020年に東京でオリンピックが開かれることになりました。
ロゲ会長の “TOKIO” という声には、良かったね! と思いました。



いつから

オリンピックってそんなにお金がかかるようになったんでしょう。マドリッドが負けたのはスペインの経済状況。

オリンピックの経済効果を東京は3兆円と見積もっているという。
なら、マドリッドもそれくらいの経済効果は期待して、ロンドンオリンピックで見た、“国の盛り上がり”にも期待したんだと思います。

今朝のテレビで石原さんも言ってたけど、東京に全てが集中しすぎることを懸念します。
確かに東京はお金持ち。どこの都市にも負けない。

そういうときいつも思い出すこと、学生の仕送り。
東京都に居住する学生が71万人いるらしく、仕送りの平均は8万円/月らしいです。年間96万円/一人。
71万人の半分近くが地方からだとして。。。
東京の1年間の概算要求額が11,764,184,000,000、そのおよそ28.5約3%かなあ・・・合ってる?
授業料のことも考えると、
地方からの仕送りで東京の一部が賄われていると言っていいでしょうか。


そんなこと考えたりするとやっぱり東京は間違ってるんじゃないかな。
まるで東京が日本を養っているかのような顔をするときがあるけど、実は電力は福島と新潟、みたいに地方が支えている。
その福島の問題を、東電ではなく国が面倒をみると首相は宣言なさった。国が見るということは、島根に住む私の税金も使われることになるの?消費税も復興税も取られてるから。
安倍さんの、絶対に東京には福島の影響は及ばない、と宣言したのも ちゃんちゃらおかしい(あまちゃんの観すぎ)。

東京だけが安全であればいいの。 ちゃんちゃらおかしい(鈴鹿さんのセリフ、受けてます)。

d0117481_23231543.jpg

9月8日18時15分 簸川町から見た北山。
d0117481_23321322.jpg

18時19分。

スポーツの祭典はとってもいいことだと思うけど、
グラスファイバーだとか、サメ肌の水着だとか、道具で勝つのではなく、
原点に帰って競うことにしたら、そんなにお金はなくても出来ることじゃないかな。
会場の殆どは出来上ってるって言うし
スペインにも立ち直って欲しかったな。

by yumiyane | 2013-09-08 23:56 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(4)