にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

ニットでお花

短時間で編めるものは何かなあ?って探して
お花のブローチを見つけました。

ひとつでも可愛い
d0117481_0194018.jpg

色を変えてもいい
d0117481_0195791.jpg

二つ一緒にすると楽しい
d0117481_0202397.jpg


二つ以上だと凄いことに

桜新町の編み物教室に通ってくれたマリちゃん。6月に花嫁になりました。
d0117481_0224119.jpg

結婚式に持つブーケを自分で作りたい
そう相談されたときは、大丈夫かな と少し不安がよぎりました。
でも、自分でオリジナルなブーケを作りたいという一心が、成せば成るんですよね~♪
毛糸で編んだ花を、ブーケを作る針金で止めて、白いリボンで仕上げました。

おめでとう!マリちゃん
新しい人生の門出、手作りのお花が光っています。
きっとこれからの暮らしに、暖かい手作りのいろんなものがあふれるんでしょうね。
幸せにね。


クロシェットの本に載っていたお花
FBにも描いたけど、メビウスの首の髪みたいなことに
d0117481_0305086.jpg

これは、こんな風にざっくりした生成りのバッグに付けたらどうでしょう。
d0117481_0313942.jpg



色を変えたり糸を変えたりするとまた表情が変わったりして
d0117481_0323070.jpg

服に付けてもいいし、壁に飾ったり、箱の蓋やバッグの飾りにもなるかな。

お花、まだまだ作ります。

by yumiyane | 2013-07-30 00:36 | にっと(knit) | Trackback | Comments(13)
2013年 07月 27日

このところの気候

東京の杉並区や調布市の、子供を持つお母さんが見たら、きっと羨ましくなるような看板が家の近くに立っています。
d0117481_17292150.jpg

朝七時半から夕方六時半まで預かってくれたら言うことないです。

私も息子を1歳半から小学校入学まで保育園に預けていました。
3歳から入った駒場保育園は区立で、時間厳守でしたから、六時を1分過ぎても注意されました。
だから、あのころよく夢を見ました。
電話をかけるんだけど繋がらない、しかもあのころ携帯もなかったから、どこかの公衆電話のダイヤルを回す夢です。また、電車に乗るんだけど何故か反対方向に乗ってしまう。気が付いて乗り換えようとするのだけれど正しい方向の電車がなかなか来ない。
こんな経験をされているお母さんもきっと多いのではないでしょうか。
ストレスになっていることって夢に見るんですね。



今朝、物凄い土砂降りの雨が降りました。
雨が上がったあと、空気が晴れません。そういえば、昨日の空もガスっていました。さきほどの写真を見てくださいね。

お友達に聞いたら、これがPM2.5なんだそうです。
参ったなあ、中国から1500kmくらいしか離れていない。おとといから、西からの強い風が吹いていました。
自転車で出かけると行はヨロヨロ帰りはスイスイだったし。

国の政策ってなんなんでしょう。みんなが払う税金で成り立っているから、まず国民のことを考えて物事を処理して欲しいと普通に考えていたのに。
企業からの献金が多いから、いろんな会社の思惑に踊らされて、、、結局はひとりひとりの個へ帰っていくのに。
日本も昭和45年ごろ、初めて杉並区で光化学スモッグが観測されて、外出禁止なんてことがありました。
東京都ではディーゼル車の乗り入れを禁止したり、いろいろ対策を取って随分治まってはいるらしいです。
中国も、早く企業の利益追求のレベルから脱してもらいたいですね。


福島第一原発の汚染水が海に流れ、
東京電力は27日、汚染水の漏えい源とみられる敷地海側のトレンチ(地下の配管用トンネル)にたまっている水から、1リットル当たり23億5000万ベクレルの高濃度で放射性セシウムを検出したと発表した。

第一原発の事故で汚染した土壌を除染するのに
東京電力福島第1原発事故で拡散した放射性物質の除染について、産業技術総合研究所の研究グループは23日、福島県内だけで最大約5兆円かかるとの試算を公表した。
青字それぞれYahooニュースから

日本にはこの問題が重くのしかかっているのです。
これは福島だけの問題じゃない。
日本中の私たちの問題なのです。5兆円の除染費用がどこから出ると思いますか。私の払う税金もその一部になっているわけで、、、。


このところの気候が、幼いころ過ごした故郷の気候と微妙に異なるのは、私たちが確実に地球を変えている証拠なんだなあと、少し悲しく思うこのごろの空です。

by yumiyane | 2013-07-27 17:55 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(17)
2013年 07月 26日

独り占め

大社町は、出雲市の中心部から北西の方向10kmほどのところにある、出雲大社の門前町です。

そこの図書館が入っている「うらら館」というところにお芝居を観に行きました。
d0117481_23331963.jpg


併設の図書館のロビー。
d0117481_23533361.jpg

出雲演劇鑑賞会の7月の例会は劇団昴の「親の顔がみたい」。

この鑑賞会は完全メンバー制で、会員のみが鑑賞出来るようです。
ということで、私も会員になりました。

次回は9月、演目は青年座の「黄昏」。場所は出雲市民会館。

入会金2,000円で会費は2,500円/月。鑑賞会は2か月に1度。
ひとつのお芝居を5,000円で観ることになるわけです。演目によっては高い。
だけど、向こうから来てくれるわけで、こっちから出かける交通費を考えるとまあリーズナブルかな。
演目は会員の投票によって決まるらしいし、ときにはいろんな劇団の大物役者のお芝居が見れたりするわけで。

来年度の演目も、会員の投票によって決まります。
今月の終わりまでに機関誌「まいしいと」に掲載されているお芝居から6作品選んでアンケート用紙に選んだ訳も書いて提出、必。
指定席はローテーションのように変わるそうです。

演劇鑑賞会の会員になるのは想定していなかったわ。
こういう文化的なことには、楽しんで参加して行きたいです。



何が独り占めかというと、
大社へ向かう途中、先日絵画教室で行った出雲文化伝承館の中にある「羽根屋」でお蕎麦を食べてから、ということになりました。
11時半に行ったにもかかわらず、3組目の待ち。このごろ街なかの羽根屋も、国道9号線沿いの羽根屋も行列のできる店になってしまいました。
出雲大社遷宮のせい。

待とうかどうしようかと思っているとき、燦々と太陽の光が降り注ぐ庭園での涼しい光景。
d0117481_0185127.jpg


d0117481_0195554.jpg


d0117481_0201230.jpg

独占的水遊び。
鳥の名前は分かりません、どなたか。

by yumiyane | 2013-07-26 00:31 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(2)
2013年 07月 21日

青いもの

長年勤めていた会社のカラーがグリーンだったので、好きな色がグリーンに変わっていましたが、若いころはブルーが好きでした。


幼いころ、着るものは殆ど母の手作りで、赤やピンクは着たことがありません。
いつも紺とか白とかベージュとか。一度草色のカーディガンを姉妹全員に編んでくれたことがあって、色物は珍しかったから覚えています。
ランドセルも茶色でした。
だから、今でも洋服ダンスの中は地味ですよ。
このごろ、そこにやっとブルーが加わってきました。

年配の方は・・・・私もその中にいつの間にか入っているのですが・・・・緑のことをアオと言いますね。
青信号は緑だし。
ほんと、この信号の色については、外国人には理解できないかもしれない。
私たちは  青になったら渡りましょう! と平気で緑のライトを見ていいますよね。
青い果実は実は緑だし。
ああきりがない!

緑でも若いもの、未熟なものがアオでしょう。

稲に実が付きましたよ。
d0117481_20584193.jpg

垂れているものもあります。
d0117481_2059344.jpg

まだまだ青い。


そんな中、
青いものが届きました。
d0117481_20595326.jpg

Kちゃんママが作ってくれたクッション二つ。右のは以前作ってくれたもの。
d0117481_211370.jpg

ブルーのリバティプリント、布は私が選んでお願いしてあったものです。
布の手触りがとってもいい、やっぱリバティだわ。


そしてまた、
d0117481_2162285.jpg

こんなものも手に入れましたよ。

しばらくは手放せないアクセサリーになりそうです。

by yumiyane | 2013-07-21 21:20 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(30)
2013年 07月 19日

選挙が近づいています

参議院議員選挙が公示されてからすぐ、投票用紙が届きました。

あれ?引っ越して間もないから投票権はないはず!?

開封もせずしばらくそのままにしていて、一週間ほど前にどこで投票するのかな?と開封しました。

投票権がある!と喜んだのもつかの間、投票所は目黒区の駒場小学校。

どうせっちゅうねん!結局棄権か、とそのままにしておいた私、今すごく反省しています。

赤字の期日前投票所案内図のチラシの裏に
目黒区まで来れない人は、目黒区の選挙管理委員会に宣誓書を郵送し、出雲でも投票できる用紙を送ってもらえば、私は東京都目黒区の選挙がこちらで出来る というようなことが書いてありました。

もう間に合わないわ。どうしてもっと早くこの用紙に目を通しておかなかったのでしょう。チラシの裏にちゃんと書いてあったのに。

選挙権を得てから、一度棄権をしたほかは必ず投票していたのに。無念です。

みなさんは、大切な一票をどうぞ使ってくださいませ。



ひさこさんのブログには
、96歳の遺言 と題して、久米さんというおばあちゃんのお話、戦争を絶対にやってはいけない! ことを
訴えていらっしゃいます。
ひさこさんも80代、戦争を経験されて、自身のブログでもどんなに戦争が無駄なことかを書かれました。
誰がなんといおうと、戦争と原発はダメです。
選挙で投票するとき、誰に入れるかを決める根拠はここにしかありません。

by yumiyane | 2013-07-19 23:48 | 身の回りのこと(around me) | Trackback
2013年 07月 17日

いちじくの里  購入方法追記

出雲市中心部から9号線を西に走って、神戸川(かんどがわ)を渡って10kmくらい行くと、先日訪ねた多伎町があります。
d0117481_23181886.jpg

いまや表参道の紀伊国屋でも売られているほど、この多伎はいちじくで有名になったのです。

古志町の絵の先生を訪ねたあと、幼馴染くんに乗せてもらって多伎町にあるキララの道の駅まで高校の同級生に会いに行きました。

Junくんは、大阪の大学を出たあと大阪の会社に就職しましたが、数年後親の家業を継ぐためここに戻って来ました。長男である自分が継ぐというのは小さいころから潜在意識に刷り込まれていたそうです。
家業はガソリンスタンド。

でもJunくんは、当時盛んになりつつあったいちじく栽培にも着手しました。二足のわらじ。
d0117481_2331055.jpg

「花がついて実が成って、これに勝る仕事はない!」
d0117481_2323543.jpg

炎天下、彼のいちじく畑に連れて行ってもらって、作業工程をひとつひとつ説明してくれたJunくんの表情はすごく楽しそうでした。

枝を横に這わせて、太陽の光はまんべんなく当たります。
d0117481_233586.jpg

枝を支えるのにテープを使うのだけれど、このテープは風化して無くなるんだそうです。
d0117481_2341921.jpg

冬の選定が一番大切だとか。
これくらいの畑が三つあるそうですが、下地の草刈りとロープ張り以外、いちじくに触れるすべての作業は彼が一人でやるんですと。
愛情の賜物です。


わざわざ来てくれたから、とおみやげにもらったいちじくジャム。彼のタキ・ファームの商品です。
d0117481_23295418.jpg

私はこのジャムを食べたとき、
アルザスの田舎・ニーデルモシュヴィルのクリスティーヌ・フェルベールのジャムを思い出しました。
現地だと600円くらいなのに、日本で買うと3倍になってしまうあのおいしいコンフィチュール。

数量限定だし、出雲のお店には売ってないし、どこで買えばいいんでしょう。
通販しかないの?
東京の明治屋には売ってるらしい。
ガソリンスタンドでは売ってないの?
今度聞いておきます。



※ 生のいちじくとジャムの購入方法
HPをご覧になった方、生の果実はいつ買えるの?と思われた方
今年は8月ごろらしいですが、そのHPから買うより、
「お問い合わせメール」 をクリックして申し込んでいただくほうがいろいろいいそうです

また
ジャムはガソリンスタンドに置いてあるそうですが、
こちらもお問い合わせメールで申し込むか、HPから買ってください
、とのことでした。

by yumiyane | 2013-07-17 23:31 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(20)
2013年 07月 14日

先生のアトリエ

伝承館での絵画教室の際、半世紀ぶりにお会いした先生ともっとお話ししたかったので、
おうちに訪ねて行ってもいいですか? とお願いしていました。

昨日の土曜日、小学校3年から5年まで先生が担任だった同じクラスの幼馴染くんに運転してもらって行ってみました。

先生のお宅は、通りに面した入口は間口一軒ほどの小さな玄関ですが、奥が長い。30mはゆうにあったでしょう。いや、もっとあった、50mはあったかな。
車を後ろの畑に止めてくださいと言われ、ぐるりと回った畑の隣にもうひとつの玄関が合って、そこに先生のアトリエがありました。
d0117481_233454.jpg


「いつ訪ねてくるかと待っていた、、、」 とおっしゃって、嬉しい!!


昭和19年に軍隊に入った話から始まって、目黒の駒場に研修に行かされた話、そこから歩いて福島に回されたこと、そして戦争が終わって島根に帰ってくることになった話。
教員になって4年目に出雲の大津小学校の教員になったこと、そこで校長先生に図工の主任に任命されるまで絵なんて描いたことがなかった、という衝撃的な話を聞きました。
d0117481_23282931.jpg

d0117481_2329338.jpg

懐かしいコースターです。実家にも同じようなのがありましたね。


面白かった!
先生がどうやって絵を描こうと思うようになったか。どうやって絵を小学生に教えて行こうと思われたか。
興味深い話を聞かせて頂いて、実は次に回る約束があったのだけれど、それをキャンセルしてでもこのままお話を聞き続けていたかったです。
奥様が作られたという黄色いスイカ、おいしかったです。
d0117481_23295670.jpg


一緒に行った幼馴染くんが、次の約束があるからと申し出たので、お話は図工の主任先生となって油絵を描き始めたところまで。続きは次回! をお約束させていただきました。


私の絵心は先生から授かりました。
写生大会にいくと、これをここから見て描いて見たら とか
下書きは鉛筆じゃなくて、この割り箸に墨汁を付けて描いてご覧 とか
ガラスにすすをまんべんなくつけて、割り箸で表面を削って絵を描いて、紙に色をとりどりに並べすすの付いたガラスを乗せて、透ける色を楽しむ とか
マーブル模様を作って画用紙に写したり
先生の実験にとても楽しく参加していたのです。

先生の研究発表が近づくと、国語や社会科の時間が図工の時間に変わりました。

絵なんて全く描いたことのなかった先生が、小学生に図工を教えることになって、絵画における児童心理学をそこから学ばれたお話は、なるほど私たちは教材として貢献していたということですね。


いただいた先生の個展のカタログは、大切な書籍のひとつになりました。
先生の書かれたごあいさつの中から
---絵を描き続けるためには、意欲があること、感動すること、健康であること、時間があること、よき指導者をもつこと、家族の支援があることなどが必要であると思います。

d0117481_23403857.jpg

お話の続きを、お仕事の邪魔にならないようにしますから、また伺わせてください。

by yumiyane | 2013-07-14 23:42 | paintings | Trackback | Comments(14)
2013年 07月 13日

もうひとつ帽子

このあいだKちゃんに編んだ帽子をママが気に入って、
編んであげることになりました。

Kちゃんのはトップが平らで、カンカン帽のようになっていましたが、ママのはちょっと変更。
d0117481_035395.jpg

やっぱり平らなんだけど、筋編みではなく普通の細編みを続けました。
d0117481_043449.jpg

そしてトップの平らなのを少なくして、少しづつ斜面になるような増し目をしました。

つばは、巻いてもいいしひさしのようにして太陽光線を遮ってもいい。
d0117481_045388.jpg

ここのところの加減が難しい。何しろ本を見てる訳じゃないからほどいては編みで丁度いい斜線になるように。


そして、やっぱり折りたためます。
d0117481_051734.jpg


気に入ってくれるといいな。



この素材は エコアンダリア という糸、二本取りになっているので少し固いのです。それ故つばの部分がしっかりはしているのだけれど、編むのも固い。右手の親指と左の人差し指を操る筋肉が痛いです。
まだバッグを編むくらいの糸が残っているけど、少し指をお休みさせてあげないと。。。

今日みつけた 横田株式会社というところの クラフトクラブ という糸の方が軽くて編みやすいかな。
d0117481_020385.jpg




写真がありました。
d0117481_23544657.jpg


by yumiyane | 2013-07-13 00:20 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2013年 07月 10日

風が見える

住まいの東側には田んぼがあります。

窓を開けると気持ちのいい風が吹いているのが見えます

地味な動画です

お付き合いくださり有難うございます。


東京はどんな風が吹いているでしょう。
太郎くんが立候補しています。

東京に居たら、私も絶対ボランティアに駆け付けたと思います。
再稼働反対!と唱えているだけではだめなんです!
東京のみなさん、是非サポートしてください。



ところであの帽子はこの方へと飛んでいきました。あれから何度も編みなおしました。
d0117481_2235045.jpg

じいです。

さらに美しい夜空が期待された7月9日の夜、幼馴染のアッシーくんを丸め込んで、じいの家まで運んでもらいました。
d0117481_22375057.jpg

幼馴染は鉄工所をやっていて、鉄の話でじいと盛り上がりました。

ひいさんも居て、思いがけない長いおしゃべりのあと、外へ出ると果たしてそこには煌めく天の川がありました。
写真ないです。撮れない。

焚火小屋では、じいとたえさんが楽しい風を吹かせています。近々またワークショップがあるらしい。

私も風に乗りたい。



今日は自宅で編み物ワークショップ。
ポプリ入りテトラを作りました。
d0117481_2254161.jpg



やっぱ楽しいのが一番だわ。



そうそう
物々交換は玉ねぎでした。

by yumiyane | 2013-07-10 22:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2013年 07月 07日

満点の星

出来上がった帽子を送ったら、さっそくKちゃんからスカイプありました。
d0117481_08569.jpg


すごく気に入ってくれたみたいで、よかったよかった。
d0117481_094566.jpg

満点もらいました。

次はママのを編む約束もしましたよ。


今朝はどしゃぶりの雨が降りました。雷もとどろいて、キャットアンドドッグって感じでした。
そんな中、友達に迎えに来てもらって、松江で編み物教室を開きました。
生徒さんはなんと7人。
友達以外は初めましての方々なので、キットを作ってワークショップ風に始めました。
来月の日にちも約束出来て、頑張ります!

お茶うけにと焼きました。
d0117481_013846.jpg

こちらも喜んでいただけました。

夕方出雲に戻ると、美しい夕焼け。雲が芸術品でした。写真ありません。
雲が結構流れていたので、まさか
こんな星空が広がるとは。
ひいさんのFBに、焚火小屋からの天の川が凄い!とありました。
急いで外に出てみると、、、、美しすぎる星空がそこに
d0117481_0193223.jpg

残念
写真に撮れません。
さそり座のあとのペルセウスかな、もう何がなんだか分からないくらいの星
満点の 満天の星です。

七夕の夜に、こんなに光る星を見ることが出来たのは何十年ぶりです。
こと座のベガ
わし座のアルタイル

by yumiyane | 2013-07-07 23:21 | family | Trackback | Comments(10)