にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 27日

幼馴染

中学時代の幼馴染が、横浜市金沢区に住んでいて、帰る前に遊びにおいで、というので出かけてきました。

車があったころは、第三京浜から横横道路に回って、港南台で降りたら笹下釜利谷道路の能見台入口の信号を曲がって訪ねていました。
横横道路の渋滞が半端じゃなくて、行きも帰りも2時間は覚悟の道でした。
今日は、品川から京急の快速に乗って、上大岡で急行に乗り換えたら、家から能見台の駅までなんと1時間で着いてしまったのです。
今は横横道路も随分改善されているようですが、電車でこんなに簡単に来れるならあのころも電車にすればよかったな。

幼馴染の友達は、お料理がとても上手。
d0117481_0472367.jpg

二人の男の子は小さいころ食が細くて、追いかけて食べさせていると言ってました。
こんなにおいしい料理を勿体ない、お母さんの料理はとってもおいしいんだから、いっぱい食べなさい!
と私も声をかけたものです。
その二人の男の子も33歳と30歳になったということ。
登校拒否とかいろいろあったけど、上の子は出遅れたけどちゃんとお父さんの後を追って医者になりました。良かった良かった。おととしの結婚式には私も参列させていただきました。綺麗なお嫁さんもらったしね。

マイタケごはんがとってもおいしかったので、おかずももらって帰りました。
大根といかの煮たの。卵焼き。麹漬けタラ。ぬか漬けも白菜漬けも手作り。
d0117481_0545384.jpg

夕方6時の空はもう明るい。ベランダに出て、夕焼けの雲を見ながらいただきました。
空とミュージックがあれば、どこでもいいなあ、ってふと思いながら、人の作った手料理ってどうしてこうおいしんだろう。



パソコンをセブンに変えました。
早いけど、XPでは写真のサイズ変更とかペイントを使っていたから簡単便利だったけど、セブンにはペイントがないのね。
フォトビューアーで変えてみたけど、これでいいのかしらん。
ピカサではサイズは変えられないのかな。
ご存じだったら教えてください。

by yumiyane | 2013-04-27 23:04 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(12)
2013年 04月 24日

ブルーのコットンの子供用カーディガン

15日のお別れパーティーの時にいただいたアレンジのお花が、まだ綺麗に咲いています。
d0117481_18492880.jpg

グリーンのアレンジはプリザーブドフラワー。何年かは楽しめそうです。
d0117481_18494644.jpg

後ろのフォトフレームは、仲間がコッツウォルズを取材した時の写真を300枚、すでに編集して入れてくれていました。
d0117481_184938.jpg

癒されます。




そんな中、先日Kちゃんが遊びに来たとき試着して、
d0117481_1924035.jpg
10数年前に身頃だけ編んであったものを、子供用カーディガンに変更しました。
d0117481_18522454.jpg

Kちゃんリクエストで、袖は短めになっています。
d0117481_18542667.jpg

糸はコットンのテープ状に編んであるもの。糸に弾力がないので少し編みづらかったですが、わりと早く編めました。
d0117481_18515293.jpg

今年の春から夏にかけて重宝してくれるといいな。



朝、テレビを観る時間が多くなったのでよく国会中継を見ています。
相当な忍耐が必要です。
ある筋書きが出来ていて、みんなそれに沿った役割をこなしている感じ。
それでも次の日の新聞には、首相がああ言ったこう言ったと記事になっているから、その発言は重要な発言だったんだなって思うけど、原稿読んでたりするからね。誰の発言だか。

junkoさんのところで知ったんだけど、MOX燃料という厄介なものを輸入してるんだそうです。
日本だけじゃない、世界はどうなってしまうんだろう?
それこそ猿の惑星みたいにならなければいいんだけど、そういう危機感、男の人にはないのかな。

by yumiyane | 2013-04-24 18:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(16)
2013年 04月 20日

予期せぬ出来事 

映画は、エリザベス・テイラーとリチャード・バートン。
空港で、フライトがキャンセルになったため起きる人間模様。


話は現実。
今週水曜日、4/17。再び出雲に行くことにしました。今回は急遽決めたのでマイレージは使えない。
朝一番の便は早すぎるので、2便にしました。10時50分発。
家は9時15分に出れば間に合います。
私はまだスマホを持っていません。スマホなら普通に受信していたでしょう。
朝、メールをチェックしたところ-しなくても良かったのに
1便と2便が、天候不良のため伊丹空港へ引き返す条件付きフライト となっていました。
私の便は2便、チケットは変更可能チケット。
電話で3便に振り替えてもらいました。14時15分発。

ところが、私の直感が胸騒ぎを起こし始めたのです。
2便に乗るつもりだったから支度はしてある、、、どうしようか、、、どっちがいいのか。
2便に間に合うように家を出ました。

JALのカウンターに着いたのは10時20分。この時点で2便はすでに満席(きっと1便の人が回ったのだわ)、受付嬢が言うにはオーバーブッキング状況で、すでに空席待ちも4人。
こりゃだめだ、3便目は条件付きフライトにはなってないから、しょうがない、次の便を待ちましょう。
d0117481_12501752.jpg

羽田で3時間、時間を潰しました。
まず落ち着こうと、エディアールでパンケーキを食べました。
d0117481_12571640.jpg

Docomoショップで、先日来出来なかったショートメールのセンター設定をしていただきました。
電話会社が異なっても送れるショートメールは便利ですからね。
ここが案外時間がかかりました。

それからお土産を買ったり、南ウィングから北ウィングまでウロウロしました。
そうこうしているうちに13時になったので、北ウィングの蕎麦屋に入りました。

こうして私は14時15分発の3便に乗ったわけです。

予期せぬ出来事はここからです。

予定通りの到着時間に合わせて飛行機が着陸態勢に入りました。
出雲空港は、宍道湖の上を通って着陸することが多いです。
湖が見えてきて、もうじき滑走路、というところで飛行機が靄に包まれました。

あれ?

機体が上昇するではありませんか!

出雲は雲の多い土地。雲が低く垂れ篭めると着地できないという話は聞いていました。

機長のアナウンスで、風ともやの関係で着陸出来なかったので、もう一度トライします、と。
ふたたび着陸態勢に入りました。
湖が見えてきて、もうじき滑走路、というところで再び靄の塊が機体を包んでしまいます。

ああ
また、機体が上昇するではありませんか!
さらにさらに上昇するではありませんか。

残念なお知らせです、とCA、この飛行機は大阪伊丹空港へ目的地を変更いたしました。
機内にウーー という声が起こります。
2度のトライへの不安からの開放と、大阪という土地へ送られるガッカリ感が入り混じって。

下に神戸港が見えたと思ったとき、機体が右に大きく旋回しました。
さらに機長のアナウンス、地上からの指示により、この飛行機は岡山空港に着陸することになりました。
d0117481_1259422.jpg

岡山
思ってもみなかった地名です。
やがて飛行機は岡山空港へ無事着陸しました。
指示があるまでは着席を要請され、私は頭の中で、何をどうすればいいのか考えました。
この岡山空港から東京へ戻る、という選択肢もありました。

今回の出雲行の目的は、家探しともうひとつ、仕事で出雲に行っている仲間と合流することでした。
同じ宿を取っていて、夕飯を一緒にする予定でした。
しばらく機内で待機させられたあと、アナウンスで私たちは岡山駅までバスに乗せられ、
JR特急やくもで出雲まで送られることに。やくもは出雲まで3時間かかるのです。

東京へ帰る、と仲間には電話しました。
しかし、
機外に出て、乗ってきた飛行機を眺めたとたん、
d0117481_1314915.jpg

ここで東京へ帰っては、田舎もんの恥!と、ぞろぞろ歩く皆さんと一緒に岡山駅へ向かうバスに乗りました。

予期せぬ出来事でした。
d0117481_130132.jpg

バスの中から見る岡山の景色。私は岡山へ来たかった訳じゃない。今回の旅程に岡山は全く入っていなかった。伊丹空港へ送られたら、そのまま東京へ帰るつもりだった。岡山から3時間かけて出雲まで列車に乗ることなんて、全く予期せぬこと、車窓の景色を眺めながらもの凄く不思議な気持ちでした。
d0117481_1304822.jpg

d0117481_1323714.jpg

出雲市駅に着いたのは、なんと夜の10時6分でした。

仲間は驚いて、東京へ帰ったのではなかったの?

3時間くらいへっちゃらにならないと、出雲では生きていけないよ!

でも東京人だって、平気で羽田で3時間くらい潰すでしょ。

d0117481_1372312.jpg

次の日の出雲は霧でした。
こんなに天気の悪いところだっけ?出雲って。




参考の為次の日東京へ帰る際空港の地上係員に聞きました。
岡山から羽田へ戻る飛行機に乗った場合、運賃はJAL持ち。
本来乗るはずだった戻りの出雲から羽田の運賃は払い戻される、ということでした。
ちなみに
17日の1便と2便は出雲到着、3便とそれ以降は欠航になったそうです。
あちゃー でしょ。

by yumiyane | 2013-04-20 13:16 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(14)
2013年 04月 19日

旅の終わりに 送別会 in 箱根

先週末、お友達と5人で箱根に行きました。
d0117481_1022675.jpg



箱根行を決めたのは去年の8月。その頃から出雲に帰る!と騒いでいたのですね。
その頃の決心はどれほどのものだったか。
d0117481_1022446.jpg

エクシブの箱根離宮というちょっとエグゼクティブ感の味わえる宿をとって頂きました。
d0117481_1023925.jpg

運転は学生時代からの友達りりさん。
二人での海外旅行は2回、ポルトガルと南イタリア。国内は福岡と今回。
海外は私が運転していましたが、この箱根は彼女にとってはお庭、お任せです。

小田原の駅で待ち合わせたのはこすさんとてぶさん、それにほわさん。
どうしてこの組み合わせになったのかは誰も説明ができない。
磁石が引いた、というか。

磁石が引いたからといって、同一物質の集まりではなく、異業種間の文化交流とでも申しましょうか。
共通しているのは、みんな仕事を持っていること。
いつでもどこでもみんなリーダーになれる要素を持っていること、かな。

温泉
お食事
バータイム
睡眠

睡眠以外、すべてにわたってのおしゃべりは圧巻。
ヌーベル・シノワを頂きながら、私の再出発を祝っていただきました。
うるうるうるうる
d0117481_10255914.jpg

再出発は私だけじゃないよね。
みんないい歳になっても、毎年 今年はこうありたい って思える方々。
みんなのこれからに乾杯です。

旅の様子は皆さんがアップなさっていますので、私は次。


旅の終わりに

3人と箱根湯本の駅で別れたのが午後14:42。
d0117481_10524263.jpg

厚木インターまでは、何の問題もなく走りました。
海老名インターを過ぎて、いつも渋滞する綾瀬バス停手前あたりから渋滞が始まりました。
それはいつもの渋滞か、と最初は思っていましたが、

消防車
救急車
道路整備車
が何台も追い越していきます。

事故情報は 大和トンネル付近で 7台の車を巻き込んでの事故 とのこと。
最初はね、そのうち通れるだろう って思っていました。
そのうち全く動かなくなってしまったのですね。
聞けば、厚木インターは閉鎖されたということ。私たちその中!?

運転は心強い友達、車はNISSAN(車種はなんだっけ?)、なんの問題もありません。
問題は、箱根最後のHiland Hotelでのお食事です。
紅茶をお代わりしたではありませんか。

その後の冷や汗もののひと時は、一生忘れることはないかもしれない。
りりさん、お世話になりました。
いろんな意味で解放されたときは、幸せな気分になれましたね。


事後現場を目撃して、
d0117481_10441789.jpg

あれに巻き込まれなかっただけでも良しとしましょう。


d0117481_10442878.jpg

亡くなられた方はいなかったということが幸い。
d0117481_10444247.jpg


あざみ野で降ろしてもらって、田園都市線で桜新町に着いたのが19時半。

皆様、お疲れ様でした
そして、
有難うございました

by yumiyane | 2013-04-19 10:55 | 身の回りのこと(around me) | Trackback
2013年 04月 15日

同窓会的送別会

ブログはエッセイであり、エッセイの多くは自慢話である、、、という人の話をいつか書いたことがあります。

なので、今日のブログは自慢話です。

会社の皆さんから、今日送別会をして頂きました。

挨拶したり、形式ばった会が嫌だったので、立食式パーティー形式が私のリクエストでした。

場所も、小さくてもいいから私のお気に入りのお店。
主催してくれた会社の女子が、そのお店では人をまかないきれない、と予想して
向かいの、これまた私のお気に入りのお店も貸し切ってくれました。

ナポリマニア
アドゥ・マンマ
両方のお店には、本当に我儘を聞いてくださって感謝しています。
d0117481_110874.jpg


頼んでチェキを用意してもらいました。
来てくださったみんなと記念チェキ。

二人で撮った写真は、記念に持って帰ってもらうはずが、逆に自分を覚えていて欲しいから、と
置いていく人が殆ど。
覚えていますよ、みんなのことは。

何年も前に会社を辞めて、しばらく会えなかった子達がたくさんやって来てくれました。
最たるは、病気になって、自宅に訪ねたりいろいろ心配していたKくんです。
立派なスーツ姿、しかも美人の奥さまを連れて、なんと2歳の子供の写真もみせてくれて、
おまけに会社を立ち上げた、なんて!
辞めていく子に、「出世してね!」といつも声をかけますが、こういう姿を見るのは嬉しいですね。

最後には、お店の前の公道で、人のアーチをくぐりました。
d0117481_1263872.jpg

みんなの暖かさ、優しさ、強さは得難く、会社の底力を感じました。


頂けることになった記念品、
d0117481_1352033.jpg

チャリダーご推薦でしょうか。
新しい住所に届くそうです。


家に帰ってしみじみ
d0117481_1363840.jpg

こんなにしてもらっていいんだろうか。
しみじみ めそめそ

みんなの活躍を、心から期待していますよ~♪
テレコムスタッフ頑張れ!

お料理は凄かった

by yumiyane | 2013-04-15 23:54 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(36)
2013年 04月 11日

時計も止る

月曜日は、手続き回り。

まず区役所で世帯全部の住民票を取得。
その足で半蔵門駅から歩いて15分の健保組合の事務所に、任意継続保険の手続き。
先週の木曜日にも行ったのだけど、書類に不備があって出直し。
この日は15分ほどで新しい健康保険証がもらえました。


それから、渋谷のハローワークへ行って、失業保険申請の手続き。
3月いっぱいで退職した人が多いせいか、大変混雑していました。
13時20分に入って、順番が来たのが14時50分。1時間半待ちました。
申請を受理してもらって、説明のあとコーディネーターの方にいくつか質問され、カードがもらえたのが15時半。

それにしてもそういう事務所ってなんで駅から遠いんだろ。
もう頭痛くて、きっと朝からのあれこれや、ハローワークの人いきれのせいか。

桜新町まで戻って、クリニックに行ってお薬をもらいました。
そして家に帰って仮眠。
この日は18時半から赤坂見附の浅田で、会社の仲間の一人が送別晩餐会をしてくれることになっていました。

忙しい一日でした。

健康保険はこれから毎月引き落としになるし、失業保険は毎月出頭しなくてならないし、
税金は毎年自分で確定申告することになるし。
年金事務所にも行かなきゃいけないし。
会社って、何にもしてくれない、って思うこともあったけど、こうしていろんな手続きを自分でしていると、
会社に守られていたんだとつくづく思います。


そんな中
d0117481_2383594.jpg

7年前にフランス旅行の帰りのDutyFreeで買った時計が止まりました。
一度も電池の入れ替えをしていなくて、どれだけ優秀なのかと思うほどの電池の持ちでした。
時計もお疲れ様でした。

でも、会社勤めのように定期的な動きではなくなった今日この頃、
時計が止まると大変不便なことになっています。
いちいち携帯の時計をスイッチを入れて見なくてはなりません。

電池替えてあげるから、また一緒に頑張ろうね。




いろいろあるわよね。

by yumiyane | 2013-04-11 23:12 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(8)
2013年 04月 09日

最初の週末

退職後の最初の週末は、Kちゃんが泊まりに来ました。
Kちゃんにとっても春休み最後の週末。月曜日から小学2年生です。

桜新町の八重桜は満開。でも桜まつりは次の日曜日です。
d0117481_9195287.jpg


天気予報が、大変な嵐になるというので、お買い物を済ませたあとは
ずっと家に篭もりました。

まず、例によってクッキー作りです。
d0117481_9225134.jpg

d0117481_9231766.jpg

飾りに使ったアラザンやチョコがこぼれたのを、ふがふが言いながら食べてます。
d0117481_9242476.jpg

こういうところがまだまだ可愛いのです。

お夕飯が終わったら、編み物が始まりました。
d0117481_927035.jpg

Kちゃん、初めてのかぎ針編み。
まず鎖編みをマスター。
以前よりずっと集中力が増してきました。

白とグレーのモチーフを編めとの指示が出まして
d0117481_929493.jpg

チビデザイナーはこれをバッグにするのだそうです。

あとちょっと、というところで時計は午後11時、もうやめなさい!

しぶしぶお布団へ。
そうそう、なんでも仕上げは次の日に限りますから。

朝風呂に入ったあと、前日の仕上げに入りました。

出来上がったバッグ。Kちゃんは引き続き何か編んでいます。
d0117481_9313571.jpg

モチーフ以外は、綴じるのもボンボンもKちゃん製。大胆な綴じ方、モチーフも裏を使うなど、オリジナル感満載。


外の風は強い。ごーーーっと時々吹き荒れていますが、
夏の空のようにきれいに晴れ上がって青い空に白い雲が流れます。

ベランダに出て編もうよ! とKちゃん。
d0117481_9343265.jpg

いっちょまえ です。

私は編みかけだった夏糸のベスト
d0117481_9352480.jpg

これが計算違いで、というか以前は私も細かった! で
d0117481_936795.jpg

結局これは、Kちゃんの夏用カーディガンに仕上げることになりました。
d0117481_9364862.jpg


土曜日も日曜日も風が強くて、どこにも行けなかったけど、
「楽しかったね」
と言われれば、良かった良かった、の週末でした。

by yumiyane | 2013-04-09 09:44 | family | Trackback | Comments(6)
2013年 04月 04日

私が出雲に帰るわけ

1日の社員総会で、皆さんにご挨拶をして、すべての仕事を終えた次の日、
朝一番の飛行機に乗って出雲に行きました。

初日はあいにくの天気でしたが、3日は晴れました。
d0117481_23313247.jpg

不動産屋さんの車で送ってもらう道中、桜の並木を見ました。
かねてからその川べりに桜の木が植わっているらしいことは知っていました。
その川べりにイタリアンレストランがあった時、ランチを食べながら青々とした葉の茂った桜の並木を見ていましたから。
d0117481_2332659.jpg

咲いていましたね。
d0117481_23323689.jpg

赤川という名前の用水路は、びっしり緑の雑草に覆われていて、水の流れも美しく、鳥も飛んでいました。
d0117481_2333799.jpg

その川のほとりに、友人の家があるのを見つけて、突然訪ねていったにもかかわらず、
お昼時だから、食べていって、とパスタを茹でる友達。
d0117481_23333125.jpg

12時の時計通りに、50mくらい先にある仕事場から昼食に戻るご主人のパスタも一緒に作りました。

13時になるとまた仕事場へ。
13年前に関西からUターンしてきた友人一家。
ご主人は、時計も、携帯も、お財布も持たないんですよ、と笑っていらっしゃる。

ストレスもないけど刺激もないですよ、と。
でもその顔には幸せな微笑みが普通にありました。

Kちゃん、ほんとに突撃訪問したうえ、友達まで呼んでしまってほんとにお騒がせしました。
有難うございました。


1泊二日の短い滞在でしたが、5件の不動産屋さんと市役所の定住支援センターを訪ね、出雲市の現状を少し把握できたかな。


こんなのんびりした、美しい景色を見るために、
d0117481_23385795.jpg

私はまた出雲に帰ります。
d0117481_23442020.jpg


by yumiyane | 2013-04-04 23:09 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(34)