<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 31日

もう6歳

このあいだ産まれたと思った・・・・というのはオーバーですが、
今日お誕生日でやっと?もう?6歳になったチビKちゃん。

先週インフルエンザA型に罹って、やっと昨日先生からお許しが出て、今日は幼稚園に行ったそうです。
すっかり元気を取り戻していました。

メニューもチビKちゃんのリクエスト?で、息子が作ったのは
d0117481_051088.jpg

ブロッコリーとキャベツのサラダ
ニョッキとソーセージの炒め物
d0117481_043525.jpg

フォカッチャ・・・ちゃんとおいしく焼いていました。
d0117481_04147.jpg

ミラノ風カツレツ  でした。
d0117481_062362.jpg


病み上がりのためか、誕生日ケーキはいらない、その代りいちごが食べたい!ということ。
紀伊国屋に長崎のおいしそうないちごがあったので、奮発しました。
黒砂糖カステラに、 6 のローソクを立てたところ。
d0117481_093786.jpg

Make a wish!
d0117481_01079.jpg

口に出さなくていいからね、思ってごらん? て言われて、
チビKちゃんは何を思ったのでしょう。

パパからは時計
d0117481_0113453.jpg

ママからは手編みのマフラー
d0117481_0115078.jpg

私からは、手編みのスカート、
のはずでした。一生懸命間に合わせようと編んだのに、
結局丈が足りなくて、もうひと玉毛糸を買って編み足さなくてはならない!!!
いいんですよ、成長しているということですからね。

そんなこともあろうかと、用意していたパズルのプレゼント。
想像力の訓練になるかな、って探していました。私が幼いころ遊んだパズルです。
d0117481_016412.jpg

数10年前のものは、もう少し小さい、えんじとか緑色とかのプラスチックの板でした。
これは少し大きめの木製。
ところが
パパが横取り
d0117481_018593.jpg

まだ少し難しいけど、すぐ遊べるようになるかな。

今年は小学一年生になります。
d0117481_0204095.jpg


子どもの未来のために 『東京新聞』『中日新聞』の社説

by yumiyane | 2012-01-31 23:49 | family | Trackback | Comments(30)
2012年 01月 29日

いろんなことが出来た日

今日は何もない日と思っていたけど、いろんなことができた日でした。

まず朝寝。
9時半にくうちゃんに起こされました。
私は夜寝る時に携帯を切って寝るので、夜中や朝にメールで起こされることもありません。
何もない前の晩は、アラームもセットしないで切ります。朝目覚めて携帯のスイッチを入れ忘れることもあって、午後に気が付く時もあります。

次に、ヘナで髪を染めました。去年の11月以来だから2カ月半ぶりでした。
これには、合計2時間はかかりますから、その間に
d0117481_2334688.jpg

先日アップしたマフラーを仕上げました。
d0117481_2335290.jpg

元廣のクーヘンという糸を丁度5玉使いました。
d0117481_23352497.jpg

それから、おととしごろ編んだセーターの、袖が短くて気になっていたのでゴム編みを足しました。

そして、先日編んだセーターの裾を編み直しました。ゴム編みがゆるかったので、かのこ編みに変更しました。

それから、火曜日にチビKちゃんの誕生日、そのプレゼントに編んでいるスカートの糸が足りなくなったので、新宿のオカダヤまで買いに行くことにしました。
その糸はリッチモアのパーセントという糸の薄紫糸です。それ1個。
でもそれだけじゃ済まないのですよね、毛糸屋さんに行くと。
安くなっている糸があったので、帽子用にいくつか買いました。プレゼント用に。

オカダヤを出ると、お昼を食べてないことに気付きましたので、斜め向かいの「三国一」に行きました。
このお店は随分前からここにあって、新宿のこのあたりに行くときは、たいがいここで食べます。
ここだとお一人さまの食事が出来るようになったからです。
いつもは三国一のサラダうどんなのですが、今日は味噌煮込みうどんにしました。
名古屋のあのうどんに近い味でおいしかったです。ここに来れば食べれることが分かりました。

そのあと、高野のフルーツパーラーへ、フルーツチョコ
d0117481_2356256.jpg
を買いに行きました。この時点で4時40分でした。

それから、三越の食料品売り場に行こうと思いましたが、三越はもう伊勢丹の向かい側にはないのですね。
いつの話ししてるんでしょう。とっくですよね。
仕方なく、伊勢丹に入りました。
ここでは何も買いませんでした。三国一で味噌煮込みうどんをお腹いっぱい食べていたせいもあるでしょう
が、伊勢丹のデパチカが改装になってから、ここがあまり好きでなくなりました。
でも買い物客はすごくたくさんいましたよ。高野も高級なフルーツの詰め合わせを贈る人がたくさんいたし。
内需ってまだまだ可能性があるんだなと思わせられました。

帰りは副都心線で渋谷まで、そこから田園都市線に乗り変えます。

家に着いたのは5時半で、まだ外が明るくて、何にもない日と思っていたのにいろんなことが出来てよかったなあと、太陽の沈んだあとの赤い空を見て嬉しくなりました。

d0117481_23354525.jpg

このところ、地震があちこちで起きています。
またいろいろ心構えないとね、

by yumiyane | 2012-01-29 23:38 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2012年 01月 27日

編む男子

チビK、女の子もうじき6歳。
チビS、男の子来月2歳。
誰が教えた訳でもなく、女子はお人形が好きだし、ままごと遊びが大好き。
男子は、電車や車に興味津々、デパートの線路に走る電車に心を奪われます。
この別れ目はなんでしょう。

編み物はどっち?
もともとの編みものって、魚の漁に使われる網を作ったところに元祖があるらしいのです。
狩猟はもともとは男子のもの。では、編むことも男子から始まったのでしょうか。

先日、ある男子に編みものを教えて差し上げる機会がありました。
ちょっとした興味を持たれて、最初はクリスマスボールを編みましたが、これは少し上級。
d0117481_150323.jpg

そこで、ガーター編みの襟巻を勧めました。


三日後お会いした時、50センチほど編んでいらしてびっくり。お忙しいのによくそんな時間がありましたね、
とお聞きしたら、ハマりそうです、と。

その話を聞いた会社のある男子。
ボクも編みたいな、ということで、丁度持ち合わせていた毛糸をあげて、やはりガーター編みから始めました。
d0117481_1515096.jpg

先の男子と知り合いのこのボク、
彼より早くうまくなってやる、という意気込みで、あっという間にブルーの糸がなくなって、次に渡したのが白い糸。
d0117481_1524926.jpg

このあとは赤い糸があるので、トリコロールの襟巻になる予定。

編んでいると無心になれること、平常心でないと編み目がゆがむこと、そんなことをぶつぶつ言いながら、隣でしばらく編んでいました。

二人とも出来れば秋にはセーターを編みたい!と言っています。
編む楽しさを女子だけのものにするのは勿体ないです。
さて、
セーターの前に、とりあえず襟巻を仕上げましょうね。
d0117481_1533030.jpg

ガーター編みって案外可愛い♪
これを見ていたら、またガーター編みが編みたくなってきました。

by yumiyane | 2012-01-27 23:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2012年 01月 25日

かぎ針編みのモチーフを使って

リッチモアのパーセントという毛糸。
ひざかけとか、クリスマスボールとかの残り糸を使ってモチーフを編みました。
d0117481_0201544.jpg

もうじき誕生日のチビKちゃんに何か作ろうと思っています。
d0117481_0204292.jpg

さて、
これが何になるか?
d0117481_0584020.jpg



そんな中
年の初めにと、各国でトップが念書の施政方針演説を行っていますね。
昨日の野田さんの演説にはまたまたがっかりしました。
かつて首相だった自民党の福田さんの演説を引用していたんです。あなたたちも同じこと言ってたでしょ、って。同じとこ向いてんだから、ちゃんと協力してよ、ってことでしょう。
自分たちが野党だったころ、全く耳を貸さなくて、何も決まらない状況が続いて、そして政権が交代してしまったこと、私たちは忘れていませんよ。
福島原発の事故については、先ごろ発した収束宣言に批判が集中したためか、“決して終わっていません、昨年末のステップ2完了は、廃炉に至るまで長く続く工程の一里塚にすぎません”といいました。

そして、一番がっかりしたのは電力エネルギーに関すること
経済への影響、環境保護、安全保障などを複眼的に眺める視点が必要・・・・ 
化石燃料が高騰する中で、足元の電力需給の逼迫を回避しながら、温室効果ガスの排出を削減し、中長期的に原子力への依存度を最大限に低減させる、という極めて複雑な方程式・・・・


首相の一日、で見られる、経済界との接触の多さから、こういうことになるんじゃないかと思っていましたよ。

日本の貿易収支が久々に赤字に転じたのは、東日本大震災による原発依存が減って、化石燃料の輸入が増したからというのもあるのだそうです。
円高で輸出が伸びなかったこと、工場が被災して生産が追いつかなかったことなども原因でしょう。
そして、食料の自給率の低さ。
なんとしても、脱原発の動きを変えないようにしたいと、ひたすら思います。
生活を変えなきゃ。

More

by yumiyane | 2012-01-25 23:50 | にっと(knit) | Trackback
2012年 01月 23日

ネックから編むプルオーバー 完成

100gのROWANの毛糸7玉使用。
d0117481_0141072.jpg

もっと丈を長くしたかったけど、毛糸切れ。
縄編みを入れなかったら、もう少し長くできたかもしれないけど、それじゃ編むのがつまらない。  クリックするともう少し大きく見えます
d0117481_015066.jpg

このトルソ―はMサイズ。私が着ると、腰が少し隠れるくらい。

とっても暖かい。
寒い日に間に合って良かった。

このセーターにはこういう色のマフラーが合うんじゃないかと。
d0117481_0165859.jpg

最初は帽子にしようと思ったので、3玉しか買わなかったので、足りなくなってしまった。
元廣というところのクーヘンという糸。14号の針でサクサク。
d0117481_0171589.jpg

追加の糸注文はネットで購入。
明日には届くはず。

by yumiyane | 2012-01-23 00:18 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2012年 01月 21日

ヨーグルトケーキの攻防

先日、リンク先のブログ友の「おいしい田舎から」さんが、ヨーグルトケーキをおいしそうにアップされていて、
去年の春、やはりリンク先のfatto-a-mano-hさんのヨーグルトケーキを見て、私も焼いてみたことを思い出しました。
おいしい田舎さんは、あるYoutubeの動画レシピをご覧になって、分量をアレンジして焼かれたとのこと。
fatto-a-mano-hさんは、義理のお母さんからの伝授レシピ、それを自分流?

みなさんこうしてmy流にアレンジして作られるんだわ!って、やたらとmy流にしてしまう私は心強く思いました。
去年の春に焼いたものはこれ↓。
シリコンの型に入れて焼いたせいなのか、周りに焼き色がつかなくて、あまりかっこいいケーキにはなりませんでした(紙を敷くと焼き色が付くことが今回分かりました)。
d0117481_15341131.jpg

味はとても良かったのですが、一人でしみじみ食べたと思います(なので写真はお蔵入りにになっていました)。
d0117481_15342821.jpg


Youtubeの動画のレシピはイタリア語でしたが、動画を見ればだいたいどういうことか分かって、
今回、両方を合わせた感じで焼いてみることにしました。

使ったヨーグルトは大きな器のものだったので、小さめのコーヒーカップをひとつの単位とすることにしました。
ここですでにmy流。

卵2個にヨーグルトカップ1を混ぜ、そこにカップ2の砂糖を入れ、カップ1のサラダオイルを入れてさらに混ぜます。
小麦粉はカップ3で、ここに5gのベーキングパウダーを入れてふるいます。
さきほどの液体仲間に粉類を混ぜ、そこにスライスした林檎(大き目だったので1個半を使い、そのうちの半分)をまぜます。
型に紙を敷いて流し入れ、上に残りのりんごを並べます。最後にバターをちょこちょこっと散らして(これは動画のレシピから、複合my流)、180度の余熱していたオーブンに入れ60分、昨夜みたいに寒―い日には、+8分くらい。

先週の土曜日にも焼いて、昨日の金曜日にも焼きました。
先週焼いた分
d0117481_1538918.jpg

昨日焼いたもの。
d0117481_15383922.jpg

だんだん良くなりました。
d0117481_1539142.jpg


私は、こういう家庭で作るケーキの方が好きなので、安上がりにできてるんだなあと感謝。
誰に?

by yumiyane | 2012-01-21 15:48 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(12)
2012年 01月 19日

思い出の曲

I've been so many places in my life and time.
I've sung a lot of songs, I've made some bad rhyme.
若いころ、意味が分からなくてもとりあえず覚えて歌った曲。

私は、誰かのファンになることがあまりなくて、追っかけてコンサートに行くなんてことは殆どありませんでした。
そんな私が、LPレコードを買って、コンサートにも、(でもあれも多分招待券だったと思うけど)行ったことのある外タレさんがいます。

その人は Leon Russel

どう見ても、ハンサムではないし、外見もおしゃれじゃないし、すっごく癖がある。
どうしてこの人に惹かれたか、それは当時一番おしゃれでカッコイイと思っていた友人が大ファンだったから。

A song for you

いろんな人がカバーして歌っています。
中でもカーペンターズの唄が一番メロディと言葉が分かりやすい。


このごろ、言葉の意味が分かるようになって、
なんて単純で純真な気持ちを歌っていたのか、と感心します。

そのレオン・ラッセルの、オリジナルです。

当時29歳のレオン。
アメリカでベトナムの反戦運動が盛んで、日本では学生運動、やがてそのうねりは少し遅れて東に伝わり、
1989年のベルリンの壁崩壊へと繋がります。
あのころの若者は、世の中のよどんだ物に対して、声を上げていました。
今の世の中でも、若者には造反のエネルギーが潜んでいることを期待します。



大飯原発再稼働に反対しています。
反対の署名はこちら

そして、原子力発電で働いていた方の
原発がどんなものか知ってほしい

by yumiyane | 2012-01-19 15:01 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(8)
2012年 01月 18日

やっぱりニットの季節

大泉学園の編み物教室は、姉の家でやっています。

今日もまた作品が出来ました。

前回ケープを作ったWちゃん、
d0117481_1392877.jpg
残った糸で帽子を編みました。
3色がきれいに配色できましたね。
ボンボンもミックスで作りました。
d0117481_1272322.jpg

あれから3カ月経ったから、Rくんも大きくなったね。
d0117481_1273461.jpg

ふうやっと撮れた。
d0117481_127478.jpg



編む脳が、なかなか開かなかった姉は、一気にベストを仕上げたようです。
お教室の後日メールで写真が送られてきました。
d0117481_1305972.jpg
d0117481_131838.jpg

殆どまっすぐな製図で、首のところを直線で、袖ぐりと襟がほんの少しのゴム編みになっています。
グラデュエーションに色が変わる、少しモヘアっぽい糸なので軽くて暖かいと思います。
これから春に向かって活躍しそうです。

私も頑張って編まなくちゃ。

by yumiyane | 2012-01-18 01:34 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2012年 01月 15日

原発の海 何が起きているのか

脱原発世界会議が、パシフィコ横浜で開かれた1月15日夜の
NHKスペシャル

・ ・ ・ ・

海水に流された放射能がどのようになっていくか、線量計を積んだロボット潜水艦で計測した。
20km圏内の海底にたい積された泥の中の放射性物質。
周辺の1万五千倍の濃度。
20km圏内の魚の汚染の状況。事故前と変わらぬ豊漁、めばる2300ベクレル、
暫定基準値を大幅に上回るセシウム。
漁師の方々の落胆、猫も食わない、ただのゴミ。
あいなめ、ホウボウ、底物の魚の餌になるゴカイの汚染。泥304→ゴカイ130→あいなめ316
海底に放射性物質がある限り、魚の汚染は続く。
漁師の疑問、これがどれだけ続くのか???
出た量が多いので、チェリノブイリよりかかるだろう、というのが研究者たちの結論。

漁師のためいき。

原発から120kmも離れた茨城県ひたちなか市の海岸。380ベクレル、海のホットスポット。
20km圏と同じ数値。

千葉県、銚子市の沖合、値が3倍に増加している。海底の汚染はここまで広がっている。

海だけではない汚染。
群馬県中部の赤城大沼、空中は0.17
わかさぎから640、底は950のセシウム。閉じ込められたセシウム。
国の調査は行われていない。(国って誰?)


東京湾
2011年8月
福島第一原発の事故は、世界で初めて首都圏が汚染された、というもの。
湾の奥深く、つまり
荒川・江戸川の河口 872ベクレル
雨によって集まったセシウム、河口から8kmのところに1623。
d0117481_22173699.jpg

今から2年2ヶ月後、最もひどい汚染、それが10年以上続くと考えられている。

これから私たちは、新たな放射能汚染と向き合わなければならない。
雨、海流、風によって放射能がただようため。
d0117481_22175868.jpg

見えない敵、放射能を捕まえることはできるのか?

・ ・ ・ ・と

番組は結んでいる。


福島第一原発の三号基が水素爆発を起こしたあと、IAEAが、チェルノブイリの事故に匹敵する
レベル7 と判定した。
そんなバカな、と政府もぐちったし、私もそんな大そうな、と思った。
しかし、現実はそのとおり。

この現実を見せつけられても、まだ原発による電力に期待する人がいることが、私には信じられない。

by yumiyane | 2012-01-15 22:18 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(20)
2012年 01月 13日

ホットチョコレート

こどもコ・フェスタ
更新されました。
是非ご覧ください。



ところで、
タイトルの写真にも使っているアストルガで飲んだ、ホットチョコレート。
もう一度飲みたいなあってずーっと。
東京でもどこかにあるかもしれない、と探しました。
d0117481_23232633.jpg


アストルガのホテルガウディで飲んだものの半分くらいの濃さだけど、近い!

ここは、スペイン王室御用達とのカフェ・カカオサンパカ。
なんと会社からすぐ近く、青山通りを挟んで向こう側の南青山に1年ちょっと前に出来たようです。
ランチがあるということで出かけました。
ランチセットにはホットチョコレートはなかったので、私は単品で¥600。それにスペインの生ハムを乗せたサラダ¥850、ちと高め。
友人はスープセット¥1,300。オマール海老のスープにプチサラダ、パン+何か、それにコーヒー。
d0117481_23323719.jpg

男子にはきっと物足りない。

お店のロケーションはとても良くて、奥のカフェスペースは裏にある教会(結婚式場)に面していて明るくて気持ちがいいです。
d0117481_23341033.jpg

カメラを持って行かなかったので、私の携帯の馬鹿カメラの映像、我慢乞う。

カフェには店舗が隣接していて、チョコ類が売られています。
d0117481_23404431.jpg

サグラダ・ファミリア いかにも
d0117481_2340553.jpg

ホットチョコ用のチョコは量り売り
d0117481_234149.jpg

私はシナモン入りを試しに100g買って見ました、¥890。2杯分だそうです。

あのチョコを飲むためだけにも、もう一度アストルガに行きたい!
と思っておりましたのに。

東京って何でも手に入るのですね。

by yumiyane | 2012-01-13 23:43 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(2)