<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 28日

スペインのおいしいもの後編~旅のまとめ

パエリアは、マドリッドで食べたほうがいいわ、とmaiさんが言うので、マドリッドに着いたらすぐ調べました。

パエリアに使うサフランは、地中海寄りで採れるサフランのめしべ。スペインでも南の方が本場なのですね。
地球の歩き方で調べたら、ホテルのあるサラマンカ地区に1件お米の料理屋さんがあるということ。
そのメディテラネオはホテルのすぐ近くだったので、そこで食べることにしましたが、開店はなんと夜の9時。

スペインはやっぱりロエベとカンペールでしょう、とショッピングに出かけました。そのあとウィンドーショッピングしたり、バルでお茶を飲んだりして時間を潰しました。
やっと9時になってお店に行っても、開店していません。
カンペールの女の子に、いつになったら開くのかしら?と尋ねると、
さあ?10時かな?って。10時~???

もうへろへろでお腹ぺこぺこだった私たち、地下鉄に乗ってソルまで行き、友達に教わった他のお店に行くことにしました。
これがそのシレナ・ヴェルデ。
d0117481_0501155.jpg

結局、時間は夜10時。
d0117481_0512328.jpg

ああ、パエリアへの道のりは遠かった。


スペイン最後の夜は、それでもデパチカで食料品を買いだめしたりして、ホテルに戻ったのが夜9時。
マドリッドのホテルはお部屋にキッチンが付いていたので、maiさんからもらったしゃけのおにぎりを、友人がちょこちょこっとスープでアレンジして、おいしい海鮮リゾットに変身しました。
d0117481_0551456.jpg

イベリコの生ハムを乗せたサラダも
d0117481_0562865.jpg

ほんと、すごーくおいしい夕食となりました。maiさん、有難うございました。


スペインのホテルの朝食はどこもおいしくて、イベリコの生ハムとオムレツは定番。
↓は、レオンのパラドールの朝食。さっぱりマロングラッセがおいしくてお代わりしました。
d0117481_124271.jpg

マドリッドのホテル・Jardin de Recoletosは、
d0117481_14647.jpg

お庭で朝食が売りだったのですが、さすがにこの季節はお部屋の中で、でした。
d0117481_17263758.jpg


次の朝は5時半にタクシーが迎えに来て、慌ただしく空港に向かいます。
デタックスの手続きに奔走して、無事エールフランスに乗りました。
スペインでデタックスするときは、気を付けてください。ハンコをもらえるのは、ターミナル1だけです!!
ターミナル2だった私たちは、汗だくで空港を走り回りましたー。

エールフランスの機内食です。↓はマドリッド~パリへの機内朝食。
d0117481_15370.jpg

↓は、パリ~成田への夕食。右下のパスタサラダがやけにおいしかった。
d0117481_152970.jpg


友人は、ビトリアの毛糸屋さんで、マフラーを編むと糸を買いました。
d0117481_17577.jpg

機上編み物教室しました。


・  ・  ・  ・  ・ と

あれからひと月以上が経って、12月も押し詰まり、スペインの色んなことが後ろに過ぎていきます。
そんな中、デパチカの食料品売り場で買ったパエリアの素を使って、せっせと手前パエリアを作り
d0117481_192346.jpg


マドリッドのロエベで買った、バッグとお財布を撫でて(未使用)
d0117481_1152348.jpg


レオンのサン・イシドロ教会のフレスコ画、12か月の暮らしを表したカレンダーのカードを眺め
d0117481_1115263.jpg


そして、レオンの大聖堂の近くのアートショップで買った、レオンのカレンダーを床に置いて
d0117481_1123174.jpg

楽しかったスペインの旅のそれぞれを、ひとりで思い返しているところです。

お伝えしたいことは、もっともっとあるけれど、またそれは一人で楽しみましょう。

長々とおつきあいくださり、有難うございました。

by yumiyane | 2011-12-28 01:12 | 旅(travel) | Trackback | Comments(22)
2011年 12月 25日

クリスマスは家族と

ものごころ付いたときから、実家では家族でクリスマスを祝っていました。
明治生まれでも新しがり屋の父は、島根の出雲という田舎でも、クリスマスを祝うことを知っていました。
クラッカーを鳴らして、バタークリームのクリスマスケーキを楽しみにしていたものです。
父からのプレゼントが、25日の朝起きると枕元に置いてあって、きっとあのころはサンタクロースの存在を私も信じていたのでしょう。
いつごろかなあ、親のプレゼントだと知ったのは。

チビKちゃんはまだ信じています。
サンタさんに頼んでいたものが、25日の朝、ベッド脇に置いてあったのだそうです。
d0117481_13323397.jpg

なんとかのたまごっち。
いっとき流行ったたまごっちが、また形を変えてはやっているんだそうです。
d0117481_1336624.jpg

こんなに集中されると、サンタさんも贈り甲斐があるというものです。
ちびSくんには、タンバリンが届いたそうです。こちらはまだサンタのことは知りません。
d0117481_13371985.jpg

私はおかげで揚げ膳据え膳で、Happy Christmasでした。

今日は息子が料理担当。何かというと、息子がコックになります。好きなんですねお料理が。
d0117481_13391515.jpg

バジルペーストもその場で作ります。今日は生パスタで。
d0117481_13404420.jpg

おいしいんだな、これが。
d0117481_134304.jpg

大きくなっても、今日の幸せ、忘れないようにしようね。


少し早目のお夕飯でしたから、8時には家に戻って、
明日の会社の忘年会の景品を作らねば。
d0117481_13443732.jpg

今年は、クリスマスボールを編んでいたので、マフラー類は作れませんでした。
なので、手作りお菓子の詰め合わせにします。
パンプキンブレッドは、午前中に焼いたので、次はマフィンとか、時間があればクッキーも焼きたいけど、、、、。

手作りの暖かさを分かる人になってほしいな、みんな。

by yumiyane | 2011-12-25 23:25 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(16)
2011年 12月 24日

くうちゃんとのクリスマスイブ

クリスマス・イヴの話題には適当じゃないかもしれないけれど、
朝、起きてよ~、とうるさいくうちゃんの手をなでなでしていたら、
d0117481_2103467.jpg

あれ?これはなんだっけ?と触るものがありました。前にも触ったことはあって、そのときは特に気にも留めてなかったんだけど。
これは指の変形? じゃあ、猫の指は何本?
d0117481_294830.jpg

って写真に撮って分かったのだけれど、そうそう、爪を切る時、親指は随分離れてあるんですよね。
d0117481_2101048.jpg

それで、そのまた離れたところにあるこぶみたいなもの、あれはなんでしょう?
掌が変形したものか、何をするときに都合がいいのか、犬にもあるんでしょうか?
猫はちゃんと指が5本に分かれてるから口蹄疫病にはならないんだわ、って安心したり。
d0117481_2104971.jpg



今日はクリスマス・イヴなんだけど、珍しく一人で、くうちゃんとすごしました。
毛糸を片づけたりしながら、編みものしました。
チビSくんを自転車の前に乗せるとき、風をきって寒いから、何か編んでくれないかなって息子が言うから
せっかくなら、ママも使えるのにしようと、こんなものを編んでみました。
d0117481_214834.jpg

途中で毛糸が足りなくなったので、色違いでごまかしました。
d0117481_2142654.jpg

グレーの極太くらいの糸と、ドログリーのモヘアの2本どり。ネックの部分はグレーを2本どりです。
暖かいですよ。
ZOMBAのベレー帽かぶせてみました。
d0117481_2173048.jpg

明日は家族でクリスマスです。

by yumiyane | 2011-12-24 23:57 | にっと(knit) | Trackback | Comments(14)
2011年 12月 23日

アドベントカレンダー的クリスマスボール

もう今日は12月23日。クリスマス・イブまであと1日。
結局私は6個しか作れなかったけど、この編み込み模様のクリスマスボール、なかなか可愛い。
d0117481_23535035.jpg

グリーンは淡いけど、赤がアクセントになって自分で言うのもなんですが、なかなかいいです。
d0117481_2354585.jpg
d0117481_23542364.jpg


このほかに、名前を入れたのを編みましたが、写真を撮る前に差し上げてしまいましたので、ありません。


いっぽう、小山の編みもの友達は、10日で10個の、まさにアドベント的に編んでくれました。
d0117481_2358195.jpg

5種類の編み図を渡したので、二つづつ、色違いで作ってくれました。
d0117481_094974.jpg

d0117481_0171938.jpg

4枚のパネルを立体的に編むように、増やし目と減らし目でボールを編みます。
アイロンをかけて、中に綿を詰め、紐を編んで付けて出来あがりです。
直系10センチ弱のボールなので、結構大きなツリーのほうがいいかな。

今からツリーを探さなくっちゃ。




地球テレビエル・ムンド NHKBS1
12月23日夜10時~11時50分
クリスマス特集拡大版

by yumiyane | 2011-12-23 00:32 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2011年 12月 21日

Spainで食べたおいしいもの前篇

d0117481_2332125.jpgまず、
ビルバオのバルで夕食として食べました。なんせ、スペインは夜のご飯の時間が難しい。
まだビルバオでは、そのことにあまり気付いていませんでした。
日曜日の夜はレストランはお休みが多いのです。
日本で日曜日がお休みなのは、オフィス街だけでしょ?
さんざん探しまわって、結局バル(カフェ)に行きました。レストランはまだ開いていません。

d0117481_23322968.jpgここは、グッゲンハイム美術館の斜め向かいのカフェSERANTES M.Mazarredo, 75 Bilbao
スペインに行ったら必ず食べる、オムレツや生ハムがやっぱりおいしかった。


d0117481_23552651.jpgこのオムレツには、いろいろなものが入っていました。アーティチョークとか、ソーセージとか。
私はやっぱりじゃがいもの入ってるのが一番おいしいと思いました。
d0117481_23574313.jpgこのサラダはミックスサラダ。いろんなものが乗っています。ツナがおいしかったし、とにかくボリューム満点。
これが€12は安いんだけど、トータルで€57だったのは、ちょっと高いか。
レシートを見るとあの海老が€34かしら。quisquillonてなんだろう。

みんなおいしかったから、文句はないんだけど。
昼に食べたCafeteria Naiaraというところが、二人で€9.05だったのが衝撃的だったからね。




ブルゴスで食べたものは、11月27日の記事をみてもらえば、ここでもレストランに行きつけなくて、カフェでセット物をいただきました。
朝ごはんはホテルの朝食、d0117481_0242611.jpg
d0117481_0251314.jpg昼はバルのピンチョス・バケットにマッシュルームやら卵やら何やらが刻まれて乗っていますが、これが結構おいしい。
何気なく入った、小さなお店だったけど、店主のおじさんがおしゃれで、親切でした。
El Veintidos(ワインとタパスの店とあります) 住所はLa Paloma, 22 09003Burgos とあります。ブルゴスに行く人は、ググって見てください。お店はたくさんあるのに、何故ここに入ったか、と言うくらいの店ですが、おいしいです。

by yumiyane | 2011-12-21 00:31 | 旅(travel) | Trackback | Comments(12)
2011年 12月 17日

デモ 

朝、チビKちゃんの、幼稚園のおゆうぎ会を観に渋谷に行きました。
12時に終わって、渋谷の町でおいしいハンバーガーを食べ、13時40分に別れました。

地下鉄駅入り口にある本屋・ブックファーストで、編み物の本を1冊買って、さあ帰ろうかと階段を下りました。
何か地上で賑やかな鳴りものが聞こえるので、何事もミーハー感覚が大切、一度降りたけどエスカレーターで逆戻りし、地上に出てみました。普段はそんなことしないのだけれど、、、。
d0117481_2210366.jpg


前日、野田総理が出した福島第一原発の事故の収束宣言に強い違和感を覚えていたので、
ビラを配っていた女性に誘われるまま、デモの列に加わっていました。
d0117481_2212268.jpg

このあたりは、毎日うろうろしているあたり。
会社の近くまで行ったら、列から離れようと思っていました。
d0117481_22145879.jpg

でも、表参道の人並みを見ていたら、
もっとたくさんの人に分かってもらいたい。原発を一日も早く廃炉にして、他のエネルギー開発をして欲しい。そのことを多くの人に考えてもらいたい、という一心で、結局最後の代々木公園まで一緒に歩いてしまいました。

私の周りの人は、私が絶対に原発は停止すべき、原発を無くすところから始めるべき、と言っているので、ああ、またか、と聞いている人も多いと思います。
日本の経済発展に原発は欠かせない、なんてとんでもない。
この夏の輪番制の工場営業が大変だったと聞きますが、それも仕方がないです。
これまでの国策が間違っていたのですから。

日本にそもそも原発が取り入れられたころの、政治家と科学者の確執、本当のところはどうだったの?という疑問に、東京新聞が一面に連載で書いてくれています。
科学者は安全宣言をしていなかった!
12月13日の「消された科学者の目」
科学者湯川秀樹は辞任し、原子力の開発を提唱した伏見康治は、もう自分は原発の安全を保障できない、と漏らしたという。それは、1956年に発足した原子力委員会の初代委員長・正力松太郎の科学者の助言を効かない猛進のせいだったと。そしてそれに加わっていたのが中曽根康弘だった。
とは。


歩きながら、埼玉から来たというご夫婦とお話しました。
d0117481_22373198.jpg

娘がこのデモの発起人の一人なんです、と。
そして、このご夫婦は、チェリノブイリの事故のあと、六ヶ所村まで抗議デモに行ったことがあるそうなのです。
きっと小さかったお子さんのことを思ってのことだったのでしょう。

デモはツィッターで集められたということでした。
圧倒的に若い人が多かったのもそのせいでしょう。
私のように、見ている方から、列に入ってくる方も何人か見ました。
子連れのお母さんに手を振ってもらったり、ビルから見て降りてきて参加した人もいました。

d0117481_22422643.jpg

一人でも多くの方に、脱原発に関心を持っていただいて、一日も早く、日本から原発を失くしたいです。


デモの最終地、代々木公園に着いて、何人かの方が線量計で落ち葉の放射能を調べていました。
d0117481_22463731.jpg
数値は0.16から17だと言われました。毎日報道される新宿の数値が0.07ですから、それよりずっと高い数値でした。


さよなら原発1000万人アクション
みんなで決めよう「原発」国民投票
Human Error

by yumiyane | 2011-12-17 22:48 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(16)
2011年 12月 15日

急いで! アドベント

アドベントカレンダー的ブログの続報です。

次はどれ編もうかなって、全然日にちに沿っていません。
d0117481_16983.jpg

白黒はっきりさせよう!と 雪景色のボールにしました。
d0117481_163250.jpg


教会の屋根も真っ白です。
d0117481_164850.jpg

うらに渡した糸が白い部分に響いている、こりゃ失敗だわ。

こうして見ていると、雪がしんしんと降り積もる、あの冬の日のことを思い出します。
d0117481_175516.jpg



ということで、
3つ渋いのが続いたので、ここらへんで赤いのにしました。
d0117481_184595.jpg


ここで、朗報が入りました。
助っ人を頼んだ、栃木の小山の友達から、
なんと10個編んだ! って。きゃー嬉しい。
わたしなんかと違って、集中して編める人。
土曜日に送ってもらうことにしました。
d0117481_111369.jpg

アイロンかけて、綿を詰めてね、って。アイロン?
d0117481_1111422.jpg
d0117481_1112564.jpg

私のかけてない、そうか、そうすればも少し綺麗になったんだわ。

お友達の編んだものが届いたら、またご覧いただきますね。
先週の火曜日にお願いしたもの、彼女はまさに毎日アドベント的に編んでくれたのね。
ご協力誠に有難うございました。






速報!
こども・コ・フェスタ
是非ご覧ください。
こどもたちの目線での震災のその後(若いテレビマンがサポートしています)。
アドレスをクリックするとYoutubeで見られます。
これからもどんどん追加されます。

by yumiyane | 2011-12-15 23:59 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2011年 12月 13日

プラド美術館のプリンセス

私はマルガリータ、9歳。
d0117481_048419.jpg

箱に詰められて、はるばる日本にやってきました。
d0117481_0493222.jpg

なんでも私を見つけたこの人は、
バルセロナに行ってピカソ美術館にある、王女マルガリータの連作を見た時から、私に会いたいと思ってくれたらしいの。
ピカソが私の連作を描いたのは、ベラスケスの「ラス・メニーナス」を見たから、ということ。
ベラスケスのあの絵は、本当に面白い試みがたくさんしてあって、今でもプラド美術館の一番の宝物。
d0117481_0551779.jpg

今日も、小学生が感想文の発表会を終えたと思ったら、次は中学生たち。いつも人だかりがしていて落ち着いて見られない、ってこの人が言ってました。
そのラス・メニーナスのそばに、私のこの肖像画が飾ってあります。
d0117481_0563345.jpg

私は、幼い頃から神聖ローマ帝国のレオポルト1世と結婚することが決まっていて、その方に、私の成長をお知らせするために、肖像画を描かせて送っていたのです。
ベラスケスはお抱えの宮廷画家。私のことを何度となく描いてくれて、成長を見守ってくれたの。
彼の描いた絵は、オーストリアに送られて、今はウィーンの美術史美術館に飾られています。
先日この方のお友達が、東欧を旅行なさって、その美術館で幼い頃の私の絵をご覧になったようです。

9歳のこの「赤いドレスのマルガリータ王女」は、プラド美術館にあるので、いつでも会いに来てね。
d0117481_048224.jpg

私のことについては、ウィキペディアというものが調べてくれているから、そちらを見てくださいね。

私の結婚は政略的なものだったけれど、そんなに不幸せでもなかったの。
だけど、毎年子どもを授かるのだけれど、元気に育ったのは一人だけ。
あのスペインのお城で、ベラスケスにいろんなこと教わったあのころが、一番幸せだったかもしれないわ。

d0117481_0532953.jpg


by yumiyane | 2011-12-13 23:26 | 旅(travel) | Trackback | Comments(12)
2011年 12月 12日

レオン~マドリッドへ

d0117481_2314011.jpg

レオンの駅で、maiさんと涙の別れをしたあと、列車はマドリッドへと動き出しました。

思いやりの深いmaiさんが、おにぎりとジュースを持たせてくれました。
d0117481_23165278.jpg

残りのお握りは、あとで姿を変えて、とてもおいしいご飯になるのですが、それはのちほど。

ほんとに有難うございました。
後ろ髪がうーーーんと長く引かれていましたよ、私も友人も。

レオン12時45分発の特急は、飛行機の機内食のようなお食事付きでした。
d0117481_23171724.jpg

おにぎりを一個食べ、パン以外は完食しました。

マドリッドには15時39分着。3時間弱の列車の旅は、お天気も良く、車窓の風景もなかなか良かったです。
d0117481_23213668.jpg


列車の中では映画を観ることもできます。配られたチョコとおしぼりを見せているところ、前方にモニター。
d0117481_23274794.jpg

可愛いイヤホンもいただけます。
d0117481_2328767.jpg

客席は二つのクラスがあって、これは上のクラス、
一人€69.30、7500円くらいでしょうか。
距離的には東京から名古屋くらい、安い!です。

マドリッドのチャマルティン駅には、ほぼ時間どおりに到着しました。
写真は、駅から乗ったタクシーの窓から見えた、橋が開いたような不思議な建物。
d0117481_23331765.jpg

maiさんと別れたさみしさと、スペインの首都マドリッドにやってきたワクワク感の入り混じった
落ち着かない気持ちを、タクシーでホテルまで運びました。


プラド美術館へつづく

by yumiyane | 2011-12-12 23:35 | 旅(travel) | Trackback | Comments(4)
2011年 12月 11日

アドベントカレンダー的ブログ

アドベント的に追われて、またひとつニットのオーナメント作ってみました。
d0117481_0304643.jpg

カレンダーでは、赤白で作ってありましたが、こちらは紫に白の天使、、、天使に見えないのがトホホです。
d0117481_0315176.jpg
d0117481_032129.jpg
d0117481_0322279.jpg



そういえば、昨晩の夜の空にも
丸~いものが、きれいに見えましたね。
d0117481_0343195.jpg

これが ↓ になっていきました。
d0117481_0345978.jpg


まるいものは、均衡が取れているようで、案外緊張もしていますね。
大切にたいせつに。

by yumiyane | 2011-12-11 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)