<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 30日

バクテー

男は胃袋を掴むのよ。

幼馴染みの友達の娘、婚活中。
ある日その娘と、ある友人と映画に行った帰り、友人の有難いアドバイスがそれでした。

バクテーよ、バクテー

ということで、そのレシピをその場で携帯のメールに送ってもらって。


本場のバクテーには中国漢方ハーブが使われます。香り高く仕上がり、薬効も得られるので、もし手に入れば使ってみて下さい。カンゾウ(甘草)、ラカンカ (羅漢果)、トウジン(党参)、センキュウ(川弓)、トウキ(当帰)、ジオウ(地黄)を各少々。シナモンや黒こしょうと一緒にガーゼに包んで煮出します。
............

.....
【4~6人分】
ポークリブ(スペアリブ用の骨付き豚肉) 600g
豚もも肉の塊(ヒレ肉の塊でも可) 400g
にんにく 1個
シナモンスティック 1本
スターアニス 5個
クローブ 10粒
黒こしょう粒 大さじ2
チンピ(陳皮) 2、3切れ
薄口しょうゆ 1/2カップ
砂糖1/4カップと濃口しょうゆ1/4カップを10分ほど煮詰めたもの
(味をみて)塩、粗挽き黒こしょう 適宜


この話、面白そう、ということで、次のお教室のときに話しました。
そこで、早速試してみます!とある方。
出来ました!と写真を送ってくださいました。
d0117481_22525766.jpg

あれ?
角煮?
でも、コメントは香りがよくて美味しいです、とありました。
それを見た友達の娘も作ったと彼女のブログに載せました
やっぱり角煮?

しかし、娘は婚活中、真剣です。バクテーを調べてあるサイトに行きつきました。
そこでバクテーがスープ状のものであることに気が付いたのです。

私は独自のリサーチで他のサイトを見つけました。

確かにスープ状のものです。

会社の女子で婚活中の彼女にその話をしたところ、
早速代々木上原のカルDでバクテーの素を見つけてくれました。
d0117481_23121694.jpg

やっぱりスープ状なんだ。

そこで、昨日ついにバクテーにトライしたのです。

骨付きスペアリブ、
油揚げ
レタス入りです。
d0117481_23353340.jpg

結局、最初にいただいたレシピには、作り方が書いてない。だから二人とも角煮になってしまったんですね。
で、鍋でスープ状にしたのはいいけれど、
この肉骨茶のパッケージにも作り方が今一つ分からないことがありました。

作り方
1、鍋に1Lのお湯を沸騰させ、湯通しした豚骨付き肉、にんにくと「ヨウバクテーの素」を内袋の封を切らずにそのまま入れます。
2、アクを取りながら、弱火で40分程煮込み、「ヨウバクテーの素」とにんにくを取り除きます。
3、「ヨウバクテーの素」の袋上部をはさみ等で切り開け、中味のシーズニングを少量スープに加えます。
4、最後に食塩、ナンプラー、などで塩加減を調えて仕上げます。

おかしいなあ、
最初に聞いたレシピとなんか違う。
私の調べたサイトでは、「付け汁」というのが書いてあるし、写真も最後の鍋の写真のスープは随分黒い。

???

バクテーの素 に書かれていた作り方の通りにやったものの、何か腑におちなかったのです。
d0117481_23385388.jpg

そこで、
もう一度、携帯のアドレスにもらったレシピを読み直して、、、
薄口しょうゆ 1/2カップ
砂糖1/4カップと濃口しょうゆ1/4カップを10分ほど煮詰めたもの

これが付け汁なんではないかと気が付いたのです。
だって、
スープにこれだけのお醤油を入れたらもっとスープが黒くなるはずでしょう。

急きょお醤油を煮込んで付け汁を作り、そこにちょっぴり唐辛子を入れました。

これだこれだ、きっとこれだ。
d0117481_23394188.jpg

あのサイトで、何故か本場のバクテーでは、炊き込みご飯風な茶色いご飯が付く、とありましたので、
ついでに五目ご飯を炊きました。


食べたことのないものを作る、って
なんか謎解きみたいで面白いです、特にこんなにおいしいものに行きつくとね。

そうそう、
tammyさんの料理教室で教わった、キャベツのサラダも作りましたよ。
d0117481_23424797.jpg


バクテーよ、バクテー

by yumiyane | 2011-10-30 23:45 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(16)
2011年 10月 28日

夢の競演

たとえば、嵐が下北沢のライブハウスに来たら、
次の日には多くのファンのブログにその写真が載るでしょう、あっちでもこっちでも。

きっとそうなんだろうなあ、この夢の競演でも、ふたりのシェフが並んだ写真。あっちでもこっちでも見られるか!
d0117481_2302850.jpg

フィレンツェのプーリアの家庭料理シェフ・tammy女史 VS 自由が丘MONDOの宮木シェフ
どちらに軍配が上がるか、

じゃなくて
両方のおいしいものを食べさせたい!対決に、参加させていただいた至福の料理教室に
今年も行ってまいりました。

是非参加したかった!と思われたみなさん、今年はもう終わってしまいましたので、
来年をお楽しみに。
情報はいつも発信されていますので、ここを常に注目していてくださいね。

d0117481_2314061.jpg


18時半過ぎに始まったデモンストレーション料理教室は、順調に進んで、
メモをとりながら、写真を撮りながら、
ふむふむ、と
でも、早く食べたい!

そして試食タイム。ていうか、試食なんてもんじゃない。
去年は、つぎつぎと出てくる前菜を食べ過ぎて、メインやデザートが入らなくて苦しみました。
今年はその学習を経て、前菜はひとつづつにして~ でもパンもオリジナルグリッシーニも
おいしいのに、セーブ セーブ ああ食べたいでも我慢。

パンで作った肉団子?カネーデルリ、とか
スペックという、生ハムを燻製にしたもの、とか
スペックを使ったキャベツのサラダ、とか
くたくたに煮たインゲンのトマト味、とか
にんにくを煮詰めて作ったスープ、とか
d0117481_2339974.jpg

もう、今日初めて食する味がいーーっぱい。

自由が丘 MONDO ってプーリアの家庭料理屋さんかと思ってたのは、私のすごい感違い。
今日は、イタリアの北東部、オーストリアと国境を接するあたりのアルト・アディジェ州のお料理を教えていただきました。
宮木シェフ、ほんとにいい味つくりますね。
これ、明日作ります。
d0117481_23404198.jpg


tammyさん、そっかあ、といつも目からうろこです。
大好きなインゲン、くたくたのトマト味、これも作ります。
d0117481_23453987.jpg
ミネストローネも、いつもの味にひと味の違いの出し方教わりました。
いい勉強しました。

去年の様子はここで。

by yumiyane | 2011-10-28 23:47 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(10)
2011年 10月 24日

若者のゆくえ

丁度1年前のある日の夕方のこと。

徹夜が続いた若い男子が、玄関で倒れている!
と報告がありました。
すでに救急車は呼んである!
行って見ると、ひとりで頭を抱えて横たわっていました。
救急車が来るまで付き添って話しかけました。自分でも何が起きたのか分からないとのこと。
やがて救急車が到着。
指にせんたくばさみみたいなものをはめられて、血圧とか測られているみたい。
いくつかの質問にもそれなりに答えて、頭の中身は大丈夫そう。
やがて、広尾の日赤と連絡が取れ、運ばれて行きました。


彼の荷物と履物を持って、総務の女子と追いかけて日赤に行きました。
しばらく待つと、彼が歩いて出てきて、CTスキャンしたけれど、どこも異常がなかったと。
トイレに行くと言った彼がなかなか戻ってこないので、心配して行って見ると
前頭部分から血が出ていて、髪が数本抜けた、というのです。
それならそこを消毒してもらって、そのことを先生に伝えようよ、というのを、大丈夫ですと繰り返し言うので、
それならいいか、と買ってきたおにぎりやコロッケを、日赤の待合室で拡げて夕飯としました。
付いて行こうかというのを断って、田園都市線の渋谷駅で急行に乗る彼を見送りました。
後で会社の入り口にある監視カメラをチェックしたところ、
スリッパで階段を走り降りてきたところ、足をすべらせ、まずいと思ったか、飛びあがったところ、2階の梁に前頭を打って、後ろに転倒。
一度立ちあがるも、脳震とうを起こして崩れ落ちる。


あれから1年も経ったのかあ。、

会社の所属するある団体が、1年に1度、各社からの出展を募って表彰するイベントがあります。
先週の木曜日、その表彰式で、彼が今年度の新人賞をもらいました。
d0117481_235637100.jpg

あの騒動が、こんな勲章をもらう結果に繋がっているとは、、、。
相当ダメージを受けただろうに、付き添った私たちに、すみませんを繰り返した強靭な身体と精神の持ち主ですから、これからもきっといい仕事をしてくれることでしょう。
華やかなスポットライトを浴びて、「僕はダメ男でした、、、、」と受賞の挨拶をこなしていました。


良かった良かった、
表彰式のあと、あのとき日赤に同行した総務の女子と、会場近くのイタリアンで乾杯しました。

そのガット・ネーロの支配人は、実は10年前、あるホテルのレストランでお会いした方。

私の息子は10年ほど前、笹塚あたりのイタリアンの厨房でアルバイトをしていました。
そのころ、アメリカからサンディとトニー(タグのChesapeakebeachを参照ください)がやってきて、一緒にそのレストランで食事をしたのです。
すると、トニーが突然支配人を呼び、私の息子をここで雇わないかと話しかけたのです。シェフを呼んでくれと。
さすがに大きなお店のこと、客のあしらいは手慣れたもの。
さっそくシェフがやってきて、彼の話を理解して、私に向かって、いつでもいいからいらっしゃい、とのお言葉。
私の中では???が連続しましたが、何事もいきさつに任せることにして、数日後に息子を連れて再びこのレストランに向かいました。

結果は、シェフが息子と話をしてくださって、ほんとうにやりたいことを目指すこと、それが料理の道ならまたいらっしゃい、という暖かいお言葉でした。
シェフに話を聞いてもらった息子は、その後グラフィックデザイナーの道に進みました。

そのとき親切にとり継いでくださったマネージャーに、とても感謝していました。
その方がその後下高井戸や、札幌に移動なさっても挨拶状を送ってくださり、また六本木のお店に移られてからは、毎月案内状をいただいていましたので、一度行きたいと思っていたのです。


というわけで、六本木ヒルズの隣にあるガット・ネーロ、
20席ほどの小さなお店ですが、居心地はよいし、お料理もおいしい。
d0117481_014269.jpg

自家製のパンやフォカッチャもお代りをいただくほどおいしかったし、席に着くなり手が伸びたのは、イタリアのパン屋さんにある細いグリッシーニでした。ナッツカシー~。
d0117481_02433.jpg

聞けば、支配人は息子と二つしか歳が違わない!?
あのころ、よほど大人に見えたのに!

20代のころの男子、道はそれぞれ

輝く未来に乾杯!
d0117481_0141712.jpg


by yumiyane | 2011-10-24 23:51 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(16)
2011年 10月 20日

かぎ針編みの作品

先日、大泉学園の編み物教室で、しばらく産休していたWちゃんが、復活して
男の子のためのケープを完成させました。
d0117481_0273667.jpg

ベージュの毛糸をかぎ針で編んで、フードの付いたケープです。
ちょっとだけ透かし編みにして、縁取りをオレンジとこげ茶の糸で飾りました。
d0117481_0275984.jpg

初作品ですよ。
よく頑張りましたね。
Rくん、照れちゃって、なかなかポーズを取ってくれませんでしたけど、とっても似合うよ。
女の子みたいに可愛いね。
d0117481_0285370.jpg

お母さんもちょっと鼻高々でした。
完成して、試着した時の感動で、また次の作品へと向かえるのです。

今日は少し寒い風が吹きました。
いよいよ編み物の季節到来!


そこで、春からとりかかってそのまになっていた、かぎ針のカーディガン、完成です。
d0117481_0313550.jpg


先日、袖を編んだところの写真で、縁取りの編み方が思い出せなくて、気に入らない仕上がりになっていたもの、編み方を思い出して、やり直しました。
d0117481_0322299.jpg

身頃から縁取りを編み足すとき、編み目の足を隠してくれる編み方です。

かぎ針編みって、何故か少しレトロで、懐かしい感じです。

ボタンを付けて完成したところです。
d0117481_11333088.jpg



d0117481_11343576.jpg

自然光の中で、色はこっちのほうが近いです。

by yumiyane | 2011-10-20 00:35 | にっと(knit) | Trackback | Comments(13)
2011年 10月 16日

東京タワーの見える場所

今日は 10月の半ばなのに夏のように暑くて、でも日陰はとても気持ちのいい日でした。
久しぶりに六本木ヒルズに出かけました。
d0117481_21122150.jpg

毎年この時期、東京国際映画祭があるので出かけていますが、だんだんここも人が落ち着いてきて、
街並みも自然な感じになってきましたね。


六本木ヒルズ・ウエストウォーク 4階にある、手袋専門店、アルタ・クラッセ・カプリガンティ
そのオーナーさんにお会いするためです。

お隣のグランドハイアット東京の6階にある、ステーキハウスオークドアのテラス席は、
乾いた風が吹いて Feeling good。

そのLunch set をいただきました。
d0117481_21492438.jpg

2時間ゆったりお食事して、おしゃべりして、ああもっとずーーとここに居たいなあ、って思わせる空間です。
でも、彼女はお仕事中。

お店に戻って、私はショッピング。
特別にお店の写真を撮らせていただきました。
d0117481_2262825.jpg


さんざん試着させていただいて、私が選んだのはこれ。
d0117481_2223367.jpg

少しベージュがかった肌色。
フリルが直線的で甘くなく、ちょっと遊び心があって邪魔にならない。
私の好みにぴったりのものが見つかりました。

家に帰って、早速試着したところ。
あれ、こうして見ると、恐竜かウルトラマンに出てくる怪獣のうろこのようにも見えて来た。
d0117481_22261580.jpg

いえいえ、実物はかっこいいです。
ああ、冬が楽しみになってきました。

アルタクラッセ・カプリガンティでは、セミオーダーで、色とか縫製とか選べるようですよ。


話は前後しますが、
昨日の土曜日の午後、やはり東京タワーの見える増上寺に行きました。
幼馴染の友達の、息子の結婚式に参列するためです。
d0117481_22453932.jpg

増上寺では、結婚式は執り行われるようですが、披露宴は初めてだとか。
息子君は、研修医。
高校が芝にあって、このお寺にはたびたび訪れたそうです。
彼の人生の転機に、この増上寺が深く関わっていたということ。
毎年の初詣もここに来るんだそうです。

小さい頃は、登校拒否とか、進路変更とか、いろいろ親を泣かせていましたが、
しばらくぶりに見た彼は、大人の男子になって、素敵な美人のお嫁さんをもらいました。
少し出遅れたけど、立派なお医者さんになってくださいね。
今日は、ご両親だけでなく、私も嬉し涙でした。

by yumiyane | 2011-10-16 22:45 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(19)
2011年 10月 13日

原発とメディア

8月6日のブログ記事で、
東京新聞が脱原発にシフトしたことをお伝えしました。
それ以来、東京新聞では、一面から脱原発に関する記事を毎日載せています。
あの山本太郎さんも、購読新聞を東京新聞に変えたとツィッターで書いていました。

そうするととても安心して新聞が読めますが、一方、他の新聞はどうなのかしら?
と同時に不安にもなります。
私はこうして東京新聞を読んで、ふむふむと納得しながら、さよなら原発の署名を集めているのですが、世の中の人は、それほど緊迫したものを感じてはいないか、とも。
何故かといえば、署名を拒む人がいることも確かなのです。

GALAC という雑誌があります。
放送批評懇談会というNPO法人が出している月刊誌です。
11月号の特集が「原発とメディア」。
d0117481_1133010.jpg

3.11以降、メディアは正しく真実を報道してきたか、ということについての検証がなされています。

「逃げたメディアに代わり自ら発信する」と題して、南相馬市長のインタビュー。
d0117481_1135914.jpg

原発事故のあと、日本のメディアは誰も来なくなり、南相馬出身の誰かが、状況をカメラに向かって言いたいことを言ってください、との申し入れに、可能な限り国内外に知らせたいという気持ちで話したのがYoutubeで流れ、アメリカタイム誌の、世界で最も影響力のある100人に選ばれたのですね。

もうひとつ
あんぐり、としたこと。
「有力スポンサー・株主としての電力業界」 との見出し
電力関連の広告費が、トヨタと並ぶ、というのです。
地域独占なのに、巨額の広告費が必要なのか? と河野太郎さんのブログに問題提起されているということ。

また、
電力会社が主要株主・番組審議会委員となっている民放一覧
とあって、
d0117481_1143622.jpg

日本中のほとんどの地域のテレビ局・ラジオ局に、各地の電力会社が関与しているのです。
たとえば島根は
山陰中央テレビに、中国電力島根支社長が番組審議副委員長
エフエム山陰は、中国電力が4%の株を取得し、中国電力社員が番組審議委員。

福岡放送なんて、19.7%の株を九州電力が保有しているのです。
ほぼ全国同じ状況、番組審議委員を電力会社の誰かがやっているのですね。

ここまでとは思いませんでした。

日本テレビの創設者であり、読売新聞社主であった正力松太郎氏は、初代の原子力委員長であり、原発推進に動いた人なんだと。

ああ、もうどうしようもないなあ、って、メディアと電力会社の結託。


そんな中、
あるツイッターから見つけた、柔らかいけれど芯の強い石川県の女性の抵抗を見て、
じわじわと、粘り強く、この原発の問題に取り組まなければならないんだな、と知りました。

志田弘子さん、加賀友禅の作家として石川県七尾市で、4人の子育てをしていた彼女は、
チェリノブイリの原発事故が起きたとき、近くに志賀原発の建設計画があるのを知り、反対運動に関与します。

金沢地裁での“志賀原発差し止め訴訟”の意見陳述人として法廷に立ち、母親の気持ちを訴え、いっときは
裁判長から“原発は運転してはならない”との判決が出たにも拘わらず、
最高裁で逆転判決、棄却され、大きな壁を崩すことの難しさを、身をもって感じた、、、、という方です。

福島の事故を目の当たりにして、自費出版で出された本を、今日手にしました。

仕事に行き詰った時、数えきれない失敗をしたとき
情けなくて恥ずかしくて、そんなとき、裏山を歩いて

・・・・うつむいている私の周りに、そよぐ風、足元の草花、香る樹々、鳥の声、陽の光、・・・・

そういうものに包まれると力を与えてもらえた、
子どもたちにも、そういう力を持って欲しい、との思いで出版なさったということ。
d0117481_1163345.jpg

ここにすごく共感しました。

きっと、きっと
d0117481_1164843.jpg


みなさんもきっとお分かりになると思います。





さよなら原発
みんなで決めよう原発国民投票

by yumiyane | 2011-10-13 01:27 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(12)
2011年 10月 11日

イタリアンな日々

9月いっぱいで会社を辞めて、韓国に帰る部下がいて、
9月28日に近くのBONACCIAでランチしました。
このお店は、9月5日にオープンしてから、ランチは3度ほど行きました。

10月3日に、編み物教室の生徒さんの補習で、初めて夜に行きましたが、大雨の降る寒い夜だったせいか、
7時にお店に入った時は、私たちの他は誰もいなくて、少し心配しました。
ピッツァがおいしいので、6種のきのこのピッツァとパスタ、それにミラノ風カツレツをいただきました。

10月8日の土曜日、V編み物学園の友達が、表参道のドログリーでボタンを買いたい、というのに付きあって、一緒にそのBONACCIAでランチをしました。この日は待つ人もいて、お店の方も大忙し、オーナーでもないのにちょっと安心しました。
表参道にあって、土曜日でも平日と同じ値段、ちなみにパスタ又はピザのセット¥1,100、は良心的です。


話が前後しますが、先日、私のブログでナポリマニアを知って、遠くから友達とわざわざ来たのに、大変な混雑でランチを食べ損ねた友達がいたので、仕切り直しと夜は別物のナポリマニアを味わって欲しくて、
予約の取りづらくなったお店に、
9月30日に予約して行きました。

前菜からピザ、メイン、デザートまでいただいて、レモンチェッロで〆ました。相変わらずおいしかった。


10月4日、その翌週の火曜日、かつての同僚がご馳走してくれる、というので、彼女の会社の近くのaddu mamma でディナーを楽しみました。早くHP作らないと。
d0117481_7592532.jpg

向かいのお店の混雑を横目で見ながら、こちらもおいしいお料理を堪能しました。
写真は前菜の盛り合わせ。ほかにおいものチーズグラタン、海老のフリット、それにペスカトーレのパスタ、メインに肉だんご、デザートは盛り合わせ。6時半から、しゃべりっぱなしで気が付くと9時半になっていました。居心地のいいところです。


10月7日、その週の金曜日。
1995年に、吉祥寺の友人と行ったイタリア旅行、アッシジからフィレンツェの汽車の中で知り合った女性とナポリマニアで再会しました。
彼女とはもう何回か会っていますが、このところは久しぶりでした。
d0117481_7594861.jpg

六本木ヒルズにオフィスのある彼女は、神楽坂に住んでいて、もうおいしいものは珍しくもないだろうけど、ナポリマニアのイタリアンをとても気に入ってくれました。

ああーー、イタリアンが続くなあ~
って思っていたけれど、
10月9日の日曜日、チビKちゃんが一人でお泊りに来ることになって、渋谷の東急本店で待ち合わせました。
夕飯に少し早目の時間だったので、6階のおもちゃ売り場で
d0117481_8092.jpg

真剣なまなこの先にあるものは 
d0117481_802931.jpg

線路を走る電車たち。さすが東急、 田園都市線の車両も走らせています。
チビSくんは、電車が大好き。この状態 ↑ で40分。持続力があります。

で、食事をすることになって、結局入ったのは Tanto Tanto
リストランテですが、デパートの中に入ってるだけあって、小さな子供連れでも嫌な顔ひとつしない、親切なおにいさんたちがいるのはポイント高いです。

ということで、12日間で7回のイタリアンな日々でした。

まだ大丈夫よ。

by yumiyane | 2011-10-11 08:02 | family | Trackback | Comments(16)
2011年 10月 06日

ハートと 直感に従う勇気

“ハートと直感に従う勇気を持て”

5日に亡くなられた
スティーブ・ジョブズ氏のスピーチの中で、とても共感した言葉です。

今から23年前、初めて仕事で使ったのがマッキントッシュでした。
誰かが作るんだろうけれど、どんな人がこんな面白いものを作るんだろう??と
?だらけの日々でした。
このごろはwindowsにシフトしていたけれど、いつも横目でりんごのマークを見てました。

凄い人生を 駆け抜けました、、、
安らかに。

d0117481_2240182.jpg



婦人公論10月号、
高円宮妃久子さまの写真と文の連載。
一眼レフのすごいレンズを付けたカメラを持って、日本を撮っていらっしゃいます。
「日本の鶴に思いを馳せて」 と題され

『・・・・・地球は人間だけの棲み処ではありません。私たちが「自然を守る」というのもたいそう僭越な言い方で、自然は常に在ります。・・・・・・』

ほんとにそうですね。
人間の探究心は、尽きることがありません。
私が若い頃、100mを10秒台で走れるかどうかが注目だったのに、今や9秒台が当たり前。
20年前、インターネットが社会に与える悪影響、を切々と語る人もいました。
パンナムの1便と2便しか外国に行く飛行機が無かったころ、
パリまで11時間ちょっとでひとっ飛び出来るなんて、、、。
今となっては当たり前のことも、当時はそんなこと思いもしなかった、ってことのなんと多いことか。

そんな中にあって、自分の直感とハートを大切にする勇気、自分を信じる勇気、
そんな勇気を育てるにはどうしたらいいのか、途方もなくなりそうです。
d0117481_22341038.jpg

この子の未来には、心が一番大切だ、っていう世界が広がっていますように。

by yumiyane | 2011-10-06 22:40 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(10)
2011年 10月 01日

今日と言う日

毎年書きますが、
今日10月1日は、私たち家族にとっては大切な記念日です。

私たち親子が、息子が12歳の誕生日の日に、腎臓移植をした日です。
あれから24年。
私たちの手術にあたって、23年持たせている人がいます、という先生のお話でした。
その目標を1年超えて、さらなる健康管理をして、維持していって欲しいと思います。


d0117481_0244980.jpg

お天気が良かったので、お弁当を作って、井の頭公園に行きました。

このところよく吉祥寺に行きます。

すべり台やブランコでさんざん遊んだあと、
d0117481_0254823.jpg
d0117481_0255769.jpg
d0117481_0261318.jpg
公園を散策しました。

大道芸人のパフォーマンスも楽しんで、
d0117481_02761.jpg
d0117481_0271582.jpg

都民の日だったので、入場無料のなんとか園にも入り、4時過ぎまで井の頭公園を楽しみました。

LLなんとかで、息子のプレゼントを買って、
そして、息子の希望で、バースデーのディナーを いせや にしました。

いつも外から見ていましたが、中に入ったのは初めてでした。
写真はありません。
ご存知のかたも多いと思いますが、大衆食堂・居酒屋です。

生ビールを3杯、日本酒を1本、特製しゅうまいを2皿、唐揚げ、焼きトウモロコシ1本、枝豆、煮込み、焼きとり5本、つくね2本、まぐろのぶつ切り、ごはん、以上で5,200円でした。
大人3人と子ども二人で完食。
あの、チェーン店の居酒屋の乗りじゃなくてほっといてくれる、居心地のいいところ。
また行きたいと思いました。


息子の誕生日
腎臓移植した日
そして
息子の結婚式記念日。
多くの人に支えられて、今日の幸せがあることに感謝しています。

by yumiyane | 2011-10-01 23:38 | family | Trackback | Comments(32)