にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

うしろ姿

ある日、地下鉄の市ヶ谷駅から、V編み物教室方面に歩いていこうとした時でした。

少し前を行く男子の後ろ姿に、惚れぼれとしながら歩いて行きました。
背も高かったのですが、腰から首にかけて、まっすぐな姿勢。
こういう後ろ姿の人って、どんな生活をしているとこんないい姿勢になるんだろう!?
d0117481_2343204.jpg

ずっと付いていくことになりました。追っかけではなく、私が行くのと同じ方向に歩いて行くのです。
d0117481_23483050.jpg

もしかして、あっちの方面かしら、っと。
市ヶ谷にある、あの自エイタイ方面に、やはりその方は歩いていらっしゃいました。

自分の後ろ姿って、普段はなかなか見ることができません。
思いがけず、友人に撮られた自分の後ろ姿に、意外な自分をみつけたりすることがあります。

背中は語る。あなたの後ろ姿、あるかも?

by yumiyane | 2011-09-30 00:01 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(20)
2011年 09月 28日

空が高い

秋の空、うろこ雲。
空が高いってこういうことなんだなあって思う。
d0117481_049025.jpg


日が射せばまだまだ夏の名残りはあるけれど、風はすっかり秋の風。
d0117481_0512123.jpg



そろそろ編み物の季節。


きゃあああ、
毛糸が足りなくなりそう。
d0117481_052944.jpg

11月に帰ってくる人が居て、
それまでに仕上げないと。
d0117481_0524869.jpg

かぎ針で、初めての試みのカーディガン。
行き当たりばったりで編んでいるから、あちこちに問題があって。
白色灯の下だから、色がくすんで見えるけど、
でも本当はとても綺麗な色。
d0117481_0534936.jpg


あと、もう片袖編んで、縁の始末をすれば出来あがりです。。。

ほんとはこんな色。
d0117481_8105164.jpg


by yumiyane | 2011-09-28 00:56 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2011年 09月 24日

このあいだ観た、ゴーストライター

執筆を仕事としていない有名人が、自伝本を出すときにお世話になる人のことです。


この映画では、イギリスの元首相。
彼の自伝を書くのを引き受けたゴーストライターが、前任者の不審死に疑問を持って
訪ね歩くあたりから、主人公の謎解きが始まるのです。
d0117481_2347341.jpg

主演のユアン・マグレガ―は、いつもそんなにカッコいい役はやらないけど、決して悪人はやらない、そして死なない。
だから、その点は安心して観ていられます。が、、、。
あれ?「天使と悪魔」では死にましたか?
でも、一番悪い人は他にいましたね、やっぱりね、って思いました。

それはさておいて、、、。


フランス・ドイツ・イギリスの合作映画で、主人公は元イギリスの首相のゴーストライター。
そこにCIAがからんできて、元首相とは、ブレアのことらしいけど、
アメリカのやり方に追随していったブレアに対する批判が、実は裏で糸を引いてたのが、、、、、と。

ユアン・マグレガ―はいいですよ。



他国で起きたことを批判するのはた易いです。
それは立場の違い、もあれば情報量の違いもあるでしょう。

情報統制が行われやすい中国を、外から見れば信じられない不自由さを感じますが、
そういうことは、日本でもありますし、アメリカでもあるでしょう。
いずれ分かるのです。この情報化社会。
インターネットというツールを使って、いずれどこの国でも自国で起こった不祥事や隠蔽は
あっという間に明らかになってしまいます。

何が起きているか、事実・真実をどれだけ伝えるのがいいのか、その判断をするのは大変なことです。
人の上に立つ人は、いつでも何が起きてもどう対処するか、想像力を働かせないといけません。

ここで見ることのできる映像は、つい最近になって友人のブログに書きこまれたコメントから知りました。
もっと前に見た方もいらっしゃるでしょう。


私は、スピーディの解析画像を見た時に、放射能の広がりの事実を認識しましたが、爆発の内容までは知りませんでした。

国民を不安に陥れてはいけない、という判断はあるかもしれないけれど、
ことと次第によっては、事実を伝える怖さも克服してもらいたいです、人の上に立つ人は。

原発を引き受けている自治体の長は、少なくとも誘致によるばらまきのお金は、
何かあったときに自分たちの土地を守るために使って欲しかったし、プールしているべきでした。

浜岡原発から11kmしか離れていない、スズキの工場が、何かあったときのリスクを分散させるために
牧ノ原市の工場の移転計画を始めたそうです。
住民にとっては、原発よりスズキのほうが大切。
静岡県知事には相当なプレッシャーがかかっています。




ゴーストライターの結末は、ちょっと腑に落ちないものでした。
ロマン・ポランスキー って、どうしてもハッピーエンドにはしてくれないのですね。

by yumiyane | 2011-09-24 00:40 | 映画(cinema) | Trackback | Comments(10)
2011年 09月 20日

ミニ写生会

昨日、新宿から原宿~渋谷にかけて、5万人規模の大きな反原発デモがあったようです。

内橋克人
大江健三郎
落合恵子
鎌田 慧
坂本龍一
澤地久枝
瀬戸内寂聴
さんなどの呼びかけに、5万人もの人が反原発デモを行い、原発に頼らないエネルギー開発を訴えたそうです。
このグループは、10万人の脱原発を目指す署名を集めているということ。
こちらで署名用紙をダウンロードできます。
できるだけ自筆の署名が欲しいそうです。英語やイタリア語のフォーマットもあります。
私も今集めています。


私はといえば、全然知らなくて、
住まいの外装工事のため、ベランダを空にしなくてはならず、植木鉢やらテーブルやら椅子やらを片付けるのを娘の年の友人に手伝ってもらいながら汗を流していました。

だいたい片づけたところで昼食。
そして、お天気が良かったので、写生にでも行こうか、ということになりました。

駒沢大学前からの、ひと駅歩こう!で見つけた公園を目指しました。

暗闇だと思っていたところは、子どもたちを自然の中で遊ばせる公園でした。
大きな公園は、夜は鍵がかかって入れないけれど、中は欅の茂る散歩道がありました。
d0117481_22235645.jpg

紫色のセージが茂る一角があったので、そこに腰をおろしました。

ほぼ紙面を埋めたところで、一陣の風が吹き、空がにわかに曇って来ましたが、雨は振りません。
気圧が一瞬で変わったことが分かりました。

風が変わったところで、蚊の大群に襲われ、友人の足は見るも無残。
私は、このところ蚊にさされたかゆみも、次の日にやってくる、という恐ろしい老化を自覚しているところです。

d0117481_2225249.jpg

帰り道に、あの隠れ家に寄って見ることにしました。
d0117481_22301328.jpg

休日の午後、私たちのほかには、2組のカップルがお茶を楽しんでいらっしゃいました。
d0117481_22254814.jpg

外からは、どこかの古い民家の庭先、でしたが、中は中近東です。

二人前のパエリアも、残して持って帰ってもいいらしいので、今度帰宅時にタイミングがあったら、
ここでお夕飯して帰ろうと思いました。

このあと、一度家に帰り、
渋谷で映画を観ました。

そのことは、また次の機会に。

by yumiyane | 2011-09-20 22:30 | paintings | Trackback | Comments(14)
2011年 09月 19日

根津美術館というところ

表参道と青山通りの交差点を南に降りていくと、青山墓地から骨董通りに向かう道と交差します。
その角にあるのが根津美術館。
d0117481_10512688.jpg

表参道から六本木に抜けるのに、その横の道をタクシーが頻繁に使います。
私も何度もこのあたりは通ったことがあるのに、会社が表参道に引っ越してから19年間、
一度も訪れたことがありませんでした。
d0117481_1052381.jpg


去年の6月、ローマからJunkoさんが帰国されて、久子さんの語りを聞く会を新宿御苑で催されたとき、shinn-lilyさんに誘われて行きました。
そこでお会いしたのがチェイルさんとデコさん。

今回何故か表参道のランチにお誘いすることになって、それならイベントとして根津美術館に行きませんかということになりました。
さすが、お二人は既にご存知の場所。でも最近改築されてからは初めてということで、私の企画もなんとか面目を、、、。

会社の近くに出来た新しいイタリアンでランチをしながら、たっぷり2時間おしゃべりをしたあと美術館へ向かいました。

青山のこんな都心にこんな場所があるとは!
まず外観からは想像できない、
正門じゃなく交差点付近からの入り口から正面へのいざない。
d0117481_10523366.jpg



ただ、この中に入るのに1200円が必要。トイレにいくのもミュジアムショップに行くのもとにかくお金が必要なのです。シニア割引してくださーい。

お迎えしてくださるのはこの方。
d0117481_1055457.jpg

弥勒菩薩立象、ガンダーラ美術。西方のヘレニズムあるいはグレコ・ローマの影響、とあります。
おひげを蓄えたなかなかのいいお顔です。

他のものも、HPで見たときはもっと小さいものかと思いましたが、なかなか迫力があります。
d0117481_10562684.jpg
いいものがありますね。


丁度日本の名刀展、というのをやっていました。
刀にはそんなに興味はありませんでしたが、せっかくだから、と見学。
写真は禁止でした
正宗作の短刀、大黒正宗です。「作が付く在銘作はこれ一点しかない」そうです。
圧倒的に男性の方が、ほれぼれとガラスにへばりついて、それぞれの名刀をご覧になっていたのが印象的でした。


そして、お庭に

青山のこんなところにこんな自然があるとは。。。
まずはここが紛れもなく南青山であるという証拠。with 六本木ヒルズです。
d0117481_112917.jpg


HPからの抜粋:
根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎(1860~1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するためにつくられた美術館です。

嘉一郎さんは、お茶にいそしまれるようになられた、ということから美術品の収集が始まったようです。
そして、お庭がこのような素晴らしい景観であることもうなずけます。
d0117481_1185239.jpg


庭のあちこちに仏像や、石像が挨拶してくれます。
d0117481_119536.jpg


d0117481_11232524.jpg


なだらかな階段を下りて行くと
d0117481_11151565.jpg

ああ、やっぱり信じられない、こんな場所があるなんて。
水面に映った木立なのですが、見ていると何がなんだか、、、今自分がどこに居るのかさえも分からなくなりそうでした。

d0117481_11184939.jpg

NEZUCAFE というカフェがありましたので、カウンターに座って庭を眺めながら、私は抹茶ラテを頂きました。
いつまでもそこに座って、ぼそぼそとおしゃべりをしていたかったのですが、
会社からの電話で現実に戻され、美術館を後にするのでした。

こういうのを白日夢というのでしょうか。

by yumiyane | 2011-09-19 11:33 | 美術館へ行こう(museum) | Trackback | Comments(24)
2011年 09月 17日

三角ストール  暑いのに、、、、、

d0117481_14355745.jpg
会社のお昼休みに編むぶんには、冷房が効いているからいいけれど、
クーラー付けない自宅でウールの編み物するのは、ちょっと勇気がいるかもしれない残暑のこのごろですが、
三角ストール 完成しました。

編み終わったものを、洗剤の少し入ったお水に漬けて手洗いし、軽く脱水して広げます。
縁編みにそってピンを打ち乾かします。
d0117481_14373553.jpg

編み目を整えます。
d0117481_14391347.jpg


すると、
d0117481_14395345.jpg

この形は以前にも編みました

今回は編み図のパターンの繰り返しを増やして、少し大きいものにしました。
d0117481_14412625.jpg


いろんな巻き方が出来ると思うのですが。

d0117481_14424214.jpg


外国のニッターさん達がこぞって編んでいらっしゃるこの三角の透かし編みのストール。
どうやって編むんだろう??
多分、こういうことだろうな、とは思いつ、模様の目数を計算するのに閉口して、編み図が手に入るまでお預けにしていました。
もっともっといろんなパターンがあるのですよ。

とりあえずいくつか編んで満足しました。
d0117481_14495917.jpg

色は、もう少し綺麗な色なんですけどね。

このストール、お友達に差し上げるつもりです。

結局、編むことが楽しいんですね。

by yumiyane | 2011-09-17 14:53 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2011年 09月 14日

ひと駅歩こう

表参道にある会社から、桜新町の自宅までは、ドアtoドアで20分。
一日机に向かってする仕事をしていると、運動不足で時々身体が固まってしまいます。
家に帰っても、一通りの家事のほかはパソコンに向かうか編みもの。
これじゃあ脂肪がたまっていっても仕方がない状況。

会社で、動脈硬化を医者から指摘され、歩くしかない、と一日1時間の散歩を始めた男性から、
体重が落ちて、ズボンのウエストが随分ゆるくなった、と聞かされました。

鍛えるのが好きじゃない私は、ジムには行きたいくないし、エクササイズもしたくない。
朝ラジオ体操するくらいならできるかもしれない、と思ったけど、ラジオ体操は朝6時25分から。

そんないい訳しながら、やっぱり歩くしかないか、と始めました。

ひと駅歩こう!

先週の金曜日、乗った電車が急行中央林間行き、これだと三茶で乗り換えです。
三茶で降りた私は、そのまま改札を出、地上に上がって歩き始めました。

世田谷通りを少し歩いて、すぐ弦巻通りに曲がり、そのままずーーーーっと道なりに行けば自宅近く。

ふた駅は長かった~!

バス通りを歩いたので、次のバス停で、と思うけど結局バス3台に抜かれ、45分かかって帰宅。


月曜日、こんどはひと駅にしました。
駒沢大学前の駅を降りて、246は排気ガスが多いからすぐ横道に入ります。
d0117481_0154726.jpg

駒沢小学校の先に、なんとかハウスという少しおしゃれな集合住宅。
d0117481_0163413.jpg
d0117481_0164372.jpg

へえ、この辺もいいところだな。
d0117481_017373.jpg


その道がやがて小さな道になって、突き当たるころ右に公園が。
d0117481_0172514.jpg

駒沢緑泉公園という雑木林の名残りのような公園です。
d0117481_01818.jpg

その中をショートカットしようと思ったら、誰かベンチに座ってる。やめようやめよう、と遠回り。

きっとこっちの方角のはず、と路地を歩いていると、こ こんなところにレストラン?
d0117481_0183951.jpg

弦巻茶屋 と看板のあるお店。
d0117481_0185815.jpg

メニューが出ていたので見ましたが、ほとんど二人前いくら。
ちょっと隠れ家的。今度誰かと来ましょう。

そうこうするうちに、お馴染の建物。東京都水道局駒沢給水所。
d0117481_0192630.jpg

ここはうちの屋上からも見えます。
              ある日の給水塔
d0117481_0265857.jpg

ここまでくればあと少し。

ちょっと道に迷ったりしたから、25分かかりました。


そして、今日。
同じく駒沢大学前で降りて、同じ道を歩きます。
最初は脚が重かったけど、10分ほど歩いたところで身体が軽くなって、るんるん~♪気分。

桜新町に着いてもピーコックに寄る気力も残っていました。



あの震災の日、表参道から三茶の先まで歩いて、そこからバスに乗って、家に着いたのが2時間と20分後。
これで会社から自宅まですべての行程を歩いたことになります。
もともとそんなに遠くないのですが、これで何かあってもきっと家までは辿りつけます。

ひと駅歩こう~♪

なかなかいい企画です。

by yumiyane | 2011-09-14 22:35 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(28)
2011年 09月 12日

宇宙の日

今日は中秋の名月。満月がいつも中秋の名月となる訳ではないらしいですが、今年は満月、6年ぶり。
d0117481_223812.jpg


そして、今日は日本では宇宙の日でもあるようです。
毛利さんが初めてスペースシャトルで宇宙に飛び立った日ということ。

地球に似た惑星、第2候補を発見!
という記事がありました。
猿の惑星からこっち、いつか人類が自分たちの犯した罪で、この美しい地球に住むことが出来なくなる、かもしれない、という不安を心の隅で抱き続けてきました。
この猿の惑星というシリーズは、フランスのSF作家ピエール・ブウルの小説が原作となっています。
wikiによると、

ブウルが仏領インドシナにて現地の有色人種を使役していたところ、同じ有色人種である日本人の率いる軍の捕虜となった「立場の逆転」の経験を基に描かれたとされる。

1968年に公開されたこの映画、ご覧になった方も多いと思います。

猿人間の私は、この映画のあと、コウネリアスと呼ばれるようになりました。女性だからジーナにしてほしかったのに。

1960年代は、世界の各地で核実験や水爆実験が行われたころ。しかも1962年のキューバ危機を絶頂に東西の緊張が続いてて、いつ何のきっかけで核戦争が起きるかもしれない、そういうころだったのです。

あれから40年余り経った今、各国の核実験は聞かれなくなったけど、世界中の原子力発電基の数は
アメリカを筆頭に(日本では3位の55基)430基以上の原子炉が存在しています。
原子力の平和利用が原発で、悪利用が原爆と言われ、原子力発電のまやかしがここにあります。


地球から最も近い、といっても20光年先に、生命が存在できる可能性を持った惑星を発見した、ということ。
いずれ地球が人類にとって暮らせなくなる日がくるために、地球から引っ越すために宇宙科学者が探しているのではありません。
宇宙への夢は、私たちが住んでいるこの地球への神秘からくるもの。
こんなに美しく、幸せで平和な星が、もしかしたら他にもあるのではないか?
銀河の中の太陽系の惑星の中で、太陽からの微妙な位置関係、距離関係にあるから、この恵まれた環境が整っている。
そんな星が、壮大な宇宙の中の数限りなくある銀河の中には、同じような環境の星があっても不思議ではない。
そんな観点から探し続けているのであって、
核戦争や、原発による放射能汚染で、やがて住めなくなってしまう地球を、脱出するために探しているのはないのです。

9兆4600億km×20年の距離にそんな星が見つかっても、誰がどうやって引っ越しするのでしょう。

d0117481_1424517.jpg

写真は、ヨーロッパスペースオペレーションセンターのHPからいただいた、地球の周りにある人工衛星とそのごみ。半分くらいはごみなんだそうです。

ああ、せめて地球上では、きれいなままの星であってください。


有難うございます

ご協力いただきました、さよなら島根原発への署名、オンライン署名と紙の署名合計18,726名集まったようです。
私的には1万以上あれば、と思っておりました。
皆様のおかげでこんなにたくさん集まりました。
引き続き、何かありましたらご協力よろしくお願いします。

by yumiyane | 2011-09-12 11:56 | 自然(nature) | Trackback | Comments(10)
2011年 09月 10日

発見!居心地よいかふぇ

住んでいるマンションの外装工事が始まりました。

朝から足場を組むための トンテンカンテン がうるさくて、くうちゃんがちょっとストレスフルになっています。

編み物教室をすることになっていましたが、いろいろあって、tommyさんとの個人レッスンになり、先日見つけた居心地よいカフェですることにしました。

JR渋谷駅南口、ここに行くのが結構大変なのですが、、、、。行けばすぐです。
渋谷駅の西の方のバス停、歩道橋の階段を上ると左方面、246を渡ったら左に降りて行き、少し行くと右にある階段を数段上ります。その道は山手線の線路沿いの道。線路を右に見て道なりに歩いていくと、南口のあるビル、ホテルメッツの建物に行きつきます。エスカレーターを二つ上がると改札口がありますが、右を見るとそのカフェはあります。
又は、湘南新宿ラインのホームの横浜よりの階段を上がるとそこが南口。地下鉄銀座線からは入場券を買ってJRの構内を歩くとすぐです。
店内に入って左の突き当たりは、ソファの打ち合わせコーナー。
d0117481_232061.jpg

今日はそこでも、私たちを挟んで左でも、結婚式のパーティの打ち合わせのようです。
d0117481_22334892.jpg


先日、夜行った時はピザがおいしかったので、きのこのビアンコをお願いしたのですが、あいにく今日はピザの窯に火が入ってない~?そんなことがあるのかーー!?
先日食べたデザートピザ、オレンジのスライスが乗っていて、とーてもおいしかった
d0117481_22491878.jpg

あとで分かったのですが、この日は夕方からウェディングパーティーが入っていて、3時半で追い出されました。そのせいですね。ウェディングパーティにはピザは出さないんだ。
↓ 店長から詫びが入りました。
d0117481_22521465.jpg

このカフェ、実は昨年末、会社の忘年会をしたあのRESPEKTと同じ系列のお店です。
どうりで、お店の雰囲気に近いものがある。いろんなタイプの椅子が置いてあって、
とってもスペイシー。

ホテルメッツに宿泊すると、朝ごはんはここで食べるのだそうですね。

さあ、パスタと温野菜を食べたあとは、おしゃべりしながらひたすら編みました。

tommyさんは、三つ葉屋さんで買った変わり糸でセーターを。ブークレーっぽい糸、ブルーグリーンが基調になったとても綺麗な色の糸で編みました。
d0117481_23182814.jpg

袖は身頃から拾っていって、袖口で終わります。
伸縮性があり、身体にフィットして、とってもかっこいいセーターになりましたね。
完成!
d0117481_22572115.jpg


リスペクトでは、English Speakerの方たちがニットカフェをやっていらっしゃいました。
こっちでは私たちがやりましょうか。
d0117481_233638.jpg

このコーナーとか落ち着いていい感じ。

実は今日で3回目のニットカフェです。
いいと思ったカフェは長続きしないジンクスをここでは破ってほしいな。
d0117481_2342625.jpg


by yumiyane | 2011-09-10 23:12 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2011年 09月 09日

ふうせんかずら

6月に種を買って、緑のカーテンを作ろうと思いました。
7月10日、忘れたころにやっとひとつ芽がでて、
d0117481_23195343.jpg

7月の暑いときに育たなかったので、今年はあきらめかけていました。
そのうち二つ三つ芽が追いかけて出て来て、小さな花を付け始めました。
d0117481_23365693.jpg


そして、
d0117481_23382237.jpg

d0117481_2339681.jpg

d0117481_23421819.jpg

あのちっちゃなお花がこんな可愛い風船を作っていくなんて。
それとも、花と風船は別物?で育つのでしょうか。

まだまだ緑のカーテンにはなってないけど、とーっても可愛い。
来年は、もう少し早く種を蒔いて、成功させましょう。


ところで、

7月13日の記事に支持率16%に喘いでいた前首相を、それでも支持している、と書いていました。
それは、3月15日未明に東電本社に乗り込んだと聞いた時から始まって、
前首相が福島の避難所を訪問したとき、どなたかに、「もう帰るんですか!」と声を掛けられ、
引き返して、少しその方と話されたとき、その方が頭を下げて「よろしくお願いします」と返すのを見たころ、
何か大変なことをこの方が処しておられる、と感じたからです。
今朝の東京新聞の記事   クリックすると大きくなります
d0117481_0272764.jpg
東京新聞は、徹底的に脱原発にシフトしてきました。
在職中は批判も結構書いていましたが、先日菅さんに単独インタビューをして、福島第一にヘリで飛んだ時のこと、
東電に怒鳴りこんで行った時のことを記事にしていましたよ。
今日のこの記事は、菅さんが東電に乗り込んだ時、訓示とした文章だそうです。

自分の直感は、人に左右されるものではなく、大切にすべきと改めて思いました。

追記:読売新聞ネットニュースにも

by yumiyane | 2011-09-09 23:56 | Plants | Trackback | Comments(6)