にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

このごろ

先日、息子がお仕事させていただいたお芝居が、日本橋の三越劇場でかかったので観劇しました。
冒頭、支配人から
被災にあわれた方々に心からの追悼 のご挨拶のあと、
「この劇場は耐震構造がなされていますので、観劇中に万が一地震が起きましても、心配ありませんから落ち着いて行動してください」 とありました。
日本橋三越の6階は、美術宝飾品売り場があるのですが、先日の震災のときもお皿一枚割れませんでした
とのお話も。

火曜日に、ある企業の冠コンサートがあって、チケットをいただいたので、サントリーホールに行きました。
こちらでも冒頭
「このホールは耐震構造で作られていますので、万が一地震が発生しましても、ご心配なきよう」
とのアナウンスが流れました。

通称コバケン指揮の日フィルの演奏でした。
これほど指揮者がプロデュースに関わっていると感じた演奏会も珍しいな、と思ったのですが、
当初の予定とは内容も変えられたとのこと。

まず、スメタナの「わが祖国」で始まりました。
短調で奏でられる水のうねりの表現が、東北の被災地に重なって、じわっとしてきました。

次にヴァイオリンの 瀬崎明日香さんが加わって
サラサーテのために書かれた、サン・サーンスの「ロンド」、それから
サラサーテの作った「ツィゴイネルワイゼン」
若いヴァイオリニストの音は、時に大胆に太く、また繊細に細く奏でられ、音楽性の高さを感じました。

休憩をはさんで、二部は歌。
ソプラノの森 麻季さんと テノールの錦織 健さん。
麻季さんは、あの「坂の上の雲」の主題歌で、きれいな旋律を歌っている方。
身体は細いのに、よくあんな豊かな声量をお持ちだと感心しました。
錦織健さんは、出雲の出身。私は彼のおじいさんに、英語を教わっていましたし、彼のおばさんが私たちきょうだいの夏休みの家庭教師でした。
かすかですが、彼の小さいころの姿を覚えています。
まさかこんな有名な歌手になるとは、です。

プッチーニのオペラから、それぞれが歌ったあと、
コバケンの提唱で、全員起立のもと黙とうをささげることになりました。


1分間、
何の音も咳払いも身じろぎの気配もなく、まさにホールに居る人のこころがひとつになっていました。


ああ、何かが変わって行ってるんだなー と感じました。
変わっていかないといけないんだ、とみなが思っているんですね。
この気持ちを絶対忘れないようにしなければ。

麻季さんが、「千の風になって」 美しく情感溢れる歌声でした。
健さんが 「初恋」、「この道」
うまいなあ、の一言。

最後に日フィルの伴奏で「ふるさと」を会場全員で合唱。

実はこの少し前、地震がありました。
茨城沖震度4の地震が。
座っていた私たちには分かりました。誰もが、あ 地震だ! と思ったはずです。
入口あたりから、ガタガタ と少し音がしましたから。

指揮棒を振っているコバケンは気付かなかったでしょう。
私は天井を見上げ、ぶら下がっているマイクや反響板を見ましたが、見事にどれも揺れていませんでした。


このごろになっても、まだあの地震が終わっていないな、と感じます。
d0117481_13453934.jpg

それほど大きな地球の動きだったのですね。
そんなプレートの上に暮らしているのですからね。
d0117481_1346564.jpg

写真は、29日午後の新宿西口。このあたりは40年前からちっとも変わっていませんね

by yumiyane | 2011-04-30 13:23 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(6)
2011年 04月 27日

私には3人の姉がいます。
一番上の姉は、京都の寺町通り鞍馬口下ルにある寺に嫁いでいます。
私はこの寺が好きです。
d0117481_22241759.jpg

禅宗の寺ですから、決して華やかな寺ではありません。
でも境内には、少しづついろいろな植物があって、それらは何気なく植わっているようですが、四季を通じてお花や紅葉が楽しめるようになっています。
d0117481_22341261.jpg

丁度、枝垂れ桜が1本、満開の花を楽しませてくれました。
d0117481_22345473.jpg



京都にはもう一人姉がいます。

中学3年のとき、小学校6年の下の妹の保護者として上京しました。
瀬田中学、戸板女子高を経て、日大芸術学部を卒業しました。
その後はテレビの世界でしばらく働いたあと、イタリアに渡りました。
まだパンナムの1便と2便だけが羽田に離発着していた頃です。

何年か経って、日本に帰って来てからは、また脚本の仕事などしていましたが、
13年くらい前から、父と暮らすために京都に移りました。

4年前に父が亡くなってから、残りの人生を考えて、一念発起というのでしょうか、
京都大学の大学院を受験し、
この春、めでたく論文が通り、修士号のディプロマを獲得したと見せてくれました。
d0117481_2253038.jpg

今年65歳、よく頑張りましたね。おめでとうございます。
論文とは
研究テーマは、現代のイタリアにおける移民です。
詳細を話すとながーーくなりますが、イタリアの移民はリビアとの関係が大きく関わっています。古代ローマの時代や植民地時代も含めて。また、今後のカダフィ政権の行方とも関わっていますし、
イタリアの少子高齢化、労働者不足は日本の少し前を行っていて、参考になります

ということで、移民がテーマなんだそうです。

原発事故で、多くの外国人が日本を離れる中、コロンビア大学の名誉教授
ドナルド・キーンさんは、残りの人生を日本で過ごすことに決めた、と帰化なさるんだそうです。

もっといい日本になるように、、、自分の国を大切にしていきたいです。

by yumiyane | 2011-04-27 23:02 | family | Trackback | Comments(22)
2011年 04月 26日

お花見

桜新町の八重桜が満開に咲く頃、いつも嵐が起きます。
この日も、雨と突風が吹いて、花びらが舞い散っていました。
d0117481_13401731.jpg

そんな中、編み物教室の生徒さんとお花見をしました。
d0117481_13422127.jpg


前からの約束だったので、金曜日の夜には東京に戻り、
おみやげにもらったたけのこを煮て、たけのこご飯も炊きました。
d0117481_1349786.jpg

京都の二人の姉に、京風おばんざいをたくさん作ってもらって、持ち帰りました。
降ったりやんだりのお天気のため、部屋での “思い出し花見” です。

床に座っていただく、手作りおばんざいは大変おいしゅうございました。有難うございます。
d0117481_13391123.jpg

真ん中に映ってる、トミーさんが持ってきて下さった言問い団子は、なんと一個300円もするんだそうです。12個もはいってるでしょう、、、。
どうりでおいしかった!

甥が、福島からのおみやげにくれた鮭のこうじ漬、おいしかったです。
東北にもおいしいものがたくさんあるんですね。
shinn-lilyさんが、応援の“東北のおいしいもの”をリンクしてくださっています。
私も何かネットで注文しよう!

by yumiyane | 2011-04-26 13:29 | かふぇ(cafe) | Trackback | Comments(12)
2011年 04月 23日

電気のあるくらし

木曜日の夜に、車で京都へ向かいました。

気仙沼の本吉町に実家のある京都の義理の甥が、被災地まで荷物を運んで帰るのに、運転を手伝いました。
朝気仙沼を発って、途中福島の親戚宅に寄って、
夜、桜新町にやっと到着した甥と運転を代わって、東名に乗ったのが10時少し前でした。
よほど疲れたのでしょう、そこから2時間半、浜名湖の先までこん睡状態でした。
d0117481_014916.jpg

東名の豊川あたりで運転を交代しました。名古屋に入る前に伊勢湾岸自動車道に入りました。
その辺りは、海の上を走る未来都市のようなところ。
d0117481_00967.jpg

左手には工場地帯があって、四日市あたりなんだろうと思われました。
そこから新名神自動車道の方に折れて、京都を目指します。

深夜の高速道路を通ったのは何年ぶりでしょうか。しし座の流星群を見たとき以来かなあ。
とにかくトラック、トラック、トラック。乗用車は殆ど走っていません。
スピードを出したくても、トラックにはばまれて、譲っていただけるまでは後ろにくっついて行くしかありませんでした。

それでも、京都の北区寺町通りに着いたのは午前3時でした。

京都の夜は明るい。
今の東京から比べると、すごく違和感がありました。
自動販売機の灯りも点いているし、ラーメン屋、コンビニの看板も明々とついていました。

東京の感覚で、ひやひやするくらい、電気に無神経(失礼!)。
姉の家でも、つい言ってしまいました。
窓際の灯りはいらないでしょ、
トイレに入ると自動で蓋が開くなんて無駄でしょう、

でも、このあいだまでは東京もこうだったんだな、って。

つい2.3日前から、表参道駅に一面に貼られた広告に、すごい違和感を覚えます。
それは、
夜に家事をする人のための電化製品の広告写真。Panasonicが働くヤングエグゼクティブのための電化製品のようです。

そうなんだよね、このくらいの人たちと、原発の話をすると、
原発が無くなると日本の経済は成り立たない!の一点張りです。

ほんとにそうなんでしょうか。
東京電力が行った計画停電は、実は、計画的停電だった、という気がしています。

原発がないと、あなたたちの生活はこんなに困るんだよ、と知らしめるための計画的停電なのです。
ほんとは賄えるのに、原子力発電を主張するため、私たちは脅かされている、それが本当のところのようです。

もうひとつ驚いたこと、それは
こんだけ節電してるんだから、さぞ電気代が減ったことでしょう、と思いきや、
まさかまさかの前月と同額。
一部の地域で、交通事情により検針が出来なかったから?!
3月分は2月分と同額にさせていただいて、4月分で精算させていただきます、って!
しかも、東電のホームページでしか断りがない!
こういう思いあがった会社だから、こんなことになるんだわ。

電気のない暮らし、それは火を使わない生活に戻れないように、もう戻れません。
父は電気が大好きだったから、家中どこにでもコンセントがありました。テレビもまだ放送が始まっていないころに買って、テストパターンをじっと眺めていたし、洗濯機も冷蔵庫もクーラーも、どのうちより早く買っていました。父がこの現状を知らなくてほんとに良かったと思います。

小さい頃から、あまり停電も経験してこなかったし、暗いのは好きじゃなかったけど、
誰かの犠牲がないと使えないような原発なら、
もっと節電して、今日も部屋の灯りは消して、電気スタンドでいいし、見ないテレビは消して、
パソコンの灯りも二つ三つ暗くする、そんなことちっとも苦痛じゃない。
それより、
福島の餓死寸前の牛たちを見るのがずっとつらいです。


京都の電気は敦賀の原発から来ているそうです。
若狭湾にはもんじゅもあるし、しかも二つとも活断層の上にあるらしいから
決して安心できるものではないです。
ほんとに原発が安心して使えるものになるまでは、この国で使用するのは無理。

気仙沼からの戻り、甥の感想、
気仙沼はまだいい、復興の希望があるから。
福島には、それが無いんだよ、
って。



電気をもっともっと大切に使いましょう。
d0117481_025912.jpg

寺の前、3時の月が電信柱の上に。

by yumiyane | 2011-04-23 23:04 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(28)
2011年 04月 19日

みんな素敵

いつか同じセントポーリアの写真を載せた時、その花は白かった。
あれは去年の10月。
春になると白かったセントポーリアの花も、ピンクになるの??
d0117481_22583459.jpg


NJに住んでいる友達が、
NYタイムズの日本の記事を毎日見て、胸が痛くなったり、日本人って本当に素晴らしい国民なんだな、と思ってみたり・・・・
今まで「こちらに永住してしまおうかな」なんて考えたりしたけれど、地震以来「やっぱり祖国は日本だ!」を自覚するようになりました、、、、
とメールを送ってくれました。

遠くに暮らす友達が、
ブログの友達も、
みな一様に、日本人であることの誇りを持ち続けてくれています。

イギリスでもフランスでも、スペインでもイタリアでも、みんな一所懸命チャリティで日本への応援を続けてくださっています。
みんな素敵!



アメリカのロイターのある記者が、
Don't donate money to Japan
という記事を3月14日に書きました。
主旨は、日本は金持ちの国だから、日本に直接お金を送る必要は無くて、いくつかのファンドに送ったほうがいい、そうすれば、世界中のいろんな困っているところに必要に応じて送られるから、というものでした。
世界中で行動する国境なき医師団に寄付すべきだ、とも。

それに対して
良く言った! と言う人と なんてこと言うの、日本の現実をあなたはちっとも分かってない!と言う人と居ます。残りは、寄付するならこっちに、みたいなものも。

また、NJの友達がメールに添付してきたアドレスには、
日本の被災地のいくつかが、
Before After と題されて スリットひとつを動かすことによって、
被災前の美しい景観が、スライド式に現状の写真に変わる、というものがありました。

この大震災への、世界の暖かい手のぬくもりのほかに
バッシングや批判や差別、といったものにも、直接間接で触れている
そんな中、日本の被災地の方々のためにと頑張っている皆さんのこと、
ほんとに誇りに思います。


みんな素敵だ!

More

by yumiyane | 2011-04-19 22:59 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(6)
2011年 04月 19日

ちょっと素敵な紫のマフラー 

おととし、アメリカのヴァージニアを訪れたときにお土産にしたマフラーの、残り毛糸があったので、
ちょっと素敵なマフラーを編みました。

かぎ針で、単純な少し大きめのモチーフを三つ編んで、つなげた両端から、
d0117481_031448.jpg

棒針で表編み4裏編み1の変則ゴム編みを編みます。
d0117481_034128.jpg

端にかぎ針で、鎖編み15目と鎖編み10目のフリンジを付けました。
d0117481_041027.jpg

これからの季節、ちょっと首に巻いておしゃれと、防寒を兼ねて、使ってもらえるといいな。
d0117481_06067.jpg


帽子、以前編んだものも入れて4つ、
d0117481_0634100.jpg

マフラーひとつにストール2枚、
子ども用セーター1枚。
作った人の気配があってもいいかなと思って
小さなタグを付けました。
d0117481_010068.jpg


このほかに、毛糸をたくさん、棒針、かぎ針、とじ針、はさみなどなど。
私みたいに、編み物が好きな方もきっといらっしゃるはず。
モチーフ編みの本も入れて、
きっと何か作りたくて仕方がない方のところに渡ればいいなあ。

毛糸があるから、
あやとりも出来るはず。おばあちゃんならきっとご存知。

折り紙も、プロ級の本が会社にあって、普段ならとてもやる気にはなれないけれど、
それもきっとお好きな方がいらっしゃるような気がするので入れておきます。

桜前線が北に移っていますね。
これで少しでもみなさんの心が和むといいなあ。

by yumiyane | 2011-04-19 00:16 | にっと(knit) | Trackback | Comments(14)
2011年 04月 13日

渦巻き帽子

2段ごとに右をひと目増やし、
左をひと目減らしていくと、平行四辺形の編み地が出来あがります。
d0117481_1332251.jpg

表編み4段と裏編み4段を繰り返していって、
d0117481_1344211.jpg

それの端と端をつなげると、

あららびっくり、
渦巻き模様の帽子ができました。
d0117481_0241425.jpg

写真差し替えました。
斜めのぐるぐるが、なんだか面白いシルエット作りますね。


この編み図は長野県上田市にあるらしいオオムラという毛糸店のサイトにあったものを参考にしました。
編み物教室もなさっているみたい。いいなあこういう地方都市で毛糸屋さんやるの。


ところで、
被災地での飼い犬や飼い猫の行方もすごく気になるところです。
このサイトでは、保護されたペットくんたちの情報が得られます。

人間の命が一番大事なのは分かるけど、
置き去りにされたペットたちの命もとっても気になるところです。




d0117481_0272424.jpg


by yumiyane | 2011-04-13 15:04 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2011年 04月 12日

帽子

被災地の方がみなさん帽子をかぶっていらっしゃる。
きっとお風呂とかあまり入れないから、シャンプーとかできないから、帽子をかぶっていらしゃるんだなあと思いました。
美容院へも行けないだろうし、髪型も気になるだろうし。
もっとたくさん帽子を編もう!
d0117481_22561243.jpg


帽子なら、残り糸できっといくつも編めると思う。

junkoさんのところでは、ソックスを送ろう!というキャンペーンが始まった。

こちらは編み物教室の生徒さんにも頼んで、帽子を編もう。




それにしても、
度重なる震度6の余震、しかも福島。
原発をまだ少しもコントロールできていないのに、
そんな能力を持ち合わせていないうちに、
東京に電気を送るため、とはいえ、どんな計画のもとに福島に二つも原子力発電所を作ることになったんだろう。
いろんな野望が有象無象の原発の恩恵を、知らなかったとはいえ、つい先月の11日までのうのうと受けていたとは。自分の無知さに腹が立ちます。

強制的に避難しなければならず、牛や家畜を置いてきぼりにしなければならず、長年住み慣れた家をはなれなければならず。
そんな人たちが、東京の私たちの電気を賄うために作られた原発のせいで、なんで?って
原発さえなければ、震災からも免れたのに、なんで?って

どうしてあげることもできない。
もう手遅れなんだけど、見ないテレビは消して、必要最低限の電気を使っての生活。
みんなで、お願い。




                         ワコール
d0117481_22361239.jpg


by yumiyane | 2011-04-12 23:15 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(21)
2011年 04月 10日

お花見 樹林公園

今日は、大泉学園で編み物教室でした。

絶好のお花見になると思われるので、
と集合時間を1時間半繰り上げ、
お弁当持参で桜の下で編み物教室
ということになっていました。
d0117481_2345593.jpg



お一人不参加でしたが、
みんなでお花見を楽しみました。

やっぱり、いいねえ お花見は。
d0117481_23385665.jpg


お弁当は持ち寄りで、ちらし寿司、お稲荷さん、おにぎり に スペアリブ、かぼちゃサラダ、玉子焼き、おまめ、お漬け物にフルーツ。デザートにクッキーや玉子なんとかというおいしいお菓子、などなど。

ひとしきり胃を満たした後、空を見上げて 桜を楽しみました。

公園は春爛漫でした。
あけびの可愛い花が咲いていました。
d0117481_2354291.jpg

ぼけ
d0117481_23544484.jpg

クリスマスローズは、
d0117481_23583924.jpg
下を向いたお花がみんな大きな種をはらんでいましたよ。

少し寒くなってきたので、おうちに帰りました。

優等生のW屋さんは、きちんと作品を仕上げてみえました。
エポーレットスリーブという、肩のはぎ合わせが少し変わったお袖にチャレンジしました。
d0117481_0250100.jpg

みんなで、どうなってるの?って覗き込んでいます。

しっかり模様が編み込まれているので、とても暖かいカーディガン。
d0117481_07177.jpg

これからの季節には、コート代わりになるわね、と。
とってもしっかり編めています。

写真を撮るのを忘れてしまったけど、
ポテ子さんは、変わり糸で編んだポンチョを仕上げました。
K代ちゃんは、緑の石をレース糸で囲んだ夏用の帯どめを仕上げたチャレンジャー。
N子さんは、フード付きのベストが、あとちょっとというところで糸がなくなり、お預けでした。

地震後初めてお会いする方が殆ど、
みんな無事で良かった。

やっと気持ちに余裕が出来たのか、それとも桜やいろんなお花が綺麗に咲いて、
私たちを外に連れ出してくれたのかな。

by yumiyane | 2011-04-10 23:15 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2011年 04月 09日

夜の桜 渋谷

東京にも桜が咲きました。

週末はお天気が悪くなるという予報。
じゃあ、今夜かな、と表参道から渋谷へ、歩きながら桜を探して歩きました。
勿論ライトアップはありませんが、1本、また1本とさくらの方から呼んでくれます、ここに咲いてるよ~♪ って。

渋谷駅なら、桜が丘方面に歩道橋を下りたところに少しあるはず、と行って見ました。
d0117481_036335.jpg


エクセルシオールのカフェに座ると、目の前に美しいさくらが、特にライトアップはされていないけど、
渋谷の町の灯りで、丁度良い感じに照らされています。
d0117481_0392613.jpg


d0117481_040543.jpg


東電が、計画停電の中止を発表しました。
しかし、夏のピーク時には企業で25%、家庭でも15%の使用電気の量をカットする必要があるそうです。
自宅の15%は確保します。

イケアで買った電気ソーラースタンド、あのころは、こんな灯りで役に立つのか、と半信半疑でしたが、
この時期、
買っておいて良かった!と思っています。
d0117481_0525922.jpg
昼間に陽のあたる場所に置いて、夜、手元を照らして編み物できます。
緊急地震速報が鳴っても、ローソクみたいに消す必要はないから。



ライトアップのない桜、だけどそれなりに美しかった。
次はどこの桜を見に行こうかな。

d0117481_125927.jpg


by yumiyane | 2011-04-09 00:57 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(14)