にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 30日

今日のランチ

東京は雨でした。

月末、ということもあって、仕事がたくさんあったので、お昼は外に出ました。
d0117481_0193480.jpg

ここは、紀伊国屋が地下に入っているAOビルの3階、Cafe Table。

少し前から、ときどき利用しています。

理由は、
d0117481_0182482.jpg

空いている。

インテリアは明るくて、窓も広くて開放的。どうしていつもこんなに空いてるんでしょう。
d0117481_022468.jpg

今日で4度目だけど、頼むのはいつもこれ。
貝柱とブロッコリーのパスタセット。ちっちゃなサラダと飲み物が付いて¥1,000。
味はいいんだけど、きっと少し高いんだな。
ブロッコリーがうんと茹でてあって、イタリアのみたい。でもこの間まで付いていたパンが前回からなくなりました。そのうちサラダも?


そこで私は編みます。
d0117481_025079.jpg

パスタが来るまで編む、お隣のおじさんたちの会話を聞きながら。
食べ終わると、1時間のお昼休みをきっかりひたすら編みました。

一人ご飯の苦手な私だったけど、こうして会社を抜け出して編み物休みをするのは悪くない。

d0117481_0321840.jpg

おじさんたちは、某大使館のかつての同僚のようでした。

いつか、河田町の蕎麦屋で、隣の席で私の勤めていた会社の話が出た。
「倒産したらしいね」
そう、私がかつて赤坂で勤めていた会社は和議を出して倒産した。
そっとその場を去ったこともあったなあ。

編み物をしていると、全く無心になるときと、いろんなことを思い出してしまうときがあります。
そんなときは、必ずどこか間違えてほどく破目になるのです。

by yumiyane | 2010-09-30 23:43 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2010年 09月 28日

ラッキーナンバー

ラッキーナンバー7(邦題)という映画がある。
d0117481_2332832.jpg


原題は、ラッキーナンバー・スレブン という。
ラッキーでもなんでもなくて、八百長競馬にひっかかった男の悲劇の話だ。
馬の名前がスレブン、
ただ、そのレースでの出走順が7番だったので、邦題がラッキーナンバーセブン、となったのか。

この映画、ブルース・ウィルスが出るあたりで、だいたいどういう映画か想像がつく。
しかし、2006年公開ということで、わりと最近の映画だ。
モーガン・フリーマン、ベン・キングスレイ 主役がジョシュ・ハートネット と結構豪華な顔ぶれ。
ダニー・アイエロもチョイ役で出ている。
しかし恋人役がルーシー・リューとは、まあ、この方の役どころが検死官というので、なるほど年季が入っているわけだ。
映画の話は、これからご覧になる方もいるかもしれないので、これくらいにしておく。

ラッキーナンバーの話。
西洋でラッキーナンバーが 7 と言われるのは、神が世界を作って、7日目に休息日としたからだろうか。

中国では 8 らしい。末広がり、科学記号で無限が立ちあがった数字。
北京オリンピックは開会式の日時を
2008年8月8日8時8分 としたんだって。あれからもう2年も経ったなんて。


風水でのよい番号は 1 6 8 らしい。どうしてそうなのかは知らない。

さて、
私のことだが、
ラッキーというより、守られてるあるいは囲まれてる、と思う数字がある。
それは



初めてこの番号のことを意識したのは高校1年のときだったか。
クラス別球技大会があって、バスケの守備位置がだった。
それからバレーボールをするときも何をするときもゼッケンに5をいつももらっていた。

もともと5人兄弟の末っ子、5番目として育った。
生年月日は 1950年6月5日。

現在で言えば、
会社の健康保険証の番号は、記号○○○ 番号
このため、会社のシステムにアクセスする番号がすべて5で始まる。
内線番号は608
6+8=14 1+4=5
ここまでいうとこじつけになるかもしれないが、こういう数字の出し方もある。

ほかにも知らないところで身の周りにあるかもしれない数字。

※あ、まだあった、今の住所
郵便番号の最後が -0015
番地の最後が -15
部屋の番号が #305

ちょっと不思議な気がしたので書いてみた。

d0117481_23422712.jpg

その映画のことだけど、
ときどき出てくるお部屋のインテリアが気になる。
主人公が出入りしているアパートメントの通路とお部屋の壁紙に特徴があるのだ。
最初のシーンの電話のある部屋の壁紙も。くどいんだけど、あんな部屋に毎日暮らすのはつらいだろうけど、キッチュ っていうのかな。
なんというのか、すごくアメリカンなインテリア。美術が1970年代って感じ。
監督ポール・マクギガンは、1963年生まれ、当時42-3歳という若さ。
主人公のジョシュ・ハートネットが、その演出タッチをすごくうまくこなしていると思う。

by yumiyane | 2010-09-28 23:42 | 映画(cinema) | Trackback | Comments(10)
2010年 09月 26日

クランブルを作りました

ずうっと前作ったクランブルがあまりにも甘くて、もう作らないかなって思ってましたが、
eithbedさんが作られたのを見て、来客があって急にデザートが必要になって作りました。

ただ、前回と少しレシピを変えました。
それでも甘かったのですが、これは使えます。

リンゴ中2個
冷凍ブルーベリーひと袋(200g)

直系20cmの耐熱容器に、リンゴをスライスしたのを敷き詰め、
ブルーベリーをそこに乗せる。

小麦粉・・100g
砂糖・・・100g
バター・・・80g

をボウルで手で混ぜて均一になったぼろぼろした感じのまま、りんごとブルーベリーの上にふわっと乗せる。

180度のオーブンで40分、こげめがつく程度焼く(もう少し高い温度で、短い時間でもいいかも、いい加減なレシピですみません)

暖かいうちに食べても、冷たくなって食べてもおいしい
d0117481_2342294.jpg


d0117481_23355348.jpg

ここに、カスタードを掛けて食べる、とある本に書いてありました。
丁度、粉末カスタードというものがあって、
牛乳を入れて撹拌するとカスタードクリームになる、というものです。
d0117481_23365184.jpg

分量通りだと ↑ なんだけど、
3倍くらいの牛乳で伸ばすと
d0117481_23372824.jpg

これはもう立派なカスタードクリーム。説明に書いてある倍は入れても大丈夫です。
カスタード派の私には、大変ありがたい便利物です。

by yumiyane | 2010-09-26 23:42 | かふぇ(cafe) | Trackback | Comments(18)
2010年 09月 25日

掛け持ち

二つ以上のことに同時に取り掛っていること。

二人以上の恋人を持つ時もそう言われることがある。
私の知人に、5またをかけたことがある、という人が居て、
その話を一緒に聞いた若い女性が、
「いいなあ、クリスマスプレゼントとか5個もらえる訳でしょ?」 と羨ましがった。
するとその女性は、
「大変よ、向こうはひとつ用意すればいいけど、こっちは5個用意しなくちゃいけないの」 
って。
目が点になる、ってこういうときのことだと思った。


さて、
今の私は3つ掛け持ちでニットを編んでいる。 なあんだ、ニットの話かって
ニットの話しかない。


糸を買って、デザインを決めて、ひと玉編んでみる。
そうすると、だいたい要領が分かって、
ああ、いい感じだ、というときと、
なんだ、こんなもんか、というときと、
もうちょっと編んでみないと分からないなあ、というときがある。

今、まさに三つがそういう感じ。
透かし編みの三角ストール、ひと玉編んだところ、ああいい感じ。
d0117481_1235534.jpg

これも、編み終わるとブロッキングというのをやって、透かし編みをきちんと広げると、模様がきれいに出てくるはず。


前に買ってあった、NOROのクレヨンシリーズのバスケット編みのストール。
d0117481_12361295.jpg

色の変わり方が激しくて、もうちょっと編んでみないと分からない。

先日三つ葉屋で買ったツィードの糸。久しぶりのセーター。
d0117481_12362388.jpg

すごく編みやすくて、こんなもんか、と思いつ、どんどん編めていく。

10月2日から、また後期のV編み物教室が始まって、次は半年かかってフェアアイルのカーディガンに取りかかる。
それまでの間に、この三つのうちの二つくらいは仕上げたいなあ と 虫の音を聞きながら
秋の夜長をやっと楽しめるようになった。
d0117481_12365039.jpg

でしょ?

by yumiyane | 2010-09-25 12:40 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2010年 09月 22日

中秋の名月

今日の月は、今年の中秋の名月だったようです。
仕事帰りに空を見上げたら、きれいに輝いていたので、
あ、
月見だんごだ! とピーコックに行って、白玉粉を求めましたら、
売り切れです、と。
勤め帰りにはもう団子も作れないのか、涙。
小麦粉で作ればいいじゃないか、とおっしゃるかもしれませんが
白玉だんごが食べたかったのです。
d0117481_1182646.jpg

月の左下に、木星でしょうか。この明るい月にも負けず光っています。

少し雲が出てきました。
長々と居すわった残暑も今日まで、ということですがほんとかなあ。

いつも10月1日から10日くらいまでの思い出に、暑かったよね、ということ何度かあります。

それに、今までは省エネとか、クーラーの温度を上げて、とか言ってたのに、
今年は、熱中症にならないように、クーラーを付けてください、と盛んに言ってたのは腑に落ちない。
今年の暑さが66年ぶりだった、っていうことは、66年前にはあった訳で、そのころはクーラーも殆ど無かっただろうし、どうやって凌いだんだろう。
それに、今のように排気ガスや、クーラーの熱も無かったわけだから、
何が原因でそんな暑い夏になったのか?

まだまだ気象的なこと、未知の、人間には手に負えない、地球の秘密なんでしょうね。

そんなこんなで、例によって青山一丁目の三つ葉屋さんという毛糸屋さんのセールに行ってきました。
d0117481_1285345.jpg

そんなに編めるか?
という疑問もあります。
でも見ると欲しくなる。
10玉と5玉と2玉、全部で9,000円くらい、MMのブラウス一枚も買えない値段で幸せになれるからいいんじゃないかな。

by yumiyane | 2010-09-22 23:44 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(14)
2010年 09月 20日

ベイビー用カーディガン

7か月になる孫のS君に編んだカーディガン。

竹とコットンの混紡糸、やわらかくてさらさらしています。
d0117481_2232472.jpg


今日会うことになっていたので、慌てて仕上げました。

9月も下旬になったのにまだ蒸し暑い日、今日は着てもらえませんでした。
ということは、まだ着れる。
d0117481_2242564.jpg


編み地の端が案外きれいだったので、前立ては後ろ細編みで仕上げました。
ボタンはひとつしか付けなかったけど大丈夫かな。
この糸はとっても扱いやすかったけど
d0117481_2274188.jpg

これからはもうウールです。
d0117481_2282623.jpg

やっぱり糸に触れるのは楽しい。

先週の土曜日、いただいたチケットがあったので、久しぶりに小山のニット友達に電話して
一緒にBUNKAMURAオーチャードホールで、ウィーン・コンツェルト・クラシック・オーケストラの演奏を聴きました。
始まる前も、休憩時も、終わってからも、お話するのはニットのこと。

彼女とはいつも編み物の情報を交換します。
今回は、私からはかぎ針編みの作り目の画期的な方法。
彼女からは、ゆび編みの編み方。
近いうちに、ゆび編みの作品を作りたいと思います。

で、演奏はどうだったの!?   さすが、音が洗練されていて上品。


ところで、
今日も新聞の話題から。

ローマ法王がイギリスを訪問していることをご存知の方も多いと思います。
この法王訪問時にテロを計画している、と男6人が逮捕されましたが、
自宅や職場を捜索しても、武器や不審物が見つけられなかったので、
不起訴釈放されました。
何が起きたのか?
この6人が職場の食堂で、ローマ法をを襲撃すると冗談を言っていたのを小耳にはさんだ人が真に受けて、警察に通報したためだったと。

どこで誰が聞いているか分かりませんから、口は災いのもと、って言いますから。
それにしても、ローマカソリック教会で起きた、神父による子どもらへの性的虐待問題に反発する市民グループが、抗議デモを行っているそうですから、社食での冗談話もよほど真実味があったのでしょうね。

d0117481_2219346.jpg


by yumiyane | 2010-09-20 22:21 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2010年 09月 17日

Lunch time

ニット本をまたまた買ったので、編みたいものが次々。
会社でのランチタイムも、そそくさと食べて、編み物にいそしみます。
ある日のランチは、紀伊国屋のそば
d0117481_0215286.jpg

デザートには初物の柿、これがおいしい。
d0117481_0222214.jpg

編むのは、NOROのくれよんシリーズ、NO.229
あじろ編みとか白樺編みとか言われている編み方です。
d0117481_0225667.jpg

紫からグリーンへ変わる糸と、小さなブロックの編み方がいい味になるはず。
d0117481_0231087.jpg


またある日のランチ、また? 温泉玉子とわさび入りとろろが付いて¥294。
d0117481_0233058.jpg

でも今日のデザートは、故郷の出雲の隣町 多岐のいちじく
d0117481_0234811.jpg

このいちじく、あの南イタリアのフィオローネにまさるとも劣らない、いや勝る。
d0117481_024211.jpg


甘くてジューシーでやわらかく、いちじくの王様と言っていい。いちじく好きにはたまりません。

そして、編むのは、また透かし編みの三角ストール。
d0117481_0242588.jpg

ちょっと巻物に懲りすぎじゃない?


ところで、
今日、東京新聞の「筆洗」っていう編集者のコラムに、ちょっといい話がありました。

滋賀県長浜市の浅井中学校での出来ごと。
体育祭の日に、二人三脚のギネスに挑戦した270人の生徒たち。よーいどんで、50mをクリアするとギネス記録。
立会い人のもと、無事にゴールして、みんな大喜び。

ところが、挑戦後の昼食休憩、一人の男子生徒が母親と一緒に本部テントを訪れ、
自分が結んだ手ぬぐいがゴール前にほどけたことを申し出た。

立会人の目にも、記録のビデオにも映っていない。
学校側は悩んで、その申告も含めて申請しよう、なんて意見もあったらしい。
結局、学校はギネスに申請をしないと決めた。

手ぬぐいがほどけたことを申し出た男の子の正直と
その申告を受け止めて、申請をあきらめた学校のみんなに、

残念っ!でも良かったね、また挑戦して!

by yumiyane | 2010-09-17 23:57 | にっと(knit) | Trackback | Comments(22)
2010年 09月 15日

スワローテイル・ストール

スワローテイル、というくらいだから、しっぽがとんがらなきゃいけないのに。

外国のニッターさんたちがこぞって編んでいる、三角のストール。
やっと編み方が分かって、なんとか編みあがりました。

最後にするブロッキング、という型づくりに少し手こずりました。
もっととんがらないといけなかったかな。
でも、出来あがって嬉しいです。
これからの季節に役立ちそう。

編みあがったところ、ブロッキングすると1.5倍以上にはなるようです。
d0117481_23581592.jpg


洗って、ピン打ちをしたところ
d0117481_2358315.jpg


巻いて見たところ
d0117481_002120.jpg


わりとあっという間に編めたので、いい糸があったらまた編みたいと思いました。
もう少し明るい糸で編んでも良かったのかな。


d0117481_033658.jpg

糸は
NIKKE VICTOR のVESTAという糸
40g巻き3個弱
6号の輪針で

by yumiyane | 2010-09-15 23:50 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2010年 09月 14日

トルコのおみやげ

トルコにはまだ行ったことがありません。
でも、私が初めてトルコを実感したのは、2005年にブルガリアに行ったときでした。

トルコが攻めてきて、それを払いのけたロシアがあって、そのため永い間ロシアに支配されることになった東欧の国々。そんな一言では片付けられない、複雑な歴史があるのでしょうが、
そんな中でも、文化や食にはしっかりトルコが入っていましたね。



先月、ブログで仲良くなった友人から、トルコのお土産をいただきました。
d0117481_12575461.jpg


このクノールのパックには、ひき肉と混ぜて作る、ハンバーグのような料理の1セットが入っているのだそうです。

こればきっと、ブルガリアで食べたあれです。右上のハンバーグみたいなの。中央のも殆ど同じ味。
d0117481_12565674.jpg



今年は、日本における トルコ年 なのだそうです。
どうりで、ということはないと思いますが、
先日、春に結婚した部下が、新婚旅行にイスタンブールに行ってきました。
おみやげにもらったのがこれ。
d0117481_12555064.jpg

粉末になっていますが、お砂糖も入っていて甘いです。
でも、りんごの酸っぱさがおいしくて、ホットでもアイスでもいけます。
毎朝出勤して、最初に飲むものになっています。
d0117481_1323440.jpg


そして、ブログでリンクさせていただいている「わたしがローマで独りで始めたわけ」のJunkoさんが、
やはり一人でイスタンブールにいらした旅行記を、今掲載されています。
みやげ話を楽しませていただいているところ。


そうそう、写真でイスラームさんは、アヤソフィアの絵を載せていらっしゃいますが、スルタンの顔が左上にあるので見てみてくださいね。



また、今月の連休には、直属の部下のひとりが、トルコに行く!のだそうです。

さてさて、今度は何をおみやげに持って帰ってくれるんでしょう。

by yumiyane | 2010-09-14 13:07 | 旅(travel) | Trackback | Comments(12)
2010年 09月 11日

続 女のいきる道

厚生労働省の村木さんが無罪となりました。

このこと、
この事件が起きたとき、新聞の報道で彼女の部下が逮捕され、その後彼女が逮捕に至るのを見るのですが、非常に合点がいきませんでした。
d0117481_11502543.jpg

女性で、あの固い役所のあのポジションまで上り詰めた人が、そんな些細なことで、自分のキャリアをなしにしてしまうようなことに加担するだろうか?
私の周りに居た人は、こういう私の意見を何度か聞かされました。

女性にはわいろは効かない、これは私の持論でした。実際、私にわいろは効かない。
それはそれ、これはこれ。

一所懸命働く女性に、
融通が利かない
重箱の隅をつつく
感情でものを言う
などなど、出来ない男ほどこういう批判で、出来る女性を低く見たがるものです。

無罪になって良かったですね、と心から 働く女性の一人として申し上げたい。

d0117481_11561012.jpg

昨晩、幼稚園からの幼馴染が上京し、丸ビルで食事しました。
彼女は、10年近く前にご主人を亡くし、しばらく大変な時を過ごしましたが、子どもたちの支えがあって立ち直りました。
今は、臨床心理士の資格をとって、NPO法人を立ち上げ、地域の統合失調症の患者さんをグループホームで支えて行く、という仕事を頑張っているというのです。

幼稚園、小学校が一緒、中学は部活も一緒でした。高校では同じクラスになったことはありませんでしたが、大学は二人とも東京で、一緒に軽井沢でキャンプをしたこともありました。
でも卒業後は彼女は田舎に帰り、離れて大人になりました。

困っている人がいると放っておけない、正義感の強い人でしたから、今の仕事もなるほど、とうなづけますが、結婚して3人の子供を育て、ピアノを教えながら普通の主婦をしていましたから、その後の苦労が推し量れました。

ぐずぐずしてないなあ、と。
これが女のいきる道。


d0117481_11562745.jpg

透かし編みの三角ストール、面白くて、こっちのほうが先に出来てしまいそう。

by yumiyane | 2010-09-11 11:57 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)