にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

形あるもの ハナエモリビル

初めて表参道を意識したのは、この建物でした。

赤坂に会社があるころは駒場に住んでいたので、車でよくこの参道を通りました。

昨年の9月4日、取り壊すことになって、ビルの閉鎖式が行われていました。
中央の白いジャケットの女性が 森 英恵さんです。
d0117481_23515210.jpg

その後、オフィスが表参道に移って、このビルの裏側になったので、よく来ました。
そのころは、確か3階に「パピヨン」というレストランがあって、おいしかったのでよくランチに使いました。そこで焼かれていたパン・シャンピニヨンを、1階のチョコレート屋さんで売っていたので、このパンもよく買いました。DONQのよりおいしかったのです。

そのころのチョコレートはGODIVAでしたが、その後メゾン・ド・ショコラに変わりました。
そこで店員をしていらした方とお友達になって、お嬢さんが島根の松江の方と結婚なさったとかで、私の故郷の話で盛り上がりました。
新しいチョコが来ると、いつもひとかけ下さいました。

1階の入り口には「花水木」というカフェがあって、訳ありの打ち合わせをするため、わざわざここまで来ることもありました。
1階の左側には、三菱東京UFJ銀行があって、お給料はこの銀行に振り込まれるので何度来たか知れません。右にはCityBankもあって、外貨預金を考えたときに相談に来ました。右の端にあったお花やさんはとってもセンスが良かったです。

いろんな思い出のあるビルですが、今日のビルは
d0117481_010199.jpg

取り壊されることになったのは、耐震構造になっていないから、ということです。

丹下健三氏設計の、ランドマークな建物も、保存はNOでした。

形あるものは いつかは壊れる、けれど、なにかひとつの時代が終わって行く寂しさを感じるのは私だけではなかったように、道行く人がこの光景に立ち止まっていました。

d0117481_0174828.jpg


by yumiyane | 2010-08-31 23:45 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(10)
2010年 08月 29日

初IKEA

桜新町から246に出て、環八を少し走って、第三京浜を横浜に向かって、「港北」を下りるとすぐ
IKEAの建物が見えてきました。
初イケア、
車を持っていたとき知っていたら、もっと頻繁に行ってたかもしれない の距離です。
知らなくて良かったあ!

今日は
息子の家族が、二段ベッドを買うのに付き合いました。


物をもう増やさない! と決めたからには 買っちゃいけない、見ちゃいけない。
なので、スウェーデンのやり方を勉強しました。。。

IKEAのやり方
d0117481_20135947.jpg

もうすでにいらした方は、大体のシステムはご存知なんでしょう。
私は初だったので、いろいろ驚きました。

すごく些細なことから大きなことまで。
たとえば、
開店時間が朝10時から夜9時まで――――仕事帰りにも寄れる
駐車場代がタダ――――これはそれなりに駐車場で働く人の人件費を節約します
スロープにカートを持ちこむと、車輪にストッパーがかかる
――――重いもの、大きなものを運ぶ店には必須


入口にある黄色いバッグや、カートに入らないような大きな家具を買う人は、買いたい物の品番を控えます。
この用紙と鉛筆は要所要所に置いてあり、全ての売り場を見終わってから、ストックされている倉庫に向かいます。
d0117481_2049838.jpg


突き当りにあるポスターは言っています
『気が変わっても大丈夫』
買うかどうするか、ここで実際の大きさを見てやめる人もいるかもしれないし、未使用のときは90日間返品OK。

倉庫から商品を取り出し、レジを通過したら、車に積めないものは宅配サービスに向かいます。

いやあ、買う人が選んで取り出して送付手続きをする―――人件費が節約されてるなあ。

買い物の途中でも、レストランで食事をすることが出来ます。
カートはそのまま持ち込んでもいいし、黄色いバッグは入口に吊るしておくこともできます。
まだ買ってないからね。
d0117481_2143722.jpg

d0117481_2145293.jpg

レストランに置いてある椅子も、休憩するソファも売り物の見本です。
子ども用椅子なんて、持ってなかったらこれ欲しかったな。

私がクリップとスプーンとゴム手袋以外に買ったものはこれ、
d0117481_2183155.jpg

説明書には言葉が書いてありません。世界中で売るときにこれ1枚で済むから。
太陽光発電スタンドライト。
IKEAの 終わりなき取組の#29 スッナンワークランプ
1個買うと、UNICEFのSave the Children に1個寄付されるんだと。
d0117481_2113584.jpg

電池を一日外に置いておけば3-4時間使えるそうです。
コードのない電池スタンド。
d0117481_218733.jpg
 


先週、スーパーモーニングで、スウェーデン特集をしていました。それは今の日本の現状と裏腹のようなものを感じました。

絶対人口が少ないから、経済を活性化させるためには働く人を増やして、税金を払ってもらわなければならない。
そのため、働く女性のための育児施設の充実や、夫の産休取得可など常識となっている点。
さらに、介護のために働くチャンスを潰さないよう、世代別に暮らすことがあたりまえになっている点。老後に人の手を借りる必要に迫られたときは、ヘルパーさんに見の周りの世話をこまめにしてもらえる。
これは 「子どもにしもの世話をさせたくない!」 という人がよくいますが、その気持ちを考えると、大きく頷けます。

ちなみに総人口は900万、面積は日本の約1.2倍で、国の総人口が東京いち都市より少ない。
GDP国民総生産は年々上がってきていますが、まだ33位。
出稼ぎIKEAは世界中で頑張っているのにね。

by yumiyane | 2010-08-29 21:43 | family | Trackback | Comments(10)
2010年 08月 26日

社食

某企業の営業部からある提案があって、まず第一回の打ち合わせをしました。

第二回の打ち合わせをどうしましょう、ということになって、、、。

車窓をパクった 世界の社食から を羨ましく見ていた私は提案しました。


次回はお宅の社食でやりませんか? と。

後日連絡があって、


やったー!社食だー
d0117481_06547.jpg


私がいただいたのは、マーボ豆腐みたいなの、玄米ご飯、お味噌汁、ハムとポテトのサラダ、肉じゃが、それからフルーツの盛り合わせです。写ってないですが、このあと小松菜のごまあえをプラスしました。

女性社員の多い会社の社食はおいしいはず、と思っていましたが、やっぱりおいしかったです。
ほんとはみなさんがいらして、わーーーって食べるときに居たかったのですが、
その辺配慮しすぎてくださって、13時すぎに入りましたら、もう人びとが去られたあとで、ちょっとさみしかったです。
d0117481_0132683.jpg

それにしても、1時になるとみなさん仕事に戻られるあたり、さすが大企業ですね。

うちの会社なんて、12時に食事に出る人なんてまれ。
ひどいときは3時ごろ昼食、なんて黒板に書いていく。
電話がかかってきたときは、遅い昼食を取っています、と取り繕います。

d0117481_094832.jpg

お金はいつ払うんだろう?
と思っていましたが、考えてみればいちいちお金の勘定しててもしょうがないよね。

食べ終わったら ↑ のプレートを、ある場所に置きますと、空いたお皿を感知して
ピー とかいって、いくらです!と画面に、カロリーまででるんですよ。
すごいなあ!

私がいただいたのは、合計630円。彼の社員証で決済。
安い!
安くないですか?
そんなもんですか?

ああ、またどこかの会社の社食に行きたいです。

by yumiyane | 2010-08-26 23:54 | ごはんを食べよう(rice) | Trackback | Comments(14)
2010年 08月 24日

カーテンの寿命 

今日は、生きていれば100歳になった父の誕生日。
父は、97歳、正確に言うと96歳と11カ月で逝きました。

朝から兄弟姉妹の間を、携帯メールが行き交いました。
祝!生誕100年


話は変わって、
11年前に桜新町に越して来た時に買ったカーテン。
1年ほど前からほころんできていました。

でも、すっごく気に入っていたカーテン、なんとかなだめすかして使っていましたが、とうとう寿命です。
d0117481_22592891.jpg

カーテンの寿命として11年は普通なのか短いのか?

これを買ったのは、恵比寿三越に当時あったインテリアショップ。
調べたところ、もう撤退していました。

そこでそのお店の名前だけ聞いて、ネットで調べたら白金にあることが分かりました。
d0117481_22582790.jpg

コロニアルチェック お店の名前です。
電話でその生地のことを聞きましたら、2年ほど前にはありましたが、、、、ということ。
2年前かあ。
最初にほころび始めたころだあ。


d0117481_2314421.jpg
d0117481_2315260.jpg
d0117481_2315917.jpg
d0117481_23266.jpg
d0117481_2321338.jpg
d0117481_2322011.jpg

あの ガーゼのような、透けるような、レースのような 感じが大変気に入っていました。
全く同じ布はもうないのです。


さんざん悩んで、昨夜出来あがったものが届きました。
d0117481_2344981.jpg


取り付けた昨晩は、前のカーテンに未練たらたらでしたが、
d0117481_2362957.jpg


これはこれでいいかあ、
d0117481_2394910.jpg

爽やかなペパーミントグリーン。
大好きな色です。

薄ーいコットンのレーシーなカーテン
お疲れ様でした。

by yumiyane | 2010-08-24 23:12 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(12)
2010年 08月 22日

都会の花火

日曜日土曜日、川崎市と世田谷区の花火大会が、去年に引き続き同じ日に開催されました。


河原に行って見ることはそれは臨場感あふれることです。
十数年前、出雲に流れる斐伊川の花火大会で、河原に寝転がって火の粉が降るようなところで見たことがありました。あれは良かった。あの花火が一番かな。

東京では、二子玉川の花火を2度河原で観ました。
臨場感はありますが、人の多さと、帰りの電車に乗れないので懲りました。


今回は、すこし迫力には欠けますが、住まいの集合住宅の屋上から眺めました。
d0117481_21432357.jpg
d0117481_21433373.jpg
d0117481_21434366.jpg

右に見える建物は、用賀タワー。正しく言うと 世田谷ビジネススクエア。28階建です。
d0117481_21445132.jpg

地球が丸いうえに、二子玉川への道は坂を下るので、3km弱しか離れていないけど、低いです。

少し視線を左に移すと、川崎市の花火が上がります。
こちらは、大玉より、どちらかというと小ぶりを数でこなす感じでしたが、とってもきいれな色のがたくさんありました。
d0117481_21551065.jpg

7時から始まって8時丁度まで、両方の花火を、近所の大学生がたくさん集まって、あーだこーだ言いながら楽しんだ花火見物でした。
最後の5分のクライマックスは、圧巻でした。
d0117481_2153173.jpg


ああ、これで行事的には夏が終わるんだけどなあ。
今年の残暑ってやつは、、、。





d0117481_2241388.jpg


by yumiyane | 2010-08-22 22:05 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(10)
2010年 08月 19日

アイス

今夜は幾分か過ごしやすいようですが、連日の暑さ、なかなかウールを触る気がしません。

それでも、フェアアイルのベストがやっと糸の始末をする段になりましたので、
他のものに手が伸びてきました。

ウールを触っていると
「冷たいものが食べた―――い!」
となるので、冷凍庫にはアイスが常備されています。

ガリガリ君のソーダ、がコンビニのどこのお店にいっても幅をきかせていますが、
私は、ガリガリ君では、チョコが一押しです。

通りの向かいにあるampmには、先日までこのガリガリチョコがあったのに、突然なくなってしまいまいした。
私みたいなのが居て買い占めたか、または仕入れてないか。
で、お店の人にいいました。あれを仕入れてくれたら買い占めてもいい、って。
でも入れてくれません。

少し足を延ばしてセブンイレブンに行ったらありましたが、3個しかなくて、もちろん買い占めました。
ところが昨日行ったらそれも無く、途方にくれていたところ、
これがあったのです、
d0117481_2320481.jpg

これは、昨年私が食べ続けたもの。
これもampmの人に、私が責任を持って買うから仕入れてください、とお願いしたもの。
今年は見かけなかった上、ガリガリチョコに心うばわれていたので忘れていました。
d0117481_2321551.jpg

おいしい!
おっと
でも気を付けなければなりません。1本当たりのカロリーが189kカロリーです。


アイスが確保されたので、心置きなく編み物に専心することができます。
それでも編み始めたのがこの さらっとした糸。
d0117481_23233150.jpg


子ども用のカーディガンです。
d0117481_23235893.jpg


この糸は、なんと竹が50%・綿50%です。
d0117481_23265176.jpg

さらっとしてて腰がないけど、なめらかで触り心地はとってもグーです。

心はもう秋、たくさん毛糸を買って準備しています。

by yumiyane | 2010-08-19 23:28 | にっと(knit) | Trackback | Comments(14)
2010年 08月 19日

都会の風景

表参道の駅から渋谷に向かって右側を歩いていると、ピエール・エルメというお菓子屋さんがあります。
そのビルの10階にあがると、そのお店はあります。
ビストロ・ブノワ

d0117481_06879.jpg

かつての同僚のお誕生日を祝うランチをいただきました。

d0117481_07164.jpg

¥2,000のランチは、メインとデザートとコーヒー。食前にグジェールという、プチシューとパンが付きます。
d0117481_094478.jpg

お店の方たちは若いけど、きちんと教育されていて、気持ちのよい接客をしてくれます。
お店のインテリアは、ここはパリ?
d0117481_01048100.jpg

でも、ちょっとスペイシーで、連れを待つのは↑このカフェで。
顔が揃ったら上に案内してくれます。

斜め向こうに、若い男性のグループが、私たちより高いランチを食べています。
d0117481_0143952.jpg

帰りにエレベーターで一緒になったので、聞いてみました、何のあつまり?って。
おばさんでしょ?

「僕たちは学生です、辻調」
なーるほど。
偉いねえ、自費で、おいしいと言われるレストランを訪ね、舌を肥やすんですね。
みんな白いシャツにネクタイ姿。7人いました。
あの中に将来の三つ星シェフがいるのか!?



ああ、都会の風景だわ。
d0117481_0235797.jpg


by yumiyane | 2010-08-19 00:24 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(10)
2010年 08月 16日

八雲立つ出雲

レンタカーの中での一人カラオケは、学校の校歌、応援歌。


出雲市立大津小学校校歌
♪豊かにそそぐ 斐伊川の~
みなかみ仰ぐ 山並に~
春はたなびく 朝雲を
まなこの限り 望みつつ 大津の子らは 夢多き♪


行ってみました。
d0117481_22353564.jpg
すっかり面影が異なっています。
私たちが居たころ、若槻礼次郎先生の植えられた松、というのがあったはず。
d0117481_22354347.jpg

もしかしたらこの松かあ? 
あれから何十年も経ったのに、この大きさ?
剪定されたとしても、幹が細すぎます。
あの松かどうか、友達に聞いてみよう。


出雲市立第一中学校 校歌
♪斐伊の流れの 水澄みて~
穂波 かがよう 広野原
日照ゲ丘に仰ぎ見る 学びの舎(いえ)のはらからよ~
いのち豊けく おおらかに 競い立たなん ここに学びて♪
d0117481_22495515.jpg

時計が一時間狂ってるなあ、夏休みのせいからかなあ。
中学校の思い出は、吹奏楽部の思い出。
全国大会に毎年出場していました。
私もアルトサキソフォンを吹いて、四国は高松、九州は長崎の全国大会に行きましたよ。


島根県立出雲高等学校 校歌
♪みどり 色濃き鷹の沢 久徴園に鳥なきて~
松吹く風のさやかなる~ われらの出雲
懐かしき学びの舎(いえ)の友垣よ
仰げ 仰げ正義と真実の 光あまねきこの舎を♪
d0117481_22554383.jpg

高台にあるし、林に囲まれているので、校舎の全貌はここからは掴めません。
高校は1年の1学期は弓道部に所属しましたが、ひとつも的を狙わせてもらえず、毎日正座ざんまいで、吹奏楽部に戻ってしまいました。

この日も、校舎のどこかから、ブラスの合奏の音色が聞こえました。



歌詞を調べていて分かったことは、中学と高校の校歌は両方とも、同じ先生方のお作りになったものだったのです。中学のHPに書いてありました。


そんなこんなで盛り上がって行った同窓会は、20人が集う賑やかなものでした。
二次会は場所を変えてのカラオケ大会。
最後は肩を組んでの「高校三年生」、
また再来年。


八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに八重垣作るその八重垣を 
by すさのお 古事記物語第十三話


d0117481_2348517.jpg


by yumiyane | 2010-08-16 23:42 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(12)
2010年 08月 14日

お墓参り

お盆に帰省するのは久しぶりのことでした。

出雲で暮らしていたころには、13日の夕方、きびがらを焚いて迎え火をしました。
「じいさん、ばあさんこの灯りでござっしゃい」
父の掛け声と一緒に声をかけたものです。


d0117481_23292169.jpg

↑写真は、いとこの子ちーちゃんが撮ってくれました。
私の実家は出雲にありましたが、お墓はそこから車で1時間ほど山の中にある、仁多郡奥出雲町亀嵩にある父の実家にあります。

亀嵩の父の実家は、訳あって10数年空家になっていました。
それが、昨年の暮れからいとこが戻り、今年の春からはいとこの次男一家も名古屋から戻ってきて、賑やかな家が甦っています。
d0117481_0251983.jpg


裏庭の蔵の前の畑には、なす、きゅうり、枝豆、トマト、インゲン豆、すいか、かぼちゃ、ねぎ、などなどがたわわに成っていました。
d0117481_0323061.jpg


小さい頃から亀嵩にあがる楽しみのひとつ、田舎の煮物も、お嫁さんに受け継がれています。ほとんどが畑で収穫されたもの。きゅうりもトマトもじゃがいももとーーってもおいしゅうございました。
d0117481_034095.jpg

       子どものいる風景はしあわせの風景です。



d0117481_14357.jpg

お墓はきれいにお掃除されていました。
d0117481_0383030.jpg

母は父より23年も早く逝ってしまいましたが、懐かしく思う気持ちは同じです。

d0117481_104844.jpg



3時半には山を下りて、出雲市内に向かいました。夕方から高校3年の同窓会に参加するためです。
d0117481_16474.jpg




今朝、一番の飛行機で東京に戻りました。
さすがの強行スケジュールに、午後から4時間のお昼寝をしました。

夢に母が出てきました。

出雲の、今はなくなってしまいましたが、
私の実家でした。
一人でお留守番をしていました。
夕方になったので、戸締りをしていましたら、足音が聞こえて、母が入って来ました。
「おかえり、ご飯まだでしょ、一緒に食べない?」
と私が声をかけました。
母が返事をするかしないか、のところで 夢は終わりました。

きっとお墓参りしたからだわ。



d0117481_112327.jpg


by yumiyane | 2010-08-14 23:55 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(16)
2010年 08月 12日

このところの東京

2010年の立秋は、8月7日の23時49分だったそうです。
地球ってすごい、
確かにその日を境に、夕方の風が変わったような気がしました。
写真は、8月7日の夕暮れ。
きれいな夕焼けだなあと、屋上に上がってみました。
西の空ではなく、東の空です。
d0117481_10341441.jpg


先日、屋上に上がったときから、気になっていることがありました。

あれは、
確か


やっぱり、
d0117481_10361298.jpg


ズームしてみたら、やっぱりのスカイツリ―です。
右の赤っぽい建物が三茶のキャロットタワー
スカイツリーの左手前にあるのが、屋上が建築途上かと思われる表参道近くの建物。
確かに地図で確認すると、桜新町から見ると墨田区まで渋谷を通って一直線上。
距離は18kmくらいしか離れていないのです。
東京って巨大な町だと思っていたけど、案外狭い所にひしめきあっているんだなあ、
というのが実感です。


少し視線を南にずらすと
d0117481_10521165.jpg

エッフェル塔の次に好きな塔、まだ頑張ってますが、
2012年の早春からスカイツリーが働き始めたら、しばらくは電波塔として意味があるのだそうですが、維持して行くことも大変だろうし、観光地としての価値も、今は押上に移行しつつあるし、フクザツだなあ。


北に視線をずらすと見える、西新宿のビル群です。
d0117481_1144840.jpg



12日の夕方の便で帰雲します。
今までになく短い滞在になりそう。

by yumiyane | 2010-08-12 11:06 | 身の回りのこと(around me)