<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

誕生日

今日は、チビの誕生日。4歳になりました。
d0117481_23414437.jpg

この1年間の成長ぶりは、目をみはるものがあります。
言葉がどんどん入っていきます。
情緒も育っていきます。
この都会という環境の中だけど、のびのび育って欲しいと思います。

誕生日のプレゼントは、手編みのカーディガンです。
d0117481_23445647.jpg

お花のリクエストがあったので、一緒に買いに出かけました。

「○○ちゃんね、お花がとっても好きなの、いつも摘んでるでしょ」
私:「でも、せっかく摘んだら飾ってあげてね、可哀そうだから」
「うん、わかった」

赤と
ピンクと
黄色と
白い花が欲しいということで
アレンジに黄色いチューリップを足してもらいました。

お花をゲットしたら、元気になって、例によって踊りだしました。
d0117481_23541088.jpg
d0117481_23541792.jpg

d0117481_23561231.jpg


もうじき、おねえちゃんになるんだよ。

by yumiyane | 2010-01-31 23:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2010年 01月 31日

リーズナブルということ

そうなったらいいな、という話はいっぱいあって、でもそうならないから難しい話もいっぱいあります。
d0117481_2346514.jpg

去年の11月のアメリカ行きは、成田←→NYはプレミアムエコノミーで行きました。
4月のLONDON行きの際のアップグレード作戦にまんまと乗っかってしまったのです。

プレエコのチケットがあると、さくらラウンジを使うことができます。
いろんな飲み物が置いてあって、クラッカーやお煎餅、あられとか、おにぎりもあるし、NYにはお蕎麦もありました。
そんなサービスが不要だったのか、採算のとれていないものだったことは明白です。
d0117481_025476.jpg

朝早く着いたこともあって、私のほかには一人だけ。ボトルのお水も飲み放題、↑のインターネットも使い放題です。
でも、ここで器を下げたりしていた背広のおじさんが、搭乗口でチケットをチェックする人だったのはちょっとびっくりしました。

日本は国の面積が世界で61位だけど、空港の数は16位だとか。
この広くない国に97も空港があって、そのうちいくつにJALが飛んでいるのかは正確には分かりませんが、ざっと数えただけでも73か所ありました。
すべての空港に飛ぶ必要があったんでしょうか。

サービスは受けたいけれど、過度はいらない。だんだん、そういう方に向かっていると思います。


NYのホテルからJFKエアポートまで、マイクロバスに乗りました。$27でした。タクシーは均一ですが$45します。
このマイクロバス、定員9名、ホテルを回って客を乗せたあと、空港までノンストップ。ターミナルは近いところから降ろして行ってくれます。
d0117481_1215435.jpg

大きなおじさんは窮屈そうですが、私の隣はドイツ人のカッコいいお兄さんで、定員9名のところ6名でした。

NYのホテルに泊まるならこれが便利、次もそうします。

by yumiyane | 2010-01-31 01:34 | 世の中(real world) | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 29日

危険な兆候

このところ、ネットでの買い物が続いています。
個人情報を入力するのにはためらいがありましたが、それは今でも変わりはないのですが。
ネットで買うのは、くうちゃんのごはん。
d0117481_1193571.jpg

これは、PHコントロールされた療養食です。
尿道結石を起こしやすいので、これをもう10年くらい食べています。
先日、ペットクリニックで処方されたのは肝臓に配慮したごはんでした。ところがこれを全く食べないのです。
そうなると少しでも食べてくれるものを上げたくなるのは人情です。
またPHコントロールに戻ってしまいました。

一昨日は、マイケルのThis is it ↓ をあらかじめ予約しておきました。これは何気にAmazonのメールを見て、そうだ!と注文したもの。

同時に頼んだのが、司馬遼太郎の「空海の風景 上・下」。
d0117481_1195992.jpg

本屋さんで探したけど、どこにも置いてないので、ほんとは本屋さんで注文して買うべきでしたが、
マイケルのDVDと一緒に、えい!っと注文しました。

それからさらに頼んだのが、ロクシタンのオリーブシリーズ。
irihinidefuneさんに教えていただいたサイトで、お店で買うより20%も安い上、探していたクリームが見つかったのです。
d0117481_1203289.jpg

この写真は第一弾。今日第二弾も頼んでしまいました。
まだ残ってるでしょう?(陰の声)


個人情報の流出が怖いから、ネットではあまり買わないの、と、このあいだまでは言ってたんだけどなあ。

過去にインターネットで買ったもの、

海外・国内のホテルの宿泊
海外の電車のチケット
航空チケット
すいか
お米

化粧品
洗剤
編み機
毛糸
編み物グッズ
ホームベーカリー
猫の餌

思い出せただけでも、わーっ!もうこんなに。
基本的には代引きにしているけど、クレジットカード決済もいくつかあります。
大袈裟だけど、身売りしながら買い物してる気分ですが、
そろそろ代引きの315円も無駄と思えるようになってきてしまいました。

大丈夫なんだろうか、このネット社会。
人と会話しなくても物が手に入る世の中。
もっと話そうよ。

by yumiyane | 2010-01-29 01:23 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(6)
2010年 01月 27日

速報!

予約していたDVDが、たった今届きました。
丁度お昼休みで、お弁当を食べたあと、編み物をしているときでした。
d0117481_13464932.jpg

こういうことは、すぐにお知らせしたほうがいいと、、、、。
ちなみに右にある編み物は、三角編みのマフラー、制作中、なんだか色合いが似ていると思いませんか。

ああ、どうしよう、メロディが頭から離れない。

マイケルになろう!

by yumiyane | 2010-01-27 13:48 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 27日

OatMeal

皆さんは、朝ごはんに 何を召し上がるのでしょう。
先日、女子栄養大学の先生が、最近の子供たちのご飯の状況を調査していらっしゃいました。

私の子供のころの朝ごはんは、たいがいトーストと紅茶だったような気がします。
今から50年あまり前のことだし、島根の田舎のことだから、それはおしゃれな朝食だったと思われます。
そのころは大家族でしたから、その食パンを母がどこから調達してきたのか、まったく覚えていません。
4人姉妹はみな髪が長かったので、朝食を食べながら一人づつ母に髪を結ってもらいました。

朝は農家の人が、採れたての野菜をリヤカーに積んで売りに来ました。
私はキャベツの千切りが大好きで、それだけで大きくなったような気がするくらいです。

バターを塗ったトーストと、ミルクティにキャベツの千切り。
みんなでワイワイしながら食べたことでしょう。

小学生を対象にした女子栄養大学の先生の調査では、朝食だけでなく、夕食まで一人で済ませる子供が増えているのだそうです。何%だか忘れましたが、半分近くいたようです。

口に物を入れてしゃべるのはやめなさい! と叱られても、みんなで食べるのは楽しい食卓です。

いろんな事情で、親と一緒に食べれない子がいるのは、昔も今も同じでしょうが、先生の調査で、そのとき母親は何をしていましたか?という問いに
テレビを見ていました
寝ていました
ほかの部屋にいました
などなど。
食育が見直されるこのごろ、何かいたたまれないアンケート調査の結果でした。

さて、
焼き立ての食パンがこのごろの朝食に登場していますが、
アメリカから戻ってきて毎日のように食べているのがこれ。
d0117481_034986.jpg

実はアメリカに行く前に見つけて買ってあったのです。

オートミールを初めて食べたのは、新婚旅行で行った軽井沢のホテルの朝食でした。
万平ホテルの食堂は、とってもレトロでサービスも申し分ありません。
アメリカの映画で観た、これがあのオートミール、と思って食べましたが、おいしい!ものでした。

それからしばらくは目にすることも、口にすることもありませんでしたが、数年前に都内のホテルの朝食で見つけてルームサービスでいただきました。

このたび、アメリカのサンディのおうちでいただいた朝食がオートミール。
「作り方はとっても簡単なのよ」 と サンディに教わりました。

大匙4杯くらいを器に入れて、倍の分量のお水を入れます。
電子レンジで1分半。 
取り出して、牛乳を入れながらかき回します。そこに塩を入れて、はいできあがり。
サンディは甘くして、レーズンや干しアンズをきざんで入れていましたが、私は絶対塩派です。
アメリカは低脂肪牛乳しかありませんから、私も帰ってきてからはずっと低脂肪です。
d0117481_0441985.jpg

ミネラルも多く含んでいるし、食物繊維も豊富なオートミール。
桜新町のピーコックには上の写真のものしかありませんでしたが、KINOKUNIYAには、さすがに4種類くらいありました。これから全部の種類を試してみるつもりです。

ホットケーキがダマになったみたいなもんだな、と息子は言いましたが。

by yumiyane | 2010-01-27 00:50 | 若かったころ | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 24日

Honey bread とフォカッチャのレシピ

食パン作りも佳境に入って?
いろいろなれレシピを楽しむ境地になってきました。
今日は、mai-obachanさんからいただいたレシピに挑戦。
蜂蜜を入れたハニーブレッドです。
d0117481_2291796.jpg

見てください、この色、この艶。
みるからにずっしりとした食パンの出来あがりです。


強力粉300
バター36
蜂蜜36
塩 4
牛乳 180
ドライイースト 1袋(4)

これがmaiさんから教えていただいたレシピです。

バター36
蜂蜜36

というのがこのレシピのみそです。
このバターは何をどう使うのか、蜂蜜はどうやって36を量るか。

よく、お菓子づくり、パンづくりは、レシピをきちんと守らねばならないと言います。
しかし、
このレシピ、というもの、小麦粉の強力粉の種類、砂糖の種類、塩の状態などなどで微妙に変わって来ます。

今日の粉はカメリアで、すごくさらっとしていました。
塩は赤穂の塩で、すぐ固まってしまう湿度の高いものです。

私は、特に粉とか塩とかバターとかにこだわらず、今日の場合、明日の場合と楽しんでいます。
d0117481_22142460.jpg

しかし、今日の蜂蜜ブレッドは、文句なくおいしいです。
蜂蜜はイタリアの Bosco del PIemonte を使いましたが、かなり醸造されて黒くなっているもの、
パン生地もそのため茶色くなりました。
何も付けず、このままむしゃむしゃ、紅茶にもコーヒーにも相性抜群です。


そうそう、カマンベールのフォカッチャのレシピを何人かに尋ねられていますので、ここに書きます。

強力粉300g
ドライイースト5g
砂糖5g
塩5g
ぬるま湯185~195cc
オリーブ油小さじ2

作り方・HBを使う場合:
ドライイースト以外の粉類とぬるま湯・オリーブ油を窯に入れ、ドライイーストは蓋にセットする。
「パン種」を選びスタートする。
出来あがりのピー、が鳴ったら取り出して、天板に広げるか、バットに伸ばし、表面にオリーブオイルを塗って二次発酵に。
倍くらいになったら、指で等間隔に穴をあけ、ローズマリーや岩塩(チーズがないときはこれだけでもOK)を振って、
210度に温めたオーブンで10分焼く。
10分経ったら、取り出して、放射状に切ったカマンベールを並べて、さらに5分焼く。

以上です。
くれぐれもこれはレシピで、いろいろな条件がそれぞれにおいしいフォカッチャを作ってくれると思います。


HBを買ってから、一度も外でパンを買っていないことに気づきました。

ピンクのニット出来ました。

by yumiyane | 2010-01-24 22:24 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2010年 01月 22日

オリーブのクリーム

一昨年の夏、プーリアのモノポリの広場で買ったオリーブのクリーム
その良さに気付いたのは少し経ってからでした。
分けてあげたお友達からも、あれを入手する方法はないのか、と言われ続けています。
何回かメールでトライしたものの、返事が一向に来なくてお手上げ状態。
姉がイタリアに行く、というので、詳細を説明しなんとか頑張ってもらったけど、あのクリームは買えず、代わりにロクシタンのクリームを求めてきてくれました。
ちょっとがっかりしたため、このクリームはしばらく放っておかれました。
その良さに気付いたのは、三か月後に使い始めて無くなる頃。
d0117481_13233188.jpg

今、日本のどこのロクシタンにもこのクリームはありません。
ネットで調べてもフランスにもイギリスにも置いてないのです。
お店の方に聞くと、限定ものだったのでしょう、と。よくあることなんだそうです。

去年の4月にロンドンに行く際、成田のショップでローションを買いました。多分同じシリーズです。
d0117481_132426.jpg

これももうじきなくなります。

先日表参道のロクシタンへ、それでも、と思って行ってみました。
そこで見つけたのが、オリーブのボディローション。いわゆる乳液です。
d0117481_13245467.jpg

これがなかなかいいのです。
私は、化粧品もので、50mlに5,000円以上は出したくないのですが、お値段も250mlで3,360円でした。
夜寝るまえ、お風呂上がりに顔にも使っています。
冬の乾燥で痒くなった身体にも効果ありです。
次回イタリアのプーリアに行って、またあの出店を見つけて買うまでは、
これで凌げそう。

インターネットにしがみついて、ネットサーフィンしていると、どんどん時間が経って、
ああ、こんなことしてたら、もっと早くに編めたのに、と思うことしばしば。
やっとチビちゃんのカーディガンがここまで出来ました。
d0117481_13272251.jpg


上の写真を撮ってから、裾を編み足すことにして、かぎ針で飾りを付けました。
d0117481_13302529.jpg

あとは、前たてにボタンを付けるだけ。
確か可愛いボタンがあったはず、探してみます。

by yumiyane | 2010-01-22 13:31 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2010年 01月 20日

いままで通り

ついにJALが倒産してしまいました。
会社更生法の適用で、営業はいままで通り、ということで、ほっとした人の一人です。
今朝、JALのマイレージバンクからメールが来ました。
ご挨拶と、お詫びと、マイレージカードや付随するものをどうしていくか、というメールでしたが、
その短い文中 「いままで通り」 が7回使われていました。

サービスはいままで通りでよろしいですが、経営はいままでとは違った画期的なものをお願いします。
なにしろ、故郷への帰路はJAL頼みなんですから。


さきほど、会社のお昼休みを利用して、千石さんのニット展を見に行きました。
d0117481_14355825.jpg

アリスシリーズ第二弾は、鏡の国のアリス。

羊が14本の編み棒を駆使して編み物をしている、という場面をヒントにしたニット
d0117481_143526100.jpg

ドレスの裾に、マドラーを編み棒に見立てた飾りが素敵です。

こちらは、いつも通りの彼女のエネルギーとアイディアが満載のニット展
d0117481_14424314.jpg


原宿の、ポールスチュアートの横を入った、北川画廊で明日までです。

by yumiyane | 2010-01-20 14:44 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 17日

うれしいこと

日曜日の昼下がり、
d0117481_22213696.jpg


今日も元気だケーキを作ろう!
で、出来たリンゴの皮や芯を、細かくしてベランダに出すと、早速鳥がやってきます。
d0117481_22223995.jpg


こんなことをすると、ベランダが糞だらけになるので、もうやめよう!と思うのだけれど、リンゴを剥くとまたつい置いてしまいます。

昨日はうれしいことがありました。
桜新町でやっている編み物教室の生徒さん、
Tommyさんがセーターを完成させました。
d0117481_22252483.jpg

彼女は去年の3月に知り合って、夏ごろから編み物に通ってきています。

一度も作ったことのないセーターに挑戦でした。
採寸、原型、製図、ゲージ、やっと編み始めたのは夏過ぎてから、半年近くかかりましたが、よく頑張りました。
三つ葉屋さんで買った糸は、変わり糸で、初めての人にはちょっと難しかったのですが、軽くて暖かいセーターが出来ました。
それから、
一度も編み針を持ったことがない、というK子さんが、このブログを見て、何か襟に巻くものを作りたい、といらしたことです。
編み物をする楽しさを、一人でも多くの方とシェアしたいというのが私の希望だから。

maiさんが言うには、お菓子やパンを作るのは元気で機嫌がよくないと、ということで
機嫌が良かったのでまた焼きました。

先の金曜日、友人のお誕生日のプレゼントに焼いたのはパンプキンブレッド。
d0117481_2316710.jpg
アメリカから帰ってきて、サンディからレシピをもらってからもう3回も作りましたよ。

今日焼いたのは、そのレシピを栗に変えてみました。
またまたmy流が、、、。以前もらった小布施の栗かのこの缶が残っていて、それに夏にお墓参りしたときに行った掛合というところの道の駅で買った栗の粉、も使わずにあったので、パンプキンの代わりに入れてみました。
d0117481_23143867.jpg


焼きあがりが、先日のパンプキンと随分違うなあ。
d0117481_23185042.jpg

オイルも同じ量使ったのに、なんだかさっぱりしてる。栗かの子が甘かったから、お砂糖の量は少し控えたけど、そのせいか。または栗の粉を1カップ入れた、それがオイルを吸収したか。
あ、そうそう卵4個のところ、3個しかなかったから、低脂肪牛乳を足したせいかなあ。
と、
先生がいたら怒られそうなアレンジの数々です。
でも味はいいんです。マロンブレッド。レシピは書けませんが。

by yumiyane | 2010-01-17 23:38 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2010年 01月 16日

同窓会

ある種の成人式は、18年ぶりの同窓会。
いつから18年かは内緒ですが、まあ区切りの歳ということです。
18年前とみんなあまり変わっていないように見えたけど、自分は変わったかもしれないなあと思いました。
何故って
前回集まったときにみんなと話したことを、ほとんど覚えていないのです。
多分、私だけじゃなく、みんなもいっぱいいっぱいのころだったんじゃないかなあ。
いろんなことの on the way で、右にいくか左に行くか。子供の問題も抱えていただろうし。

ところが、今回誰もがすっかり大人になっていることに気が付きました。それなりにひとつづつ乗り越えて、自分の道を開いて来たんだなあ、偉かったね、って自分も含めて褒めてあげたいです。

小学校時代の同級生の1割がすでになくなっているということでしたが、半分の人が出席していました。

余興には、地元の高校生の太鼓のグループが、ちょっと垢ぬけたパフォーマンスをしてくれました。
d0117481_0451333.jpg

何かに燃えるっていいなあ って、思いながら見ていると、中学・高校を通じて全力を投じた吹奏楽部時代のことを思い出し、ちょっと涙腺がゆるみました。


次の日は隣の町の同窓会でした。中学はその町と一緒になるので、私はそちらの方に多くの友がいました。
そこで、会費を払って、もうひとつの同窓会にも出席したのです。
だから、全国あちこちにちらばっている友人と、久しぶりに一緒に会うことが出来ました。
d0117481_054268.jpg

中学時代の親友たち。今でも何かしらの連絡を取り合っている仲間です。

こちらの町の仲間たちは、このあと2次会に流れましたが、私は飛行機の時間が迫っていたので、ここでお別れ。
一人でタクシーに乗って空港に向かいました。

少し時間があったので、「八雲」というお蕎麦屋さんに入りました。
出雲そば特有の「割子(わりご)蕎麦」を2つ注文しました。
d0117481_171655.jpg

一人でお店に入ってお食事をする、を先日マスターしましたので、今夜も大人、おいしくいただきました。

次は10年後かと思いましたら、そんなには待てない!という声が多く、3年後にまた開かれるのだそうです。
また、次の人生に向けて on the way の私になる予感。
次回は二つの町が一緒に同窓会してくれると嬉しいんだけどなあ。

by yumiyane | 2010-01-16 01:13 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(6)