<   2009年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

すぐれもの

会社の納会で、餅をつこう!ということになりました。
ベランダで臼を持ってきてやるのかと思いきや、もちつき機を使うのだというのです。

古本を売ったりしたお金で買おうと思いましたが、かねてからホームベーカリーなるものに興味があって、
では、私が買います、となりました。

29日は納会で、そこでは餅をつくりました。
d0117481_0433352.jpg

あんこを買ってきて、味をちょっと直してまぶしました。
d0117481_0434217.jpg

このほかに、きなこ、磯辺巻もつくりました。

↑の餅は、実は試しに何日か前に作ったときのものです。本番ではお水を入れすぎて失敗しました。
やわらかくなりすぎたのです。本の通りに作るのが基本です。

それでもおおむね好評でした。


先日の日曜日、
アンママさんと、うちでパン焼き大会をしました。
d0117481_052218.jpg

アンママさんはもうじき三歳になるアンジちゃんのママです。
d0117481_0523876.jpg

お腹にもう一人居て、来年の2月か3月には誕生です。


そのときに焼いたのは、チーズ入りくるくるパンとカマンベールのホカッチャでした。
d0117481_0594126.jpg

発酵がうまくいかなかったのですが、味はとっても良かったのです。

それで、

今日、このホームベーカリーを持って帰ってきたので、もういちどあのホカッチャを焼いてみました。

イースト以外の材料を入れ、(イーストは蓋に入れておきます)
スタートボタンを押して1時間もすると、きめのこまかいパン種が出来ていました。
d0117481_155548.jpg

オリーブオイルを塗って、指で穴を開け、ローズマリーをちらします。
210度で10分焼いたところで、チーズを乗せます。

カマンベールチーズがなかったので、コンビニで間に合わせたのはちょっと誤算。
前回のとチーズの味が全然違うのです。
d0117481_165436.jpg


でも、パンはとってもおいしくふくらんでいました。
こねて、発酵させるところがパン作りの醍醐味なんでしょうが、
これははまりそうです。


そんなこんなで、今年も暮れて行きました。
皆様にとって、来る年がさらにいい年になりますように。
来年もどうぞよろしく。


by yumiyane | 2009-12-31 01:11 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(16)
2009年 12月 30日

マフラーの行方

会社の忘年会は、毎年新入社員が幹事を務めます。

d0117481_23452939.jpg

どんな集いにするか、頭を悩ませていましたが、
今年は 
ききポテト---マック、ケンタ、ファーストキッチン、それからどこだったけ、6つのファーストフードのポテトが小分けになって、どこのがどれかを当てるゲーム。
きき酒---5種類のお酒があって、どれがどれだか当てるゲーム。
d0117481_2344161.jpg


そんなこんなで盛り上がって、、、
ビンゴゲームになりました。


私の寄付した景品は、手編みのマフラー
当日会社でボンボンを付けて出来あがりました。
d0117481_23463643.jpg


ビンゴが始まってすぐ、ああ手編みのマフラーなんて出さなければ良かった!

だって、気に入ってもらえるかどうかも、似合うかどうかも分からない人に当たったら、
せっかく一所懸命で編んだのに、無駄になってしまうかもしれない。。。

ビンゴ!!
と声がかかるたびに、手を合わせてお願いしました。どうぞあたりませんように。
箱に入ったくじで、景品が選ばれることになっていたのです。

ビンゴ!

よりによって!

この人のことは全くイメージしていなかった、さる男性に。

d0117481_235652100.jpg


ところが、やっぱりこの方はすごい暑がり。マフラーなんてしてるの見たことありません。
なんとか取り戻せないものか(汗)、と思っていたところ、

向かいの席に座っていた、若い女性にあげることにしたというのです。
彼女がビンゴで何も当たらなかった、と嘆いたので、プレゼントすることにしたのだそうです。

ああ、そうか。

私の手編みのマフラーは、
彼が、若い女性に、プレゼントする、という行為 も景品の中に含まれていたんだなあ。

by yumiyane | 2009-12-30 00:03 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2009年 12月 28日

斜めに編むマフラー

クリスマスプレゼントにもらったかごです。
d0117481_002417.jpg

息子たちから、編みかけのニットを入れるのにいいのでは?と、私もそうしよう!と思いました。

会社の忘年会のビンゴの景品を、何かひとつください、と頼まれています。
そこで思いついたのが、手編みのマフラー。
d0117481_02897.jpg


先日、V編み物教室のクラスメイトだった、栃木のお友達から教わった斜め編みのマフラーを作り始めました。
d0117481_03837.jpg

あと少しで出来るので、間に合いそうです。
でも当たった人、使ってくれるかなあ。


思いつくのが遅かったので間に合うようにと必死で編んでいました。
それで、
ちょっとトイレに立ったところ、何か物音がして、どこかで猫の唸り声が。
てっきりドアの外で盛りのついた猫がうなっていると思いました。
玄関のドアを開けても何もいません。
ベランダのほうかな?って外に出ましたが、いません。


あれ? 部屋の中から、しかもくうちゃん。
見ると、足にこのマフラーの毛糸がからみついています。

かごを爪とぎにでもしようと思ったのでしょうか。そのとき毛糸がからんで、2本の足が結ばれて、にっちもさっちもいかなくなったようで、唸っていたんですね。

何がショックだったのか、からんだ糸をはずしたあと、ぐったりです。
d0117481_0103638.jpg


今日は午後、編み物教室をやっていて、3人の生徒さんが見えました。
どうしても仕上げたい、という一人が帰られたのが午後10時でしたから、
くうちゃんは遊び足りなかったのかな。

大丈夫ですか。

by yumiyane | 2009-12-28 00:20 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2009年 12月 26日

暖かい食卓

やっぱりクリスマスの25日の夜は、家族で過ごすのが一番だ、ということで、
久しぶりに息子の家で、暖かい食事をいただきました。

d0117481_13372852.jpg

結婚したころ、お料理は殆どしたことがなかった嫁ですが、今日はビーフシチューと

d0117481_13382431.jpg

キッシュを作っていました。これはとてもおいしかった!


ケーキは私の担当だったらしいのですが、金曜日の夕方あわててKINOKUNIYAに行きましたら、ホールのケーキはすべて売り切れ、スポンジ台も売り切れ、このブッシュ・ド・ノエルがかろうじて残っていたので助かりました。
パンプキンブレッドも持っていったのですが、やっぱりね。
この丸太のケーキ、とってもおいしかったです。
d0117481_13465573.jpg


余興は
先日、私は京都に行ってて見れなかった、幼稚園の学芸会で踊ったアヒルサンバを披露してくれました。
d0117481_1344309.jpg

ドレスは、先日NYのMacy'sで山のようにあった子供用パーティドレスの中から選んだ一枚。
d0117481_13443799.jpg
d0117481_13445426.jpg

d0117481_13444868.jpg

胸には、今はやり(らしい)フレッシュ・プリキュアのブローチが付いています。

親は絶対買わない!と決めてたのに、幼稚園にあわてんぼうのサンタクロースが来て、プレゼントに何が欲しいか聞いたとき、このフレッシュ・プリキアのクローバーが欲しいと、書いたんだそうで、
買わない!と決めてた親が、ネットで買って間に合わせたものです。

この満足そうな顔を想像したら、誰でも買ってしまいます。

by yumiyane | 2009-12-26 13:51 | family | Trackback | Comments(10)
2009年 12月 23日

Pumpkin bread

サンディから、パンプキンブレッドのレシピが送られてきました。
昨日は冬至だったので、日本の世の中は、かぼちゃを食べる日でした。

私もかぼちゃは大好きですが、今年はこのパンプキンブレッドで冬至のかぼちゃとさせていただきます。

サンディからもらったレシピをそのまま写します。

3 and 1/2 cups of flour
3 cups of sugar
2 teaspoons of baking soda
1 teaspoon ground cinnamon
1 teaspoon ground nutmeg
1 and 1/2 teaspoon salt
4 eggs beaten (I use large eggs)
1 cup vegetable oil
2/3 cup water
2 cups cooked, mashed or canned pumpkin ( I use canned pumpkin. Do not use pumpkin pie filling because it already has spices in it)
Walnut halves for garnish

In a mixing bowl, combine flour, sugar, baking soda, cinnamon, nutmeg and salt.
In a separate bowl, combine eggs, oil, water and pumpkin and mix well.
Stir the wet ingredients into the dry ingredients.

Put the batter into 2 greased 9 by 5 loaf pans. Top with a few walnuts.

Bake in a preheated 350 degree over for 1 hour or until a cake tester inserted comes out clean.

Cool before slicing.

相当な量だと思いましたが、幸い、うちにあったパウンドケーキの型、三つにきれいに納まりました。
batter という言葉があって、バターを使うのかと単純に思いましたが、バターは使いません。スペルも違いました。
油類は、サラダ油とお水を使うということ。
batter は、こねもの という意味です。粉と卵類を全部合わせたものということです。


350度はファランハイトで、摂氏だと177度、その目盛はないので、170度で焼きました。
串を刺して、何も付いてこなければ良しということでした。

くるみを乗せるのを忘れて焼きはじめまして、30分くらい経ったところで思い出しました。
なので、ちょっと様子が違っています。
d0117481_2348637.jpg

今、まさに焼き立ての写真です。


追記で、レーズンを入れてもいいし、ナッツは上に乗せてもいいし、中に入れてもいい。
器が小さいときは温度に注意し、焼きすぎないように、というコメントも付いていました。
食べきれないときは冷凍しても構わない、ともありました。

少し冷ましてから切るように、ということでしたので味については後ほどご報告いたします。

追記:
食べてみました。
d0117481_2248579.jpg

とってもおいしい、しっとりして、かぼちゃの味も、スパイスも効いています。
あっという間に3本無くなってしまいましたので、

日曜日にまた焼いてしまいました。 (the second time)
d0117481_22485464.jpg

今度はペーパーを敷くのをやめて、サラダオイルを型に塗って流し込みました。こちらのほうがやっぱりいいようです。
そして、忘れないでくるみを最初から乗せましたが、膨らんで割れてしまったので、途中から乗せた先のと変わらないのが残念。
こちらの方も、行く先が決まっていて、やがて無くなります。
irihiniさん、簡単なので、是非作ってみてくださいね。

by yumiyane | 2009-12-23 23:50 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(13)
2009年 12月 21日

今年のことば大賞

日曜日には、北鎌倉のmikiさんのところで、12月のリースを作りました。
d0117481_2234917.jpg

オアシスに、雪冠杉とモミの木とヒムロ杉で土台を埋め尽くしたあと、山帰来の赤い実とワックスフラワーとからすうりで飾りました。

今年最後のリース作り、ということでした。生徒さんは4人、思い思いにキャンドルを使ったリースなどを作りました。
d0117481_22434853.jpg


d0117481_22473357.jpg

今年になってから、北鎌倉に3回、鎌倉に1回、本郷台、平塚に1回出かけてきました。
d0117481_23295669.jpg

湘南新宿ライン、これを使えば、渋谷からどこにも1時間以内で出かけられました。

いつから走り出したかは知らないけれど、こんな便利なものがあるって分かってたら、もっともっと出かけてたのにー。

調べましたら、2001年の12月1日のダイヤ改正で走り始めたのだそうです。ということは、
8周年記念です。
湘南新宿ライン

マイ今年のことば大賞差し上げまっす。

d0117481_2324046.jpg


by yumiyane | 2009-12-21 23:06 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(8)
2009年 12月 20日

プレゼントはどうなった

アメリカに行く前に、せっせと編んだ襟巻は、それぞれプレゼントいたしました。

ブルーのをあげた方は、日本から持っていった「じゃが彩」を食べてます。
d0117481_23304198.jpg



紫色のジグザグストールをプレゼントしたのは、サンディ。ちょっとおすまし顔。
d0117481_23321676.jpg


ブルーのツイードのマフラーは、トニーにあげました。
d0117481_23343893.jpg

とっても暖かいと驚いてくれました。
d0117481_23352310.jpg

アメリカに、寒波が来てるそうだから、活用してくれていたらいいなあ。
今日のメールではチェサピークビーチにも12インチの雪が積もっていて、翌朝には20インチになるらしい、と言っていました。20インチは約50センチ。そりゃ凄いです。

最後のNYで、ポンチョを送った先輩とは、2時間ちょっとしかお話する時間がなかったけど、
d0117481_23395063.jpg

おいしいイタリアンに連れて行ってもらいました。
天井にイタリア半島がデコレーションしてあるお店「Salumeria Rosi」は、
d0117481_05589.jpg
とてもおいしいお店ですが、量が日本にあるお店みたいに少ないのです。
あのマンハッタンの対岸にあったChart Houseの量からすると、考えられないくらいの少量。
“取り皿”に乗って来ます。おかげでいろいろ食べれて嬉しいですが、お値段は普通にするので、たくさん食べる人には向かないかも。

多分先輩は、ポンチョを活用してくれていることでしょう。何しろNYの冬はさむいのよ~と嘆いていましたから。

Salumeria Rosi
283 Amsterdam Ave.
New York, NY 10023
212-877-4800
予約することをお勧めします。結構人気です。

by yumiyane | 2009-12-20 23:51 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2009年 12月 19日

出番ですよ

話題になった11年ぶりの、表参道のイルミネーション。
d0117481_237160.jpg

会社が表参道に越して来たころは、すごい人出でしたが、このごろはそうでもありません。
灯りも、LEDの色が白っぽくて、また枝の先までは付けてないので、あのころの方が、風に揺れる枝の灯りがきらきらして、シンプルだったけど綺麗だったなあ、とブツブツ言っています。


クリスマス気分も盛り上がってきました。

ローソクは、2-3日停電でも大丈夫なくらいストックされています。
そうじゃなくて、
クリスマスのデコレーションの小物達、出番ですよ。

鏡が付いていると、2本付けてるみたいで、これはエコです。
d0117481_23272310.jpg
d0117481_23273196.jpg
d0117481_23273941.jpg
d0117481_23274941.jpg

↓先日、サンディのお部屋にあったもの、おねだりしてもらいました。
d0117481_23275774.jpg

とうもろこしがいいでしょ。

手編みのツリ―、今年も人気。
d0117481_23395114.jpg

去年の11月、オン・フルールで買ったHen.
d0117481_2341561.jpg

フォロ・ロマーノで拾った(内緒)松笠に飾ったちっちゃなオーナメント。
d0117481_23422752.jpg


今年初登場は2個、トウモロコシのはもったいなくて付けられないわ。


そうそう、今日アップルパイ焼きました。
d0117481_23521212.jpg

こうやって手作りデザート作るのも、気分が盛り上がります。

by yumiyane | 2009-12-19 23:46 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(14)
2009年 12月 18日

銀食器

サンクスギビングデーのターキーが、日本のおせちに似ていると思ったのは、
家族が集まって、おきまりのお料理を、主婦が前日から仕込んで作ること、などです。

おせち料理のお重を用意するように、サンディのおうちでは銀食器が出てきました。
d0117481_23393631.jpg


1年に何回使うのか分かりませんが、これを取りだすときのわくわくする気持ちは、しまってあったお屠蘇の食器を取りだすのとおなじでしょう。

さて、肝心のターキーはどうなっているでしょう。
d0117481_23441657.jpg


このごろは、詰め物をしてオーブンで焼くのはあまりやらなくなったのだそうです。
詰め物に火が通りにくく、お肉も生焼けになるようなのです。

そういえばフードチャンネルのターキー料理も、骨からお肉をはずして、いろいろなものをそのお肉で巻いてオーブンで焼く、というのをどの料理研究家もやっていました。

Aragona家でも、ターキーを丸ごと焼いていますが、詰め物はしていません。
お肉はお肉、詰め物は別に作って、お皿の上で一緒にして食べる、というやりかたでした。
d0117481_23534829.jpg

骨からはずして、一人づつ切って配ります。これはトニーの役割です。すごくうまくはずしました。


今日のお客様は、長女のキャシー一家。後ろにいるのはボーイフレンドのマーク。子供たちは彼のことが大好きです。
d0117481_0103567.jpg

14歳のセラと17歳のジェニファー。ジェニファーは最近目の周りのメークが一段とすごくなってきました。
すごく頭の回転の速い、いまどきの女の子ですが、ママもグランマもグランパパも大好きです。

食卓の準備ができたら、みんな席に着いてまずお祈りです。隣の人と手をつないで、
今日のこの日、みんなで食事をいただける幸せに感謝します、というようなことだったと思います。
d0117481_0162931.jpg

そして、ひとりづつ、誰になにを感謝するのか話します。
ジェニファーがママに感謝する、と話した時は、私もうるうるしました。
離婚してから、不動産会社で働きながら、小さかった二人の子供を育てました。

d0117481_0195975.jpg


私も言いました。「私はサンディに感謝します。キープインタッチしてくれたから、今日ここに私は居ます」と。こんどはサンディがうるうるしました。


おいしいターキーを食べ終わると、デザートの山です。
キャシーもお菓子を作るのがとても上手。
なんとかという、チョコレートケーキを小さく切って、クリームと合わせたもの。ココナッツのスクエアー、ビスケットを持ってきてくれました。
d0117481_0255692.jpg

サンディの作ったアップルパイもあって、どれから食べたらいいのか。結局全部いただきました。

おいしい食事と楽しいおしゃべりのある食卓は、いつも誰も帰って来たい場所であり、そこが家庭というものなんだと改めて思った日でした。

そんなサンクスギビングデーの食卓に参加させていただたことを、心から感謝した日でした。

by yumiyane | 2009-12-18 00:31 | 旅(travel) | Trackback | Comments(12)
2009年 12月 16日

KYOTO by bike

Japaneseのくせに金閣寺知らないの?
って言われるんだ、と彼女が言うので、次の日は金閣寺に行くことにしました。
d0117481_22404822.jpg


入場料は大人800円、払うとお札をくださいます。それを入口で見せるとパンフレットがいただけます。
そこには日本語、英語、ハングル語、中国語が書かれています。
確かに、周りには日本人より、中国の方、欧米の方の方が多かったですね。

d0117481_22542553.jpg
d0117481_22544369.jpg


More朝7時に起きて、

by yumiyane | 2009-12-16 23:54 | 旅(travel) | Trackback | Comments(8)