にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 29日

移植のドナー

息子が小学校6年の10月1日、12歳の誕生日に腎臓移植の手術を行うことになりました。

                        写真は10歳の運動会、親友の白石君と
d0117481_2064238.jpg

臓器をあげる人をドナー、もらう人をレシピエントと言います。
マッチテストで、母親との相性はまあまあと出ました。
そのため私の腎臓の検査がありました。どちらの腎臓をどのように摘出するかを決めるためです。どちらかといえば丈夫な方をドナーに残すのだそうです。

腎臓の検査は、造影剤を身体に注入して、CTでその流れを写すのですね。
検査が終わって、身体に入った造影剤をすばやく体外に出すために、大量の水分(3ℓ以上)を摂らなければなりませんでした。
実は検査そのものより、このことの方が大変でした。
太ももの付け根の動脈から造影剤を入れたため、検査後絶対安静だったのです。
結局導尿してもらって大量の水分を身体から出すことが出来ました。

移植手術は東京女子医大でやっていただきました。
息子の担当医は服部先生、私は泌尿器科の中島先生でした。中島先生は中島みゆきさんのおにいさん。そういえば似ていました。

手術は問題なく終わりました。
ICUに運ばれた私は、意識朦朧の中で、呼吸の訓練をされました。
腰がいたくて10分おきに看護婦さんを呼んで体の位置を変えてもらいました。
腰が痛いと思ったのは傷の痛みだったのです。
献身的な彼女の働きは、この人たちはすべて、私の身体のためになることをやってくれているんだと、おぼろげな意識の中で感謝の気持でいっぱいでした。

d0117481_2004734.jpg


More

by yumiyane | 2008-04-29 20:07 | Kidney(腎臓) | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 27日

jaozu

上海の友人が帰ってきて、うちでご飯を食べることになりました。
中国の餃子事件があってから、いつか作ろうと思っていましたので、歓迎の意味をこめて餃子を作りました。
生協で韮が二束買ってあったので(ひと束でいいのにふた束でしか買えません)、それにキャベツとひき肉を混ぜ混ぜ。
この餃子の中味、キャベツ派と白菜派があって、ある友人はその意見の違いで分かれることになりました。まあ原因は他のところにあったと思いますが、餃子の中味が象徴していたのでしょうね。
私はどちらかといえばキャベツ派です。
何故って年中あるから、思いついたときに作れるのです。

さて、友人が包んでいる間に、いろいろ作りました。
d0117481_19504228.jpg

上左から、インゲンのごまあえ、かぶの葉っぱとじゃこのごま油いため、下がかぶのお漬物。
かぶは塩もみしたあと大葉を加え、あごだしをさっと振りました。
葉はこまかく切って、ごま油で炒め、じゃこを加えて、これもまたあごだしを振ります。これが実においしい!ごはんが進みます。
d0117481_2035169.jpg

厚揚げをフライパンで焼いて、ねぎを添え、これはお醤油をかけます。

さて、肝心の餃子は
やはり中国式に水餃子で。
d0117481_2045616.jpg

韮を存分に入れたので、なにやらグリーンな何かになっています。
d0117481_2082683.jpg

にんにくを入れていませんので次の日も大丈夫な、あっさりしたでも身体によさそうな餃子になりました。
皮から作るともっとおいしいんですよね。

おいしいねー!と言いながら、韓国での聖火リレーのニュース映像を見ていました。
北朝鮮からの脱北者の問題も付け足されて、今後北朝鮮のあとはベトナムへと、
近隣諸国には少なからず中国に対しての不満はあるでしょうから、どんどん問題が雪だるま式になっていく可能性はあります。
アテネからまっすぐ北京に持って行けば、こんな問題提起は無かったでしょうから、中国にとって、これが結果として良かった、ということになるような国になって欲しいです。

by yumiyane | 2008-04-27 20:16 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 26日

いつか、ノルマンディで

私の主人は、今日遅く帰ってきて、私を見るなり抱きしめて、

ごめんね、ごめんね、豚さん

というのです。ぼくは豚さんではありませんよ。
d0117481_0571287.jpg


なんでも、
今日観てきた映画「いつか、ノルマンディで」は
19世紀にノルマンディで実際に起きた事件をもとに、30年前に作られた映画の助監督だった人が、その映画に出演してくれた、撮影現場の村の人たちを訪ねる、ドキュメンタリータッチのものだったそうです。
一般の人にとっては、たった3ヶ月の映画制作への参加が、その後の人生に深く影響している、ということが興味深かったらしいです。
参加した素人さんの中には、農家で養豚業を営む人が居て、その人を追いかけているときに
豚さんが殺される場面があって、耳と目を塞いでいたけど、豚さんの悲鳴が聞こえたんだそうです。
主人が言うには、あの場面さえ無ければ、なかなかいい映画だったということでした。


それで、帰ってくるなり、私に誤ることでちょっと逆流した血を鎮めていたのではないかと思われます。
今は、明日の編み物教室の支度に忙しそうですので、
私もこれで失礼いたします。

More

by yumiyane | 2008-04-26 01:05 | 映画(cinema) | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 25日

Colours

たとえば
d0117481_0331133.jpg


または
d0117481_0333245.jpg


うちにいらしたことのある方は、あああれかー、と思われるもの。


d0117481_0301736.jpg

なんだ、電気の笠かー、と思われるかもしれませんが、

d0117481_0341618.jpg

確かに笠なんですが、

d0117481_0352922.jpg

実は、ベトナムの雑貨で、食卓で使うハエ除けです。
頭のところを壊して、電球の線が通るようにしました。替えが二つあるということですね。

今、個人的に切実になっている問題は、電球の会社が白熱球をやめて、蛍光灯球に移行していくというニュースを聞いたからです。
自他ともにエコ問題を考えている私としては、この話には乗らないわけにはいきませんが、
何分蛍光灯の嫌いな私にとって、これは実に心の痛む問題です。

初めてイタリア・ローマのダ・ヴィンチ空港に降り立つ直前の飛行機の窓から見た夜景の美しさ。あのオレンジ灯の連なった、真珠の首飾りような灯り。ああ蛍光灯では代われない。

限りなく白熱球に近い蛍光灯球をお願いします。

by yumiyane | 2008-04-25 00:43 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 23日

祝:ブログ開設

大泉学園に住む姉が、愛犬と散歩の折に撮った写真を携帯メールしてくれていました。
たとえば
d0117481_238323.jpg

ある日は
d0117481_2381347.jpg


それならいっそブログを開設して、娘や息子、友達にも見せてあげたらいいんじゃない?と
さきほど電話で案内しながら初ブログを開設しました。

今日のところはタイトル写真を載せたところまで、そのうちリンクすることになるでしょう。
説明しながら、一年前ひとりで悪戦苦闘していた自分を思い出しました。

初心は忘れちゃいけませんね。

by yumiyane | 2008-04-23 23:12 | family | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 23日

春の賜物

たけのこご飯が大好きです。
あのさくさくした歯ざわりがいいです。

d0117481_23552122.jpg

今日は、揚げも入っています。味付けはあごだしのみです。他はいっさい入れません。
この“あごだし”はほんとに使えます。

この揚げ入り、たけのこご飯があればあと、白菜のお漬物や昆布の佃煮など(今日は切干大根)、ほかにはほうじ茶などあればいいです。
食の自給率を高めるためにも もっとたくさんご飯を食べましょう。


食といえば、このところバターが市場から姿を見え隠れさせていることをご存知の方も多いでしょう。
小麦粉も少なくなっている今日このごろ、お菓子作りは肩身の狭いところです。

そこで、先日バターもどきを使ってまたマフィンを焼きました。
小麦粉は生協でふた袋買いましたので、こっそり使いました。
最近、おコメの粉でパンを焼いたりすることもできるらしいですから、マフィンやスコーンもその粉を使って焼いてみたいです。
d0117481_094370.jpg

なんら変わりありません、勿論味がです。

ビスコッティもついでに作りました。おチビちゃんに会う日だったのでね。
d0117481_01113100.jpg

どんどんmy流に走っています。
今日は、オリーブオイルを少々とはちみつ少々を入れ、ナッツは塊が無かったので、スライスのアーモンドを入れました。こっちのほうがおいしかったのは何故?

おコメの粉どこで売ってるのかな?

by yumiyane | 2008-04-23 00:15 | ごはんを食べよう(rice) | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 22日

 Komaba Park

日曜日に駒場にある住まいの管理組合総会があって、駒場公園に行きました。
d0117481_0351081.jpg

駒場公園は目黒区の北の端、東大駒場校や、宇宙航空研究所の近くにあります。
入口を入ると鬱蒼とした木々の林にぐるりと歩道が作ってあります。
ここは元は前田侯爵さんの邸宅があったところを目黒区が買い上げたものらしいです。
d0117481_0311013.jpg

館は休日のみ博物館となっていて見学できるようです。建物の向こうにあるお庭は桜の木がたくさん植わっていて、花の季節は人気です。
ここで保育園の運動会も開かれました。

今日はそちらではなく、敷地内にある和館に参ります。
d0117481_034396.jpg


入口を入ると、
d0117481_0373020.jpg


畳の広い部屋から美しいお庭を見ることが出来ます。
d0117481_0391521.jpg


管理組合の総会はここにある茶室を使います。
目黒区の土木課にあらかじめ申し込んで、空いていれば商業活動でないことが条件で、3時間1600円で使えます。

さて、総会はといえば、どこのマンションにもいろんな問題があるように、ここも例外なく問題を抱えていますが、皆さん自分のこととして捕らえているので前向きなのが救われます。

by yumiyane | 2008-04-22 00:49 | 町(town) | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 20日

Anniversary

大泉学園の都民農園の近くにあるNakatayaさんのトラジェです
この色、形がお祝いっぽいでしょ

d0117481_2223299.jpg


ブログのアドレスを初めて取得してから丁度一年が経ちました。
最初の記事をupしたのは6月ですから、2ヶ月ほったらかしていたことになります。

4月という月は、いろいろなことを始める月です。
だから、あれからもう1年も経ったのかー、と思うことが多い月でもあると思います。



V編み物教室でも新しいクラスが始まりました。手編み指導員養成講座です。
その最初の御題は“かぎ針編みのジャケット、テーラード衿、長編・細編で”です。
これからの季節ですから、コットンで編むことにしました。
そして色は青、と決めていましたが、学校の売店にある糸にはすこしくすんだものしかなかったので、ちょっと模様を入れることに。
d0117481_22211413.jpg


お花は本を参考に、アレンジしてみました。
d0117481_22251884.jpg


かぎ針は、伸びが少ないので製図をきちんとしないとごまかせません。
手を抜かないで頑張ります。

by yumiyane | 2008-04-20 22:27 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 20日

子供の病気 continue

移植という話は早いうちからありました。
小児は身体の成長を考えなければならず、腎臓の機能に、成長ホルモンの分泌に深く関わっているものがあるからだそうです。
d0117481_024532.jpg


息子の腎臓の機能が低下して、透析という処置が必要になってから4年が経っていました。

私の考えは、小学校のうちは親が付いてまわっても、周りも本人もさほど気にならないけれど、中学生になると自我が目覚めてくるだろうから、そんな時期には親離れをさせてやりたい、というものでした。

d0117481_2359394.jpg


透析をすると、体から取り出す管に血液が付着して、それを回収するのに「ヘパリン製剤」が必要だということは以前書きました。
それでも100%は回収出来ないので、どうしても貧血が起こってきます。
輸血はできるだけ控えたい、でも赤血球もヘマトクリットも数値が落ちてきていました。

d0117481_0122380.jpg


それでは6年生のうちにやりましょう、ということになって、10月1日、息子の12回目の誕生日に手術日が決まりました。

息子の場合、腎臓の機能の不全のほかに、尿の逆流という問題がありましたので、移植の前に二つの腎臓を摘出することになりました。


d0117481_174781.jpg


More息子の作文

by yumiyane | 2008-04-20 01:11 | Kidney(腎臓) | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 19日

花の嵐 Cherry blossoms Storm

強い風と雨が桜を襲いました。
d0117481_2356170.jpg

電話ボックスには花びらの模様がはりついています。

あちらにも、こちらにも花びらがくっついて。
d0117481_09149.jpg


桜新町には緑の桜があります。がくじゃないですよ、これが花です。
d0117481_00613.jpg


散ったところ、緑の花びらがそれです。
d0117481_022852.jpg


今年はお天気のめぐりが良かったせいか、たくさんお花見を楽しむことができました。

来年も待ってます。もう?

by yumiyane | 2008-04-19 00:13 | Plants | Trackback | Comments(4)