<   2008年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

トルコ風ソーセージ

藤野真紀子さんのお菓子の本に、もうひとつ気になるものがありました。
トルコ風ソーセージと題された、彼女がイタリアで訪れたある家庭で作られるお菓子です。
d0117481_23253824.jpg


森永マリーのようなビスケットをくずして、ココアパウダー、卵、バター、お砂糖、リキュールを混ぜて冷蔵庫で冷やしたものを輪切りにすると、サラミソーセージのようになるところから付いた名です。

作ってみました、但し、卵とバター、お砂糖はやめました。甘くなりすぎると思われたから。
その代わり、牛乳、メープルシロップでビスケットをやわらかくする水分を補いました。
d0117481_23431371.jpg

森永マリー 9枚
バタークッキー(もらったけど食べなくて残っていたもの) 8枚
牛乳 50cc
メープルシロップ 大さじ1
ココア 大さじ2
ブランデー少々
をボウルでただ混ぜ混ぜして、ラップをしいた型に入れて成形し、冷蔵庫で冷やします。
最低3時間くらい置くと包丁で切れます。
d0117481_23432975.jpg

(最初はこの型でぎゅうぎゅうと押して、その後丸めました)

オーブンとか使わないし、実に簡単です。
ココアがいい味出しています。
d0117481_2344719.jpg

会社に持っていって、後輩に何だと思う?と食べさせたら、“みそ”ですか?って(つなぎになっているものが)。
???
バタークッキーの塩分がそう感じさせたのだそうです。
マリーだけにしておけば良かったかも。汗

by yumiyane | 2008-03-31 23:51 | かふぇ(cafe) | Trackback | Comments(4)
2008年 03月 30日

Kid's sweater

先日編みあがった子供用セーターを
d0117481_2351424.jpg
d0117481_233862.jpg



やっと着せることができました。
お花見の日は、花冷えする少し寒い日でしたから、丁度良かった。
d0117481_22585776.jpg

ちっともじっとしてないので、やっと撮れた写真です。

d0117481_22551512.jpg
見事にぴったりでした。
お袖は汚れないように少し短めにしたのも正解でした。


ところで、今日また ターシャ・チューダー展に行ってきました。
先日はたくさんの人でゆっくり見ることが出来なかったし、いただいたチケットが1枚残っていて、明日までなのでもう一度と閉店1時間前に行きました。
案の定人が少なくなっていたので、ゆっくりひとつひとつ観賞できました。

私の母も手作りの人でした。子供たちの服、セーター・カーディガン、人形の洋服、私たちの浴衣、コート。父のスキーウエア・靴下。ゴルフの練習ネット、etc.etc.
料理はそれほど得意ではなかったようですが、それでも母の茶碗蒸しや炊き込み寿司など、おいしく思い出されます。
母は生きていればターシャと同い年、ターシャに母の面影を重ねているのかもしれません。

今日買ったのは手前の右の本。1冊貸し出し中があって、これでターシャの本は5冊になりました。
d0117481_23371026.jpg


ターシャのハンドメイドの精神に習って私も出来る限り、手作りを目指したいと思います。
ゆっくりでいいのよ、と彼女が言っています。

by yumiyane | 2008-03-30 23:41 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 30日

Cherry blossams 砧公園の桜

この日、東京都の半分くらいの人は桜の花見をしていたのではないかと思われます。

ここ砧公園もたいへんな人出でした。花見客もInternationalです。
d0117481_194689.jpg


それにしても見事な枝っぷり、ここの桜はとても伸び伸びと育っていますね。
d0117481_1836100.jpg


のどかな平和な広場、みんな 思い思いに 写真を撮る人、フリスビーをやったりバドミントンをやったり。多少ぶつかっても誰も怒ったりしていません。
d0117481_1123327.jpg
こうなったら世界中に“そめいよしの”を植えましょう!

WashingtonDCのポトマック川にもたくさんの日本からの桜があるはずなのに。

More Potmac river の桜

by yumiyane | 2008-03-30 02:15 | 町(town) | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 29日

Colour  色を遊ぶ

グァテマラだったか、ペルーだったか、ベネズエラだったか忘れてしまいましたが、南米にロケに行った友人が、紫色の布に刺繍がほどこされた小物入れを買ってきました。
ひと目ぼれで、私はそれをほめちぎりました。私の大好きな色合いだったからです。
こちら側はいろんな色の花が刺繍され
d0117481_1261389.jpg

反対側には鳥がいます。
d0117481_1281569.jpg



今ではこれらの色糸は、合成染料で染められているようですが、もともとは天然の染料があったわけです。
たとえば中南米・グァテマラの鮮やかな赤い色は、サボテンに寄生するかいがら虫からとれる色・コチニールというものだそうです。なんとも華やかな赤です。
日本の赤は、植物の紅花からの赤で朱赤です。
また、紫はカイムラサキという貝から摂れるものだそうです。
d0117481_1533097.jpg

色の鮮やかさは、動物性の何かが作用しているのでしょうね。


ある日、この小物入れは私のものになりました。
その友人が部屋を整理していたら、使っていないこれが出てきて、私が褒めちぎっていたことを思い出し、折角なら欲しがっている人にあげたほうがいいのでは、と。
その日以来、この小物入れは化粧品などを入れ、毎朝眺めるだけでなく、旅行にも持っていって、楽しんでいます。

Moreトマトの赤

by yumiyane | 2008-03-29 01:52 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(4)
2008年 03月 27日

I've heard the bicycle crying for help.

朝、いつものように駅までの道を歩こうとしたとき、近くの公園の植木を伐採していたため、公園内を迂回しなければなりませんでした。

そのとき、何かの悲鳴が聞こえました、ギャーーッと。

隣には放置自転車の駐輪場が
d0117481_22404894.jpg

ここは、田園都市線沿線の駅付近に放置されていた自転車が保管されています。

三軒茶屋からも、池尻大橋の名札も見えました。
d0117481_22425250.jpg


看板には “しばらく保管しますが1ヶ月過ぎると、、、”
d0117481_2247537.jpg


さきほど聞こえたのは、廃棄車に巻き込まれていく自転車の悲鳴だったのです。
d0117481_22561478.jpg


何か腑に落ちないものを抱えてしまいました。

by yumiyane | 2008-03-27 22:57 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 26日

Omotesando 表参道百景 

表参道にMOMAのグッズショップが出来る、という情報は聞いていました。
確か3月って言ってたなあ、と。もう出来てるかもしれないと思って参道を原宿に向かって歩いていきました。
1階にCHANEL とBULGARIが入っているビルの3階にMOMA とありました。
d0117481_2237465.jpg
エスカレーターを降りるとそこに
d0117481_2241713.jpg

美術館のGOODS SHOPって、美術館がなくてもいいの?と
d0117481_22421229.jpg

でも考えてみたらMOMAに展示されているもの、またMOMAのコンセプトは、ただデザインがいいだけではなくて、商業的にも通用するもの、だったはず。だから、展示物は世界のどこでも売ることのできるプロダクツであることなのです。
d0117481_22475687.jpg

お馴染みのNYの地図のメモパッドとか、モダンな椅子とか。小物はプレゼントにいいようにも思いますが、デザイン性のあるものは、人にあげるより自分で楽しむ方がいいのでは。
ちなみに写真の真ん中はキッチン用品ですが左の上のほうにある丸いのはJosephのプレートです。実は先日近所のピーコックでこのJosephの形違いのものを買ったのですが、
d0117481_23122443.jpg
丸いオレンジ柄のもあって、まさに実用品として売られていたとは、桜新町のピーコックもあなどれない。

by yumiyane | 2008-03-26 23:01 | 町(town) | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 26日

AとBとABと

血液型と食べ物に深い関係がある話。
A型B型O型については先日書きました。
今日は取り残されていたAB型について。

AB型はその名のとおり、A型とB型の良いとこと悪いとこを持ち合わせているらしい、なので複雑です。
A型の胃酸の低さと----魚と野菜をたくさん食べるといい
B型の肉類への適応性を兼ね備えている----ただし牛肉は避けたほうがいい

何がなんだか?ですが、B型が食べてよい肉類のなかでもラム・ターキーは食べすぎない程度、牛肉は消化が難しいし、鶏肉もAB型の血液と消化器官を刺激する、のであまり向かない。
ならば
A型におすすめの豆腐と魚介類
B型におすすめの発酵乳製品と卵 

AB型にとってよく代謝される良たんぱく源となるそうです。
簡単に言うとA型のお薦めとB型のおすすめを摂取するといいということでしょうか。

AB型の方のために
休日にはこんなランチはいかがでしょうか。
オムレツとスライスチーズをのせたおにぎり
d0117481_23511532.jpg


AB型にお薦めの食品
ラム、ターキー
鱈、鯖、鯛、鰯、鮭     なんか漢字の勉強みたいです
発酵乳製品(ヨーグルト)
卵、米、豆腐
プラム、さくらんぼなどの果物
レンズマメ、胡桃、オリーブオイル
そこで
d0117481_23552483.jpg

豚のひき肉を使ったオムレツ
そしてデザートにはフルーツジャムをのせたヨーグルト
d0117481_23582255.jpg


血液型と摂取する食品の適応性、についてはどれほどのものかと疑うかたもいらっしゃるでしょうが、私(A型)としては、避けたほうがいい食品の中に、これまであまり好きではなかったものが多いことから、案外信頼できるかもしれないと思うこのごろなのです。

最後にAB型の方が体重を減らすには、魚介類、乳製品、ナッツ類や穀類を摂るようにすること。
パン、パスタ、クッキーなど加工された小麦製品は避けましょう、ということ、頑張って!

by yumiyane | 2008-03-26 00:08 | ごはんを食べよう(rice) | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 24日

芽吹く

一昨年の暮れにいただいた寒牡丹がありました。
花を咲かせたあと剪定をして、それでも緑の葉が付いていたのが、夏にすっかり葉が落ちて、もうだめかもしれないと心配していました。
d0117481_23345379.jpg
ある日突然芽が太くなって、ぐんぐん伸びて来ました。写真は3日ほど前ですが、今はもう葉が分かれて伸びています。

蚊遣草? 葉の匂いを蚊が嫌うのだそうです。別の種類は切っても切っても枝が伸びてきますが、こちらは可愛い花を咲かせて、やや弱い種。
d0117481_2339391.jpg
もうじきピンクの可愛い花が咲きます。


なんだかわからない木がはえて来ました。植木鉢に落ちた何かの種から芽が出て今30cmくらいになって、新しい葉の芽がでています。これなんだろう?
d0117481_23422433.jpg


ところで、おチビちゃんのセーターがやっと出来ました。
今、ママの里に一緒に行っています、帰ってきたらもう暖かくて着てくれないかも。
d0117481_23475098.jpg

そこを何とかして写真だけでも残したいと思っていますので、続報します。

by yumiyane | 2008-03-24 23:49 | Plants | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 23日

Bega in Tsukiji

今日はとても休日らしい一日でした。
築地の駅で友人と待ち合わせ、タイムドーム明石に短編映画を観に行きました。
d0117481_2159282.jpg
そこは普段はプラネタリウムなのですが、
d0117481_21594050.jpg
今月は1日1回戦場に輝くベガという短編映画がかかっています。

敗戦の色濃い昭和20年、海軍の攻撃機「銀河」に乗った飛行士たちは、天文航法という星と自分の飛行機の角度によって自分が今どこを飛んでいるのかを知る方法を取っていたのだそです。
またその角度から位置を割り出す航空天測表なるものを、当時学徒動員の女学生たちが作っていたということ。
映画は、海軍の偵察員として銀河に乗ることになった男と、その恋人が学徒動員で天測表を作る任務に就いて交わした書簡を基につづられます。


このプラネタリウムで上映される映画というものを初めて見ましたが、丸いドームいっぱいに広がる夜空の星は、まるで自分が飛行機の操縦席にいるようだし、さすがに星たちの位置も明るさも正確に描かれていて不思議な体験をしました。
この映画は6月15日まで1日1回上映されています。上映時間は30分ほどで¥300です。
〒104-0044
 中央区明石町12番1号
 中央区保健所等複合施設6階 タイムドーム明石
 電話03-3546-5537
“星が武器としてではなく、希望の光として輝ける日が来ることを祈っています”
というメッセージを心に刻んで外に出ました。

More外に出ると

by yumiyane | 2008-03-23 22:37 | 映画(cinema) | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 23日

Tasha Tudor

今日は、V編みもの教室が終わったあと、クラスメイトと銀座の松屋に「ターシャ・チューダ展」を観に行きました。
ターシャは、日本ではつい5年ほど前までは知る人ぞ知る、知らない人は全然知らないアメリカ人の絵本作家でした。
d0117481_23402752.jpg

今年はもう92歳になってしまいましたが、まだ元気でアメリカのバーモント州で自ら作った美しい庭に囲まれてコーギー犬と暮らしています。
19日から始まった展覧会には、2日で6000人が訪れたということですから、今日などもう1万人を超えたと思われます。
彼女の何がそんなに魅力なのか、、、 私が彼女に感じた魅力の一つはこれでした。

“私がこころがけてきたことは、
騒音、ごたごた、攻撃的で付き合いにくい人を避けること、
自分の経済力に見合った生活をすること。借金はしないこと。
できるだけ自給自足すること。
これは節約になるだけでなく、
自分で作り出す満足感も得られましたから、一挙両得でした。”
        ターシャの語ったことばを集めた「生きていることを楽しんで」より


展覧会ではたとえば(撮影禁止のため購入した本から) 
お裁縫が得意な彼女が作るための布や
d0117481_23501234.jpg
使っている器や 石鹸も手作り
d0117481_2350312.jpg
庭が再現されていたり
d0117481_23505893.jpg
手作りのぬいぐるみたち
d0117481_23592139.jpg

特筆すべきは、彼女の作る洋服の素晴らしさです。
そして子供たちのために作ったマリオネット。

NHKで放映された2つの番組の度重なる再放送のおかげで、彼女は日本にたっくさんのファンを作りました。
場内で流されているビデオで、ターシャが語る自身の出生の秘密は、彼女の原動力の訳を教えてくれました。
ターシャ・チューダー展は、銀座松屋で31日まで開かれています。
午前10時から午後8時まで、最終日は午後7時30分まで。
とにかくたくさんの人ですから、行くなら午後6時半過ぎがおすすめです。

ゆっくり生きてゆっくり手作りすることを進めるターシャに共感する人は多いはず。なのにーーー
会場を出たところにあるグッズ売り場、さっき手作りの良さをあれほど彼女が語っていたにもかかわらずーーーー、みんなターシャの書いた絵のキャラクターのついたものを買いあさってる。
違うでしょう!

でもDVD買ってね。

Moreディプロマもらいました

by yumiyane | 2008-03-23 00:26 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(4)