にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 28日

omotesando 百景

高いところついでに、表参道百景そのひとつふたつみっつ。

d0117481_2211491.jpg
夕方、机に向かって仕事をしていた私は、ふとただならぬ光を感じて外を見上げました。
日没がだんだん遅くなっているのは承知していましたが、なにやら西日が赤い。

星について語る友が会社に居て、その彼も異常な夕景を感じたらしく、あわてて外に飛び出したのを追いました--- 変な会社でしょ?
空が異常にピンクだったのです。



渋谷方向に走って、ある建物のエレベーターで13階まで上がると、そこは普通の住居用マンション。あいにく夕景はうまく撮れませんでしたが、新宿方向がこのように。
d0117481_22134446.jpg
真ん中あたりに光っているのは、夜景が驚きの結婚式場

となりの工事中の紀ノ国屋をのぞくと、まるでグラウンドゼロの様です。
d0117481_22165013.jpg


怖い怖い怖い、と言いながら、次は南側 骨董通りから246へのT字路。
d0117481_22181292.jpg

d0117481_22183735.jpg

もう足の裏が痒くなるくらい、ブルブルものです。 ↓246を表参道の信号方面
d0117481_22191368.jpg



何が怖いかって、風が強くて、手すりが低くて。13階に住む人は、毎日こんなスリリングな生活をしているのかと感心してしまいます。

by yumiyane | 2008-02-28 22:31 | 町(town) | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 27日

NY Style

先月末、インフルエンザのためドタキャンしたベトナム旅行に、一緒に行くはずだった友人に、お詫びのDinnerをご馳走しました。
場所は西新宿の高層ビル、ホテルの最上階です。
d0117481_23152724.jpg


まず飲み物、彼女が頼んだのは梅ジュース、カクテルみたいです。
d0117481_2305784.jpg

d0117481_232366.jpg私は赤ワイン
二人ともこれ以降は飲まなくて、食も細いから
前菜を二つと、メイン一つをシェアのお子ちゃま胃袋です







いかすみのリゾットにいかのソテーが乗って、味付けのレモンが効いてて美味。
d0117481_23392618.jpg

オリーブの入ったパンが添えられます
d0117481_23203754.jpg

オレッキエッテに海老とアスパラがあえてあって、ケッパーと玉葱で味付けしたもの、これは私好みの味。上に乗ってるのはズッキーニの花
d0117481_23394296.jpg


このあとメインの骨付き豚肉、三重県産だったかな、脂身がさっぱりしていて、甘みもあり、バルサミコのソースが無くてもおいしかったです。
d0117481_239256.jpg

ここまでにしておくとHappy、これ以上だと拷問、というボーダー、正解でした。

d0117481_23181261.jpgそれから別腹のデザート、これもひとつをシェア。
苺のミルフィーユに自家製バニラアイスクリーム添え。d0117481_2319412.jpg









サーブする人がとてもよく教育されていて、お料理のおいしさだけでなく、いいところで食事をしているな、と満足度は高いです。

都内にどんどん新しいホテルが誕生していますが、ここは、出来た頃から 今でも、私の中では一番おしゃれでかっこいいホテルです。

by yumiyane | 2008-02-27 23:43 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 26日

The Aragona

今日帰宅したら、届いていた手紙に入っていた写真。私のアメリカのfamilyです。
d0117481_2354455.jpg

Tonyを中心に、左の上からTonyの次女の婿→次女→長女の娘→長女↓Sandie 抱っこしてるのは次女の長男↓長女の次女←次女の長女 ちょっとややこしくなっちゃった。
「あまりいい写真ではないけれど、最近の私たちを知らせるのにいいと思って送ります」とサンディーから。
二人と出会ったのは1995年のイタリア旅行。

友人と二人で旅したイタリア、ベネチアから乗った列車のコンパートメントで一緒でした。
英会話を勉強していた私たちは積極的に彼らと会話しました。Sandwitchを交換し、写真を取り合って、後日郵送しました。向こうからも写真が送られてきましたが、手紙に、NYあたりに来ることがあったら、是非訪ねて欲しいと、電話番号が書いてありました。
1997年9月に会社の用でNYに行くことになりました。彼らの家がNYからバスで二時間余りとの話を思い出して、電話をかけたのです「覚えてますか?」って。
結局NYに行く前にボストン空港に直接入って、当時プロビデンスにあった彼らの家に3泊し、NYに入りました。
現在は彼らはCheasapeakBeachに暮らしています。
ベネチアからミラノの列車で知り合って、それから1・2度手紙のやりとりをした外国人の家にいきなり滞在するのもどうかと思いましたが、それは自分の直感を信じたということです。
それからこっち、コモ湖で待ち合わせて一緒にイタリアを旅したり、その後NYに行くたびに彼らの家に滞在したり、彼らも「日本に来るなんて考えてもいなかった」と、吉祥寺の友人や、大泉学園・京都の姉も駆り出した、家族ぐるみの付き合いをしているのです。

by yumiyane | 2008-02-26 23:49 | family | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 26日

韓国style 

会社の後輩が、韓国の女性と結婚して、若林に住んでいるところに呼んでくれました。
実はこの女性も一年ほど会社で働いていた方です。辞めたのは結婚する前だからそういうのは職場結婚とは言わないのかな。

私はあまり辛いのはだめなんだ、と言いつつこのチゲは、もう少し煮込んでからおいしくいただきました。
d0117481_0255022.jpg


韓国料理店に行くと必ず食べるのがビビンバ、今日は普通のご飯茶碗にたっぷり盛っていただきました。おいしかったのでおかわりしました。
d0117481_0275698.jpg


豚のばら肉をにんにくで焼いて、みそを付けて葉っぱにくるんでいただきました。
d0117481_0352680.jpg

お肉の向こうに見える赤いのがなんとかジャン、これがすっご~~くおいしいのです!
そんなに辛くない。チゲにもビビンバに入れてもいいみたい。
これは韓国から届いたものですが、新大久保とかでも買えるようです。
ガラスのコップで、温かい麦茶を飲んだり、チゲのスープをスプーンで飲むところ、お茶碗は持たないこと、が韓国スタイルな気がします。
韓国では一家に1台キムチ用の冷蔵庫があって、マイナス4度に設定しておけば地面に埋めたと同じ状態で長持ちするとか、韓国から買ってきても、封を開けて少ししてからの方がおいしいとか。日本にこんなオールマイティで、みんなが食べる物って何かあるかな?って思いました。




d0117481_0425642.jpg娘は10ヶ月、母は終始韓国語で語りかけます。おじいちゃん、おばあちゃんとお話出来なくなると困るから、って。そりゃそうだよね。

d0117481_0424443.jpg

by yumiyane | 2008-02-26 00:56 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 25日

Stars

夕方から出かける用があって、風の治まった夜10時半ごろ戻ってくる途中、夜空に冬の星座が輝いていました。
突風が吹き荒れて、空気をすっかり入れ替えてくれたかのように美しく魅せてくれます。
冬の空に見える大三角だけでなく、六角もはっきり見えましたよ。

オリオン座のペテルギウスを中心に、右上から きょしゃ座のカペラ→おうし座のアルデバラン→オリオン座のリゲル→おおいぬ座のシリウス→こいぬ座のプロキオン→ふたご座のポルックス 
これらの星座たちも、だんだん西の空に傾いていってしまうのです。

残念ながら、私のバカちょんデジカメでは、マイナス1.5等星のシリウスもこんなにしか撮れません。
d0117481_0322537.jpg

仕方がないので、愛読書の中から、星座を分かりやすくしたものを載せます。
d0117481_034832.jpg

ふたご座の頭のポルックスが欠けてしまいましたが。

by yumiyane | 2008-02-25 00:42 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 24日

Muffler

d0117481_1611659.jpg
おチビちゃんのためにマフラーを編みました。
先日、吉祥寺のユザワヤに足りなくなった糸を買いに行ったときに、Saleにひかれて買った毛糸です。

このマフラーは子供サイズですが、↑のようにも巻けるし、↓のようにも巻けます
d0117481_163015.jpg


裏のほうでベルトを付けて、締めぐあいで調整できるようにして、小さなお花を目印に付けました。
d0117481_1643470.jpg


あれっ?犬 いたっけ? とお思いでしょうが、彼はいつも静かで微動だにしない賢い犬です。
d0117481_166347.jpg


by yumiyane | 2008-02-24 16:07 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 23日

突風が吹いているころ仕上げたアフガン編みのジャケット

大変な午後でしたね。
市ヶ谷にも突風が吹いて、帰りの道は一帯が交通規制されていたころ、V教室で集中してジャケットを仕上げました。
d0117481_23323930.jpg

40gのモヘアの混じった毛糸玉を15個使いました。

襟も格子模様にしました。
d0117481_23375042.jpg

作り始める前に考えていたデザインは、編みながら少しづつ変わっていきましたが、なかなか風合いのいいものに仕上がったと思います。暖かいんですよ。

着るとこのようなことになります。
d0117481_2339171.jpg
欲を言えば、Aラインを表現するのに、もう少し丈を長くしても良かったかな。

後姿もおみせします。
d0117481_234095.jpg


Moreところで、このあいだのセーター

by yumiyane | 2008-02-23 23:47 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 22日

Chapelle du Rosaire ロザリオ礼拝堂

もうひとつとっておきの礼拝堂を。
それは南仏コート・ダ・ジュールの、Venceという町のはずれにあるロザリオ礼拝堂です。
そのとき私は行きの飛行機の中から調子が悪かったので、ニースに着いたときもげっそりしていました。何か食べなくてはとヴァンスに着いて、魚のスープとパンを必死で口に放り込みました。少し元気になったので、礼拝堂を目指すため、眺めのいい広場に出て北に見える山の麓をバックに記念写真を撮ったりしました。
d0117481_23114077.jpg

これから地図をたよりに訪ねる建物がそこに写っているとは、そのときは気づいていませんでした。

アンリ・マティスは第二次世界大戦の最中、ニースに移り住みますが、さらに隣のヴァンスに疎開します。そこで礼拝堂修復の仕事を天命と受け止め、遺作となるロザリオの礼拝堂に着手したのです。
d0117481_23282095.jpg

d0117481_23214165.jpg

そのころのマティスの絵は、ものすごーくシンプルになっていました。切り紙でJazzの連作を作ったり、白い紙に黒い線だけの絵を書いたりしていました。


学生時代にマティスを勉強したことのある私は、その礼拝堂の椅子に座り、係りの人が彼の作った礼拝堂について語り始めたとき、涙が出て仕方がありませんでした。それは、ずっと本でしか見れなかった絵を、美術館で間近に見たときの感動を30倍くらいにした震えでした。

堂の中は全く写真が禁止だったので、↓の2枚は絵葉書です。
d0117481_2332497.jpg
d0117481_23321525.jpg

祭壇の反対側の壁には、キリストが裁かれ、ゴルゴダの丘に磔(はりつけ)にされるまで、十字架を背負って歩く途中のことがらの場面が10いくつ、白いタイルに書かれています。

ニースに移り住んだ彼はすでに癌に侵されていたらしく、そこで得た礼拝堂修復の仕事は彼にとってはこの上ない幸せな仕事だったと思われます。

by yumiyane | 2008-02-22 23:54 | France | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 21日

ロンシャンの教会

フランスのアルザスからブルゴーニュに行く旅を計画している時、途中にコルビジュの建てた教会があることを知り是非訪れたいと思いました。

その教会の建物が不思議な形をしているのを、雑誌で見たことがあったからです。
d0117481_0124895.jpg

南に向いている壁に空いている四角い穴は、中から見ると色のガラスがはってあって、ステンドグラスとはいかないまでも、美しい光の影を写していました。

その日はとてもいい天気だったので、青い空と白い壁がとてもくっきり見えました。
d0117481_022447.jpg


裏へ廻ると入口があります。そこに何やら牛のつののようなオブジェも、遊び心満載。
d0117481_0231515.jpg


建物の横の広場には、教会なら必ずある鐘が、こんな風に。
d0117481_0254430.jpg


かわいらしいのに、ダイナミックで、でも結構ほったらかされているような、やんちゃな、そんな礼拝堂でした。

ル・コルビジュの建物を世界遺産にしようという動きがあるらしいことを聞いて、あの礼拝堂に行ったことを思い出しました。

by yumiyane | 2008-02-21 00:36 | France | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 20日

三色ご飯 & B型

血液型別お薦め食事スタイルB型の巻き。

B型は、農耕民族のA型が出現したあと、人類が寒冷で厳しい環境の北方に移り住んだときに出現したのだそうです。

他の血液型に比べて、最も多くの種類の食品を楽しむことがOKのラッキーな人たちとか。
お薦めの食品
ラム

低脂肪の乳製品

青野菜
ほとんどの果物
オリーブオイル
魚介類

避けたほうがよいもの
鶏肉
とうもろこし
蕎麦
レンズマメ------この博士はよくこの豆で実験したようです
ピーナッツ
ごま
小麦
ベーコン
ハム
トマト
貝類

となって、ついでに体重を減らすには
上記の避けたほうがよいものを摂らないといいらしいです。
なぜかB型は鶏肉はやめたほうがいいとしつこく書いてあります。

お薦めのライフスタイルは
O型ほど激しい面はありませんが、A型に比べれば体力はあるほうなので、
バランスの取れたB型には激しい運動とリラックスできる運動を組み合わせることが必要とのこと。

そうか、A型って体力ないんだ、野菜好きだからねー。
A型がなんで野菜とか向いてて肉とかが合わないかと言うと
A型は腸のアルカリホスファターゼという脂肪を消化する酵素のレベルが低い傾向にあるので、脂肪の少ない食事が向いているらしいです。

今日のご飯を食べよう!は三色ご飯です。
d0117481_0454428.jpg

そぼろは鶏肉がおいしいですが、B型の方は豚肉にしたほうがいいようですね。
息子が高校生のころ、お弁当の献立に行き詰ると、よくこの三食弁当を作っていました。
d0117481_0435712.jpg

いり卵、豚肉のそぼろ、インゲンの塩茹で、紅しょうがが無かったので福神漬けでごまかしました。
今日の材料はB型の方にお薦めのものです。

B型のもうひとつの特性は、チーズ、ミルク、ヨーグルトなどの乳製品に耐性のある唯一の血液型、なんだそうですよ。日本人には乳糖不耐症も多く見られるので、ヨーグルトなどの発行した形で摂取するのがいいそうです。
いいなあ、チーズとかミルクがOKで。

by yumiyane | 2008-02-20 00:59 | ごはんを食べよう(rice) | Trackback | Comments(2)