<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 29日

Products from Shanghai

上海から友人が帰ってきて、しばらく滞在することになりました。
とくにお商売をしている訳ではありませんが、彼女はいつも、いろいろな雑貨を持って帰ってきます。こんな素敵なのがあるけど、日本の人はどう思うかしら?と。
d0117481_23183563.jpg

お友達へのお土産にするようです。私はドラゴンフライの付いてるのを頂きました。
d0117481_2319556.jpg
とても綺麗な刺繍が施されていて、シルクの布も美しい。金魚やドラゴンの地模様が入っています。
d0117481_23202125.jpg
これは来年の手帳です。いいでしょう?

他には、小さな小物入れ。これも実に綺麗なシルクで作られています。
d0117481_23235691.jpg

d0117481_2323453.jpg


おまけは、と言っていいかどうか。マカオのマンダリンオリエンタルの、、、
d0117481_23264340.jpg

中から出てきたのは、ジャジャジャジャーン!
d0117481_23265465.jpg

シルクの帽子をかぶっている「XO醤」でしたー!
d0117481_23281564.jpg

季節野菜のXOジャン炒め、楽しみです。

by yumiyane | 2007-11-29 23:42 | friends | Trackback | Comments(2)
2007年 11月 29日

Series Portugal 12

奇跡の聖地 ファティマをあとに、次の目的地はトマールでした。
11世紀の終わりに始まった十字軍遠征は、エルサレム奪回を目指していただけでなく、“レコンキスタ”と呼ばれる国土回復運動も別の目的で行われていました。イスラムに占領されていた土地をキリスト教の国に取り戻す、というこの運動は、ヨーロッパのそこここで凄惨な傷跡も残します。
ポルトガルでは、ジョアン1世の息子、エンリケ王子が、この十字軍の騎士団の移動に伴う経済に、いち早く目をつけ、後の大航海時代に突入するわけです。
d0117481_23501645.jpg

このトマールにその騎士団が、イスラム教徒軍に対抗して築いた城が出来たため、12世紀に栄えた町となりました。
d0117481_052363.jpg

丘の上に城があって、そこにある修道院は世界遺産となっています。

あろうことか、私と友人は、もう世界遺産はいいかっ!あそこまで上がるのも大変だしね? と、町の商店街でショッピングを始めました。11月に入っていたため、どこのお店にもクリスマスグッズが揃い、おみやげやら、自分の服やら買い始めました。
d0117481_23581545.jpg
安いね、安いねって言いながら気が付くと、外は黄昏てきました。

やばいよー、まだリスボンは遠いよー、暗くなったら道も分かんなくなっちゃうし、今日中に着かないとー。

by yumiyane | 2007-11-29 00:11 | Portugal | Trackback | Comments(4)
2007年 11月 27日

Series Portugal 11

コインブラから日帰りでポルトに行った次の日、リスボンに向かって、on the wayにある、ファティマに寄ることにしました。
ポルトガルはカソリックの国で、ときどき奇跡が起こる、という話は以前ナザレでもしました。
ファティマでも奇跡は起きたのです。
d0117481_23264422.jpg


第一次大戦中の5月13日、丘で羊飼いの番をしていた3人の子どもたち、少女の名前はルジア。3人はヒイラギの木に輝くマリアの姿を見ました。マリアは毎月同じ日にここに来るようにと3人に告げ、そのうち噂を聞きつけて五ヶ月後には7万人の人が集まったそうです。マリアの声はこの子どもたちにしか聞こえなかったので、告げられた内容は大人には分からなかったとか。そこで子どもたちはマリアに頼みました、大人にもあなたの姿を見せてくださいと。するとどんよりとたちこめた雨雲の中から、突然太陽が輝き、光が走った!
d0117481_2249911.jpg

このガイドブックのくだりは、まさに私も体験しました。幾重にも重なった雲の切れ間から、太陽の光が射す。霧のたちこめた木々の間から差し込む光。
この土地は、このような気象条件がたびたびあるのではないか?それがマリアの奇跡の話と結びついたのではないか。人々が戦争中に平和を願い、神に救いを求めているときに、こんな条件が揃ったら、マリアが現れても不思議ではないでしょう。
d0117481_23331795.jpg

3人の子どもたちのうち、2人の男の子は間もなく亡くなり、ルイジのみが生き残り、礼拝堂を建て、今も修道院で神に仕えているそうです。
この話は、1930年、厳重な審査の後、司教によって奇跡と認められ、ファティマは聖地となったということです。
毎年5月と10月の13日には、さきの修道院の広場に、数十万!の人が集まる!らしいです。

by yumiyane | 2007-11-27 23:43 | Portugal | Trackback | Comments(4)
2007年 11月 27日

鬼の舌震い

島根県仁多郡仁多町というところにあります。今は奥出雲町というのでしょうか。
小さい頃何度か行ったことがあって、その名前から鬼が舌を震わせるくらいの景観、と思っていましたが、今回行って、看板を見たら、ワニが恋(した)ぶる というのが変化したんだそうです。
ワニというのは、出雲地方ではサメのこと。
山の方に住んでいた美しい姫を求めたサメが追ってきたのを、この川の石が堰き止めた?
そのサメはもしかしたら、海の荒くれ漁師だったのかも。
初めは美しく迎え入れてくれた川も、
d0117481_105988.jpg

だんだん
d0117481_115488.jpg


しまいには
d0117481_132833.jpg


もうあきまへん
d0117481_122110.jpg


上を見上げれば美しい木々。
d0117481_155360.jpg


そのうち観光バスがやってきたのか、たーくさんの人がやってきました。これも石見銀山効果でしょうか。

by yumiyane | 2007-11-27 01:07 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(6)
2007年 11月 25日

今日の一日

今日は、嫁の誕生日の祝いをすることになりました。
まず、12時に渋谷で待ち合わせをして、VIRONでサンドイッチを買い、向かいにあるデパートの屋上で食べることにしました。1歳9ヶ月の娘がいる母は、よくここを利用するそうです。
d0117481_21384148.jpg

d0117481_2140075.jpg屋上は花屋があって、オリーブの木も茂っています。
d0117481_2141621.jpg






スタバでラ・テも買いました。
d0117481_2142411.jpg

私は、野菜のマリネが挟んであるもの、おいしいです。
d0117481_2144519.jpg


たっぷり屋上で遊んだあと、プレゼントを買って、桜新町に向かいました。
早めのディナーです。
前の日から煮込んでおいたビーフシチュー
d0117481_2147287.jpg

今日は、実家でむかし使っていた、Old Noritakeを使いました。
d0117481_2149641.jpg
付け合せは温野菜
d0117481_21522214.jpg
季節外れのホワイトアスパラガスがおいしかった。
ショートケーキも作りましたが、ろうそく買うのを忘れたので、周りにアロマ用のをつけたら、
d0117481_21585660.jpg
儀式みたいだね、なんて言いながらmake a wish。

ピンポン! と音がして、届いたのは、出雲から干し柿。西条柿といって、大変おいしいものです。
d0117481_2214143.jpg
d0117481_2215334.jpg
このまえ帰ったとき、友達に頼んでおいたもの。農家の方に頼んで作ってもらうそうです。
締めくくりまで、幸せな一日でした。

by yumiyane | 2007-11-25 22:07 | family | Trackback | Comments(7)
2007年 11月 25日

お墓参りに行きました

今日もいい天気でした。
おととい、義兄のお墓参りに行きました。納骨は今月の13日、亡くなってから1年とひと月経っていました。
お墓は、関越を少し行って東松山を左にそれて、鳩山というところの、こじんまりとした霊園にありました。
南を向いての眺めは、
d0117481_19575676.jpg


のどかな午後の陽射しは、不思議な景色を石に映していました。
d0117481_2004128.jpg
映っている影は私と姉なのでしょうね。

義兄はホルン奏者だったので、そのしるしに陶器のホルンが置いてありました。
d0117481_2015760.jpg

すぐ後ろに桜の木がありましたから、春にはきれいな花を見ることができるでしょう。
d0117481_2043953.jpg

持ってきたおにぎりや柿を食べ、お茶を飲んで、しばらくおしゃべりをしました。
d0117481_2013397.jpg

亡くなってから飼いはじめた愛犬はなちゃん、姉のこころを随分慰めているようです。

いい霊園が見つかって本当に良かった、と話しながら後にしました。

by yumiyane | 2007-11-25 20:30 | family | Trackback | Comments(0)
2007年 11月 24日

スコーンを焼いた

突然食べたくなって、ベーキングパウダー買いに行って、さきほど焼きあがりました。
d0117481_23315849.jpg


案外いい感じで焼けました。
d0117481_23324690.jpg


レシピはcookpadで、先日一番人気の方のレシピをいただいたのですが、いざ焼こうと、さっきまた覗きに行ったら、跡形も無く消え去っていました。どうしてだろう?その方のスコーンがとってもおいしそうだったので、材料だけはメモしておいたのです。
小麦粉250g
強力粉50g
ベーキングパウダー大匙1弱
グラニュー糖大匙3-4
バター100g
牛乳90g
それをよくこねて、型を抜き
200度に熱したオーブンで17分

ということだったのですが、牛乳がちょっと足りないような気がして、少し足しました。
それと、型を抜く前、まな板にクッキングシートを敷いて折りたたみながらレーズンを入れました。
早速試食、おいしかったことをご報告します。

Moreレシピを訂正させてください

by yumiyane | 2007-11-24 23:40 | おいしいもの(foods) | Trackback | Comments(4)
2007年 11月 23日

Series Portugal 10

ポルトへは、コインブラから日帰りで行きました。朝食をゆっくり食べてからで、出発は10時ごろだったでしょうか。

ポルトの街は、旧市街が世界遺産になっているので、道は昔のまま。石畳の坂道が多く、一方通行だらけで、なかなか目的地に着けません。
d0117481_22131323.jpg

いきなり細い道から大型バスが出てきても驚いてる暇はありません。

ポルトの町にはあちこちに、アズレージョで飾られた家があります。
d0117481_21393516.jpg


まずアズレージョ(絵が描かれたタイル)で名高いサン・ペント駅に行ってみました。
d0117481_22481259.jpg

アズレージョは例えば
d0117481_21533383.jpg
d0117481_2159477.jpg


お腹が空いたので、お昼を食べにドウロ川岸に出てきました。
ガイドブックに載っていたレストラン「フィーリャ・ダ・マンウ・ブレッタ」で、まずお通しのように出てくるのがバカリャウ(小粒のコロッケのようなもの)。ここのはいけます。
d0117481_22275989.jpg

そして“アロース・デ・マリスコス”をいただきました。
d0117481_22393672.jpg
アロースはお米のこと、マリスコスは海鮮。海鮮おじや、とでも。中には何種類かの海老が入っていましたが、これがもう新鮮でおいしい!
これを食べるためだけにでも、もう一度ポルトに行きたい!と思っています。

by yumiyane | 2007-11-23 22:50 | Portugal | Trackback | Comments(4)
2007年 11月 23日

X'mas

外国では11月になると、もうクリスマス一色になるようです。東京でもたくさんのクリスマスのイルミネーションが始まりましたね。我が家のクリスマスデコレーションは地味です。

例えばこれは、ローマのフォロ・ロマーノの広場で拾った松ぼっくり。これが大きいのです(種系は国外からの持ち込みは禁止のため、この話はナイショですヨ)。そして、色が変わっていてグレーと茶色のコンビネーションで素敵です。それをトルコのお土産にもらったお皿に載せます。
d0117481_033696.jpg
そしてそれに、イタリアのどこかの文房具屋さんで買ったオーナメントを飾ります。これ、誰かのお土産にしようと思ったけど、あまりに可愛いので手元に置きました。
d0117481_23483743.jpg

余ったのは周りに置いて出来上がり。
d0117481_23504970.jpg




それに、V教室で教材で編んだもの、それにオーナメントを付けると、立派なクリスマスツリーとなります。

d0117481_23545028.jpg
アクリル100%の毛糸ですが、これ結構気に入っています。
この他に、大切にしている灯りがありますが、これはもっとクリスマスが近づいたときに紹介しますね。

by yumiyane | 2007-11-23 00:06 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
2007年 11月 21日

再度仕上げ

先日編みあがったはずのセーターの、ウエストの始末に今ひとつ不満が残っていました。
編み物のV教室の鈎針の宿題を編んでいて、これはどーお?と思ったのは、このパターンです。
d0117481_22254031.jpg


これをベルトにしたらどうかしら?
d0117481_22262274.jpg


ということで、こんな風にひもを通してみました。
d0117481_22265487.jpg


そうすると、あのチュニック風セーターのウエストにしめると、
d0117481_22273130.jpg

Much better than before. と、まあこれで行くか。今週の土曜日に提出して、
さあ、つぎ、つぎ行きましょう。どんどん寒くなるからね。

by yumiyane | 2007-11-21 22:36 | にっと(knit) | Trackback | Comments(3)