にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:family( 113 )


2015年 09月 06日

楽しい夏休みが終わるやいなや~靴下を編みました

チビたちが近くの弥生の森博物館で、
弥生時代の出雲国の王様の暮らしを勉強?しています。
d0117481_1811047.jpg

砂場と思われる場所は、ペットボトルの再生利用の砂が積もって、中から何かを発掘する!という喜びを味わうところです。
d0117481_1824924.jpg

この砂がお洋服のあちこちにもぐりこんで、数日後静かになった部屋に、チビたちの痕跡が残りました。

バラバラになった器を復元する喜びも味わえます。
d0117481_184379.jpg

ある日中学生だかが、高校のグラウンドで遊んでいたら、器のようなものが出てきたので、学校の先生に見せました。これはもしかしたら大変なこと!? 島根大学の先生に照会したところ、大騒ぎになったということです。
ウィキによると
水銀朱や弥生式土器が出土し祭祀の跡も確認された。これらの様子からこの時代の出雲地方に「王」が存在したことがうかがえる。
これまで、出雲大社では全国に知れ渡った出雲であるけれど、この西谷古墳群の発見と荒神谷遺跡の発見、はたまた加茂岩倉遺跡などなどによって、確かにこの出雲地方には古代からかなりな王国が存在していたことが証明されたんだそうです。
西谷古墳群の写真を見ると、私は古墳に囲まれて住んでいるのが分かります。

そんな中携帯が鳴って、靴下を編んでくれませんか? のリクエスト。
昭和20年代、登山をする人が履く靴下2足。
今は無理、お盆が明けるまで無理。と断りました。


お墓参りにも行きましたよ。
d0117481_20362989.jpg

そこには、従兄弟の二男家族がIターンしていて、子供も4人、うちと一緒です。しかも3組が同い年。
d0117481_20385513.jpg

11日にチビたちがママの実家のある岐阜羽島に行くのを、京都まで一緒に行きました。

京都で2泊して、出雲に戻ったのが13日の夜。
翌日洗濯機を4回まわして、お掃除三昧の中、また電話が鳴りました。
もう大丈夫でしょうか? って。そっかニュアンスとしては引き受けたのかな。
極太糸でツィードで っていうリクエストですが、まだこちらの毛糸屋さんにはそれが無い!
ネットは17日までお休みのところばかり。
しかも締め切りは24日。
結局、東京から送ってもらいました。届いたのが18日の夕方。
実は私は靴下を編むのが苦手。だいたい全く同じものを二つ作るということが好きじゃないのです。
でも、マスターしましたよ。
d0117481_210351.jpg

送ってもらったツィードは、糸が硬すぎて靴下に向かないように思ったので、ツィードではないけれど並太の糸を買って来て仕上げました。ハイソックス並みの長さ、もリクエストでした。
d0117481_2131650.jpg

それでも、と思ってグレーのツィードを片方編んで、両方の写真を送りましたら
なんとグレーの方もお願いします、と。
d0117481_2143012.jpg

183cm74kg、27.5cmの男性用です。
11月の終わりころに放映されるドラマで使われる予定です。


今年の冬は くつした を編みます。

by yumiyane | 2015-09-06 21:12 | family | Trackback | Comments(4)
2015年 08月 31日

楽しかった夏休み~のつづき

8月がもうすぐ終わってしまうから、早くアップしておかないとね。


アクアスに行った次の日は、1泊で海にいくことにしていました。

多伎の海
キララ多伎 という道の駅には
Uターンしてからも何回も訪れたり、通過していたのだけれどその場所に滞在したのは初めて。
d0117481_0431022.jpg

きいとす ってエリアに名前が付いていてなんのこと?と思っていたのだけれど、フィンランド語なんだね。
そのエリアにあるコテージはとっても人気で、ひと月前に思いついたときはすでに8月は満杯。
ただ、センターハウスというところの2階の畳の部屋は空いていて、一部屋定員6名となっていたから、そこでいいわと予約しました。食べ物は持ち込みでお風呂とトイレが共有だけど全然問題なかった。6人部屋が二つ繋がっていて、ほんとは両方借りて欲しいのだろうけどひとつ借りると隣は貸さないことになっていて、襖で隔てられているだけだからね。お部屋は海に面していて海に沈む夕日も見れたのでしょうに、そのころ道の駅の隣にあるラーメン屋さんでみんなでご飯食べてました。
d0117481_051485.jpg

多伎の海はとっても綺麗。砂も海も。
d0117481_0535955.jpg

海で遊ぶ3人の子供を一人で見るのは不安。0歳児がバギーに寝てるのでママと交代しながら海に入りました。
浮き輪は一つにして
テトラポットまで行かないでね。
d0117481_055396.jpg

翌日の海は凪いでいて、波打ち際の砂紋もゆらゆら見えて、魚も泳いでたり。湘南の海とはかなり違うなあ。
d0117481_12437.jpg

子供たちは海を満喫してくれましたよ。
また来年も来れたらいいね。

金曜日は子供たちは出雲科学館というところで遊びました。
私が編み物教室の講座があったため、友人がふたたび面倒をみてくれたのです。お世話になりました。

土曜夜市 っていうのが私の子供の頃にあって、中町という一番賑やかな通りに人が集まったものです。
ただ歩くだけなのに大勢の人が集まって、黒田のドリアン食べて帰るのが楽しみだったり、誰かに会ってやあやあいうだけが嬉しかったり。
そういうことって社会のつながりにとても大切なことなのに、いつのまにか無くなってしまっていました。
郊外の大型店が町の商店街を無くしてしまった。これは日本全国どこの町にも起きていることです。

広場 のつながり・・・・・南イタリアはプーリアの夏の夜の広場のコミュニケーション
今もプーリアにはあの広場のチャオチャオが続いていることを願います。

そのかつての中町の土曜夜市が再現されると聞いて出かけました。駅通りでは盆踊りも開かれると言うこと。
d0117481_1185079.jpg

子供たちは、その路上のお絵描きに夢中になりましたよ。
d0117481_1193955.jpg

お姉ちゃんが絵がうまいのは知ってたけど、せいちゃんもうまいじゃない。
d0117481_120664.jpg

d0117481_1211141.jpg
d0117481_1212471.jpg

似顔絵も描いてもらいました。1枚200円ということでしたが、次々増えて4人になるとはね。
d0117481_123455.jpg

土曜夜市の氷の柱に埋められていた千円札は真っ先に融かされて持ってかれてた。昔もそうだったね。

射的、射的 って騒いでたお姉ちゃん。一発も当たらなくてふてくされてた。
d0117481_1263564.jpg

でも、いっぱい遊んで楽しかったよ。

盆踊りとかは昔はそれぞれの地域の人が催していたんだけど、今回のは市役所とか商工会議所とかの企画で盛り上げられてたみたい。そういう動かし方じゃないともうだめなのかなあ、ってちょっと複雑。
やっぱりもう少し小さい単位で社会を作っていかないとなあ、って思いました。
日本、どうなる!?

by yumiyane | 2015-08-31 01:30 | family | Trackback | Comments(10)
2015年 08月 24日

楽しかった夏休み

8月2日にチビたちを東京に迎えに行ったときは
カナカナカナ と一帯に響き渡るあの短調ぎみの蝉がうるさく鳴いていました。
3日に連れて帰って、毎日楽しく過ごしていたころは
ミーンミーンミーン とか ジージージー とか
聞いているだけで汗が噴き出してくるような真夏の蝉の声。
それが
11日に岐阜まで行くというのを京都まで一緒に行って、二泊して戻ったのが13日の夜。
洗濯ざんまい掃除ざんまいで過ごしてお盆も過ぎたなあと思う頃
ツクツクホーシツクツクホーシ と鳴き声が変わりました。
私の住んでいるこの辺りは山奥ではないけれど、自然と一緒に暮らしているなって実感できる場所です。


さて、
楽しかった夏休みを振り返っておきましょう。
9歳、5歳、2歳、0歳の4児とママとの旅。まず羽田。飛行機を見て大興奮。
d0117481_19135864.jpg

d0117481_1913399.jpg

もう大興奮で手を振っていたら、向かいの操縦席からパイロットさんが返してくれました。
そしたら、なんと降りて来て、JALのパイロットさんが付けているマークのシールを持って来てくださいましたよ。
d0117481_19141176.jpg
d0117481_19142554.jpg

記念写真です。彼は福岡行きの操縦士さんでした。私たちは出雲行き。搭乗口が隣だったからね。
d0117481_19144643.jpg

飛行機の旅は快適でした。子供たちにくれるおもちゃはJALの飛行機を組み立てるもの。3人とも同じもの。2歳だろうが9歳だろうが同じものじゃないとだめなのね。

初日の夜にはハプニングがありました。
私の家のお風呂の自動おふろ沸しのボタンを押して待っていたところ、エラーErrorエラー何度やってもだめ。
さっき、おうどん茹でたときはガス使えたのに!
で、銭湯が終わってる時間、出雲は終わるのが早いの、9時半だよ! 銭湯といっても温泉なんだから。
仕方なくまた友人宅にパジャマとタオルを持ってゾロゾロと出かけました。
理由は次の日の朝判明。 普段のガスの使用量を大幅に超えたため、自動で制御されたんだそうな。もうっ!!

次の日は出雲の西部 江津市と浜田市の境にある アクアス へ行きました。
友人とお孫さん一人を誘って出雲を出発したのが10時。
途中江津市にある森のレストランでランチ。ピザが美味しかったし、子供にやさしくて二重丸でした。
満席だったので少し待ったけど13時半には食べ終わって、ふたたびアクアスを目指します。
d0117481_19434613.jpg

平日のせいか駐車場もすいすい止められて、入口はいって最初の水槽から大騒ぎ。少し飛ばさないと
シロイルカが大きな輪を作ってくれるという14時半のショーに間に合わないよ!

口から出す輪と
d0117481_19374561.jpg

頭の後ろから出す輪と
d0117481_1938772.jpg

輪の作り方が違うんだって!?

この2歳児、なんか違うと思ってたけど、なんか面白い。
d0117481_19481229.jpg


帰りに多伎の道の駅で休憩したら、どうしても海に入りたい!っていうから
d0117481_19491812.jpg

明日はこの海に泳ぎに来るから。
今日はこれくらいで帰ろうね!

by yumiyane | 2015-08-24 19:49 | family | Trackback | Comments(12)
2015年 04月 15日

くー

愛ネコのくうちゃんが生まれたのは1993年の4月
d0117481_176330.jpg

4匹のへその緒が付いたままで、表参道の会社の前の電信柱のたもとに捨てられたうちの1匹でした。

会社のADさんだった女子がミルクを与えて育て、上の写真くらいになったときに
そのうちの1匹を引き取りました。2か月くらいだったでしょうか。


下の写真は今年の1月。21歳なら人間で言うと100歳くらい、とは思えないあどけなさです。
d0117481_17174368.jpg


東京で仕事をしていたころは、朝9時半ごろから夜は早くて7時ごろ、遅い時は10時過ぎまでひとりでお留守番をしていました。
また年に1回くらいの海外旅行時は1週間、ペットシッターさんや、近所の友達の世話になって、ひたすらのお留守番。
私が出雲にUターンするときも一緒。朝6時半に桜新町を出発して、新幹線・伯備線を乗り継いで出雲の新居に到着したのが夕方4時半の長旅にも耐えてくれました。
d0117481_17273931.jpg


引っ越しが相当ストレスだったのではないか!? との心配もそっちのけ、出雲に越して、三週間くらい経って落ち着いたころ、ネコの草が大好きでした。
d0117481_1728362.jpg


仕事を辞めて、毎日家に居る飼い主との暮らしはくうちゃんにとっては嬉しいものだったのか、21歳になっても病気ひとつせず元気で、私のUターンの暮らしにも忍耐強く付き合ってくれていたように思います。

1月の終わりに、4人目の孫誕生を手伝うために上京したときも、新しく見つかったペットシッターさんにもしっかり懐いて、海外旅行が出来るかもしれない!と期待を持たせてくれました。

2月の半ばごろから、少し食べることにトラブルを感じるようになりました。盛んに首を振って、固いものが食べられなくなっているようでした。
人間で言えば100歳を超えています。歯に問題でも出来ているのか?歯垢がたまっているのか?口内炎でも出来たのか?

口の中のトラブルを少しでも和らげようと、食後に歯磨きをするようになりました。
4月はくうちゃんの誕生月。捨て猫だったから、正確な誕生日は分からないので、4月1日を誕生日として、
くうちゃんは22歳になりました。

d0117481_21342341.jpg

↑ の写真は、亡くなった日の朝の写真です。
ずーーーっと元気だったから、具合が悪くなってからは あっという間でした。
1週間ほど前に一度呼吸困難に陥りましたが、回復して用心して過ごしていました。口のトラブルは進行していたようで、肺にも被害が及んでいたのですね。
13日月曜日の午後からは、じっとして寝ていられなくなりました。その晩は多分一睡もできていなかったようです。火曜日の午後、それでもなんとかなるかもしれない! とクリニックに連れて行こうとした私の判断の間違い。動き出した車の中のケージの中で息絶えてしまいました。慌てて引き返しましたが、遅かった。
返す返すも悔やまれます。

ごめんね くうちゃん 苦しかったんだよね。
22年間、私の我儘に付きあわせてしまいました。
有難う くうちゃん あなたと暮らせて幸せだった。
d0117481_21593124.jpg


許してね、そして安らかに 天国で 元気で暮らしてね。
d0117481_2214720.jpg


立派に逝きました

くーでんほーふかれるぎー(1993/4/1~2015/4/14)
享年22


    

d0117481_23124390.jpg
空に・・・
d0117481_23204568.jpg
焼き場から見た 出雲平野







by yumiyane | 2015-04-15 22:09 | family | Trackback
2015年 02月 16日

いつまでも仲良くね

四人の写真に癒されています
d0117481_11591480.jpg

喧嘩しても 助け合って
嬉しいことや 痛いことが分かって
触れ合う楽しさや おいしいものを分かち合って
兄弟姉妹がいる有難さを思って 親を大切に
この日のことを 忘れないでね

by yumiyane | 2015-02-16 12:03 | family | Trackback
2015年 02月 02日

チビたちとの日々~TVのない生活

四人目の子が生まれる
ということで、東京にお手伝いに行ってきました。

息子の家にはテレビがありません
なので
圭くんのその後の試合とか
人質になられた後藤さんのこととか
殆ど情報がなくて、日々チビたちの世話に追われて、忙しくも楽しい毎日を過ごしていました。

出雲に帰って
後藤さんのその後を知って、とても驚きました。
日曜日の夜には、NHKでイスラム国の実態をドキュメントしていましたが、
同時間にWOWOWで、全豪オープン2015男子シングルスの決勝をやっていました。

テニスのセットブレイクとかトイレブレイクとかの間にイスラム国のドキュメントを見ました。
全豪オープン男子決勝を観るのは気持ちが良かった。ジョコビッチとマレーが戦っていました。彼らが戦ったのは己の技術と精神力と体力をいかに駆使して優勝を勝ち取るかと、自身との闘いでしたね。

NHKの方を全部見ていないから、なんとも言えないしまだ詳しいこともよく分からないので直感なのだけれど
男のDNAの中には、戦うとか争うとかが刷り込まれているに違いない
イスラム国の闘志たち全てが、カリムとか信じて世界中から集結しているのかは疑わしい
銃を持って戦うことが好きな人間たちの集まり
そう感じてしまいました。

一方、このことを好機と捉えて、すわ 対テロとの戦い とか
卑劣なテロを許すわけにいかない 怒りを覚える とか
ますます特定秘密保護法を強化させようとしたり
安保条約の強化の必要性とか 集団的自衛権の必要性とか
参謀として戦うことが好きな人間たち も見ました。


そういうことではないような気がします。
後藤さんという方が中東に向かわれたのには、それなりの覚悟はあったと思うし
ただ、こんな形で日本中を騒がせて命を落とすことは不本意だったに違いありません。
今はただ、彼の魂が風に乗って 家族の元に帰ってこれるように祈るばかりです。


一週間テレビを観ない生活は、テレビを観る暇がない生活でした。
朝6時半に起床
7時45分に家を出る小学生にご飯を食べさせて
その後2歳の子と5歳の子に朝ごはんを食べさせ、着替え、お弁当を作る
9時出発で2歳児と一緒に幼稚園へ
家に帰って掃除・洗濯
2歳児にお昼を食べさせるか昼寝をさせるか、そうこうするうちに14時にはお迎え、また2歳児と
家に帰って片付けしてると小学生が帰宅、おやつを食べさせて買い物に出かける
帰ってきて夕飯の支度、食べ終わって片付ける間に小学生は宿題
お風呂に入れて、寝る前の本を読む、9時半には3人とも就寝
その後の1時間くらいがほっとする時間
くうちゃんのシッターさんからのメールをチャックしたり、Facebookのチェックをしたり
母親って大変なんだなあ って久しぶりにやって思いました。

生活とか暮らしとかってほんとはこんな風に小さな単位の連続だった
その中にいろんな小さな幸せがあって、喧嘩もあったけどその訳も分かっていた
なんで不機嫌なのか、どうしたら機嫌を直してもらえるのか。
何が好きで何が嫌いなのか、コミュニケーションが直接的だから笑顔が見えると嬉しい。

人間の欲には限りがないのか!?
ほんとうに今、目の前にある幸せで満足することは出来ないのか?
向上心や好奇心も、知識欲や技術力の向上も、グローバリゼーションとは別のところで存在すると思う。
世界がひとつになる必要なんてなくて、それぞれの国やそれぞれの人種はそれぞれに成り立って
それぞれの宗教も信心することは自由で、地域には地域に根差した文化があるものでしょう。

d0117481_22562328.jpg

一番大切なのは 命 です。

by yumiyane | 2015-02-02 22:54 | family | Trackback | Comments(24)
2014年 09月 04日

いろんなことが起きますね

イベントの準備中の先月23日から3日ほど、研修のため東京へ行きました。
ところが
一番下の孫が病気で入院。ママは付き添いパパはお仕事。
その日もママ友のお宅でお泊りしていたのをパパがピックアップして渋谷で受け取り。
夏休みでもあったので、二人の孫と私の三人で都内のホテル滞在となりました。

荷物をホテルに置いて、出かけたのは後楽園。

怖いもの 見た! さ  ~

捕まるのはお姉さんの手じゃなくて ロープよロープ!

飛びたい!飛びたい! 
って二人で叫ぶから
ひとり1,000円もするのに、、、、、。
d0117481_9291865.jpg

お姉ちゃんのほうは、ここまでは飛べたけど
d0117481_23173259.jpg

段々高くなると、
怖い!怖い!
って途中でギブアップ

まあ 飛びたい! と好奇心を見せたところまでで良しとするか
d0117481_2324620.jpg


d0117481_23295432.jpg

d0117481_9312912.jpg

d0117481_23302838.jpg

そのころ一番下のチビは
病院のベッドで、、、写真は2日後の点滴が取れたところ
d0117481_23315230.jpg

泊まったホテルは、 健康保険組合の会館までよく歩いた道上。まさかここに泊まるとは。
d0117481_23204531.jpg


お友達とは殆ど会えなかったけど、楽しい東京でした。
d0117481_23235271.jpg


by yumiyane | 2014-09-04 23:35 | family | Trackback | Comments(6)
2014年 05月 26日

親戚は ありがたい ~三沢というところ

本当に帰って来たんですね!?

桜がこぼれるほど咲くころ、いとこの娘とその義理の姉のセッティングで、桜並木の三刀屋の古民家カフェでランチをしたとき、二人が声を揃えて言いました。
写真はいとこの娘が住む大東の丸子山公園
d0117481_0263084.jpg



いとこの娘は画家で、毎年個展の案内をもらっていましたが、去年の10月に東京から郵便が転送されて来たので、Uターンしたことの報告もあって、松江の島根県立美術館のギャラリーに出かけました。
d0117481_1145189.jpg

その時の約束で、いつか一緒に、というのが実現したのが4月の桜の頃。
それから何度かメールのやりとりがあって、先週の土曜日に奥出雲町三沢のいとこの家を訪ねることになったのです。

そのいとこは84歳。
私の父は4人兄弟の三番目。その従兄弟は長女の長男で、私は父の5番目の末っ子だから、従兄弟でも随分歳が離れています。
この日は、平田に住んでいる別のいとこを誘って行きました。彼女は54歳だから、その年の差30。叔母は末っ子でその末っ子だからね。ああややこしい。スルーしてくださいね。

そして
父方の従兄弟だけに、DNAが近いのでしょう、年老いたその従兄弟には父の面影が漂っていました。
d0117481_0180100.jpg



いとこの長男の嫁はすごくよく出来たひと。
今日もたくさんのご馳走を作って待っていてくれました。
d0117481_0324423.jpg

抹茶でのおもてなしがあった後、奥出雲といえば煮しめ。
この日もおいしい煮しめや山菜、また84歳のいとこが作る野菜の数々を堪能いたしました。
d0117481_0353245.jpg
d0117481_036465.jpg


もうあれもこれも美味しくて、黙々と食べましたね。お米は仁多米でさすがにおいしい!
これとこれと包んで持って帰りたい!という我儘も聞いてもらいました。

昼食後の腹ごなしにと、近くの山に。
明日なら山開きでいろいろ行事があったのに、ということでした。残念、私のせいです。

美しく中国山脈が連なっています。
d0117481_0501477.jpg
d0117481_0504128.jpg

d0117481_1282929.jpg

みざわの館・・は要害山の中腹にある町の施設。

そのあたりには黄連(おうれん)という薬草が群生しています。
d0117481_0545183.jpg
d0117481_055819.jpg

出雲地方は、古事記・風土記にもあるようですが、古くから薬草の宝庫でもあったのです。
神様だけじゃなく、医学的な見地からも尊重されていた場所なのだということが最近分かりました。
d0117481_795240.jpg

しかも
大国主の命の息子は、発育が遅かったのか泣き続けて言葉も遅かったので、この要害山の中腹に湧き出る泉で沐浴をさせていたのだと、そうするとそのみこが最初に発した言葉が“みざわ(御澤)”だったのだそうです。この湧水でみそぎをすると健康になったとか。
今でも出雲大社の宮司さんは、皇室に御用があって上京されるときは必ずこの湧水で禊をされるんだそうですよ。
知らなかった~ そんな大切な水がこんなところにあるなんて~!
d0117481_151255.jpg

d0117481_153146.jpg
d0117481_15458.jpg

私も飲みましたよ。
ミネラルが豊富って感じでした。

d0117481_77996.jpg

84歳のいとこを先頭に、要害山を散策しました。
d0117481_17931.jpg

なんか、とても暖かいものに包まれて、幸せな気持ちになりました。

この三沢のいとこの家には、何年か前に父と姉と一緒に来たことがありました。
お祭りの日で、たくさん人が集まるので、ご馳走を作られる台所の風景が記憶に残っております。
おもてなし の心は、こういう田舎の家族・親戚の集いの中に
確かに だけど普通にあったものなのです。
親戚って有難いなあ


6月になると、この川に蛍が飛ぶって!
d0117481_7114443.jpg

それは絶対来なくては。

by yumiyane | 2014-05-26 23:19 | family | Trackback | Comments(14)
2014年 01月 08日

My Sweet Three Grandchildren

予定より短かったけど、
でも楽しかったあのとき
上から
d0117481_23194378.jpg
d0117481_23195198.jpg

やっぱり少し大人っぽいスカートになりました。
Kちゃんは嬉しくて、たくさん見せたいとスカートを少しずりおろしてはいています。


Sくんは私と同じときに熱を出してダウン、インフルエンザを疑いましたが大丈夫でした。
d0117481_23213866.jpg

話すのが遅くて心配しましたが、やっとオウム返しから会話が出来るようになりました。
少し遅れるくらいのほうが可愛いんだね。


みーちゃんは
授乳のときでもしっかり会話に参加しています? 足の裏で
d0117481_23234815.jpg

お姉ちゃんが
二人の面倒をみるのがけなげです。
d0117481_23263450.jpg

弟や妹を笑わかすのを得意としています。

だから、ちょっと意地悪しても100%許してくれて100%愛してくれるおばあちゃんのところに来るのが楽しみだったと思うのです。

ごめんね途中で居なくなって。
またきっと遊びに来てね、待ってるよ。

by yumiyane | 2014-01-08 23:32 | family | Trackback | Comments(16)
2013年 10月 05日

ジルデコのコンサートに行きました

ジルデコのちひろちゃんは、私のいとこの娘。
小さいころから知っていましたが、特に歌い手になりたいとバンドを組んでライブを始めたころは、心配したお母さんと一緒に聴きに行ったりしました。

その後、CDを出したりラジオに出たりしてるのはブログで読んでいたけど、すっかりご無沙汰。

先日亀嵩にお墓参りに行った折、ジルデコin奥出雲コンサートのことを知りました。
コンサート会場は、亀嵩の手前の三成という山あいの小さい町。6時開場7時開演は夜道を走ることになるので、またまたfunochanにご同行願いました。ほんとに夜になると真っ暗になるからね。

さて、手作りのクッキー・フロランタンを箱に詰め楽屋を訪れました。
前から美人だったけど、益々磨きがかかって。
よく頑張ったね。
CDはワーナー、事務所はイーストワークスエンタテイメント。
d0117481_048136.jpg

今日のステージは、三成の奥出雲カルチャープラザ。6時からフリーフード付きで前売り3,000円。奥出雲ならでは。
歌はすべて彼女のオリジナル。
シングルマザーの友達のために作ったものとか、3年前に亡くなったいとこの子供のために作った歌や、結婚したお兄さんのための歌など、身近な人たちに寄せる歌をジャズ風に歌い上げました。

このステージで歌うのは三度目?来年も来るそうです。
全国22か所のコンサート会場のうち、何故奥出雲なのか、というとそれはやはり千尋ちゃんのお母さんの故郷が奥出雲の亀嵩だから。
だから、子供連れやお年寄りも多くてほんわか賑やかな会場で、時々うるさいけど暖かい拍手や声援に彼女も感極まって、そのときは私もうるうるしましたよ。
d0117481_048398.jpg

残るは13ステージ。
●2013/10/06 鳥取・MOBBS FELLAS
★2013/10/08 岡山・城下公会堂
●2013/10/09 高知・CARAVAN SARY
★2013/10/10 広島・Live Juke
★2013/10/12 福岡・PLUG BAR×EL MUNDO
★2013/10/13 熊本・Restauant & Live Bar CIB
★2013/10/14 長崎・Ohana Cafe
★2013/10/18 静岡・GARDEN CAFE LIFE TIME
●2013/10/19 いわき・Bar QUEEN
★2013/10/20 水戸・B2
★2013/10/30 名古屋・CLUB QUATTRO
★2013/10/31 大阪・umeda AKASO
★2013/11/02 日本橋・三井ホール

お近くであったら、是非足を運んで聴きに行ってくださいね。

by yumiyane | 2013-10-05 23:50 | family | Trackback | Comments(4)