にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:にっと(knit)( 386 )


2016年 05月 10日

テニスも編み物も楽しんで~

ATPツアー、マスターズ1000のイタリア国際が始まっています。
地元イタリアのフォニーニとフランスのガスケはテニスの天才だと思います。
フォニーニのことは前にも書いたことありますね。
去年の全米オープンの女子で優勝したフラビア・ペンネッタと婚約している、ということ。
ペンネッタは引退すると宣言しましたが、その後二人は幸せなんでしょうか? 幸せなんですね。
フォニーニのお腹を見たら分かります。テニス選手にあるまじきぽっこりお腹。どうしたファビオ、そのお腹は!?
練習してないのかい?
それでもこの前のマドリッドの試合では圭くんにフルセットで負けたけど随分苦しめましたね。
今日のローマの初戦はスペインのガルシア・ロペスとだったけど、やっぱりぽっこりお腹。走らされると付いてけない。だけどラリーは軽々と返していく。天才だなあって思いますね。客席には彼女ペンネッタが居て、ファビオは失敗するとああだこうだを手真似で彼女に話しています。
指に出来た豆がつぶれたようで、途中トレーナーに手当をしてもらっていたけど、第二セットがタイブレークにもつれ込んだときには指から出た血がシャツに付いていました。それをGAORAのアナウンサーに“自業自得”とか言われて、なんせミスをしたときにラケットを拳で叩いたり、ラケットを投げつけたりしたものだから、思わず笑っちゃいました。ファビオを見ていると、プロでも楽しんでテニスしてるなあって思います。ローマ大会だから、負けたら客席は大ブーイングでしたよ。
それに比べると、何か必死で練習して戦っている圭くんが可哀そうになってきましたね。スポンサーを背負うってつらいものがあるんだなあ。
ガスケは圭くんが6連敗してたけど、こないだのマドリッドでやっと勝てたテニスの天才。いつもコートにおまじないをして、せこせこ歩き回ります。この人を見ていると第二の心臓が足にある、というのも納得できます。ゲーム中のベンチでフィットするまでグリップにテープを巻き続ける人です。よくあのベンチタイムでするする巻けるものだと感心しますよ。
圭くんはガットの張り具合にすごく繊細だけど、ガスケはあのテープに敏感なんですね。
他にも天才はたくさんいるでしょうね。世界ランクはそこそこで、負けたり勝ったりして試合を楽しんでいるのが分かります。GAORAを観るようになって、いろんな選手の試合をみせてくれるのが嬉しいです。



テニスのことは今日はこれくらいにして。

デザインは同じだけど、糸と編む人によってそれぞれにフィットしていく手編みの魅力をここに。
d0117481_140412.jpg

↑のO場さんソフトなクリーム色で ↓のK村さん、すごく柔らかい編地になっているんですよ。
d0117481_1401741.jpg

↓のT田さん、ブルーのストライプが効いています。ラインの入れ方もそれぞれでしょ。
d0117481_1404358.jpg

Iさんは同じ糸でスカートも完成しました。
d0117481_1422118.jpg

きちんと製図してあるから、それぞれに唯一無二の一品になりましたね。
みなさんの作品が出来上がるのは、私にとってもとても嬉しいし勉強になります。

ほかにもありましたね。
O場さん
d0117481_1531350.jpg

Nさん
d0117481_156769.jpg



松江のT谷さん
d0117481_1534851.jpg

Y本さん
d0117481_25391.jpg

K井さん
d0117481_1544576.jpg

d0117481_1545969.jpg

Iさん、これ可愛いでしょ、ブローチね。
d0117481_157924.jpg

まだまだあるけど

つづきます

by yumiyane | 2016-05-10 01:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
2016年 04月 27日

すじ編み畝編みのバッグ ~ 佐田というところ

本屋さんでちらっと見て、面白い編み方だなと思って編んでみました。
d0117481_21182823.jpg

紐はもう少し長くしたほうが良かったかな。あまり糸で二日で編めました。
d0117481_21191449.jpg

d0117481_21194075.jpg

いろいろ工夫して、もう少し大きいのとか小さいのとか作れそうです。
かぎ針編み バッグ で画像をネットで探すのだけれど出て来ません。
今度本を見つけたらまた紹介しますね。


まだ東京に居たころ、大先輩の河内さんが小さな冊子を持って私のところにやってきました。
yumiyaneさん、出雲に帰ったら 佐田というところの図書館にこういういい人が居るから会いに行きなさい
というメッセージをいただきました。
これはコマンド?
d0117481_21575312.jpg

佐田というところは、このブログでも何度か紹介しているところです。

須佐神社のあるところです・・・東京から来た友達を連れて何度か行きました
ゆかり館という温泉のあるところです・・・これも何度か温泉につかりに行きました
吉栗の郷があるところです・・・メリーさんの羊 という羊の毛を刈って紡いでセーターを編んでいる方々がいらっしゃいます
途中に立久恵峡があるところです・・・子供のころはここによくお弁当を持って行きました、大好きなところです

この小さな冊子を、いつか帰ったら訪ねようと引っ越しの荷物の中に入れていたのですね。数日前までこのことをすっかり忘れていましたが、何故かひょっこり現れてきました。折しも秋の小さなニット展で童話で遊ぶニットを考えていたところだったから、タイミングってこういうことだなって思いました。

出雲市立佐田図書館は、佐田町役場の二階にありました。
d0117481_2219985.jpg


冊子にお名前のあった大谷直美さんは、今は出雲市立佐田図書館の館長さんなのです。
訪ねたのは午後3時を回っていましたが、丁度いらっしゃいました。何かとてもいい波長が流れている空間、
大谷さんのメガネに適った数々の絵本が並んでいました。
今はこちらの方が忙しい と言われた名刺の後ろ側にある肩書は
読み聞かせボランティア さくらんぼ 代表  というものでした。
絵本作家のあべ弘士さんを招いて、子供たちとのコラボの壁一面に制作された動物たちの絵がいい感じです。
また、北海道から旭山動物園の副園長さんを招いて講演をしてもらったりしたこともあるそうです。招かれた方々はこの山中の静かな町にどんな印象を持たれたのかな?

図書館のある町役場から車で数分のところにあるパン屋さんに行きました。
先日あるイベントで買ったパンが美味しくて、それがこの佐田町のさらに奥に行ったところにあると聞いたからです。
d0117481_23223991.jpg

10年前に開店した、というカウベルというパン屋さん。私はこの日が初めてでしたが、近くに流れる小川のせせらぎの音も心地よいし、植わっているモミの木もどっしりと根付いていて、庭の紫色の花も落ち着いていて、私はここがすっかり気に入ってしまいました。
d0117481_23391413.jpg

d0117481_23332326.jpg

裏手の丘には牛舎があって、150頭くらいの乳牛がお食事の真っ最中でした。
d0117481_23585124.jpg

カウベルで飲んだカフェオレが美味しくて、ミルクはもちろんこの牧場のものでした。
d0117481_011388.jpg

友達は なんもないとこだよ って言うけれど、佐田町ってすごくいいところですよ~。
d0117481_045987.jpg

まだまだ何かありそうな気がする。



九州の熊本・大分の地震で傷つかれた方々が、落ち着いた生活に早く戻れますように。私も自分に出来ることから、少しでも。そして友達の友達から手の届くところから始めましょう。
行政の長は、どんどんリーダーシップを発揮してことを進めていって頂きたいものです。

by yumiyane | 2016-04-27 00:19 | にっと(knit) | Trackback | Comments(14)
2016年 04月 14日

チョコレートブラウンのセーター

今日はくうちゃんの命日でした。
あれからもう一年が経ったのです。
テニスも始めたし、毎月忙しくしていたからこの一年ほど早く感じたことはなかったかもしれません。

10月に小さなニット展をやることになっていて、その準備も始めています。
チョコレートブラウンのセーターが出来ました。
d0117481_0195975.jpg

この前ちょこっと写真を載せましたが、さらに刺繍をほどこしました。
d0117481_0204039.jpg
d0117481_0205335.jpg
d0117481_0211312.jpg


近所のお友達や隣町の従姉妹がお参りに来てくれたり、生徒さんからお花もいただきました。有難うございます。
22歳の老描でしたが、私には大切なパートナーでした。そろそろお骨も埋めてあげないとと思っていますが、もう少し私の困難な時を一緒に過ごしてくれないかなとも思っています。

歳を取ったせいか、命がとても重く大切に思えてきます。
ベランダの鉢のブルーベリーにとても沢山の花が咲き始めました。
d0117481_040462.jpg

一匹の毛虫を見つけました。
d0117481_040859.jpg

よく見ると花を食べているみたいです。これだけたくさんあるのだから食べていいよ、って言いました。
三日前に見つけてから毎朝どこに居るか確認していました。
それが今日の午後、食べるのを止めていました。ちょっと表情が変わってきたので次の段階に入ったのでしょうか。
d0117481_0425180.jpg

ラベンダーセージの鉢の中にこのごろ見かけるカエルさんがいます。
d0117481_0444394.jpg

ひとりぽっちなんだけど、水やりをすると鉢から飛び出して避難しますがすぐ戻っていきます。
じっと見ていると、なんだかくうちゃんに思えてきました。くうちゃん、ここに居たのかあ。

夕方久しぶりに斐伊川土手を歩きました。
d0117481_0462846.jpg

特急やくも号が岡山に向かって走って行きました。あの電車で一緒にUターンしてきたね~
くうちゃんへの感謝の言葉を口にすると涙があふれてきました。これからも見守っていてね。頑張るから。



九州・熊本での地震の情報が伝えられています。
GAORAで、モンテカルロマスターズのテニス中継をずーっと観ていたので、そんな大変なことが起きていたなんて知りませんでした。
ブログを更新しようとパソコンを開いて、Yahooのニュースで知りました。
熊本の方、余震が何度も何度も起きているようですから不安な夜を過ごしていらっしゃるでしょうね。頑張ってください。

by yumiyane | 2016-04-14 23:03 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2016年 03月 05日

霧の朝

今朝の霧も凄かったですが
d0117481_21331457.jpg

先週の日曜日の朝も、濃い霧でした。
朝七時半、久しぶりに斐伊川土手に上がって、しばし霧の散策を楽しみました。
d0117481_2135469.jpg
d0117481_21351551.jpg

Uターンしたばかりのころは、たびたび土手に上がって暮れゆく夕陽を飽くことなく眺めていましたね。
霧の中に浮かぶ故郷の景色はやはり美しかった。ウグイスも鳴きはじめていました。2月28日の朝でした。


アメリカで第88回アカデミー賞の授賞式もありました。
主演男優賞にレオナルド・ディカプリオが選ばれましたね。5度のノミネートということでやっとというところ。
レヴェナント・蘇りしもの・・・・観てないので内容は分かりませんが
彼が受賞に当たって語ったこと、映画関係者やこれまで彼を育ててくれた監督に感謝のスピーチを述べたあと

この作品では 人間と自然の関係が描かれました
2015年は史上もっとも気温が上がった年でした
雪を撮るのに地球の最南端へ行く必要がありました
気候変動は現実のものです
人類に迫る もっとも身近な脅威への対応を
一致団結して行わねばなりません
汚染を生む大企業ではなく 人類のために動く指導者を支持するのです
世界中の先住民の方々や 何十億もの恵まれない人々
未来の子供たち そして政治の欲に声をかき消けされた人々のためです
この素晴らしい賞をありがとう
この地球も 今夜の賞も当然のものとは思いません

(WOWOWの訳から)

お金を稼ぐのはおれが一番だあ! と声高に叫ぶ共和党の支持を勝ち取りたい大統領候補
この人が共和党で一番人気なのに閉口したメッセージなのだなと思いました。

衣装デザイン賞を獲得した「マッドマックス怒りのデスロード」のジェニー・ビーバンも、このままだと本当にマッドマックスの世界になっちゃうよ! と言っていました。

1年に1度の映画の祭典ですが、今年のアカデミー賞はメッセージ性が強かったような。それは、ノミネートされた中に黒人が一人も含まれていなかったことにありました。
司会者は黒人コメディアンのロック・スミスせめて司会者だけでも、ということなのか!?
ところが今のアカデミー協会の会長は初の黒人女性。シェリル・ブーン・アイザックス氏は登壇し、遺憾の意を述べていましたね。
2年連続で監督賞を受賞したメキシコ人のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督も・・・肌の色の違いは髪の色の違いと同じくらい・・・とスピーチで言っていました。
日本人は髪の色は黒かこげ茶、やっぱり違うよなと思うけど歳をとればみんな白髪になってそうなれば一緒だわ、と変なところに感心しましたね。


経済が最優先されているアメリカで、映画業界も例外ではないけれど、魂に響き心をゆさぶる映画は不動のもの。
もう何回観たか分からなくなるくらいの「追憶」(1973年)をまた先日WOWOWで観ました。最初観たときはバーバラ・ストライザンドの鼻の大きさばかりが気になって、ロバート・レッドフォードとは合わないわ、なんてことばかり。でも二度三度観るうちに、時代背景が分かって来て、あの自由な国のリベラルな映画業界にも赤狩りなんてことが起きていて、主義を曲げられない主人公ケイティ(バーバラ)が段々愛おしくなってくるのです。

現代のこの日本でも、先日自民党の政調会長が怖い発言をしました。
政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した際に、放送法4条違反を理由に放送局に停波を命じる可能性があると
クローズアップ現代の国谷さんや報道ステーションの古館さんが3月いっぱいで降板することになったのは、この圧力に屈したのですか? 各放送局さん!
テレビはマスメディアですが、今やチャンネルも数えきれないほど。観る人は自分の判断でチャンネルを選べます。メディアは中立でなくてはならないし、時の権力に媚びてはなりません。
頑張れテレビ人。


もっとも身近な脅威への対応・・・とレオも言いました。
未来の子へ 人も自然も健全な世の中になりますように、ひとりひとりが身の回りのことからね

ということで
先日編んだグラニースクエアのモチーフを繋いだベストが、3番目のMちゃんにぴったりでした。
d0117481_22433561.jpg


手作りの暖かさ 
届いたね。





by yumiyane | 2016-03-05 22:44 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2016年 02月 25日

くすのき広場でワークショップをしました

私が生まれ育った実家はとうになくなっていますが、その昔実家の前には市営球場がありました。
そのグラウンドがいつになくなったのかは分かりませんが、ある日帰省したら公園に変わっていました。
市営グランドはくすのき広場という名称に変わって、かつてピッチャーズマウントがあったところに大きなクスノキが植えられてその名前になったのでしょう。

その広場にくすのきプラザという建物が建っていて、そこに市の男女共同参画センターが入っています。
今日はそこでワークショップをやりました。
くすのきカフェというイベントは、月に一回いろいろなジャンルのスペシャリストを講師に招いて行われるものですが、実は去年の11月26日にも呼んで頂いてワークショップをやりました。
今回はその時に作った花のブローチの編み図を使って、DV防止キャンペーン用の花を作り、パープルリボンを表したタペストリーを仕上げること も一つの目的でした。

過去にはキルトでパープルリボンを表現したことがあるようですが、今回はニットです。男女共同参画センターに友人が居て、協力させて頂く事になりました。
少しでも多くの人にDV防止を呼び掛けるため、チラシや市の週報に載せていただいて、私がお会いしたことのない方からもたくさんのお花が届きました。
お花を取り付ける台は、横106cm 縦150cm、ところが花が予想以上に集まったので、その半分サイズのものも作ることにしました。 ↓ は小さい方のです。
d0117481_22302166.jpg

パープルリボンがDV防止のシンボルであることを皆さんはご存じでしたか?
私は知りませんでした。
配偶者からの暴力被害支援法というようなものが平成13年に施行されていたのですね。
紫色のリボンを見につけることで、DVについて知ってもらい、考えてもらう運動です。そして暴力の元に身を置いている人々に勇気を与えようとする運動でもあります。
1994年にアメリカで発祥し、現在では40か国以上に広がっています。

と、今日のチラシに書いてありました。
男女共同参画センターが主宰だったので、私が働いていた会社においての男女共同がどんな様子であったか、雇用の機会は均等であったかどうかなどのお話もさせていただきました。
まあそんな話のあと、
今日はグラニースクエアのモチーフを編みました。
全くかぎ針を持つのが初めてという方もいましたが、完成する喜びも感じてもらえたかなと思います。
そして、ワークショップの合間に、一人づつ白い花を取り付けることに協力していただいて大きい方のパープルリボンも完成することが出来ました。
d0117481_23315526.jpg
d0117481_2332973.jpg

今後DV防止セミナー会場とかで飾られるようですが、貸し出しもします、ということなので私もいつか借りようと思います。

チラシにはまた以下のことがあります。


もし、あなたの身近に心配な方がいらっしゃいましたら
「あなたは悪くない」 と伝え
下記の相談機関を知らせてあげてください
出雲市女性相談センター
TEL:0853-22-2085
月~金曜日 8:30~17:00
土日祝日、年末年始を除く

朝日新聞に取り上げて頂きました。
d0117481_10273419.jpg


by yumiyane | 2016-02-25 23:43 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
2016年 02月 07日

グラニースクエア―を使ったニット

おばあちゃんの四角
っていうこのかぎ針編みのモチーフは、いろんな色や大きさでブランケットになったりコースターになったりとお馴染みの編み方です。
今月25日にくすのきプラザで2回目の ニットでつなげるしあわせ というワークショップをやります。
グラニースクエアでどんなものが編めるの? という例として先日はバッグを編みました。
今日は子供用のベストにしてみました。
d0117481_13465967.jpg

同じ日には 
男女共同参画センターにいる友人の依頼で作る、DVストップのための紫リボンをニットで表現する というタペストリー的ニット作品を完成させます。
そちらの方もだいたい目途が出来たので、
雪模様の今日の最終便で上京します。
また帰ってきたら、タペストリー的ニット作品のご報告もしますね。
d0117481_1353375.jpg

では
行ってきます。

by yumiyane | 2016-02-07 13:54 | にっと(knit) | Trackback
2016年 01月 29日

首から編むセーターを丸襟にしてみました

ネックから編む、というよりは後ろ襟から編むっていう編み方のセーター
今度は丸襟に挑戦してみました。
d0117481_2314095.jpg

Vネックの途中で目を作って前襟ぐりにしてしまうのです。
そうすれば前身頃にこんな風に模様を入れることも出来ました。
d0117481_2321179.jpg

この編み方が結構気に入って、もう4枚目です。
1枚目は編み図に忠実にして、ボーダーにさし色を入れました

2枚目に編んだブルーの並太で編んだものは、背中に透かし模様を入れました。
写真を撮るのを忘れて、すでに売却済み。去年の10月の終わりに開いたくるみ市の実りのニット展に出していた写真がかろうじてありました。
d0117481_23211470.jpg

そして3枚目に編んだ薄紫色のモヘアのセーターはVネックで、脇と袖の内側に交差模様を編み入れましたが、これもすでに売却済み。写真を撮ったはずなのにない!これも実りのニット展の時の写真が一枚だけありました。
d0117481_23231935.jpg

あの向こうに置いてあるのがそうです。うーん、写真撮ってなかったか。
何してたんでしょうか、あのころ。グループ展だったからいろいろやることがあって、それどころじゃなかったか。

ま、兎に角この編み方が楽で、というのは袖付けがいらないからなのです。後ろ襟ぐりから編んで行って、肩も増やし目で袖を作っていく。ほかにも外国のニッタ―さんの編み図にはトップから編み始めてダウンしていく、という編み方が色々あるのです。ニッタ―さんの頭は柔らかいです。
そして、4枚目のグレーの丸襟が出来上がりました。
d0117481_23314845.jpg
d0117481_23315947.jpg

糸は、青山のツインタワービルにある三ツ葉屋さんで求めていたもの。アルパカ100%ですごく手触りがいいので、何を作ろうかとずーっと暖めていた糸をやっと使いました。

写真では分からないけれど、袖下と脇に交差模様を帯状に入れてあります。
そうそう、スリットも入れました。後ろ身頃を前よりちょっとだけ長くしたのもポイントです。
久しぶりに自分のためのセーターを編みました。


フランス人は10着しか服を持たない って本、読んでないけど目次だけ見て

Part 1 食事とエクササイズ  
Capter1 間食はシックじゃない
Capter2 食べる喜びを我慢しない
Capter3 面倒がらずに体を動かす

Part 2 ワードローブと身だしなみ
Capter4 10着のワードローブで身軽になる
Capter5 自分のスタイルを見つける
Capter6 ノーメイクみたいにメイクする
Capter7 いつもきちんとした装いで
Capter8 女らしさを忘れずに

Part 3 シックに暮らす
Capter9 いちばん良い持ち物をふだん使いにする
Capter10 散らかっているのはシックじゃない 
Capter11 ミステリアスな雰囲気を漂わせる
Capter12 物質主義に踊らされない
Capter13 教養を身につける
Capter14 ささやかな喜びを見つける
Capter15 質の良さにこだわる
Capter16 情熱をもって生きる 


Capter10 散らかっているのはシックじゃない ・・・これははずれてるかな?来客の無い時のテーブルの上は毛糸だらけだから。

フランス人になりたいかどうかは別として、最近の自分の暮らしに近いなって思えます。
シックに暮らす~~

by yumiyane | 2016-01-29 23:57 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2016年 01月 14日

昨日の一日

朝、8時25分に目覚めました。
くうちゃんが居なくなってからすっかり朝寝坊です。
朝ごはんは
トースト
ミルクティ
果物
温野菜
ヨーグルト
の定番
WOWOWのプライムで韓国ドラマをやっていて、9時20分まで観るのがこのところの日常。
外はみぞれから雪に変わりました。
d0117481_0304535.jpg

積もらないうちに身支度を整えて、友人の家に借りたものを返しに行かないと。青山さんからたくさんもらったネギをお裾分けに持っていきました。
午前11時、友人が抹茶を点ててくれたので二杯ほど頂いて失礼しました。

家に帰って昼食。情報ライブミヤネヤを観ながら。SMAPの解散問題やら世界で水爆をどこの国が所有しているとか。朝のワイドショーは全く見ないけど、この時間帯はたまにこのミヤネヤにチャンネルを合わせるかな。彼は島根県大田市、隣の市の出身なので応援しています。

昼食のあと、金曜日に平田のいとこのところで出張編み物教室をやるので、手編みの帽子がお題なので見本用に二つ編みました。二つ目編み終わったのは夜の11時でしたが。
d0117481_0311597.jpg


d0117481_0312933.jpg

木曜も予定は何もない。もうひとつ見本の帽子を編みましょう。
かぎ針編みの帽子は見本が少ないのです。


朝起きて、今日は何もない って思ってホッとする日だけど
そのうち
今日も何もすることがない って思って ふっとなる日も来るだろうなって
そんな日が来ても
ご苦労さん って思えるように
頑張れるうちは働くぞ~
って
今日も、ゴミ集積所のおじさんにしたご挨拶と野菜を買いに行ったくるみ市のご主人との会話だけだったけど
もうひとつ帽子を編んで、明日に備えました。
d0117481_0412783.jpg

寒い日が続いています、
風邪ひかないように。

by yumiyane | 2016-01-14 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
2016年 01月 08日

ごあいさつ

2016年になって 1週間過ぎてしまいましたが、

いつもご覧いただき有難うございます
今年もどうぞよろしくお付き合いお願いします。

出雲に帰って来てから三回目のお正月でした。
最初のお正月は、息子たちの家族がやってきて、大騒ぎのお正月になるはずが、まさかのインフルエンザ罹患。息子たちは友人宅に泊めてもらって残念な正月でした。
去年の正月は猛烈な吹雪でした。くうちゃんとふたりでおうちに籠って過ごしていました。2人のお友達がそれぞれお節を届けてくださって、有難いお正月でした。
今年は一人だなって覚悟していたけれど、全くひとりぼっちだったのは二日だけで、みんなのやさしさに感謝する正月でした。
d0117481_11525268.jpg


d0117481_1153320.jpg

2月に予定しているワークショップで、グラニースクエアを編むことになったので、例えばこんなものが作れますよ、との見本でバッグを作りました。
d0117481_11551596.jpg
d0117481_1155281.jpg

他にも子供用のベストとか編んでみようかな。

あいさつといえば

何年か前、友達がフランスのアルザスに住んでいたころ、二度訪ねたことがあります。
そこで近所を散歩していたときのこと、
オーボアー
オーボアー
って会う人ごと、窓から顔を出す人にも。
つきあいのない人とでも挨拶はするんだそうです。
東京で暮らしていた私にはとても不思議な気がしました。
ところが
ところがですよ、
出雲に帰って来て、あいさつについて驚いたことがありました。

帰って来て間もないころ、南神立橋から見る夕陽が美しくて写真を撮っていたとき、
自転車に乗った高校生がやってきました。その男子がすれ違う時に
こんにちは
と言ったのです。近くの商業高校から橋を渡って斐川の自宅に帰るところだったのでしょう。
そういうことは彼だけではありませんでした。
バスを待っている時の女子高生。
また、小学生が二人で歩道を歩いてきました、
こんにちは~
声を揃えて言います。
朝、散歩中の老夫人がすれ違うときに
おはようございます
自転車ですれ違うおばさんが
知り合いのように頭を下げてくださる。

年寄りはともかく、高校生が声をかけてくれたときは驚きました。自分はそんなことしただろうか?
都会の小学生は、知らない人から声をかけられても答えてはいけない、ような教育をされているはず。
d0117481_2329526.jpg

写真は↑ 私の母校の中学校から帰宅する生徒たち

会社で仕事をしていたとき、まず出社してくるスタッフたちにお早うの声をかけよう!運動をしたことがあります。
まずはあいさつから
田舎だろうが都会だろうが、人との繋がりは声をかけること。何の心配もなく挨拶できる社会であって欲しいです。



暮れのうちに載せたかった生徒さんの作品を
松江のM上さん、古いセーターをほどいて新しくベストを編まれました。暖かい~と大満足なさっています。
d0117481_232852100.jpg


T谷さんはかぎ針の入門コースのベストをあっという間に完成、ほんとはもっと綺麗な紫色です。
d0117481_22512615.jpg

最近松江の教室にいらっしゃるようになったI籐さん、子供さんへの帽子2点。オリジナルのタグを付けて、ニクイ
d0117481_22531587.jpg


平田のK谷さん、お孫さんへのベレー帽、初めての作品。
d0117481_22542994.jpg


出雲のkanちゃん、引き上げ編みのマフラー、娘さんとお孫さん用にお揃いで。とっても目が整っています。
d0117481_2256845.jpg

同じマフラーをお孫さんのために編んだみっちゃんの作品。東京のあっくんが早速着用の写真。
d0117481_2302410.jpg


こうして手作りの暖かさがみんなを包んでいく、いいなあ手編みって。

by yumiyane | 2016-01-08 12:14 | にっと(knit) | Trackback | Comments(12)
2015年 12月 29日

ニットのバッグを作りました

ずっと前からこの季節になるとタータンチェックのネルのシャツが欲しいなあと思うのに買えていません。
なかなか思うようなのに出会わなくて、赤の少し大きめの緑とのタータンチェック、普通のが欲しいのです。
二子玉川のタカシマヤの専門店街にヨークがあったのに、一度も行かなかったしね。HPでも見当たらない。案外すっごく安いお店とかリサイクルショップにあったりするかなあ。

とかでこの頃をやりすごしていましたが、ニットでバッグを作ろうと思いたったのがこれ。
d0117481_10435120.jpg

これって、縦糸渡しの編み込み、って私の嫌いな編み方。でも四角だからまだまし。
いろいろ余った糸を使うのにもいいかなと編み始めました。
あれよあれよと編み進んで
d0117481_10453139.jpg

全く同じものを二つ作るのが苦手な私は、反対側は少し大きめのチェック。
d0117481_10462715.jpg

皮のやわらかい紐を付けて見ました。
d0117481_10472010.jpg

すっごく気に入ったのが出来たので、タータンチェック欲しい! からちょっと解放されるかな。
d0117481_10484145.jpg

裏もちゃんとつけたので、伸びなくていい感じです。

仕事をしていたころは、どこかのブランドのA4の入る大きなバッグを持ち歩いていました。そんなバッグの出番は皆無で、手編みのバッグに布のエコバッグで充分なこのごろ。まだまだアイディアは広がって行きます。

by yumiyane | 2015-12-29 10:53 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)