にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:好きなもの(things)( 46 )


2014年 10月 11日

丸いもの まあるい

クロちゃんが貰われていって、寂しくなったベランダ

満月を早朝に見たり
d0117481_231740.jpg


久しぶりに咲いたアイスバーグを愛でたり
d0117481_23284896.jpg


秋になってやっと蕾が膨らんだ、菊のつぼみたち
d0117481_233773.jpg



クロちゃんの足跡
d0117481_2329304.jpg


思い出すと泣けてくる この子達のまあるい目






居なくなってほっとするかと思ったけど、ね。

by yumiyane | 2014-10-11 23:58 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(8)
2014年 05月 09日

幸せな気持ちにしてくれるものはたくさんあったほうがいい

たとえば くうちゃん

お昼寝を わざとカーペットの上にクッションを枕にして横になると
必ず隣に来て 一緒に寝ようとする
d0117481_23414616.jpg
d0117481_2342121.jpg
d0117481_2342152.jpg

もう21歳になってしまって、人間でいうと100歳を超えている
いつ逝っても悲しまないように、
もしいなくなったら、海外旅行に何日も行ける とか
もう猫の餌を買わなくて済む とか
もう猫の砂を買ったり、散らかした砂を掃除しなくて済む とか
猫禁止のアパートに気兼ねなく住むことが出来る とか
一日中つけているくうちゃん用50センチ四方の電気カーペットの電気代が節約できる とか
そんなことよりもずっと癒される至福の時をもらっているのだけれど


たとえば
ベランダで栽培している ラベンダー
d0117481_23482817.jpg

d0117481_23491752.jpg

このほかにも二つの種類のラベンダーを買ってきた
この季節になると
あの日、イタリアはプーリアのモンテ・サンタンジェロのホテルの庭で、風に激しく揺れていたラベンダーが忘れられない


たとえば
編みかけのニットたち
d0117481_23554152.jpg
d0117481_2355552.jpg

インスパイア―してくれる糸たち
d0117481_2356483.jpg

編みかけのものがたくさんあるのは、冬に計画していることがあるから
もっと編みかけのものが増えるのは ちと幸せを超えるかな?


また たとえば
先日の夕陽
d0117481_052983.jpg

雲ひとつない夕景だったので、緑の光線を期待したのだけれど そんなに簡単には拝めない
出雲は東京より30分近く陽が沈むのが遅い なんだか得した気分になる




そして
最近 ダントツで幸せな気持にしてくれたのはこの子たちの この写真
d0117481_2359581.jpg

覗きこんでいるのはスマホで、そこにはスカイプ中(ビデオ通話中)の私が映っている
楽し



身近なところにある幸せを もっと大切にしよう

by yumiyane | 2014-05-09 00:18 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(16)
2014年 04月 02日

Fantastic Yozakura

夜桜 饗宴
さくらの季節は そわそわ ソワソワ

私を夜桜に連れて行って~! と友達に頼んで、
そこは警察署の隣にあるスクエア
d0117481_23544261.jpg

マネの「草上の食卓」の夜バージョンですね

手弁当で  焼きそばとおにぎりに卵焼き
d0117481_23545879.jpg


d0117481_23563427.jpg


d0117481_018219.jpg


友達が、その老木がどんなに大きいかを見せる!と言って
d0117481_001399.jpg

ここは昔、農事試験場があったところ
d0117481_033144.jpg

  老木のくせに妖艶

d0117481_042433.jpg

夢のような桜に惑わされたのは このあとです

向かいの市民会館の入口の駐車場  ここの桜もおなじくらい古いです 

駐車されている車のガラスにまで 枝が伸びていようとは
d0117481_0211831.jpg


d0117481_085054.jpg


d0117481_010317.jpg


d0117481_09148.jpg


d0117481_0134766.jpg


d0117481_091324.jpg

もう なにがなんだか 分からない

d0117481_013491.jpg


Fantastic Yozakura!

やっぱり 桜には 不思議な 力が あると思う

by yumiyane | 2014-04-02 23:50 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(10)
2013年 03月 28日

今年の桜は早かった

去年の桜の記事は4月7日
寒そうな駒場東大の校庭の桜。


おととしの桜の記事は、4月3日の目黒川の桜。花見を自粛する、という寂しい複雑な頃。


今年の桜は、3月20日の駒場公園の桜。
d0117481_2334420.jpg

d0117481_2333918.jpg
d0117481_23332945.jpg

まさかの3月20日で、お花見をする人の数も少ない。
この数年でも2週間以上早い花見でした。
満開になったあとの花冷えのため、今年の桜は長く楽しめています。


3月22日、目黒川の桜、中目黒から目黒の年金事務所に行ったときのものです。
d0117481_23412654.jpg
d0117481_23413780.jpg
d0117481_23414961.jpg

d0117481_23441660.jpg
d0117481_2342930.jpg

今年も綺麗に咲いてくれて
ありがとう!

もう少し咲いててね。
新しい門出のためにね。

by yumiyane | 2013-03-28 23:49 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(16)
2013年 03月 20日

インドの手仕事

左の眼の滑車神経麻痺のための大学病院での検査・血液とMRIの検査の結果は、
「何も出ませんでした」 でした。
血液検査でも何も異常やマーカーは出ませんでしたし、MRIでも何も問題はありませんでした。
それを除去して考えられることは、動脈硬化が起きて、それが視神経を圧迫した、ということでしょうか、とのこと。
血液検査に異常がないことから、動脈硬化の原因は、ストレスか!?
確かに、年が明けてから、1月8日提出の作品の仕上げ、3人目の孫の誕生、会社の仕事の引き継ぎ、はたまた2月11日の筆記試験。これらの引き起こすストレスは、自分でも大いに自覚出来るものでした。
ストレスのはけ口であった編み物が今回はストレスの原因になった、ということが想定外でしたね。

お免状も頂けたし、眼も回復しつつあるし、
皆様にはほんとうに暖かい励ましのお言葉を頂き
有難うございました。心から感謝しております。


私のストレス解消方法の一つは、休日のお昼寝。

ラジオの音量を下げて、冬はホットカーペットの上で、その他の季節はソファに横になって。

このカーペットを買ったときも、この上でお昼寝出来る喜びを想像しました。
d0117481_22351029.jpg

表参道のAoビルの2階にある
TARA BRANCA では、それ以来ふらっと立ち寄っては好きなものを見つけています。

先日、またまたお昼寝グッズを見つけてしまいました。
d0117481_22424236.jpg

マルチカバーとして売られていたのだけれど、これを掛けてお昼寝をしたら、どんなに気持ちいいだろう!
と即買いしました。¥9,450・・・ここから10%オフ
d0117481_22441589.jpg

d0117481_22444192.jpg

薄いお布団なんですよね。
パッチワークのようでもありますが、手縫いでキルティングしてあります。
d0117481_22454753.jpg

裏には別のプリントが使ってあって、ソファカバーにも使えそうです。
d0117481_2250439.jpg


夜、羽毛布団だけでは寒い夜、これをカバーに使って眠ったときに見る夢は、、、。


そんな訳で、、、?
ええいっ! もう一枚
d0117481_22535865.jpg
d0117481_22541234.jpg
d0117481_22543130.jpg

10%オフになるのはね、これまでにいろいろ他にも買ってるからなのです。
d0117481_22583320.jpg

これは、麻に絹糸で刺繍がしてあるストールです。鎖目を編んだものをひと針ひと針縫いつけてあるのですね。
d0117481_2302869.jpg

これは2年くらい前のセールで。

グレーのカシミア100%に手刺繍。
d0117481_2313080.jpg

これは別のセールで。

ウールとシルクの混紡に毛糸で刺繍がしてあるもの。
d0117481_2324815.jpg

房の作り方が面白くて、色違いを姉のプレゼントにもしました。
d0117481_2332781.jpg

プレゼントしたからお値段は内緒だけど、申し訳ない値段。この手仕事とその価格は相応しませんね。


こちらは、表参道にあるカンカンで買ったワンピース、2枚。
胸で切り替えがあって膝上くらいの長さなので、下にパンツを履いてこの冬を乗り切りました。腰が隠れると暖かいのですよね。ユニクロの巻きスカートも手放せませんでしたよ。
d0117481_2383851.jpg

裏には別の布が貼り付けてあって、ひと針ひと針、運針のようです。
d0117481_2385325.jpg
d0117481_23968.jpg
d0117481_2391749.jpg

日本の刺し子より粗いし、素朴ですが、作る人の忍耐強さを感じます。

いずれも、その仕事にかかる時間を考えると申し訳ない値段です。
でも、私は今日もその暖かさに包まれていいお昼寝が出来ましたよ。


皆様へのお願い
ブログ友のjunkoさんhisakoba-baさんが書いていらっしゃる記事。
核のゴミの処理の方法も分からず、処理不能状況にも拘わらず、経済が、、、という理由だけで原発を動かそうとする自ら一世代のみのことしか考えられない人種に抵抗・対抗していくささやかな運動です。

039-4601 青森県下北郡大間町大字大間小奥戸396 あさこはうす
小笠原厚子 様宛
に手紙を出しましょう。

誰がなんといっても、
原発はだめです。
もうこれ以上絶対だめです。

by yumiyane | 2013-03-20 23:29 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(24)
2012年 08月 09日

遅れてきた韓流

久しぶりに連続ドラマに嵌っています。
しかも韓流。
イ・サン
です。

朝鮮王朝第22代の王様、正祖の物語。
奴婢制度を改めたり、清国との貿易の見直しをしたり、文化に長け、歴史に残る名君。
王様が官僚を司っていた時代です。

今の日本の訳のわからない政党政治とは違います。

このイ・サン、韓国では最高視聴率が38.9%にもなり、当初考えられていたより長く、77話までになったようです。
韓国では週に2回放送するらしいけどそれでも9カ月。日本だと週一だから全て放送し終えるのに1年と半年もかかる超大作です。
ところが、物語が佳境に入った60話で、ロンドンオリンピックになり、放送が3週間飛んでしまいました。

会社では、遅く来た韓流があって、それならその間にこれを見るといいですよ、と渡されたのが
パスタ
こちらは韓国のある都会のイタリアンレストランの厨房のお話。
新任シェフと、女性コック、オーナーとその女友達のヒューマンコメディ。
私は韓流は、チャングム以来なので、時代劇が良かったのですが、この「パスタ」、レストランの厨房が舞台だけに、その料理の絵はとても魅力的。
先日来、料理を扱う映画を立て続けに見ていたので、男と女のかけひきより、レシピを楽しんで、しかも早回しで観ています。
だって、ひとつのDVDに2話収まっていて、一話が60分それが計20話あるのです。
オリンピックも見たいし、これも見なきゃいけないし、編物もしなきゃいけないし、で毎晩大忙しなのです。

この「パスタ」では、韓国のお国柄を見ることができます。
韓国ではイタリアンのお店で、パスタを食べるときに必ず提供されるものが“ピクルス”なんだそうです。
それもきゅうりの短冊切りのもの。これがないとだめ、とかで新しく来たシェフと、やとわれ社長がやりあうのです。
新しく来たシェフは、本場のイタリアンを韓国の人たちに提供したい一心ですが、やとわれ社長はそれじゃお客が来ない!と。。。

こういうことって、日本でもあるのかなあ。

先日アップしたイタリアン・ナポリマニアでは、ほんの20席余りの店なのに、厨房に3-4人居たりします。
フロア担当はプラス2名。
チャリン♪とどこかでフォークの落ちた音がすると、さっと持って行くのです。
やめなさいよ!と私は言うのです。このお店はまるでイタリアのどこかの町で食事しているような気がするところがいいところなのに、、、、。
オーナーのジーノに言わせると、ここは日本。そんな訳にいかないんだよ、、、って。
料理の順番にもうるさくて、先日パスタより先にお魚料理が運ばれそうになったら(厨房の段階で)、それを没に、パスタをサービスした後に作りなおしていました。もったいない! あとで誰か食べてね。

「パスタ」の新任シェフも、きっとこの自分が現地で修業してきたイタリア流を韓国の人たちに提供したいのですね。
しかし、この「パスタ」のラ・スフェラというお店、1階と2階で100席以上あって、フロアでも何人も働いてて、厨房は9人。行ってみたいか?と聞かれれば、お値段によります。
新しく来たシェフが、お皿に絵を描かせないのは許せるかな。


「パスタ」の次は、ドゥクンドゥクンとか、しばらく話のたねに廻ってくるようです。


韓流ドラマは、日本側から見て一気に韓国を近い国にしてくれました。
でも、
ロンドンオリンピックの男子サッカー、三位決定戦で韓国と対決。
勿論、日本に勝って欲しいよね。

by yumiyane | 2012-08-09 14:57 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(16)
2012年 01月 19日

思い出の曲

I've been so many places in my life and time.
I've sung a lot of songs, I've made some bad rhyme.
若いころ、意味が分からなくてもとりあえず覚えて歌った曲。

私は、誰かのファンになることがあまりなくて、追っかけてコンサートに行くなんてことは殆どありませんでした。
そんな私が、LPレコードを買って、コンサートにも、(でもあれも多分招待券だったと思うけど)行ったことのある外タレさんがいます。

その人は Leon Russel

どう見ても、ハンサムではないし、外見もおしゃれじゃないし、すっごく癖がある。
どうしてこの人に惹かれたか、それは当時一番おしゃれでカッコイイと思っていた友人が大ファンだったから。

A song for you

いろんな人がカバーして歌っています。
中でもカーペンターズの唄が一番メロディと言葉が分かりやすい。


このごろ、言葉の意味が分かるようになって、
なんて単純で純真な気持ちを歌っていたのか、と感心します。

そのレオン・ラッセルの、オリジナルです。

当時29歳のレオン。
アメリカでベトナムの反戦運動が盛んで、日本では学生運動、やがてそのうねりは少し遅れて東に伝わり、
1989年のベルリンの壁崩壊へと繋がります。
あのころの若者は、世の中のよどんだ物に対して、声を上げていました。
今の世の中でも、若者には造反のエネルギーが潜んでいることを期待します。



大飯原発再稼働に反対しています。
反対の署名はこちら

そして、原子力発電で働いていた方の
原発がどんなものか知ってほしい

by yumiyane | 2012-01-19 15:01 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(8)
2011年 10月 16日

東京タワーの見える場所

今日は 10月の半ばなのに夏のように暑くて、でも日陰はとても気持ちのいい日でした。
久しぶりに六本木ヒルズに出かけました。
d0117481_21122150.jpg

毎年この時期、東京国際映画祭があるので出かけていますが、だんだんここも人が落ち着いてきて、
街並みも自然な感じになってきましたね。


六本木ヒルズ・ウエストウォーク 4階にある、手袋専門店、アルタ・クラッセ・カプリガンティ
そのオーナーさんにお会いするためです。

お隣のグランドハイアット東京の6階にある、ステーキハウスオークドアのテラス席は、
乾いた風が吹いて Feeling good。

そのLunch set をいただきました。
d0117481_21492438.jpg

2時間ゆったりお食事して、おしゃべりして、ああもっとずーーとここに居たいなあ、って思わせる空間です。
でも、彼女はお仕事中。

お店に戻って、私はショッピング。
特別にお店の写真を撮らせていただきました。
d0117481_2262825.jpg


さんざん試着させていただいて、私が選んだのはこれ。
d0117481_2223367.jpg

少しベージュがかった肌色。
フリルが直線的で甘くなく、ちょっと遊び心があって邪魔にならない。
私の好みにぴったりのものが見つかりました。

家に帰って、早速試着したところ。
あれ、こうして見ると、恐竜かウルトラマンに出てくる怪獣のうろこのようにも見えて来た。
d0117481_22261580.jpg

いえいえ、実物はかっこいいです。
ああ、冬が楽しみになってきました。

アルタクラッセ・カプリガンティでは、セミオーダーで、色とか縫製とか選べるようですよ。


話は前後しますが、
昨日の土曜日の午後、やはり東京タワーの見える増上寺に行きました。
幼馴染の友達の、息子の結婚式に参列するためです。
d0117481_22453932.jpg

増上寺では、結婚式は執り行われるようですが、披露宴は初めてだとか。
息子君は、研修医。
高校が芝にあって、このお寺にはたびたび訪れたそうです。
彼の人生の転機に、この増上寺が深く関わっていたということ。
毎年の初詣もここに来るんだそうです。

小さい頃は、登校拒否とか、進路変更とか、いろいろ親を泣かせていましたが、
しばらくぶりに見た彼は、大人の男子になって、素敵な美人のお嫁さんをもらいました。
少し出遅れたけど、立派なお医者さんになってくださいね。
今日は、ご両親だけでなく、私も嬉し涙でした。

by yumiyane | 2011-10-16 22:45 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(19)
2010年 11月 09日

80分間世界一周

80日間の間違いでしょ?
って思われたかもしれませんが、
80分間です。

ベジャール・バレー・ローザンヌ in 東京文化会館
d0117481_2363521.jpg


モーリス・ベジャール、 フランスはマルセイユに生まれたダンサー。のちに振付師。
名前だけは聞いたことがありましたが、彼のバレー団の公演は観たことない?
いや、どこかで見たなあ。

今日の演目「80分間世界一周」は彼の遺作です。
2007年12月20日に初演となったそのひと月前の11月22日に亡くなってしまいました。
だから、最初の公演の仕上げは、第一の弟子 ジル・ロマンによって行われたのですね。
勿論、今日も彼の監督によるものでした。

なんというか、
人間の身体がこんなに美しく動く ものだとは、、、。
d0117481_23181429.jpg
 
クラシックバレーの動きがつなぎのように盛り込まれ、その前後は、ちょっとコミカルな動きだったり、ロボットのような関節の使い方だったりします。
ああいう動きは、素直に伸びたり縮めたりするような動きに比べ、もっともっと筋肉を使うのだと思います。
相当鍛えないとあのしなやかな動きはできないでしょう。

80分間で、世界中の民族と音楽を踊ります。
セネガルから始まって、ウィーンに行ったかと思うと中国だったり、南米のペルーからブラジルまで、そして北極にも行きました。

激しい動きをしたあと、制止した身体に、腹式呼吸の腹筋が激しく鼓動していましたね。

d0117481_23211958.jpg

写真はいずれも、プログラムからいただいたものです。写真:フランソワ・パオリーニ

日本人のダンサーも二人いました。
那須野圭右さんと大貫真幹さん。
Keisukeさん、すごく頑張っていましたね。とても誇らしく踊っていらしたのが、観ているこちらにも伝わってきて、感動ものでした。

最後のカーテンコールのときは、拍手が鳴りやまず、スタンディングしている方も大勢。私はそびれちゃいましたが、掌が痛くなるほど拍手していました。

久しぶりの東京文化会館。建物は相当古くなっていますね。
でも、今日はとても若々しい躍動の余韻がそこここに、みなさんお持ち帰りになったと思います。
私も持ち帰りました。


MAURICE BEJART
名前の中にすでにアートが。




お姉さま、チケットありがとう。

by yumiyane | 2010-11-09 23:46 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(12)
2010年 08月 24日

カーテンの寿命 

今日は、生きていれば100歳になった父の誕生日。
父は、97歳、正確に言うと96歳と11カ月で逝きました。

朝から兄弟姉妹の間を、携帯メールが行き交いました。
祝!生誕100年


話は変わって、
11年前に桜新町に越して来た時に買ったカーテン。
1年ほど前からほころんできていました。

でも、すっごく気に入っていたカーテン、なんとかなだめすかして使っていましたが、とうとう寿命です。
d0117481_22592891.jpg

カーテンの寿命として11年は普通なのか短いのか?

これを買ったのは、恵比寿三越に当時あったインテリアショップ。
調べたところ、もう撤退していました。

そこでそのお店の名前だけ聞いて、ネットで調べたら白金にあることが分かりました。
d0117481_22582790.jpg

コロニアルチェック お店の名前です。
電話でその生地のことを聞きましたら、2年ほど前にはありましたが、、、、ということ。
2年前かあ。
最初にほころび始めたころだあ。


d0117481_2314421.jpg
d0117481_2315260.jpg
d0117481_2315917.jpg
d0117481_23266.jpg
d0117481_2321338.jpg
d0117481_2322011.jpg

あの ガーゼのような、透けるような、レースのような 感じが大変気に入っていました。
全く同じ布はもうないのです。


さんざん悩んで、昨夜出来あがったものが届きました。
d0117481_2344981.jpg


取り付けた昨晩は、前のカーテンに未練たらたらでしたが、
d0117481_2362957.jpg


これはこれでいいかあ、
d0117481_2394910.jpg

爽やかなペパーミントグリーン。
大好きな色です。

薄ーいコットンのレーシーなカーテン
お疲れ様でした。

by yumiyane | 2010-08-24 23:12 | 好きなもの(things) | Trackback | Comments(12)