にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 15日

ニット展のお知らせ

今月28日と29日に開く、ニット展のお知らせです。
d0117481_10570440.jpg
只今急ピッチで準備中
どうぞよろしくお願いします。




# by yumiyane | 2017-10-15 10:58 | にっと(knit) | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 25日

稗原(ひえばら)というところ ~ 父の思い出

そこは、出雲市中心部から南東へ車で15分くらいのところ。
私の自宅からは12分とGoogleマップは言っています。
d0117481_20233256.jpg
私が小さかった頃は多分交通の便も悪かったのでしょう、すごい田舎!という記憶。
でも、4年前にこっちに帰って来てからたびたび「稗原ひえばら」の名前を耳にしました。

今回、こちらに帰ってから友達になった一人の女性が、この町である「稗原 森のコンサート」に、お気に入りのミュージシャンを呼ぶ! ということで、聴きに行くわ ということになりました。
9月23日は色々イベントの多い日。誘える友人はそれぞれに行く先があって、独りで行くことに。
チラシには、駐車場がないので、稗原小学校の校庭からシャトルバスが出ます ということ。ああだんだん億劫になってきた。でも行くって言ったからな~。

過去の経験で言うと、あまり乗らないときほど行って良かったということが多い・・・と自分に言って聞かせます。
その通りでした。
神社の参道広場は、地べたに座る、です。一枚づつ四角く切った段ボールの板を渡されて、虫よけスプレーもかけられます。多分そういうことかな?と座布団とラベンダーオイル持参。良かった!
d0117481_20351254.jpg
1,000人以上の人がいましたよ。びっくりでした。
次に登場したのが、友人一押しの RAY Yamadaさん。歌唱力には圧倒されます。
d0117481_20375474.jpg
東京生まれの東京育ちということですが、何故か島根に縁が深く、この日、島根県の観光大使を任命されたのだそうです。

この森のコンサートは今年で10回になるんだとか。その最初から関わっているのが、中学高校を通して活動していたブラスバンドの一つ後輩の熱田くん。
d0117481_20462425.jpg
中学の頃もうまかったけど、この歳になってもうまい! 闘牛士のマンボ かっこよく吹いていましたね~
バックのバンドもハイレベル。こんな田舎の神社の境内で、こんなことが行われていたとは!!!

どういう活動をしてこられたのかは存知ませんが、この町の出身で、初めて故郷で歌う機会を持たれたというシャンソン歌手の方。
d0117481_20511471.jpg
やすこさ~ん って声もかかって。初めての凱旋コンサートだったようです。こういうのいいですよね。

この日は曇り空だったので、星は無くて残念。だけど、稗原の町おこしとして10回も続けて来られた町のみなさんの誠意があちこちに見受けられ、とても居心地のよい催しでした。何より子供たちが多かった。それなりに雑音もありましたが、小さいころからいい音楽を聴くのはよいことです。
出雲地方の音楽文化の高さは、隅々まで行きわたっている!というのがこの日の感想。

幼い頃、“労音” というのがあって、全国的なものだったようですが、両親は必ず聴きに行っていました。
お留守番の子供たちは5円とか10円とかのお小遣いをもらって、近所の駄菓子屋さんに行くのが楽しみでした。
その労音で多人数のオーケストラを呼ぶのは大変だったのでしょうか、あるとき数人の演奏者の方がうちに泊まられたこともありました。父が協力していたのでしょうね。
LPレコードの前の時代、たくさんクラシックのSPレコードがあって、2階の窓を開け放してそんなレコードをかけると、家の前の広場で聴く人が居たそうです。

近所に図書館があって、2階は音楽が聴ける部屋がありました。そこを管理していた方は父のシンユウで、よく家にみえたけど、お酒が入ると必ず父と口論になって大喧嘩になって帰っていきました。話の内容はあまり覚えていませんが、結構真面目な話でした。音楽だったり世相だったり。そのナガサワさんもクラシック音楽が好きで、あるとき家の前にあった野球グラウンドにステレオの大スピーカーを持ち出して、星空を眺めながらのクラシックコンサートが開かれました。草むらに寝転んで夜空を見上げたら、ホタルが飛んでいたのを覚えています。

そんな父は、出雲の音楽教育に熱心で、兄と私が参加した出雲市立第一中学校吹奏楽部の後援会の会長を請け負って、全国大会にも付いて来ていました。その全国大会が近づくと、授業が終わって一度帰宅した後ふたたび登校して、運動部の部活終了後の体育館で遅くまで練習をしていたときには、いろいろ差し入れもしてくれました。
眼科医をしていた父は、地域の学校医もしていたので、長年の学校医を務めたことの感謝状を市からもらっていましたが、私は出雲の音楽振興に貢献したことへの感謝状をあげたいと思います。


稗原森のコンサート、行って良かったわ。




# by yumiyane | 2017-09-25 21:30 | 町(town) | Trackback | Comments(4)
2017年 09月 01日

夏休みは終わった~

暑かった夏は短くて、もういいの~?って、思うほど爽やかな風が吹き始めました。

8月の終わりに一週間、子供たちに会いに行ってきました。東京はそれまで雨が降り続いていたそうですが、私が行った日から暑かった!
3人は夏休み中。主なイベントは前半に終了していて、宿題の大詰め中でした。
1日だけブログのお友達とランチして、大泉学園の姉のところに泊まったほかはずっと一緒でした。Child sitter は大変だったけど楽しかった~!
下から順に
d0117481_194667.jpg

d0117481_110625.jpg

d0117481_21243579.jpg

d0117481_112693.jpg

一番上のお姉ちゃんとは上野へ出かけました。
月曜日の上野公園は要注意!!
目的地は西洋美術館でしたが・・・・・休館日
それならボストン美術館展は?・・・・休館日
博物館は・・・・休館日
子ども図書館は・・・・休館日
海洋博物館は・・・・開いてたけどすごい人が並んでいました
d0117481_1223556.jpg

しょうがないから、公園を散歩して
d0117481_123595.jpg

アメ横でちょっと買い物をして
東京駅のKITTEというビルにある毛糸屋さんに行くことにしました。
d0117481_1253672.jpg

赤煉瓦の駅がこんな風に見えるビルの4階にあるお店。
d0117481_127224.jpg

中間色の微妙なニュアンスの糸がたくさんありました。
私が買ったのは横田ダルマの糸でした。
11歳のお姉ちゃんも編み物します。
d0117481_204063.jpg

編み物、楽しいって、良かったわ。

出雲に帰る日に、表参道で会社の仲間と旧交を温めて、夕方の飛行機に乗りました。
d0117481_245477.jpg

出雲は東京から比べると日没が30分近く遅いので、気分はまだ夏なのだけれど、段々日が短くなって季節が変わっていきますね。
私の夏休みも終わりました。
この秋は三つ展示会があるので、大忙しです。

合い間をぬってまた近況報告しますね。


# by yumiyane | 2017-09-01 23:13 | family | Trackback | Comments(8)
2017年 08月 13日

忘れる~~

もう8月も13日、暦の上でも立秋を過ぎて一週間前の熱風が信じられないくらい涼しい風に変わりました。
このままで行くとは思えないけれど、鳴く蝉もカナカナからツクツクホーシに変わって、古代から生息している生き物は進化もしないで凄いな!って思います。
おととし編んだサマーセーターの袖と首回りを直しました。袖なしだったけど少し編み足しました。その方が着やすいのです。もう二の腕出せない~!
d0117481_16421678.jpg

d0117481_16434882.jpg

忘れるッ! って実によくあることだなって思って、「忘れる」っていうタイトルでブログを書こうと2-3日前に思ったのだけれど、何を書こうと思ったかも忘れてしまった!
大丈夫かな?

人生例えば60年生きて、
60×365日=21900日×24時間=525,600時間生きて来て
そのうち1/3は寝てて1/3は多分ルーティーンのことだから233,600時間くらいはいろんな出来事があったはず。
何を言おうとしているかというと、これほどの時間の記憶なんて覚えていられるはずがないということ。

すっかり忘れていることを、このお盆の時期になるとお墓参りとかで帰ってきた友人と会って話をすると、すっかり忘れていたのに、関連付けていろいろ思い出されるのは、脳みそのどこかにしまってあるのでしょうか。

私は中学校時代に吹奏楽部に入っていました。今も活動が盛んなその部は当時も必ず全国大会に出ていたので、私の中学時代はブラスバンド三昧。そのせいで、自分が中学1年と2年、何組に在籍していて担任の先生が誰だったのか、全く思い出すことが出来ないのです。卒業アルバムは3年のものだし、高校入試のため全国大会が終わると部活も終了したので3年8組の記憶は結構あるのです。

1年2年の教室での記憶、いいこともあっただろうし嫌なこともあっただろうのに全く思い出せないってどういうこと?って多分そのころの友人が部活以外に居なかったので、思い出す機会がないのかな。

何もかも覚えてるより、結構忘れてしまっていることのほうが幸せなものかもしれない。必要なときにちょこっとだけ脳みそのひだが開いて、友達と がはは! って笑えるほうがいいんだね。


生徒さんの作品がまた溜まってきました。忘れないうちにアップしておきます。

ウエアから
IGOさんのチュニック風ベスト。前回はグリーンでしたが、今回はバイオレット、編地も変えてあるのです。この形が気に入ったということで二種類編まれました。
d0117481_1710163.jpg


ISHI田さん、かぎ針講師コースの提出作品。袖がたっぷり長いウエアが欲しかったということでゴージャス。
d0117481_17115969.jpg


BEKIさん、入門コースの提出作品。アルパカのグレーでとてもいい風合いです。
d0117481_17133784.jpg


I塚さんは、指導員の棒が終わってかぎ針に突入。実に勤勉な作品作りをなさいます。ボディに着せてみたかった!
d0117481_1717558.jpg


S野さん、こないだセーターをアップしたばかりですが、夏糸のスカートできました。
d0117481_17182223.jpg

いいなあ、若いって!お腹出てない
d0117481_17185039.jpg


小物編
BEKIさん、編みくるみ技法で、猫のコースターを教えてあげたら、一ます調整したら犬になった!って
d0117481_17341961.jpg

同じくBさん、ニットのバッグの他、細編みと鎖編みの方眼で作った小さなポーチ完成。チャック付きです。
左にあるのは変わり糸で編んだ小さな籠。これ色んなものに使えるんです。
d0117481_17365891.jpg


K村さん、しっかり編めたニットのバッグ。K村さんはご主人の転勤で滋賀県に行ってしまいました~元気かな
d0117481_17271816.jpg


K林さん、夏のバッグ、二作目です。いつもながら綺麗に整った編地。
d0117481_1728799.jpg


やっぱり7月から8月にかけての暑さの中でウールを触るのは勇気がいります。
で、
レースのカフェカーテンがいくつか出来ました。
BEKIさん、すでにお使いです。
d0117481_17372325.jpg


I田さんも、方眼編みの部分を増やして2階の踊り場の窓に、花柄部分も2重に工夫しました!
d0117481_17303982.jpg


もうひと方。あれ?どなただったか!? 忘れちゃだめ 金曜日のクラスの方だから~
d0117481_17403158.jpg

追記します

ああ、忘れる~ってタイトルどおり、ひと月前のことなのに。だからすぐアップしないとだめなのですよ。自戒

# by yumiyane | 2017-08-13 17:41 | にっと(knit) | Trackback | Comments(0)