にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 05月 29日 ( 1 )


2017年 05月 29日

連休にあったこと~京都から出雲

5月4日から大阪~京都へ行ったのは、7日に「晋山式」に参加するためでした。
一番上の姉が嫁いだのは京都の曹洞宗のお寺。
義兄は今年78歳?になるし、後継者も一人前になったので、住職を交代することになったのです。
その引き継ぐ儀式を晋山式(しんざんしき)というのですね。
式の数日前から寺には多くのお手伝いをするお坊さんが泊まりこまれ、精進料理を作るお坊さ
んも何人もいらして、大変なことになっていました。
当日は朝早く、檀家総代さんの家から寺まで稚児行列を先頭に新世のお坊さんをお披露目していきます。
d0117481_14555059.jpg

寺の門からは比叡山が望めるので、額縁門と呼ばれています。多くの檀家さんとお坊さんが大勢集まりました。
d0117481_1456595.jpg

式はおごそかに執り行われました。
小学2年生の長男も衣装を着て、禅問答に参加していました。DNAが繋がっているなと感心しましたよ。

こんな式には滅多に参加することもないので、興味津々。本堂のあちこちからお坊さんが禅問答の掛合いをされる場面は、歌舞伎を観ているようでした。
本堂にいる方がた全員で修証義を詠まれましたが、私は暗記してないので付いていけません。
最後に義兄が挨拶をし、お寺の在り方や寺の存続、檀家さんへの感謝の気持ちを述べたときにはじーんとして涙があふれました。
幼いころから家にある仏壇やお墓参り、祖父母、両親の葬儀・法事の都度触れてきた宗教は、特に信心してはいないのだけれど、知らずのうちに身になっているんだなあと感じました。

午後は祝賀会でした。
大勢のお坊さんが集まられたのでその光景は圧巻でした。
そして、4姉妹が久しぶりの勢揃い。
d0117481_15104085.jpg

これにプラス兄、で5人兄弟は皆元気です。


3番目の姉はこの会でヴァイオリン演奏をしました。
そしてこのあと伴奏の女性と一緒に出雲へと向かうのでした。


せっかくお姉さんがヴァイオリンを持って出雲に来られるのなら、私たちにも是非演奏を聴かせて欲しいわ!!!
と私の友人が言うものですから、急きょミニコンサートをすることになりました。急きょと言ってもひと月前に決めたのですが、、、、。

5月9日火曜日、ミニコンサートの日・・・それまで晴天が続いていたのに、その日の午後から雨になりました。
しかも演奏会の始まる直前から大雨。会場は、一昨年ニット展を開いた“くるみ市のガラスハウス” !

演奏は・・・とっても良かった! です。
小さいころから姉のヴァイオリンを聴きながらお昼寝をするのが至極の歓びだった私は、いつか出雲の方々にも是非聴いてもらいたいと思っていましたから。当日は私の友人や生徒さん、ご近所の方、姉の同級生などなどに集まって頂きました。
d0117481_15245849.jpg

d0117481_15262865.jpg

雨の音が邪魔するのではないか、と心配しながらいましたが、みなさんが雨の音が気にならなかった!とおっしゃってくださって、それよりこんな間近でヴァイオリンの音が聴けるなんて、と喜んで頂いたのが何よりでした。
姉も、みなさんの温かい気持ちが伝わって来てとても弾きやすかったと言ってくれました。
d0117481_1543138.jpg

スマホで録音してくれていた友人が居て、そのファイルを送ってくれたので私も毎晩のように聴き直しています。姉はソリストにはならなかったけど音楽性は優れたものを持っている、と改めて思いました。そして70歳になろうとするこの日もテクニックは少しも衰えていませんでした。
また近い将来、今度はもっと多くの方々に聴いて頂ける機会を作れたらいいなと思っているところです。

by yumiyane | 2017-05-29 15:43 | family | Trackback | Comments(4)