にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 05月 15日 ( 1 )


2017年 05月 15日

連休にあったこと~大阪・京都

すでにゴールデンウィークから1週間経ちました。
もう随分前のことのような気がしますが、備忘録的に書きとめておかないと。。。

4日から7日まで京都に行きました。
出雲から京都に行く方法は、バスまたはJRで岡山経由新幹線、または山陰本線でおちらと行く。
ここで新しい情報が、新大阪までならJRの往復割引がある!・・・京都はないのね。
そこで、アベノハルカス美術館である展覧会に行きたかったから、新大阪往復で行って、京都は別途電車で行く、ことにしました。
アベノハルカス美術館で開催されていたのはこの展覧会↓。
d0117481_16291725.jpg

私は、マチスについて勉強したことがあって、彼の展覧会なら観ない訳には行きません。
久しぶりに観るマチスの絵たち。
彼の晩年の絵は、切り紙とかタイルに描いた絵とか、物凄く簡略かされていて、彼の画業を知らない方々にしてみれば、何じゃ?この絵は? と思われるだろうなって、隣で見ている居る人たちに説明したくなりました。
マチスの遺作となるヴァンスにあるロザリオの礼拝堂のビデオもあって、私ここに行ったことあります!と声に出して言いたくなりました。

南仏の窓を開けて見る明るい海辺の風景・・・・の絵は少ししかなくて残念でしたが、ルオーについてはあまり知らなかったので、マチスとずっと仲良しだったことが手紙の交換で分かり、それは良かったかな。
今みたいにインターネットも携帯も無い頃、二人の画家が協力し合ってお互いを切磋琢磨して行ったっていい話だなと思いました。


カテゴリー・美術館へ行こう ついでに

この3月27日から31日まで上京した際に行った展覧会について書いておきます。

それは ミュシャ展・・・スラブ叙事詩

アルフォンス・ミュシャはパリで活躍した画家ですが、生まれはチェコのモラビア地方。
彼を有名にしたのは、サラ・ベルナールという当時パリで活躍していた女優のポスター。結構たくさんの作品を残しているので誰も一度は目にしているはず。
彼の展覧会は以前島根県立美術館で開かれていたときに、偶然帰省していて見たことがありました。

もう引退したプロテニスのイヴァン・レンドルは同じくチェコの出身で、同郷のミュシャの作品を蒐集したことは聞いていました。チェコという国の歴史を憂いていたのは二人とも同じなのでしょうね。

そのミュシャが晩年に描き上げた「スラブ叙事詩」という絵が、ナチスの陰謀でお蔵入りにされ、ミュシャの遺言でプラハ市に寄贈されたけど日の目を見ることなしにモラビア地方の教会にしまわれていたのです。
それが近年その教会で展示されている!ということを何かで知って、是非行って観てみたい!と思うようになりました。
出雲にUターンしてしまって、その旅は実現しませんでした。それが東京にやって来る!と分かったのです。
これは見に行かねば、子供たちも春休みだし。
d0117481_1745382.jpg

想像していたより絵はでかかったですね~!!!
絵画的な驚きより、大きさに驚いた。そして新国立美術館の写真撮影OKにもびっくり。
d0117481_1761540.jpg

SNSで観客が広く宣伝してくれることを選らんだそうです。

チェコの歴史、民族史に疎い私にはただその迫力に圧倒されました。大きなもので6×8メートルの画面をあれだけ装飾的に描けるってやはり凄いことです。
この大きな絵画をどうやって運んだんだろう?! みんな思ったかもしれない。
ヤマトですよ。日本の運搬技術は凄いですね。絵は一枚づつ剥がして巻いて。チェコから国外初脱出。その運搬技術がなければこの展覧会は実現しなかったでしょう。

チェコに行かなくても念願の「スラブ叙事詩」を観ることが出来たのは良かったです。でも、その絵の生まれた土壌も一緒に見たかったな。

by yumiyane | 2017-05-15 17:19 | 美術館へ行こう(museum) | Trackback | Comments(6)