にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 11月 17日 ( 1 )


2013年 11月 17日

出雲大社 神在月 参拝の日

さぞや大勢の方が参拝なさるだろうと、その日は9時前には大社に着きました。
車は歴史博物館の駐車場へ。
そこから勢溜りは歩いてすぐです。
d0117481_0281737.jpg

正しい大社さんへのお参りの仕方、というのがあるそうで、その鳥居からすぐの社には人が並ぶようになりました。そこで身体をお祓いしてから参るのがいい、ということです。
d0117481_0275423.jpg

神楽殿に向かって左にある祈祷受付所に行くと、只今からご祈祷が始まるということ。
東京からの神頼みの女性は、早々に受付を済ませ滑り込むことが出来ました。意外に人が少ない。
最初の回が狙い目であることが分かりました。

本殿に入る八足門は神在祭の間、公開されていることが分かりました。ご祈祷を受けた人、お正月そしてこの期間は開いているのですね。

そして、
d0117481_045517.jpg

神様の来られる前こんな風に閉じていた十九社(じゅうくしゃ)は
ひとつひとつの扉が開いて、麻の布が風に揺れます。
d0117481_0465361.jpg

d0117481_047324.jpg

神様たちはここにお泊りになりながら、別のところで神議(かみはかり)をなさっているそうです。

そこは
上(かみ)の宮(仮の宮)
10時半ごろにお祭りがあると聞き、向かいました。
d0117481_0552565.jpg

私たちの到着を待っていたかのように? 祭事が始まりました。
だめだめ、もっと謙虚な気持ちでいなくちゃ!


上の宮があるあたりは、いろいろな神様のよりどころとなる宮がいくつか(6つ?)あります。
きっと、稲佐の浜にご到着なさった神様が大社の本殿にいらっしゃる途中に立ち寄られたり、
上の宮の会議の最中に、ちょっと休憩なさったりするお社なんでしょうね。
d0117481_10662.jpg

このあたりは、もともと島だったんですよ、とその辺りをお掃除なさっている町の方が教えてくださいました。

東京から来た神頼みの女子は、岩のパワーをもらっています。
d0117481_133280.jpg


その道はやがて、国譲りの談判をしたと言われる稲佐の浜へと続いています。
d0117481_154324.jpg

弁天島は、砂浜が繋がって、てっぺんに生えていた松は枯れてしまいました。


ここまで、実に幸運に順調に参拝を済ませることが出来ました。あとは各自の心がけ次第でしょう。

時間は11時、次の目的地へ。
12日の夜にロケハンしたお蕎麦屋さんへと向かいます。途中道を失ってgoogleマップに頼りました。
ところが
ところがです、
d0117481_1123151.jpg

なんと、15日から21日まで臨時休業。
そうですか、神迎の道に近いところは、この期間静かに過ごされると前にも書きました。
そのせいでしょうか、楽しみにしていた平和そば本店はお休み。
大社でおそば食べるのは大変だな。

仕方なく、また勢溜りまで歩いて戻り、角のご縁横丁にある「そば匠たまき」で割ご蕎麦を
d0117481_118387.jpg

「ぜんざい餅」でぜんざい餅を買いました。ここ同級生のお店(坂根屋)。ぜんざい(500円)おいしいですよ。
d0117481_1265373.jpg

12日に食べた写真です。ぜんざいはこの神在りをじんざいと読んで、それがなまったと。なのでぜんざいはここから。


そのあと、ふたたび大社に戻って彼女はこの期間限定のお守り「蘇りのお守り」を求めました。
亀山を守る北島さんはこの日も、左の千家さんの賑わいとは対照的な静けさでした。
d0117481_1305680.jpg





こんなに深く出雲大社を感じたのは初めて。
こうして無事 神在(かみあり)の参拝を終えることができました。

by yumiyane | 2013-11-17 23:51 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(12)