にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 10月 15日 ( 2 )


2009年 10月 15日

赤い実 

会社の前の道を少し行って右に曲がった角の植え込みに、この赤い実のなる木があります。
この建物が先日来、誰もいなくなって、もしや取り壊されるのか!?
建物の周りには、素敵な植え込みがいくつもあって、実のなる木がほかにもあるし、ローズマリーもたくさん植わっています。
d0117481_1813641.jpg

もしこの植え込みが、何らかの理由で撤去されることになったら、この木だけでも頂きたいです。
d0117481_183994.jpg

地面に落ちていた実を拾って、会社のまわりの土に埋めてみました。

木の名前はツリバナ。
ネットで調べると、なかなか種から芽がでることは難しそう。
でも、この実を見てください。
d0117481_1815014.jpg

丸い実がポンと割れて、ぐいい、と広がり、まるで 早く鳥さん食べてください!
とでも言っているようです。

鳥が食べて、種が落ちて、春になると芽が出るかもしれない。
d0117481_1844286.jpg

落ちていた実を持ち帰って、家の鉢にでも植えてみましょうか。

by yumiyane | 2009-10-15 18:05 | 身の回りのこと(around me) | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 15日

電信柱のない風景 きのうのつづき

以前、小泉さんが、日本橋にかかっている高速道路を撤去する、ということを言い出したことがありました。
もうすでに架かっているものを、どうやって動かすんだろうと興味津々でしたが、結局実行されませんでした。

この話を聞いたとき、まず誰が日本橋に高速道路を架けたんだ! ということです。
たとえば、ローマのフォロロマーノに誰かが高速道路を作ろうと思うか、ということ。
ノンです。

話を電信柱に戻します。
フランス・アルザスはコルマールの近郊の町
d0117481_23591136.jpg


ストラスブールの町中、たとえば表参道の裏通り、という雰囲気。
レストランが店先にテーブルを並べています。
d0117481_2356775.jpg



ポルトガルはアルファマ地区。首都のリスボンでいちばんゴチャゴチャした町ですが、電信柱はありません。
d0117481_235738.jpg


アメリカ、メリーランド州の州都アナポリスの町
d0117481_03254.jpg


イギリスの首都 ロンドンのオックスフォードストリート
d0117481_042786.jpg


イタリアは首都ローマ、ビットリオエマヌエーレⅡ世通りの裏あたり、1995年。
d0117481_055488.jpg


お役人や、議員さんたちの海外視察旅行をどうのこうの、という人が居ます。
確かにこれらの町に彼らが誰も訪れなかったということはないはず。
だったら、何かを見て、何かを感じて来て欲しかったなあ。

「私のまちなみ考」という紙上対談かなにかで、隈研吾さんが話していらっしゃいます。
電柱の問題に限らず、日本の都市の道路の下はめちゃくちゃな状態になっている。
パリの街はきれいだが実は街の下がきれいだから、街の上もきれいなんです。人間と同じです。
パリの共同溝は1833年、ナポレオン3世の都市改造の前にすでに計画が始まっていました。
・・・・
東京では実は関東大震災のあとに後藤新平が東京にも共同溝を作ろうと言ったんですが、それが二億円かかる、当時国家予算が十五億のとき、東京だけ金をかけるのはけしからんと反対された。
予算がついたのが結局30万、2000Kmの共同溝の予定が結局1Kmしかできなかった。。。。



ああ、東京はせっかくのチャンスをものにすることができなかったんですね。
これからでも遅くない。
街づくりはいろんなことの基礎ですから。

by yumiyane | 2009-10-15 00:20 | Trackback | Comments(8)