2009年 05月 18日

リバティの糸

大泉学園編み物教室が、姉の都合で急遽桜新町で行うことになりました。
Wさんは、この教室2作目のセーターを完成させていらしたので、早速着ていただきました。
ポイントはお袖の長さ。主婦は家でのお仕事に、よく腕をまくりますので、このくらいの長さのが欲しかった、と気にいられたようです。
d0117481_23401967.jpg

年齢的に派手な色はちょっと、ということでしたが姉が勧めた色だとか。とても似合っていましたよ。
d0117481_23411411.jpg

Wさんは姉の仕事仲間で、本職はヴィオリニストです。すでに何枚もセーターを編まれているようで、物を完成させる力のある方です。


私も、先日リバティで買った糸を編み始めました。
ところが、思ったより太い糸で、棒針は9号を使っているので模様編みには向かないようです。
d0117481_2345455.jpg

そこで、袖付けをしない、身頃と袖が一体になった編み方を考えました。

この分でいくと、さっさと編めてしまいそうです。
同じ糸で色違いも買いました。
d0117481_2351297.jpg

こちらはお友達のお母さんに編む約束をしているのです。ざくっとして、夏の装いに合うニットは何だろう?と今悩んでいるところです。


編み物教室の楽しみは終わったあとのお茶です。今日は朝からスコーンを焼きました。
d0117481_23582045.jpg

いつもおいしいんですが、今日のは特別おいしかったです。
A.R.Iさんのアメリカンビスケットのレシピの薄力粉を1/3だけ米粉を使いました。
勿論バターは無塩です。
そしてレーズンではなく、先日作った夏みかんのマーマレードの太い版を細かく切って入れました。
d0117481_003870.jpg

季節とか中に入れるものとか気分とか関係なく、いつも同じようにおいしく作れるようにならないとね。

by yumiyane | 2009-05-18 00:02 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/9740684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anjuli at 2009-05-18 21:19
生徒さんのセーター、サーモンピンクですか。とてもきれいな色です。明るい色の服を着ると、気分もなんだか明るくなってきますよね。デザインもすてきです。私も七分や6分袖の服が大好き。活動しやすいし、女性らしさがでてきますよね。
マーマレード入りスコーンおいしそうですね^^ お茶の時間にぴったりで会話がはずみそう♪
Commented by yumiyane at 2009-05-19 01:09
:anjuliさん、有難うございます。彼女もそう言っていただけて喜んでいると思います。
最近のファッションは、半そでだろうと長袖だろと着たいときに、着たいように着る、というのが普通になって、自由でいいなあと思います。
このスコーンはほんとにおいしかったですよ。いつもは終わったあとにお茶をするのですが、この日はいきなりお茶をしてしまいました。スコーンの他にサンドイッチも作っていたので、アフタヌーンティを楽しんでしまいました。
Commented by shinn-lily at 2009-05-19 22:07
夏みかん、あちらこちらでお役に立てていただき本望です。
Commented by yumiyane at 2009-05-20 00:48
:shinn-lilyさん、そうでしたね。いただいた夏みかんでしたね。とっても役に立っている、というか評判がいいです。そのときはちょっと大変だなあって思いましたが。調理っていうよりいつも工作って感じで夜中に作りますからね。


<< 手紙という歌      Hyde Park を歩く i... >>